FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋の妥協レベル

思うにアレですね、完璧な存在というのはおそらくはいないんだと、

いや実際にはいたとしても、遭遇できない場合の方が圧倒的に多いんだ、と、

そう思いますよ、ええ。

記事の冒頭、いきなり小難しいことを書いておりますが(笑)、

完璧な存在、いましたかね(笑)

今、完璧な存在を掴んで離さずにいる!なんて人もいるのかな。

結婚している人、旦那や嫁を見てみれば、完璧な存在なんているはずもない、と

思わざるを得ない気持ちになりませんかね(笑)

無理やりくっ付いて結婚した訳じゃあないでしょうから、

まぁ選んだわけですよね、この人と結婚しよう、と。

完璧ではないけど、まぁ・・・まぁなのかどうか、わかりませんが(笑)

まぁいいかと(笑)、この人と夫婦になろう、と。

んー・・・もしかしたらね、元々は完璧だったのかもしれませんね。

で、結婚してから先、完璧じゃあなくなっちまったというような(笑)

相手が悪いのか、自分が悪いのか、両方が悪いんだと思うけど(笑)、

何処かで妥協していかないと続くものも続かなくなりますね、実際。

嫁や旦那にさえ完璧さを求められない中、

外の恋の相手に完璧さを求め・・・られないですよねぇ。。。

漢字二文字でいうところの、妥協。

まぁこの人でいいかな、というような判断をするじゃあないですか。

完璧じゃないけど、まぁ概ねオーケーみたいな(笑)

色んな人がいて、色んなパターンがあるのが外の恋ですが、

適当に力を抜いて、ダメなところは見ないようにし、いいところだけを

多少過大に見るようにして(笑)、自分の事は棚に上げないで、相手にも

おおらかな気持ちで接すると、いい関係が長く続くような気がしますよ、ええ。

あ、コレって夫婦にも当てはまる話ですね(笑)

今更そんなことするのはムズカシイですけど(笑)

横やりというか、何というか。

魅力的な人には常にアプローチがありますから。

今の外の恋人と比べて、新しいアプローチの人の方がいいかも!ということでね、

大胆にも外の恋で二股をする人もいるし、それは別にいていいし、

スッパリと乗り換える人もね、もちろんいます。

ただアレですよねぇ・・・結局、次の新しい人にスイッチしたとしてもね、

完璧を求めた瞬間に、もうこの人では足りなくなるというね、そういうアレですね(笑)

完璧である必要など全くないという人、実は圧倒的大多数だと思うんですけどね、

でもアレなんだなぁ、ある人の求めるモノはある人にとっては物凄い難易度になるんですよね。

完璧かどうかではなく、価値観の話ですね。

外の恋に求めるモノ、何を重視するか、その価値観とか。

セックス最重視、それ以外は問わない!って人もいますしね、実際(笑)

それも大事だけど、ちゃんとコミュニケーションが取れる人じゃなきゃ、もありますね。

真面目に働いていない人はNGという人もいるし、

遠距離恋愛だけは絶対にダメだという人も確かにね、いるもんですよ、ええ(笑)

それもこれも妥協できるレベルの価値観の相違かどうか、ですかね。

スポンサーサイト

その日のこと

毎日暑いですね、としか言いようがありません(笑)

早くも・・・でもないんでしょうかね、夏バテ気味な人が多いこと多いこと。

加えて冷房病ってヤツですかね、体調イマイチな人もいますねぇ。。。

これからまだ8月が控えていますからね、お気を確かに!ですよ(笑)

一昨日の月曜日、デートをしてきた訳ですが、

もう随分前のことのようにも感じます。

それだけ慌ただしいということなのかもしれませんね。

今回のデート、実は順延になる可能性もあったんです。

理由は・・・台風です。

ちょうど太平洋側から九州を掠めて右曲りのカーブを描き、

西から東へ進みそう・・・なんて予報がありましたでしょ。

台風直撃の中、新幹線に乗り込んで逢いに行くなんてことはね、

やはりするもんじゃあありませんから(笑)

彼女、言いましたもん。

【帰れなくなったら困る】(笑)

そりゃあアタシも同じだってば(笑)

ですから、2日前まではデート決行か否か、保留だったんですよ。

他にもね、詳しくは書きませんが嫁の親の体調問題、

アタシの仕事のスケジュール調整、諸々ありました。

台風も来るような雰囲気あるし、何となく落ち着かない状態の中、

これは延期をすべきという啓示かな、なんてね、思ったりもしました(笑)

まぁ結局は台風はやってくることなく、当初の予定通りにデートと相成りました。

約4か月前と違うこと、それは彼女が働く主婦に戻ったということ。

相変わらずの立ち仕事、接客販売の仕事ですが、本人曰く、

職場の床の硬さが最悪とのことで腰痛を発症してしまったと。

慣れない職場での初月、緊張もあったと思います。

旦那とも相変わらずの不仲、それに加えての猛暑日です。

不眠気味の1か月だったようですよ。

そりゃあ体調もすぐれませんな。

アタシはアタシで人事異動以降のドタバタな日々の中で、

無理やり押し込んだデートのようなものですから(笑)

これまでとはやや・・・ややではなく、たいぶ(笑)違いますね。

結構な草臥れ感はありました、デート前から。

でもまぁね、逢えば7時間以上全裸で過ごすんですからバカですね(笑)

疲れていても腰を振る、射精してもまた射精を繰り返す、本当にバカです(笑)

まぁね、スケベなオッサンですからね、仕方ないんだ、あはは。

順延したところで、きっとまた・・・いや間違いなく忙しい合間に予定を

設定することに変わりはなかっただろうしね。

今週末から8月ですね。

お盆まで1週間ちょっとです。

いやぁ慌ただしい。

決まっている8月の予定を見るとげんなりします・・・嘘ですよ(笑)

来月は京都出張、加えて大阪出張もありそうな。。。

プチデート、しますかね(笑)

長く短い一日

3月の上旬以来ですから、もう3か月というよりも4か月ぶりと

言った方がより正しい印象ですが、昨日デートをしてきました。

前回はまだ桜も蕾以前、梅の花の香りが漂うか、どうかの季節、

で、今回は真夏、灼熱の猛暑日のデートとなりました。

前回同様に今回も変わらないこと、それは早朝に家を出て、日付が変わる少し前に

家に帰ってくるということ。

18時間です(笑)

一緒に過ごした時間はおよそ12時間、これも不変。

そのうちの7時間以上がほぼ全裸で過ごす時間というのも今回も変わらず(笑)

2013年の梅雨入りの頃からのお付き合い。

3回目の真夏を迎えたわけですねぇ・・・。

振り返ってみれば初デート以来、デートでの過ごし方、時間の使い方、

ほとんど・・・というか、まるっきり(笑)変わっていないんですよね。

コレは果たしていいことなのか、どうなのか(笑)

いいも悪いもないとも思いますが、ええ。

よく言えば安定でしょうし、そうでなければマンネリとか惰性のような(笑)、

変わらないと言えば、早朝に家を出て、電車に乗り込み、

新幹線で西に向かう中、やはり思うんですよね。

これは不倫なんだよなぁ、浮気なんだよなぁ、と。

まぁね、要するにさ、騙して嘘をついて裏切っている訳ですからね、家族には。

そういう何て言うんですかね、苛まれる気持ちはあるんですよ、毎回ね。

だったら止せばいいじゃねぇ~か(笑)

まぁそうなんですが(笑)

でも、そんなことを今の彼女と繰り返して3年目、その前の彼女、そのまた前の彼女、

そのまた更に前の・・・と数えていけば大悪人ですね、アタシは(笑)

叩きつけるように腰を打ち付けて、何度も射精して、汗ばんで髪の毛が顔に

張り付いたまま、放心したように果てている彼女に再び跨られて、

腰を激しく振り立てる姿を見上げるように眺めていても、

心の何処かにある思いは、これは不倫だよなぁ、浮気だよなぁ・・・(笑)

帰りの新幹線で脱力するのは心地よい疲労感のせいか、

それとも今日も今回も無事に外の恋のデートを完遂したという安堵感か。

そのどちらもが混ざり合っての心持ちじゃあないかと思いますが。

またね、と言って新幹線ホームで上りと下りに別れました。

きっと次回は秋が深まった頃・・・でしょう。

出掛けていく姿、理由

いやしかし暑いですね。

もう暑いとしか言い様がないですね、言っても仕方ないんですけど(笑)

丁度世の中的には子供たちは夏休みということでね、

何処に行っても子供連れのファミリー、多いですねぇ。。。

多いと言えば、数えた訳じゃあないんですが、

これまた何処に行っても見かけるのが、喧嘩をする夫婦、親子連れ、

行楽地で険悪な雰囲気のファミリー(笑)

まぁね、わかりますよ、ええ。

アタシも嘗て、子供が小さかった頃は嫁と出先で喧嘩にもなりました。

些細なこと、後で思えばどうでもいいようなことで諍いに。

まぁ伏線があるからこそ、些細なことで拗れるんですけどね(笑)

折角連れ出してやったのに、ちっとも面白くもないような態度で、

嫌々ついてきた来た、というような雰囲気を醸し出しやがって・・・!

だったら外の彼女とデートしていた方が余程いいわ!みたいなね(笑)

遠距離、近距離関係なく、外の恋をする既婚の人たちは

どんな風に・・・家族に見せる表情も出掛ける理由も・・・表しているんでしょうね。

アタシはね、男ですからね、平日に会社には有給休暇で嫁には仕事に行くフリをして、

新幹線に乗り込み、彼の地で彼女と逢う。

仕事ということになってますから、常にスーツ姿です。

そのまんま仕事に入れる格好です(笑)

彼女はとことん不仲で心底嫌悪している旦那には何も言わずに出掛けるらしい。

いつものように会社に行く・・・よりもかなり早出の出発だけれども、

旦那の朝飯を用意してサッサと出掛けてしまうらしい。

外の恋をする人、男女ともに様々ですよね、生活パターンが。

サラリーマンとは限らない。お店を経営している人もいれば、

学校の先生だったりもするでしょうし、専業主婦も専業主夫もね、いるでしょう(笑)

家事全般をする主婦、専業主婦の人妻はどんな風にして彼とのデートに

出掛けていくんでしょうね・・・ふと、思い巡らしてしまいました(笑)

何たってね、専業主婦の経験はありませんから、アタシには(笑)

旦那、あるいは産み育てた子供に対して、どんな理由を伝えてデートに出掛けるんだろう。

男はね、その点は嘘をつきやすいですからね、仕事というユーティリティな理由で(笑)

旦那は信じて疑わないんでしょうかねぇ。。。

そもそも、嫁になんか興味関心の欠片もない旦那だったとしたら、

嫁が外で女になって他所の旦那に抱かれて、狂おしくセックスに酔い痴れるなんて、

想像もしないでしょうけどね。

逆も同じかな、旦那に興味関心ゼロの嫁ならね(笑)

露出という名の発散

こういうブログを書いていますと、

似たような境遇といいますか、同じカテゴリーといいますか(笑)、

旦那や嫁がありながらも、外で他所の誰かの旦那や嫁と目くるめく恋愛を

楽しんでいる方々と接点を持つことが多々あります。

接点を持つって言ってもね、実際にお目にかかることではない、当たり前ですが(笑)

その人のブログやツイッター、SNS等を通じて、という意味です。

アタシと同じように、日頃思うことを書き綴る人もいます。

長々と長編小説のような文章量の人もいれば、

数行の詩のような表現の人もいる。

沢山の画像や映像、音声まで使ったブログもありますね。

ツイッターでもブログでも自画撮りの画像、動画を載せている人・・・

特に人妻ですけどね、結構な人数でいらっしゃいますよ(笑)

モザイク処理をして顔はわからないようにしている人、

その代わりに・・・代わりに?(笑)・・・自らの裸、裸体をね、

惜しげもなく披露している熟女の方も沢山いらっしゃいます(笑)

・・・見ます!(笑)

裸画像だけでなく、彼・・・外の彼らしいですけど、彼とのセックスの

動画をダイジェスト編集版で載せていたりね、いますね~(笑)

此処から先を観たい人は有料になります、みたいな。

もう立派な商売になっちゃってます、ええ。

ツイッターで繋がりのある人妻も、時々画像をアップしているんですよ。

外彼はそのことを知らない、と言っています。

動画や画像をアップして、何の関係もないツイッターのフォロワー達、

全員が男ですけどね(笑)、それを観て反応、コメントを入れてくる。

それが楽しい、嬉しいと言うんです。

旦那も勿論知らない、外の彼も知らない・・・はず。

自分の彼女、時々肌露出の割合が多い画像を上げることがあります。

アタシはそれを知っている。

何故なら彼女とはツイッターで相互にフォローしていますから。

で、そのことに何も言いませんよ。

何も言わないですねぇ・・・そんなことするな、とも、止めてくれ、とも。

そもそも嫌じゃあない・・・オカシイですかね(笑)

ご自分の責任でご自由にどうぞ、という思いです。

外彼という立場だから、すべて許可を得てからじゃないとダメ!なんて話、

やっぱりオカシイと思うんですよ。

何様のつもり?と思ってしまう。

好きにさせてあげたらいいんだ、自由に。

ブログで文章を綴るのも、ポルノサイトに近いような内容のサイトでも、

自分を表現して、気持ちのバランスを取っていたり、

自分の内面を確認していたり、あるいはお金を稼いでいたりね(笑)、

まぁ色々ですよ、色々。

んー・・・でもね、彼女の肌露出画像に群がるように反応する男たち、

やはり少し気の毒な気がします。

必死だったりするんですよ、何とかして口説き落とそうみたいな(笑)

適当にあしらわれて、しつこいヤツはブロックされ、何だかなぁ~と思います。

外の恋の相手選び

いやしかし暑いですね、毎日。

関東は梅雨明け以降、毎日が猛暑日です。

外へ出掛けるのもある意味、命懸けです、いやホントに。

不要不急な外出はお控えください・・・仕事はそうはいかないんですけどね(笑)

これだけ暑くなってくると、デートをするのも大変なことですよね。

だからこそ、冷房の効いたホテルの部屋に籠ればいいんです(笑)

一番いい過ごし方ですよ、それが。

誰にも見られない安心感、何をしようがどう過ごそうが2人次第、

寝てもよし、カラオケだってありますからね、ラブホテルには。

唄ったっていいし、ゲームしたけりゃゲームもいいじゃあないですか。

まぁアタシはね、セックスしかしませんけどね、繰り返し繰り返し(笑)

先日あるブログを拝見したんですけどね、

そのブログを書く人・・・人妻ですが、外で恋をしているんですね。

で、外の彼が年下独身男子。

外の恋は初めてではないとのことです。

ただ、既婚(自分)×独身(相手)というのは初めてだ、と。

で、この年下独身男子が熟女好きで(笑)、どうも本気になりかけていると。

つまりね、男の方が入れ上げちゃってる。

ハッキリとは言わないけど、旦那と別れて俺と・・・みたいな雰囲気というか、

遠回しな言動が見え隠れするんだそうですよ、ええ。

ブログにはこう書いてありました。

【だから独身男は止せばよかった】と(笑)

後悔してるんですねぇ・・・面倒臭くなってきちゃってる。

前後のブログ記事を読んでみて、感じたことは

この人妻は男遊びをしている感覚かなぁ・・・と。

浮気=男遊び。

なので外の恋という捉え方ではなく、あくまで遊び。

不倫も男とする割り切った関係。

ある意味賛成、ある意味・・・アタシとは考え方が違うかな。

男でも女でも、既婚でも未婚でも、恋愛するとハマる人っていますよね。

ブレーキがだんだん利かなくなってくるような。

当事者2人がそれでOKならいいんです。

誰も巻き込まない、誰にも迷惑がかからないのなら。

んー・・・でもね、外の恋をするってことはさ、リスクですから。

人生で一番取りたくない責任を、もしかしたら一身に背負いこむ、

そんな可能性だってある話じゃあないですか。

どんなに好きでも、相手を間違えちゃあダメとは、つまりそういうことなんだと思います。

そう。

選ぶべきは、割り切った大人の関係を維持、守れる人ですかね(笑)

唯一1人は一途の証か

ということで、3連休最終日は休日出勤でございます(笑)

いや、何も予定がないんですから、いいんですよ別に。

いや、良かないだろう~という声も聞こえてきそうですね。

予定がないなら、家でノンビリすりゃあいいじゃないかって?(笑)

んーまぁね、そりゃそうなんですがね、誰もいない会社って意外といいんですよ。

考え事・・・仕事のことでね(笑)・・・をするにも静かでいいですし、

誰もいないってのは予期せぬ邪魔も入らないってことでね、捗るんです、色々と。

いやぁしかしね、明日から月末月初まで、忙しくなりそうですねぇ。。。

この7月の人事異動から後、何が何やら訳が分からん状態も多々あり(笑)、

今週は暑気払いという名の呑み会あり、週末にゴルフあり、

仕事ではクレーム案件の対応あり、研修あり、勉強会参加あり、

そうそう・・・デートもね、予定ありでしたね(笑)

まさに体力勝負、気力の世界です(笑)

あっという間にお盆休みまで、という感じですねぇ・・・。

さて、外の恋をする方々は基本的に一途な方が多い・・・気がします(笑)

アタシの勝手な思い違いでしょうかねぇ。

外の彼だけ、ただ一人その人だけを、という人妻が多いような気がするんですが。

実際はどうなんでしょうかね、そうでもないんでしょうか(笑)

人の心の内側というモノは他人からは勿論見えませんし、わかりません。

他人から、どころか自分自身でも気が付かない、分からない部分があったりも。

一途、外の恋の相手に一途だったはずが、ふとしたことから心の中に

入り込んでくる存在が現れたりしませんかね。

言葉とは裏腹に。

お付き合いしている外の彼がいる、外の彼女がいるから・・・と言いつつも、

もしもこの人に誘われたら食事だけならしてもいいかな、とかね(笑)

食事だけなら・・・そうね、食事だけなら(笑)

食事だけですけどね、食事の後で猛烈に口説かれたりしませんかね(笑)

で、がけっぷちで踏み止ま・・・れなくて、ホテル行っちゃった!みたいな(笑)

自分は悪くない、悪いのは断っても断っても口説いたあの人だから、と

そんなことで自分を納得させちゃったりね(笑)

世の中、街でも職場でも見渡せば素敵な人はたくさんいますもんね。

外の恋をする特に人妻は女の色気、妖しげなフェロモンが漂いますから、

男が寄ってたかってくるんです。

図らずも言い寄られた相手がいいオトコだったりもする訳です。

まぁ仕方ないよね、そうなったら(笑)

一途でも隙はある。

出逢っちゃったら仕方ないとも思います。

そもそもの話。

外の彼、外の彼女を同時に2人も3人も抱え込む人よりは

いいんじゃあないですかね(笑)

わかっちゃいるけどやめられない人

夏、始まりましたね。

関東も今日、梅雨明けだそうですよ。

今日も・・・いや今年もですね、気象庁の発表はこうです。

【梅雨が明けたとみられる】・・・(笑)

なぜ、言い切らないんでしょうね、梅雨、明けました、と。

何かこう誰かに責任転嫁をしたいような、責任取らないからな!的な(笑)

妙な言い回しですよねぇ・・・。

他にも【梅雨が明けた模様です】、【梅雨が明けたと言っていいでしょう】

なんて言い方で気象予報官の人が言うんですね。

何とも煮え切らん!(笑)

アタシが気象庁勤務だったら、全部言い直しさせますね。

【明けた、明けた、梅雨が明けた!】(笑)

いいんですってば、言い切っちゃえば。

そもそも天気のことなんか、当たったりハズレたりの博打みたいなもんですから。

さ、話は変わりますが(笑)、3連休ですアタシは。

明日も休み・・・ですが、おそらく会社に行きます。

小さい子供がいる人はね、子供を連れて海だ、プールだ、ディズニーランドだ、

まぁアチコチへ駆り出されますからね、お父さんは(笑)

休日出勤などせずに、家庭サービス最優先と、まぁこうなるものでしょう。

外の恋をしていますと、相手の家庭・・・あ、W婚外の場合ですけどね(笑)、

相手の家庭ってモノがあるじゃあないですか。

外の彼、今頃は嫁と子供を連れてバーベキューに行ってる・・・

外の彼、今日は嫁と映画を観に行って、そのあと買い物に行くはず・・・

外の彼・・・外の彼、今頃は・・・今頃は・・・

世の人妻、外の恋をする奥さん方、外彼の嫁に嫉妬する人もいるようですね。

こっちは寂しい思いをしているのに嫁と出掛けるなんて!とか、

あの気の利かない悪妻に一日中引きずり回されて、外彼が可哀想、とか。

アタシとのセックスの方が気持ちいいって彼は言ってるんだ、バカ!みたいな(笑)

不倫相手と嫁、闘いを挑むものじゃあありませんね。

勝ち負けなんかやる前から分かっているんですから(笑)

いや、そんなことはわかっているし、するつもりもない。

だけど、だけれども心穏やかでいられない自分がいたりするというね、

そういうアレですよね。

男の場合はどうなんでしょうねぇ・・・。

前々から何度も何度も書きましたけど、アタシはね夫婦円満であってほしいんだ。

彼女が旦那と仲睦まじく・・・とまでは行かなくても、普通に暮らしてほしいし、

ましてやDVなんてとんでもない話です。

彼女が旦那と関係修復できて、夫婦としてセックスをしてくれたらいいんです。

まぁ100%無理だと彼女は言うでしょうけどね(笑)

外の彼女の旦那に嫉妬などしようもないし、した経験もないし、

相手家族、家庭内のことに関わり合いも持ちたくないってもんです。

幸いにもアタシの彼女はアタシが嫁と完全セックスレスだからなのか(笑)、

嫁とのこと、家族で過ごす一切のことに嫉妬も嫌味も一度もない。

過去の彼女を振り返ってみても、いなかったかな。

もし仮に、もしもの話ですけどね、アタシの家族のことにイライラや

ストレスを抱えるようなことがあって、それを伝えてくるような場合には、

アタシはその外の恋にピリオドを打つと思います。

だって、どうしようもないもんね。

そして、面倒臭いだけですもん(笑)

ある出逢いのこと

今週も早、週末ですね。

西日本にお住まいの方、台風は大丈夫だったでしょうか。

これで梅雨明けとなるような話もありますが、

台風、もう来ないでほしいですねぇ・・・ホントにそう思います。

さて、アタシは営業マンです。

新卒で入社して以来、ずーーーーーーーーーーっと営業。

毎日のように人に会いに行く。

もう何年も何十年もお客様としてお付き合いを頂いている方もいれば、

今日初めてお会いするというね、新しいお客様も当然います。

先日、以前からお付き合いのある会社の知らない方から

お電話をいただきました。

女性です。

声の感じで・・・ん~熟女というかね、オバサンですかね、印象は(笑)

お仕事の相談ということでお邪魔することになりまして、

訪問してきました。

受付で内線電話をかけ、エントランスで待ちました。

その女性が【お待たせしました】という声と共に現れました。

・・・なんて素敵な熟女だろう!(笑)

あ、あのー正直に書いてますよ、コレ(笑)

ホントにそう思ったんです。

美魔女ってのがありますね、美魔女。

まさにその言葉がピッタリとハマる、そう思いました。

年齢などお聞きできるはずもなく(笑)、勝手な想像ですが、

おそらく30代後半かな、と。

話す声色、電話ではオバサンかな~なんてね、思った訳ですが(笑)、

対面して向かい合って聞くその声は、艶々して落ち着きがありました。

髪型、表情、眼差し、服装、何もかもがいい!(笑)

以前は営業職を長くやっていたとのことで、会話力といいますか、

話す力があるんですね、その女性。

アタシも長年営業ですからね(笑)、会話の盛り上げのツボみたいなものは

わかっているつもりです。

30分程の商談でしたが、盛り上がりました・・・やや夢見心地で(笑)

会話の流れの中で【私は独身で・・・】なんてことまで仰られた。

【そうですか、いやアタシは既婚なんですよ、残念ながら!】・・・

なんてことは言いませんでしたけどね(笑)

数日経ちましたが、久々に素敵な人と知り合いになったな、と思います。

いやコラコラ、お客様だってーの!という気持ち、勿論しっかりありますよ(笑)

でもね、心の中は正直にありたいですから。

とても素敵な女性だなと、そう思っています。

思うのは自由ですからね(笑)

関西で思ったこと

という訳で、関西へ日帰り出張でした、昨日は。

彼女には、関西入りしてから写メを送りました。

今ここにいるんだと。

彼女の地元エリアであろう駅構内の写真。

驚いてましたねぇ・・・さすがに(笑)

そしてこういう返しがありました。

【前日入りしてくれたらセックスできたのに】と(笑)

何処までもドスケベな熟女ですね(笑)

昨日出張した先は大阪です。

そして彼女の勤務先、彼女の旦那の勤務先に近しいエリアにお邪魔した。

先に言うとね、彼女の地元、生活圏に確かに行きましたけど、

逢ってはいません。

彼女、昨日は仕事休みでした。

まさか自宅へ訪問するなんてことできないでしょう?(笑)

それ以前に突然今近くにいます、なんて知らされてもね、主婦は中々動けないでしょう。

ましてやDVな夫が同じエリアで働いているんですから。

まぁね、目一杯時間を使って大阪エリアを巡回しましたんで。

そもそも逢う時間もなかったんですけどね(笑)

大阪・・・行ったことあったよな~なんてね、昨日の朝に思いました。

新幹線に乗り込み、名古屋を過ぎ、京都、そして新大阪へと

進んでいく中で、鮮明な記憶が蘇りました(笑)

新大阪で今の彼女の前の前の相手とデートしたんだよな、と(笑)

初めての大阪入り、それが不倫デートというね。

駅に彼女の運転するクルマで迎えに来てもらい、クルマに乗り込み、

その15分後にはホテルです(笑)

その日、初対面だったんですけどね(笑)

京都では今の彼女の前の相手とデートしましたね、と(笑)

京都の時も初対面の人。

電車を乗り継いで真昼間のラブホテルに歩いて入りました(笑)

こうして振り返ると、アタシは関西方面というか西に向かう遠距離婚外を

何度も繰り返してますねぇ(笑)

関西弁が好きとか、関西の熟女じゃないと燃えないとかね、そういうのはない(笑)

偶々です、偶々。

人口比率に伴う確率的なアレですかね(笑)

今月、もう一度は西に向かう新幹線に乗り込みます、予定では。

それはね、仕事じゃあない。

彼女とのデートです。

西へ、至近距離へ

おはようございます。

妙な時間に更新です(笑)

今日はね、これから新幹線に乗って日帰り出張です。

いや、デートじゃあない(笑)

正真正銘、仕事です。

西へ向かう新幹線に乗って関西へ。

彼女の生活圏ですねぇ、関西。

しかもね、今日訪問する客先というのが彼女の勤務先の目と鼻の先というね(笑)

どうなんでしょうね、コレ(笑)

偶然にもこんなことがあるんだなぁ・・・と。

知らせずにいきなり彼女の職場・・・店舗ですけどね・・・に現れてみようかな(笑)

強烈なサプライズでしょうね、コレは(笑)

時間があればお茶の一杯でも、いやもう少し時間があれば飯でも、

いやもう少し許されるならホテルでも・・・(笑)

まぁ冗談ですけどね、気持ちは山々ですが。

あ、そうそう。

今日、行く先というのは彼女の旦那が勤める会社にも近いんだった(笑)

訪問した先が彼女の旦那の勤務先で、出てきた担当者が彼女の旦那だったら、

・・・いや、面白すぎますね(笑)

何かこう敵地に乗り込む気分になってきましたよ(笑)

何はともあれ真面目に仕事してきます!

現地でサプライズやハプニングがあれば・・・まぁないでしょうけどね(笑)、

追ってまたご報告いたします、ええ。

別れ方に見えるモノ

今朝、夜明け少し前に自宅裏の森からヒグラシの鳴き声が聞こえてきました。

何とも涼し気で、静寂の中に響くあのカナカナ・・・という鳴き声、いいですね~。

ところが日中ともなれば、週明けの月曜日から猛暑日です。

新潟県では38度を超えたって話ですね。

発熱状態と同じ気温だ(笑)

尋常じゃあありませんね。

カラダを守ること、無理をしないこと、ホントに大事ですよ、ええ。

さて、何回かの外の恋を繰り返してきたアタシですが、

いい思いをたくさんさせてもらいました、いやホントに。

素敵な人妻、可愛い奥さん、妖艶な熟女、皆ホントにいい人ばかり。

思い出として大切に心の中にしまってありますよ。

まぁいいことばかりでもない、それはそうだ。

人生、勝ったり負けたりですし、いい時があれば悪い時もある。

上手く行くことばかりじゃあないからね、どうしても。

良かれと思ってやったことが裏目に出ることだってあるし、

言葉足らずで誤解を招く、誤解が誤解を生んで問題勃発、

そんなことだってありますよ。

ただ、やはりね、思います。

悪意があろうとなかろうと、相手を騙す、ばれるような嘘をつく事はね、

やっちゃあダメということを。

いや、やったっていいんですよ、実際(笑)

でもね、やればね、必ず報いを受ける。

そう思います。

不倫の付き合いが始まること、イコールいつかは別れるときが来る。

別れ方に上手い下手を論じる人がいますね、テクニック的な意味合いで(笑)

こうすればスッパリと後腐れなく別れられる・・・みたいな話。

外の恋は不自由恋愛ですから、別れを切り出されたら、もう仕方ないんです。

前に進むことはできない。

嫌でも悲しくても寂しくても別れなきゃなりません・・・と思います(笑)

そのシーン、つまり別れなきゃならない時に、デタラメな嘘をいう人がいます。

家族が病気になった、転職して時間が取れなくなった、嫁にバレそうだ・・・云々。

上げたらいくつでもありますね、デタラメな嘘の数々(笑)

相手を傷付けまいと、不可抗力的な嘘で状況の仕方なさを醸し出す。

で、泣く泣く・・・か、どうかわかりませんが(笑)、2人は別れる。

ところが、別れた途端に・・・別の相手と、あるいは二股だったりもしますが、

嬉々として外の恋をエンジョイ中なんてことがあったりします・・・

・・・大抵は別れを切り出した側の方ですが(笑)

バレるんです、こういうのは。

バレてどうなるか。

嘘をつかれて別れさせられた側には、裏切られたという悲しさと怒り、

それをそのまま受け止め、馬鹿馬鹿しくなってどうでもよくなる人、

一方でタダでは済ませない、復讐心・・・とまでは行かなくても(笑)、

何か仕返ししてやろう・・・と執念を燃やす人もね、いなくはないんだ。

黙って去っていく人、怒り収まらず反撃に出る人、

どっちの場合でも、何れ後々のタイミングで報いは必ずあると思います。

やったことに対して、同じだけの返しは必ずあるものだと、そう思います。

外の恋、不倫の恋、許されない禁断の恋ではありますけどね、

でも、人として不誠実であっていいとは思えません、アタシは。

外の恋なら相手の気持ち、心を踏みにじってもいいなんてルールはないです。

気持ちがなくなってしまったなら、それを正直に伝えるしかないんだな。

それが礼儀だと思いますよ。

それでも尚、上手く切り抜けることができる嘘に自信があるのなら、

それはその人の選択、価値観なんでしょうけど。

外の恋の裏腹

いい天気の土曜日ですね。

いや、だからね、梅雨明けしたんでしょって話です(笑)

してないんですかね、ホントに(笑)

今日は急きょ海に出掛けた、釣りに行く、なんて人が結構いますね。

あ、アタシの友人の話です(笑)

そりゃあね、こんないい天気の週末ですから。

雨の降らない休みの日ともなれば、外ではしゃぎたくなりますよ、大人も(笑)

いいですねぇ~アタシは今日も今週も、休日出勤でございます。

誰もいないオフィスでカタカタとPCをいじり、掛かってきた外線は全部・・・

・・・無視(笑)

だって今日は会社やってないんですから!(笑)

んー・・・世の中には素直じゃあない人ってのがいますね、素直じゃない人。

ひねくれている、へそ曲がり、変わり者(笑)・・・まぁ変わり者は言い過ぎですかね。

誤解を恐れずに言いますが、かまってちゃんだったりもしますよね。

別な言い方をすれば、拗ねているだけとか(笑)

子供です、いい歳した大人の子供バージョン(笑)

ただね、アレですよ、あえて素直じゃあないというか、心とは裏腹な、

そういう言動に出る人もいませんかね。

例えば相手への気持ち、想いを言いたがらない、伝えたがらない。

これ、ただ単に気恥ずかしいとか、そんなことを軽々しく言うもんじゃないとか、

口が重たい人なだけだとか、色々ありますけどね、きっと。

感情を抑えて、抑え込んでおきたいがために、そうする人もいる気がします。

特に不倫をする男の側に(笑)

狡い言い方すれば予防線を張っている。

これは不倫、浮気なんだから、深入りするのはダメだよと。

燃え盛り過ぎてはダメだから、そこそこのところで軽くバリアを張るような。

そういうタイプはメールも電話も、そこにある文字や言語もね、

概ね素っ気ない、味わいが足りない(笑)

いや、言い過ぎましたかね、スミマセン(笑)

でも、男であるアタシが思うに、それは確かにあるんじゃあないかと思いますよ。

好きだけど、この他所の奥さんが大好きだけど、お互いに入れ込み過ぎないように、

あえて冷めたような態度を取るというね、そういうアレです。

で、大抵はこういう態度や反応をする相手に対して、女性の側、つまり

他所の人の奥さん、人妻は残念な気持ち、寂しい思いを抱えますね。

もっと伝えてくれてもいいじゃあないか、と(笑)

セックスの時だけ別人のように積極果敢になるのは何なんだ、と(笑)

男は仕事。

いや、女も仕事ですよね、家事だって仕事みたいなものですし。

忙しく働く外の彼に夜な夜なメールを求めても無理と言えば無理かもしれない。

けど。

本当は、本当のところはどうなのさ、とね、思いたくなるのが女心、

恋する熟女の心の内側じゃあないですか、ねぇ皆さん!(笑)

男はそこが理解できにくいんだ、生態的に違う生き物だから(笑)

なんて言い方で逃げるつもりはありませんよ。

でも、思考回路も、それに紐付く行動も、男のそれは女には不可解。

逆も言えますけどね、熟女の思考回路は奇怪で理解不能で、

意味が分からん!なんてことが・・・ありませんね、失礼いたしました(笑)

かみ合うことよりもかみ合わないことの方が圧倒的に多いんですよね。

でもまぁ、完璧はないということで。

モヤモヤと悶々さを抱えながらも前に進み、明日もまたあの人の外の恋人で

アタシは存在しているんだ、と。

それでよしとしましょうよ。

うん、今日はいいこと言った!(笑)

あ、そうでもないですか?(笑)

当たり前にある存在のように

今日は久々に青空とギラギラと輝く太陽を拝みましたねぇ。。。

梅雨の中休み・・・ってヤツですかね。

もうアレじゃあないですか、梅雨明け、梅雨明けってことでも

いいんじゃあないですかね。

時々ありますよね、年によっては後出しで梅雨明け宣言(笑)

【梅雨は明けていた模様です】みたいな言い方をする天気予報。

今年も暑い夏になるんでしょうかね、しかし。

夏は好きなんですよ。

蝉の声、蚊取り線香の香り、夕立の後の空気の匂い。

暑過ぎない夏を祈りましょう(笑)

さて、外の恋をする皆さん。

お付き合いが始まって日が浅い人もいれば、何回もの季節を巡り巡って、

もう夫婦以上にお互いを知り尽くす関係の人もいるでしょう(笑)

多分一概に言えることではないんでしょうけど、出逢った頃や

付き合いがまだ始まったばかりの頃はね、お互いがお互いを未知ですから。

何もかもが新鮮で、ワクワク感やドキドキ感を伴うアレやコレやが

毎日のようにあるもんですね。

付き合いが続き、デートを重ねて行く中で、段々とお互いのこと、

些細なことから大き目な事まで(笑)、分かってくる。

嫌が応でも(笑)

相手への気持ちが不安から安定に変わる、そういう流れに乗っていく、

そんなこともあるでしょうし、時にはギクシャクもし、時には諍いもあったり、

でも、関係を紡いで繋げていく。

そんなこんなを経て、月日が流れていくと、相手への想いや感じ方、

そもそもの存在の在り方が変わっていく・・・ような気がしています、最近。

何で言うんでしょうかねぇ・・・空気のような・・・ではないかな(笑)

高揚感が高止まりなんてことは全くと言っていいほどなくて(笑)、

むしろ、逆ですね。

静かなる想い、冷静な気持ち・・・ですかね(笑)

そもそも束縛するのもされるのも、この外の恋には完全ルール違反だと

思っていましたし、お互いの家庭内のことには触れない、関わらない、介入しない。

他所の奥さん(旦那)をひととき借りているということ。

3年目の夏を迎えて、数日前にも書いた通りに実に穏やかで変化なき日々です。

いや、今月デートしますよ。

日取りは決まっているんです。

3か月以上逢っていませんから、今ここで書くような、ある種の冷静さや

穏やかさ、平穏であることも、ホテルに入って全裸になれば

獣の交尾に瞬時に変わる気もしますが(笑)

何十年も共に生きてきたベテラン夫婦が相手に対して感じるような、

空気のような存在・・・とはまた違うけどね、きっとね。

でも、ガツガツもしない、かと言って醒めている訳でもない、

静かに存在する相手。

今はそんな風ですかねぇ。。。

近況報告というものでもないですが

蒸しますね、しかし。

気温がさほど高くなくとも、湿度が上がれば蒸します、やはり。

薄着で肌露出して歩く人を見るたびに羨ましく思いますねぇ。。。

クールビズって言ってもね、サラリーマンの服装には限界がありますから。

半ズボンにはなれませんし、ビーチサンダルで会社訪問できません(笑)

いや、それにしても汗かきますね。

電車の中、隣り合わせた人・・・だと思うんですけど、臭う人がいますね。

だと思うんですけど、と書いたのは、ひょっとして臭うのはアタシ?!(笑)

みたいな疑念はゼロじゃあないですからね、ええ(笑)

使ってますよ、制汗剤に消臭スプレーにデオドラントシートに・・・色々と。

何たってオッサンですからね、巷で言うところの加齢臭世代の真っ只中ですから!

ただねーアタシは臭わないと思うんだ、少なくとも加齢臭とか不快な体臭とかは。

彼女にも言われたことはありませんよ。

女房にも。

子供にも・・・。

みんな、傷つけまいとした大人の気遣いなんでしょうかね(笑)

さて、7月も中旬に差し掛かり。

そう言えば、昨日は七夕だったですね(笑)

全然ロマンチックな夜でもなく、人事異動先の新しい組織で

早朝から夜までバタバタと働いております。

間もなくの予定である彼女の生理。

それが終わったらデートをしようか、という話になっておりますが、

果たしてアタシの体が空く日があるんだろうか、彼女の休日と重なる日が、

その日になるんだろうか、果たして、果たして、果たして・・・(笑)

まぁそんなこんなでございますね。

お互いに久しく逢わずにいる今の状態に、すっかり慣れてしまったというか、

安定の変化なき日々が安住のような、楽なような、

いいのか、良くないのか、よくわからない状態ですね、ええ。

音信不通ではないんですよ、毎日必ずメールを行き来させています。

え?!毎日メールなの?なんてことで驚かれる人もいる。

メールは週に数回、よくて日に1回あるかどうか、なんて人がいますもんね。

それでも2人は外の恋の2人、確かに繋がっている、と。

アタシの場合、この外の恋が3年目に入った訳ですが自己最長記録を更新中なんです(笑)

1年が精々でしたから、長くても。

全てが未体験ゾーン、長く付き合うということは穏やかに、平たんに、燃えるようなものは

むしろ少なく、付かず離れずの距離感を物心ともに共有するものかな、と

そんなことを思ってもいます。

口から出る言葉のこと

オッサン化現象の指標のひとつに、

TVを観ながら文句を言う、いちいち批評するというのがあります。

どうですかね、ありませんかね(笑)

アタシは・・・確かにある!(笑)

プロ野球中継観ても、Jリーグを観ても、大相撲を観ても、

バラエティ番組を観ても、ニュース番組を観ても・・・

おそらく自分では無意識に(笑)、色々喋ってる気がします。

【ばかー!何であんな球を打ちに行く????】・・・プロ野球中継です。

【もー下手くそ!やめちまえ!】・・・Jリーグ中継です。

【んな訳ないだろ~】・・・ニュース番組です(笑)

いい気なもんですね、好き勝手に言いたい放題、居酒屋で愚痴るサラリーマンと

似たようなものですねぇ。。。

ある意味、平和です。

無責任な独り言状態な話です。

コレね、同じ世代の女性、40代50代の奥様方も同じなんでしょうかね?(笑)

ドラマやバラエティ番組観ながら物申すんでしょうか?

1人でいて、TVや映画にね、文句を言う程度なら別にいいんです。

自分の耳にしか言葉が入ってきませんから。

誰か人がいても関係なく、しかも度を超えて文句を言う人、コレは困る。

思考回路は言葉に現れると思っていまして、

文句を並べたがる人は、アタマの中も不平不満が渦巻く傾向がありますよね。

旦那の悪口、旦那への不満を滔々と言い続ける人がいたりします(笑)

そりゃあね、外の恋をする人ならね、少なからず旦那や嫁に不満があるから、

だからこそなんでしょうけどね。

でも、それを聞かされる側の身にもなってもらいたい、と。

文句を言う人、やはり人相というか、表情がよろしくないです。

どんなに魅力的な熟女でも、旦那への不満や、いかに酷いヤツであるかを

延々と喋られたらね、そりゃあアナタ萎えますって(笑)

いいんです、多少は。

でも、そればかりだとね、ちょっとね、アレですね。

外の恋は不倫で浮気で道徳的に見たらね、そりゃあダメなことなんです。

そんなことは百も承知で尚且つ、それをするんですから(笑)

旦那や嫁の悪口など言わずに、そんな存在など忘れて外の恋を楽しめたら、

それに越したことはないと思いますよ、ホントにね。

キリカエル瞬間

外の恋をする皆さん。

既婚者がする恋愛が外の恋ですから、つまりそれは不倫で浮気です(笑)

既婚者である以上、帰る場所、つまり家とそこに生活するファミリーがいます。

ファミリーとは言いつつも、夫婦2人だけという場合もあるでしょうし、

はたまた子供が3人、4人といる人も。

その子供もね、もはや子供という年齢ではなくてさ、立派な大人、

成人して社会人になって、結婚もしていて、子供が・・・要するに孫ですね(笑)

孫までいるような場合だって当たり前のようにあるでしょうね。

ある人妻がいると思ってください。

その人妻は・・・うーん、年齢はね50歳です。

あ、別にアタシの知り合いとか、ましてやアタシの外の恋人じゃあない(笑)

ツイッターでフォローし合うだけの関係です。

で、その人妻ですけどね。

家が遠いんです、最寄の駅まで。

とても歩ける距離ではない。

そこそこ田舎なんだそうですよ、本人が語るには。

バスの便もイマイチで、自宅に車はあるものの、自分に車の免許がない。 

言い忘れましたが、この人妻は勿論、外で恋愛中です(笑)

駅に向かうとき、バスも使いますけど、クルマで送ってもらってるんですよね。

旦那、または大学生の息子に(笑)

本人、ツイッターで語ってます。

【これから彼に逢いに行くのに旦那に送迎させるアタシって・・・!】

とか、

【息子よ、スマン!母は外に大好きな人がいるんだ】

とかね(笑)

デートに出掛ける時の送り迎えを家族に頼む・・・意外と当たり前にあるんですかね。

んー・・・アタシはね、デートの時だって仕事に行くことになってますから(笑)

ママチャリに乗って駅まで行くんですけど、雨の時には嫁に送ってもらう。

・・・確かにね、このあと数時間後から先、他所の奥さんと全裸で抱き合うのに、

何も知らない嫁に朝早くにクルマを運転させるってのはね、心が痛む(笑)

浮き立つような気持ちなど微塵も見せないですから。

いや、見せないというよりも後ろめたさが先立って、そんな雰囲気が出ようもない。

遠距離婚外ですからね、自分の場合。

半日以上一緒に過ごして、東と西にお互いが離れて行ったあと、

アタシの場合、地元に着いたら深夜です。

土砂降りの雨だとしても嫁に迎えに来てもらうことはしません、さすがに。

残り香があるとか、雰囲気が纏わりついたままとか、そういう理由ではなくてね、

一日楽しんできた中で、そこまで失礼な、というか理不尽なことは求めたくないと。

土砂降りなら濡れそぼって、全部洗い流して帰る、むしろそんな気持ちになりますよ。

それが外の恋のスイッチを完全オフにする意味合いでもあるし。

重なる記憶とイメージ

先日、こんなことがありました。

今年入社した新人の営業・・・女性ですが、仕事でミスをしました。

お客様の注文を間違えてしまい、頼んでもいない全く別のモノを

お届けしてしまった。

お詫びをしたつもりが、お詫びになっていないということでクレームに。

一緒に謝りに行きました。

何たってね、新卒で入社した新人ですから。

若いんです、アタシの年齢の半分以下、平成生まれ・・・驚いちゃいますよねぇ(笑)

もう自分の子供と同じ世代になっちゃうんだなぁ・・・。

まぁとにかくね、一緒に謝りに行きました。

で、お客様を目の前にしてお詫びをする本人、間もなく声が震え始め、

やがて嗚咽に変わってしまいました。

アタシはアタシで、嗚咽する新人の横でお詫びを申し上げました。

【アンタ、泣けば済むとでも思ってんのかよ、世の中そんなに甘くないよ!】

ある意味、とても厳しい方で嗚咽が止まらない新人に容赦がない。

ミスの経緯、迷惑をかけたことへのお詫び、そしてこのあとの対応、

本人にやらせました・・・多少は手伝いましたが(笑)

先方の事務所を出るときに、先ほどの担当者が

【次回もまたお願いするから】と言ってくださいました。

数分前に涙がやっと止まった新人は、またまた声を上げて泣き出しました(笑)

一緒にお詫びに行った新人女子。

とても勝気で快活で、真っ直ぐに伸びればいい営業ウーマンになると思っていますよ。

是非そうなってほしいと思います。

【いい上司に恵まれているんだから、仕事をしっかり頑張りなさいよ】とも

言っていただけました。

間接的にアタシも褒められたんです・・・よね(笑)

いい上司・・・いい上司ですかぁ・・・プライベートでは不倫してますけどね(笑)

そういう意味ではちょっとアレですね、心苦しいような(笑)

今日のブログの新人女子を面接し、採用したのは自分です。

そんなつもりはないようでも、やはり人間の好みというか、タイプで

採否を決めているかもしれませんねぇ。。。(笑)

実を言えば、以前お付き合いしていた人妻と少し似たところがあったんですよ。

先ほど少し触れました、勝気で快活で、そして涙脆いというか、感情が出やすい。

タブらせたつもりなど更々ありません。

ただただ、ウチの会社の仕事にマッチするタイプ、そういうことです、ホントに(笑)

でもなー10年後20年後にこの子はどんなふうに変わっていくのかを

考えたときに、ふと妖艶な熟女、かつて自分と付き合っていたあの人妻が

狂わんばかりにセックスの快感に身悶えて、何度も何度も果てた後に、

しばし涙を流して、やがて胸に抱かれて静かに寝息を立て始めたのを

回想してしまいました(笑)

いけませんね、頭の中だけのことでも公私混同は(笑)

明日も休日出勤、頑張りますよ。

ちゃんとした人

さ、7月に入りましたね。

今日から7月、夏本番の季節まであともう少し。

今年は猛暑の夏になるんでしょうかね。

連日35度超えの猛暑日が去年、一昨年と随分ありました。

年々暑さが度を超えてきている気がしますよ、ホントに。

そこそこ、程々にしてもらいたいですね、夏の暑さもね。

まぁしかしアレですね、もう7月ってことでね、今年も半分以上過ぎてしまいました。

ね、やっぱり早いでしょう?(笑)

暑い夏だ、堪らん、何とかしてくれ、な~んて言っている内に秋になり、

秋深まってすぐに冬到来ですよ、きっとね(笑)

そしてまたひとつ歳を重ねてしまうという・・・(笑)

外の恋もね、楽しめる時に遠慮なく楽しんでおかないとね、アレですから。

さて、話は変わりますよ。

子供の頃、親からよく言われた言葉があります。

「ちゃんとしなさい」

言われませんでしたかね、ちゃんとしなさいって(笑)

よくよく考えてみると意味がハッキリしない気がしませんか、ちゃんとしなさいって。

ちゃんとしなさいとは、きちんとしなさいということと同義・・・のような、

しっかりしなさいとも似ているような。

だらしない格好をするんじゃない、という意味でちゃんとしなさい。

行動、行為に対してマジメに取り組みなさい、という意味でちゃんとしなさい。

まぁ要するにいくつかの意味合いがありつつも、正しいスタンス、姿でいなさいよ、と

そういう意味のような気がします。

転じて大人の外の恋の話。

外の恋の相手は、ちゃんとした人がいい、という言い方を時々耳にします。目にもします(笑)

見た目の印象、イケメンだ、美形だ、ということとは別に、

性格とか生活全般の部分で、ちゃんとしている人がいい。

外の恋の相手への絶対条件など大してありませんという人、意外と多い気がしていまして、

顔、容姿、スタイルは整っていればそれに越したことはないものの、

絶対的に譲れない条件ではなかったりしますね(笑)

ちゃんと働いていて、ちゃんと家族を養っていて、ちゃんと会話が出来て、

ちゃんとセックスもしてくれて、ちゃんと気持ちよくしてくれて、ちゃんとお金が回る人で、

ちゃんと・・・(笑)

わかったようなわからないような、でもわかったような、ちゃんとした人の意味合い、姿、イメージ。

アタシの場合、そうですねぇ・・・やはり使っていますかね、ちゃんとした人がいいと(笑)

ちゃんとした人イコール何処にでもいるような普通の人、という側面もあるかな。

暴力的、破壊的、破滅的な人がいい!なんて人はいないでしょう(笑)

やはり、ちゃんとした人がいい。

定職を持ち、デートが終われば帰る家、ファミリーがある人。

そういうちゃんとした人が、垣間見せる男の姿、女の姿が素敵なんですよね、きっと。