FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋コミュニケーション

土曜日、そして1月最終日。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

自分は・・・誰もいないオフィスで休日出勤でした(笑)

電話も鳴らない、飛び込みセールスもやってこない静かなオフィス・・・

のはずが、どうしたことか今日は電話が随分かかってきましたねえ。

出なきゃいいんですけどね、会社は休みなんですから。

条件反射的に出ちゃった(笑)

それがクレーム電話だったりね、しちゃうわけですよ。

なんだかなぁ~俺の担当じゃあないってーの(笑)

出ちゃった以上はね、担当じゃないので知りませんとも言えませんから。

内容をお聞きして、週明けに担当から連絡させますということで。。。

いや、休日出勤なんかするもんじゃないですね(笑)

クレーム電話を受けたとき、思うことは原因は色々あるんでしょうけど、

コミュニケーションの問題だなと、要は。

言った・言わない、聞いた・聞かないの話が多いです。

更には受け止め方、理解の仕方。

自分に都合のよい解釈をしたがる人っていますけどね、お客さんにも。

説明が足りない、言葉足らずで誤解を生む営業マンも確かにいます。

で、そういう営業マンはね、恋愛の仕方でも同じような轍を踏む(笑)

要はね、アレなんですよ。コミュニケーションに気持ちがあるか・ないか。

ひと手間を掛けることを手抜きするからダメなんですよ(笑)

外の恋をする人は家の中でのコミュニケーションが充分ではない人の比率が

結構高い気がしています。

どうでしょうかね(笑)

嫁や旦那とは殆ど会話をしない、会話したくないという人、いますよね~(笑)

愛想が尽きてるからなのか、諦めているからなのか、常に不愛想で不機嫌で、

妙な圧を発し続けているような・・・ね?(笑)

その反動なのか、どうなのか、外の恋の相手とはメチャメチャ語らう(笑)

あ、自分の彼女のことですけどね(笑)

自分は嫁と不仲じゃあないんです、決して。

セックスはしませんけど不仲な夫婦じゃあない。

彼女と他愛もない会話をしている時、しばしば感じることがあります。

それは何かというとね、女は喋りたい生き物、聴いてほしい生き物だな、と。

平日仕事をして疲れて帰って、嫁がその日あったことを脈絡もなく話すのを

飯を食いながら聞かされる・・・というか、聴いたフリをする自分(笑)

セックスの後にベッドで何でもないことを脈絡もなく話す彼女。

どちらも似たようなことだなと、そう思いました(笑)

寡黙で口数が少ない人っていますけどね。

外の恋の相手で、特に男が寡黙過ぎると女は不満じゃあないですかね。

何を考えているんだか分からないのは旦那だけで充分という話(笑)

ペラペラ喋る必要はないけどさ、聴く耳は持たないとね。

あと、自分のことを多少は語らないと(笑)

せっかく外の恋をする以上は。

スポンサーサイト



実は監視されている外の恋

これから雪が降るとか、降らないとか。

いや、かなりの確率で雪になるって話ですね、関東も。

去年もありましたね、雪で公共交通がズタズタになりました。

雪が多く降る地域に住む人に言わせると、関東の人たちは

雪をなめていると、そういう見え方になるんだそうですね。

ノーマルタイヤで雪道を走ろうとする、傘差して自転車に乗る、

雪を解かそうとして水を撒く(笑)

呆れてものが言えないとかね、そういうレベルらしい。

まぁね、雪に備えがないような状態ですからね、関東人は。

明日の朝、どうなっているでしょうね。

監視されている外の恋なんて題名、書いちゃいましたけど。

外の恋は秘密の恋、誰にも知られず悟られずに進む恋。

なので、みなアレですね。サングラスやマスク、帽子を被ったり、

変装というか、人相・風貌を隠すようなね、そういう人もいますよね。

自分はその意味では堂々と素顔のままですが(笑)

監視されているとはどういうことかというと・・・もうお分かりでしょうかね。

街中にある数多の監視カメラのことです。

人目を忍んで、それこそ何処の誰だからわからない位に着るモノや

身に着けるモノを変えたとしても、監視カメラには映っている。

駅前の通り、待ち合わせ場所のビルの中、ホテルへつながる狭い道路にも、

少し見上げると監視カメラが必ずと言っていいほど設置されてますね。

あれは何処の誰がどういう風に管理してるんでしょうかね(笑)

録画したヤツ、全部見てるんでしょうか(笑)

何か事件や事故があったときに、確認や証拠の必要に迫られて

監視カメラが役立つんでしょうけどね。

そういう意味でいうと、不倫も浮気も丸見え、丸わかりでかすねえ・・・。

一昔前の話、ラブホテルの部屋にも監視カメラ・・・いや盗撮ですか、

カメラがあったなんて話もありました。

これはもう監視じゃなくて犯罪です。

盗撮した映像を阿漕な商売に使うんでしょうけどね(笑)

こんな風に考えて、気にしだすと、もう外なんか歩けませんよ、ホント。

カメラは何処だ、何処にある、なんてことでね、キョロキョロしちゃって

逆に挙動不審度合いが増すばかり(笑)

いや、いいんですよ、監視カメラなんか。

知り合いにさえ見つからなきゃいいんですから。

監視カメラを見る相手が知り合いだったらもう諦めましょう(笑)

ショックではないが驚きではある

以前から何度も書いたことですが、ウチの会社は女子比率が高いんです。

20代、30代、40代と、バランスよく・・・でもないか(笑)

やはり20代が一番多いですかね。

で、今日ね、オフィスを歩きつつ、そこにいる女子たちを見て

こう思いました。

・・・巨乳比率も高い(笑)

いや、面接官の個人的嗜好での結果ではない・・・と思いますが(笑)

オッパイの大きな女子社員が多くいることに、あらためて気が付きました。

オッパイが大きい・小さいは男から見たら完全に趣味嗜好の範疇なので、

巨乳がモテ囃されるとは限りませんよ。

因みに自分は巨乳でも貧乳でも全く関係ありません(笑)

関係ありませんってのは変ですね、どちらもOK!です(笑)

オッパイが大きい女子社員の中に、ひとりちょっと露出度が大きいヤツがいます。

わざわざ胸元が大きく開いている服を着る、スカートが短い。

しょっちゅう見えてます、胸の谷間の奥とか、パンティとか(笑)

それを見た若い男性社員は士気が上がるんですかねぇ・・・どうなんでしょうか(笑)

自分は何とも思わない・・・思わないようになってしまいました。

何故なら熟女じゃあないからです(笑)

熟女が巨乳で胸元がドカーンと開いている服着てたらね、

そりゃあもうアレですよ、完全に士気が上がりますね!(笑)

さて、その巨乳の子ですけどね、22歳なんですよ。

22歳・・・自分から見たら遥か昔の年齢ですね。

先月の忘年会でその子と席が隣になりました。

色々と話し込むうちに、親の話になりまして。

で、その子が言うには、もう両親ともに若くないんですよ、と。

若くないなんて聞かされると、上に兄弟が何人かいて、

自分は末っ子で、ご両親は60代なのかな~と思うでしょ?

【お父さんもお母さんも53歳なんですよ、もう全然若くないですよ】

と、巨乳の子は言いました。

53歳はジジイ・ババアなのか・・・!(笑)

その年齢ゾーンにいる自分としては、その会話を楽しげに続けつつも、

心の中で【俺って何歳に見られてるんだろ、ひょっとして俺もジジイ扱いなのか】と

声なき叫びがこだましたのでした。

んー・・・確かにね、自分も新卒で社会人になった頃に思いました。

50代の管理職を見て、草臥れたオッサン、遠い遠い存在だな、と(笑)

あっという間にその草臥れたオッサン、遠い遠い存在の側に来てしまいました(笑)

まぁ、いいかぁ・・・(笑)

人は比べずにはいられない生き物

ふと・・・いやまぁふとでもないんですが、

カレンダーを見ましたらアレですね、今週は1月の最終週なんですね。

そんなこと知ってるよ、当たり前じゃあないかと仰る気持ちもよくわかる(笑)

いや、言いたいことはね、もう1年12か月のうちのひと月目が終わっちまいますよ、と。

それが言いたい!(笑)

いやー焦りますね、ホント。

この1月の最初にね、今年の誓い、目標みたいなモノをさ、心に誓った人もいるでしょう。

どうですかね、それ(笑)

もう頓挫しちゃったよ、なんてね、そんな人いませんかね。

頓挫してないまでも、空っきし進んじゃいないよ、って人ね、いるでしょ?

自分はそっちの方だなぁ(笑)

いやだからね、焦るのさ。

2月も早いですよ、きっと。

急ぎましょう、しっかりやりましょう、腹決めて進みましょう・・・!

んー・・・話はね、まぁ変わるんですが(笑)

何故に人は他人と自分を比べたがるのかという話です、今日は。

で、比べたときにね、自分が優越感に浸るというパターンは少なくてさ、

大抵は他人を羨み、自分を嘆き、というパターンですね。

外の恋ひとつをとってみてもそうじゃあないですかねえ。。。

自分のしている外の恋よりも、他所の誰かのしているそれの方が、

断然シアワセそうに見える、感じる、というね。

あのー・・・外の恋のことを包み隠さず全部披露して見せる人、いませんよ(笑)

自分も外の恋をしている訳ですが、年間のデート回数なんてね、片手行くかどうか。

いや、ワンシーズンに1回あるかないか、ですよ、実際。

このことを他所の人のデートと比べたら、そりゃあ少ない・・・

少ない・・・と思いきや、年間に1回しか逢えませんよという人もいるんです。

じゃあその年に1回しか逢えない外の恋をするその人が、

自身のありようを残念で仕方ない、悲しくて寂しくて仕方ないかと言えば、

そうかもしれないけど、そうじゃあないかもしれない・・・ですよね。

人は皆、置かれた立場も状況も違うモノですから。

ある一面だけを切り取って、それがとてもシアワセそうな恋愛模様だったとしてもさ、

そこには現れない別のところでは、いいことばかりじゃないって話ですよ。

比べて羨めば意味なく気持ちは下がる、そういうアレですよね。

もし比べるなら、根拠なく優越感に浸れるような思考回路でありたいですね!(笑)



誰でもいいはずはないが、こだわりもない

いい天気の日曜ですねえ。

あ、関東地方ですけどね(笑)

日差しがしっかりとしていて、陽だまりはポカポカしますよ。

もう段々と春に向かっていきますよ。

寒さが戻ったり、これから雪も降るんでしょうけどね。

巷では美魔女とか、モテオヤジとかね、そういう中年ジャンルがありますね。

いや、ジャンルじゃあないか(笑)

まぁなんでもいいんですが、とにかくいます、そういう・・・

異性にモテる中年、ですかね。

若い頃には全く異性に縁がなかった、モテなかったという人が、

中年になってモテ期に突入なんて話もね、時々耳にしますけど。

モテ期・・・皆さんはありましたかね、モテてモテて仕方なかったこと(笑)

自分は、まぁありました。

30歳前後だったですかね、今思えば一番お盛んだったかも(笑)

んー・・・アレです、モテるモテないを言いたいんじゃあないんだ、今日は。

モテなくたって全然問題ないし、モテるといいことがたくさんある訳でもない。

外の恋をするときに、相手が異性からモテる・モテないを気にしますか?

自分の彼、彼女がモテる、モテない。。。

モテない相手よりモテた方がいいんですかね(笑)

自分の彼女はですね、多分モテてますね。

何を根拠にそう思うかというとね、彼女とはTwitterでも繋がっていまして、

彼女にしきりにアプローチしているオトコ、かなりの人数います(笑)

モテているというより、スケベ心丸出しの男たちに言い寄られていると、

まぁそういうことなんだと思いますが(笑)

モテているというより、カラダ目当てというかね、セックスしたいだけというか。

まぁそれもモテているということなのかもしれませんが(笑)

でもねぇ、アレですよ。

自分の彼女なんてね、何処にでもいる普通の主婦、熟女ですよ、ええ。

本人そんなこと言っちゃあダメですけどね、美魔女ではない(笑)

勿論自分もモテオヤジではないし(笑)

中年太りでハゲ頭で着こなしが下手くそなオッサンだって

外の恋をすることだってできますよ、と。

あ、あの自分がね、中年太りでハゲ頭で着こなしが下手な

オッサンということではないですよ、念のため(笑)

で、自分はね、彼女という存在に20代のようなプロポーションを保つとか、

シミもシワもない美肌の熟女なんてことを、そもそも望んでもいないんですよ。

極々普通の人でいいんだ。

そういう意味で妙なこだわりはない・・・ないと思いますけど(笑)

あ、下っ腹が出ていてオッパイも垂れ気味で、お尻がドーン!とデカイ、

そういう好みというこだわりはありますけど(笑)




リスク回避

外の恋をする人、つまり別の言い方をすれば

浮気をしている人、不倫をしている人。

その中でも初めての外の恋という人もいれば、

2回、3回と回数を重ね、何年も何十年も(笑)そういう経験を

繰り返しているという人もいますね。

外の恋は後にも先にも1回だけ、2回目がないという人もいます。

それには理由があって、もう充分に楽しめた、満足したという人。

外の恋をしてはみたものの、どうも自分には合わない、

草臥れる、疲れるだけだったということでね、2度としませんよ、という人も。

あとね、こういう人もいる。

外の恋がバレたという人。

そして、第三者を巻き込んだ修羅場を演じてしまったと。

もうあんな修羅場、地獄絵図は勘弁だ、懲り懲りだ、と。

そういうことで外の恋をもうしません!と心に固く誓った人もいるんでしょう。

バレちゃあダメですね、外の恋は。

バレるのはダメなんだ、アレは。

バレるのはルール違反だと思いますよ、自分は(笑)

外の恋をするなら絶対にバレないようにする、コレがルール。

そのために脇を固めてあらゆるリスクを、秘密漏えい・発覚につながるような、

あらゆる行為・言動を固く固く慎まなければなりません(笑)

これはもう昔から言いつくされていることでしょうけど、

スマホ(携帯)をやたらと気にする、急に肌身離さず持ち歩くようになった、

突然画面ロックをかけた・・・今までそんなことなどなかった人が急にね、

そんなことをし始めたら、そりゃあアナタ、怪しまれるに決まってる(笑)

今まで通りに、いつもの通りに立ち居ふるまうことですよ、家族の前で。

それに尽きるんだと思います。

夜中にスマホ片手にトイレに籠るなんて尋常じゃあない(笑)

特にね、そういうことをする男、つまり旦那ね。

奥さんの勘は剃刀よりも鋭いからね、もう怪しまれるどころか、

完全にマークされますね、ええ(笑)

まぁ旦那が何しようが、嫁がどうしていようが全然無関心で無頓着なね、

そういう冷え切った夫婦、割り切りあった夫婦もいますけどね(笑)




心の内側は永遠の謎

今日は寒いですよねえ。

昨日、大寒だった訳ですが、さすがですね、ちゃ~んと寒い(笑)

冬はホントにアレですね、寒くて堪りません。

暑けりゃ暑いで文句を言いたくなりますが、寒いのもね、どうにもこうにも。。。

春が待ち遠しいです。

えー・・・と、昔からよくある話として、思っていることが表情に出る、

顔に出る、そういうアレがありますね。

目は口ほどにものを言うという言い方がありますが、アレも同じようなことですね。

嫌な事があれば嫌な表情をするのが自然ですし、嬉しかったら自然と嬉しい顔に

どうしたってなるもんですよ、フツーの人は(笑)

ところが中にはね、真逆な反応を意図的にする人もいますね。

ニッコリ微笑んで心の中は煮えくり返っているとか(笑)

女の人、特に・・・ん~誤解なくお願いしたいんですが、熟女とかね、

人妻とか、あと若いのに精神的に妙に大人な女子とかさ、

思い・感情とは裏腹な態度・表情をする傾向がありませんかね。

んー・・・少なくとも男よりは、そういう芸当が上手い(笑)

男は単純ですからね、何にしてもわかりやすい。

怒ってるのは顔に出る、スケベ心も顔に出る(笑)

そもそもの話、人の心の内側で何が巻き起こっているかなんてことはね、

わかりようもないって話ですよね。

アイツのことは何でもわかる!なんて豪語する人もいますけど、

そうかもしれないけど、やはりそうじゃあないかもしれないですよ。

人の心のその中を知りたがる人、例えば相手の気持ちの在り処、

自分への気持ちの大きさ・深さ、要は自分への関心度ですかね。

好きかと問われて好きじゃないと答えられたら、その時点でオシマイですが(笑)

好きと答えたとしても、本当のところはどうなの?と問いなおしたらね、

それほど好きでもない、なんてね(笑)

まぁそんなやり取りする人もそうそういないんでしょうけどさ。

仕事でもプライベートでも思いもよらぬことってありますね。

嬉しいハプニングがあれば、まさかの展開、裏切りにも似たこととか。

あれほど信じていたことが嘘だった、幻だった、よくあります(笑)

人の気持ちは移ろうし、変化するし、行きつ戻りつもするし、

固く動かずに一定の人もいる。

知ろうとするから悩むのであって、そもそも知っても仕方ない、知ってどうする、

それくらいの心持ちでいた方が、こと恋愛の・・・さらに言えば外の恋の場合は

楽に過ごせるように思いますよ。

思い悩み苦しむために外の恋をしている訳じゃあないし(笑)

なるようにしかならないし、なるようになっている、そういうもの。

男は仕事で疲れ、女は面倒臭がり

何のことだかわかんない題名ですね(笑)

今日の夕刊を見た人ならピン!と来た人もいるかな。

少し前にニュースでも・・・ニュースでも・・・!(笑)報道がありました。

何のことかと言いますと、セックスに積極的になれない理由だそうです。

ある協会がアンケートをとった結果、男は仕事で疲れてしまい、

女はそれ自体が面倒ですよ、と。

セックスレス(1か月以上)は45%近くいて、これは10年前の調査に比べると

13ポイント近く増えているんだそうですよ。

あ、言い忘れましたけど、調査対象は16~49歳の既婚男女です。

この結果を見て思いました。

つまりコレ、夫婦間でのことでしょ、と。

夫婦外でのことならこうではない、と(笑)

外の恋をする人は、ほぼほぼ外でセックスしてますよ。

家の中でしていない人ほど豪快に外でしていたりする(笑)

旦那や嫁が見たら別の人と思うようなセックスでしょうねえ。。。

家庭内でもするし、外でもするというWで励む人、います。

コレは素晴らしい・・・ことなのかどうかはわかりませんが(笑)

少なくとも旦那や嫁とセックスできる関係はね、本来のあるべき姿。

そう思います。

自分は片手プラスアルファ位の人妻と外の恋の経験がありますけど、

家でするセックスに不満があって外の恋のセックスに向かう人妻は

やはり多かったように思います・・・というか全員かな(笑)

男もそうだよなー。

心底申し訳ないけど、性的対象に見られないんだよなぁ。

もう完全に家族なんですよ、ともに生活する家族、同志、戦友・・・。

だからね、自分は嫁は大事、大切な存在です。

ですけど、外の恋は全く別。

いや性欲のはけ口じゃあないですよ(笑)

恋愛感情、トキメキやワクワク感をオッサンになっても味わいたいというね、

そういう気持ちは常にある。

そこにセックスはひもづくものじゃあないですか。

比べたらきりがない外の恋

こういうブログをやってますと、色々な人の恋愛模様・・・

まぁ恋愛模様って言っても、ほぼほぼ外の恋の恋愛ですけどね(笑)

その恋愛模様を垣間見る、そういう機会が多々あります。

Twitterでもそうですねえ。

アカウントがそういうアカウントですからね、どうしたって同類というか、

似た境遇の人が集うんだ。

で、そういう人が集う中で、そういう人の書くブログやつぶやきをね、

見ていますと、今ある自分の状態を世の中的にというか、

外の恋の中的というか(笑)、確認したくなるみたいですね。

今、自分のする外の恋は他の人のそれと比べてどうなのか、と。

で、大抵は他の人のそれをうらやむ場合が多いような気がします。

自分はこうなのに、他所の人は何でこうもシアワセな外の恋なの、と。

要はアレですね、隣の芝生は青く見える外の恋バージョンですね(笑)

一面的に見たらうらやましい限りなことがあったとしても、

隠されたもっと多くの、見えない数々が絶対にある訳で、

そこをね、もしも比べることが許されるのならばさ、

甲乙つけがたいかもしれませんよ、実際。

あるいはアナタが圧勝かもしれない。

誰でもいいわけじゃあないもんね、外の恋の相手って。

寂しさ紛らわすために誰かとつながりたい、そういう気持ちが

外の恋の顔をしてやってくることがあって、

好きだか何だかわかんないけど、何となくこの人と逢ってみよう、

で、逢っちゃったからセックスしてみよう、しちゃったけど悪くないから

もう一回逢ってみよう・・・そんな始まりがあってもいいとは思うんです。

でも、ひょんなことで現れる他の相手に簡単に気持ちが揺さぶられるなら

誰でもいい相手をとりあえずチョイスしてみました、なのかも。

自分は50代ですから、20代や30代ができることが同じようにできるとは

到底思っていなくて、気持ちだけ若いつもりでも自惚れてはいけなしね(笑)

相手選びに無駄と余計なことをしたくないんですよね。

真面目に不埒なことをするのが外の恋だと思うので。

比べたらきりがないのは本当で、誰でもいいから恋したいのも違う。

不埒でふしだらで人の道に外れているんでしょうけど、とことん真面目にやるのが

大人がする外の恋なので。

外の恋の復縁

一度別れて、もう一度くっ付くのを復縁と言いますね。

復縁。

別れるには理由や事情はあるわけで、何もなく別れる訳じゃあない。

好きだけど別れる、別れなきゃならない事情とかね、ありますよ、ええ。

許せない、アタマに来た、もう大嫌いだ、ということでね、別れる、

そういうのもありますね。

で、どういう事情にせよ、いったん別れて、また戻るという復縁。

経験ある人、いますかね。

自分はないんですよ。

いや、グズグズ・ズルズルと中途半端な関係が続いたことはありますけどね。

それはそもそも付き合っていたのか、いなかったのか、それ自体が曖昧な中で

逢えば喧嘩、でも仲直りして、また喧嘩して、その繰り返しでした。

復縁した人、その後はいかがなんでしょうかね。

復縁以前と復縁後でよりよい関係になった人、ならなかった人、それぞれですかね。

価値観と考え方のことなので、復縁の是非を云々するアレじゃあないんですが、

別れるには理由がある訳ですよ。

もう一度、やり直す。

外の恋でもそれはアリなのかなと、ふと思います。

人間、都合のいい解釈をしたがるし、過去を美化する傾向があります。

別れた後に思い出も相手のことも妙に美化して、

今ある寂しさや、そのあとにあった彼是を元カレ、元カノとの関係に

求めようとすることがありますね。

求めないにしても、もしもの話として想像してみたり。

自分は復縁の経験はないんです。

多分、それをしても同じことの繰り返しになると思うから。

やはり、別れたことには理由がある訳ですから。

シチュエーションが違うことで、前より良くなる関係があるかもしれません。

でも、それを期待するよりも、新しい出逢いを求めた方が

外の恋に限って言えばいいと思うんですよね。

当事者だからわかること、わからないこと

今日は冷たい雨の一日となりました。

吹く風も強くてね、外回りの仕事には中々タフなコンディション。

こういう時に思いますねえ・・・自動車で移動できると楽だろうな、と。

自分は電車と徒歩ですから、仕事で移動する手段は。

雨に打たれ、濡れそぼり、雪を肩に積もらせて・・・なんてシーンは滅多にないけどさ(笑)

クルマってのはイイネ!と思いますよ。

あの個室感っていうんですかね、密閉された空間にいて雨にも雪にも濡れず、

夏は涼しく快適で、真冬ならヒーターで暖かい。

イイですねえ・・・(笑)

クルマに乗ってドライブデート、外の恋では一度もやったことがありませんが、

機会があったらしてみたいもんです(笑)

んー・・・外の恋のことを色々と好き勝手に自由気ままに書き連ねるこのブログ。

同じようなことばかり繰り返し書いている気がします・・・いや気がしますじゃあない(笑)

事実そうですね!(笑)

世の中には奇特な人がいるもので、熱心に・・・いや熱心かどうかはわからない(笑)

けどね、頻繁に読みに来ていただく方、コメントつけてくださる方、たくさんいらっしゃる。

それからアレですね、相談めいたことを書いてくださる方もいるんです。

今コレコレこうで、こうなんですけど、どう思いますか、どうしたらいいですか、と。

アタシごときに相談なんかしちゃあダメだと思いますよ、ええホントに(笑)

ロクなもんじゃあないと思います。

導くことなど出来やしませんし、間違っている場合が多々あると思いますよ。

まぁそれでもね、問われれば無下にできるものでもないじゃあないですか。

そんなこと知ら~ん!とはできませんもんね、人としてさ(笑)

てなわけで、都度お答えすることになるんですが、

毎回思うんですよ、そのとき。

自分のことは一番わかる、わかっていると思っても、

それは自分がいい状態の時にこそ、そう思うのであって、

いざ自分が悩んだり、困ったり、落ち込んだりの側にね、なったとしたら。

自分で自分を励まし、解決できるのかと。

・・・やはり、いや多分、いや確実に(笑)誰かに相談するんだと思いました。

相談ではなくても、話を聞いてくれと、文字や言葉、あるいは声にして

伝えるから、まずは受け止めてみてくれないかと。

正しい答えなど欲しがるわけでなく、ただただ受けてくれるだけでいい。

そう思いました。

人は皆、悩む。

こと、外の恋のことならね、表立って口にすることができないアレですからね(笑)

似た境遇、同じような体験をした人、している誰かにこそ、

聞いてほしかったりするものなんでしょうね。

えー・・・と、そんなわけでして、自分宛てに何かコメントやメッセージや、

よろずのご相談事などございました際には、どうぞ遠慮なく。

役に立つことはないと思いますがね、そこはご勘弁を。

あ、お金のこと以外でお願いしますね(笑)

レンタルという存在

いきなりアレですがね、質問してみたいと思います。

外の恋をする人、今はしていないけど過去にしたことがある人、

正直にお答えください(笑)

外の恋の相手が旦那(奥さん)とセックスしたら嫌ですかね?

どうでしょう。

嫌という人、嫌じゃないという人、どちらでもないという人(笑)、

一番多いのはどの回答になるんでしょうか。

こればかりは調べようもないし、計りようもないんですが、

外の恋とは言え、つまり浮気であり不倫であるとは言え、

それなりの恋愛感情を持った相手のことでしょうから、配偶者との

セックスは嫌だというところが一番多いような気もします。

男女差もあるんでしょうかね。

根拠なく勝手な憶測ですけどね、女性の方が嫌だ!という回答が多いような。。。

外彼が奥さんとセックスするのは許しがたい!けしからん!(笑)みたいな

そんな思いでいるんじゃあないかなぁ・・・とかね(笑)

まぁ嫌だよ、我慢ならないよ、という人もさ、理屈では分かっちゃいるけど、

感情的に処理し難いというね、そういうアレですかね。

自分は奥さんとセックスレスですから彼女にその意味では嫌な感情を

持たれることはないです、幸いにも(笑)

彼女も旦那とセックスレス、ただコレは彼女が一方的に拒否なわけで、

旦那はしたくてしたくて仕方ないらしい(笑)

外彼、外彼女が嫁や旦那とセックス、これはねえ夫婦ですからねえ。

しますよね、する人はさ。

外の恋のセックスとは別腹という人妻もいますし(笑)

今の彼女の前にお付き合いしていた人妻はそうでしたよ、ええ。

旦那ともする、自分ともする。

旦那は2分間の性欲処理みたいな早業だそうですけど(笑)

でも夫婦円満なんですよ、その人妻。

夫婦仲が悪いから外の恋に向かう人ばかりじゃあないんだな。

リアルの生活を肉体的にも精神的にも上手くやりくりするために、

非日常の恋愛をする、外で思い切りセックスをする、そんな人妻でした。

自分は相手、つまり彼女が旦那とセックスすることに嫌悪も何もない。

むしろ、どちらかというとセックスをしてください的な立ち位置かなぁ(笑)

夫婦仲が冷えていてもいいけど、険悪で四六時中いがみ合うような状態で

外の恋に身も心も差し向けるより、やはりいいんじゃないかと。

寸借というとお金のことになってしまいそうですけど、

ちょっとだけの間、他所の人の所有物をお借りしてセックスすると。

で、済みましたら都度お返ししますと。

そういうくらいの気持ちでいた方がね、いいじゃあないですかね。

期待せず過ごす外の恋

3連休明け、今日は月曜日じゃあなくて火曜日でしたね(笑)

実は昨日は会社に行ったんですよ、ええ。

折角の3連休だった訳ですが、まぁ特別な予定がそもそもあった訳でもなく、

急に急ぎの仕事が入りましたんで。

あとで慌てさせられるのもアレだなと思いまして(笑)

会社のすぐ近くにね、ラブホテルがあるんですが、真昼間から賑わいますね(笑)

昨日は朝も昼も出入りする男女、何組も見かけました。

いいなぁ・・・じゃない(笑)

いい歳したオッサンがどう見ても年齢半分以下だろうよ、と思われる若い女子をね、

連れ込んで・・・いや連れ込んだのかどうかは知りませんけどね(笑)

いましたねえ・・・。

自分ならあんな若い子を連れ込まない・・・いや、そうじゃなくて(笑)

ラブホテルに入っていく2人、アレは恋人同士とは限らないですよね、当たり前ですが。

勿論真面目な恋愛というか、正真正銘に恋人同士、愛し合う二人というね、

そういう2人もたくさんいるんですけどね、そうじゃあない2人もいるでしょ。

例えばさ、外の恋の2人・・・浮気、不倫の現場ですね(笑)

春を売り、買う人同士というのもあるし、セックスだけのお友達という

そういう関係もあると思いますよ、ええ。

あの建物、密室の中でセックスをする。

1回だけでオシマイ、もう頑張れない人もいれば、何度も求め求められの2人もいる。

実にプライベートな、そこにいる当事者だけしか知らない世界ですね(笑)

これは昔話ですけど、物凄く寂しがり屋の人妻がいました。

お付き合いの期間は3か月という、まぁ実に儚く終わった婚外だった訳ですが、

んー・・・寂しがり屋といいますか、実は本人が言うことには外の恋デビューだったと。

結婚して子供を産み、育て、40歳で初めての外の恋を体験した訳です。

旦那さんとは恋愛結婚だったんですが、出産後に訳あって完全セックスレスになり。

ひょんなことから・・・まぁツイッターですけどね、自分と繋がりました。

物凄く臆病で逢うのが怖い、それこそ犯罪に巻き込まれたらどうしよう!なんてことも

言ってましたからね、その人妻は(笑)

でも、逢ってその日にセックスを、10年ぶりに近いセックスをした瞬間から

もうダムが完全決壊したかのように豹変しました。

泣き喚くように何度も快感の頂点に達して、あの怯えるように疑うように

まなざしを向けていた人妻は表現が悪いですけど、セックス中毒になったかと、

そう思いました。

外の恋を経験すると、女を認めてくれた嬉しさ、女の歓びを初めて知ること、

肉体的にも精神的にも味わったことのない満足を得てしまう場合がある。

それは男もそうだけどね(笑)

その人妻はそこそこ遠距離にも関わらず、しきりに逢いたがるようになりました。

逢えばセックス、回を重ねるごとに狂乱して昇天して果てるようになり、

自分は段々と冷静になり、次第に冷めてきて、しまいには面倒だなという気分になりました。

ちょっと怖さや危うささえも感じるようになりましたねえ。。。

なんて言うんですかね、こうね、物心ともに依存してきているのがね、わかるんです。

もう離れない、離れたくないという言葉こそ発しませんでしたけど、オーラで伝わる(笑)

外の恋に発展的未来を思い描くつもりもなかったんでしょうけど、

それでも自分には重たく圧し掛かる重圧というかね、セックスしながらも

この人妻はこの先どうなっちまうんだろう・・・なんて気持ちでいた記憶があります。

見えない期待感というか、次いつ逢える?ということを目線でも態度でも放つんですよね。

大人の話し合いをして、きれいサッパリあかの他人同士に戻りましたけど、

別れの時にその人妻はこう言いましたねえ。。。

【もう不倫はしない、今回限りにする】

そんなことわざわざ言う必要ないんですけどねえ(笑)

ツイッターつながりですから、実はつながった同士の中では世界は狭くて、

これは風の噂ですけどね、この人妻、自分とピリオドを打った後に

すぐまた新しいオトコを見つけたみたいです(笑)

自分には関係ない話ですけどさ、今回限りってのは無理だったみたい(笑)

逢えないこと、頻繁には無理だということを当たり前にできないで

期待ばかりし過ぎる外の恋は楽しくないですよ。

思考停止、思考パターン

この3連休は概ね晴天、何処もいい天気のようですね。

ラジオの交通情報を聴いていると、高速道路も有料道路も国道も、

渋滞と混雑を伝えていますね。

成人式で街も混雑、賑わっているなんてこともあるみたいですよ。

成人式・・・もう30年以上前のことですねえ。。。(笑)

地元の大きな会場に皆集まる、あの場所には行かずに遊び仲間と

都内に出掛けましたね、自分は(笑)

で、ディスコへ行ってナンパというものをね、してみました(笑)

懐かしい遠い思い出です。

あの頃、30年以上前の頃と今とでは随分と変わりました、街も人も。

自分自身も成長という言い方で表現できる変化もあれば、

劣化、退化というかね、衰えていることも多々ある・・・と思う(笑)

仕事で70代の人・・・まぁ経営者とかね、オーナーとか、そういう人と

接することが結構あるんですが、そこで感じることがあります。

人は老いていくと頑なになり、リアルも思考回路でも視野が狭まり、

変わらないことに安住し、変わろうとしにくくなり、変えたがらない傾向が

段々と強くなっていくと。

いますよね、頑固ジジイってのが(笑)

あと、何でしょうかね、意地悪婆さんですかね(笑)

いや、年齢を重ねても前向きでチャレンジ精神旺盛で、新しいことを

常に求めている、そういう人もいます。

まだ爺さんと呼ばれる年代には至らない自分ですけどね、

でも思考回路、考えや行動のパターン、これは自分が思う以上に

大体のお決まりの中にある気がしているんですよ。

外の恋のこともね、やっぱりそれはあるかなぁと感じます。

で、それは相手つまり彼女の中にもね、あるんだと思う。

人生経験を重ねて生きてきたことが価値観や行動パターンのルールに

なっているもんですからね、これは誰しもそうなんだろうな、と。

若い頃は柔軟に対応できたこと、柔軟に対応しているフリをしたことも、

中年になると、柔軟に対応しない(笑)、対応するフリさえしない(笑)、

なんてことも多々あったり、逆に余裕ができて大らかに受け止めて許容する、

そういうこともありますけどね、きっと。

思考パターンの固定化、行動パターンの安定化は時に飽きやマンネリになりますね。

変わること、変化することに躊躇というよりも、面倒臭さを覚えると尚更ね(笑)

刺激やときめき、気持ちの高揚を求めているはずが、安定にも似た惰性のような

そんな外の恋のありさまがね、あったり、なかったり(笑)

もしも迷ったら

世の中には迷う人と迷わない人、両方いると思いますが、

人生ほとんど迷わない!という人も、迷うシーンがあるとは思うんです。

自分は迷いますねぇ。。。

年がら年中迷って迷って(笑)

迷う人というのは、良く言えば思慮深い、悪く言えば考え過ぎ(笑)

欲しいモノを買うか、買わないか、今買うか、後で買うか。

迷いに迷って結局買わない、なんてこともありますよ。

それがいい結果だったこともあれば、逆の場合もある。

買い物ではないですけど、人を選ぶ・選ばないということにも

迷う・迷わないがあると思いますねえ。。。

外の恋のこと、まぁもう少しゾーンを広くして恋愛というカテゴリーで見ても、

彼・彼女のことで迷うこと、ありませんか。

そもそもの話で、この人とお付き合いをするか、しないか、迷い。

既婚で家庭があって、それは相手も同じ環境だったときに、

この人と外の恋をするか、しないかを迷うこと、迷わないにしても、

熟慮っていうんですかね、よくよく考えるというような。

自分はそのタイプですかねぇ・・・。

いや毎回毎回迷いに迷う訳じゃあないんです。

時に迷う、熟慮が長い(笑)

で、そういうときのことです。

迷ったら、どうするか。

自分は仕事で採用面接をすることがあります。

採用では鉄則があると思っていまして、それは何かというと、

ある人を次の面接に進める時に迷ったら、次に進める。

最終面接で迷ったら採用を見送る、こういう話です。

迷うということは何かが引っかかる、上手く言葉に言い表せない違和感、

何かマイナス材料を知らせるアラートのような、そういうものがあると。

外の恋をするときにもね、何処かに違和感、引っかかりを感じる相手ならば、

たとえ気になる相手、或いはセックスが抜群にいい相手だとしても、

選ぶべき相手ではないと、そういう警告音が出ている気がするんです。

いい歳をした大人ですから、お互いに(笑)

人生経験ってものがあるじゃあないですか。

そこに根付かされた危険予知、危険回避の能力みたいなものさは、

やっぱりあるものですよ。

常に曖昧さが伴うもの

あっという間に週末になりました。

1週間前がお正月だなんて、どうですか信じられないですね(笑)

もうすっかり日常の、いつもの生活に引き擦りこまれた感じです。

サービス業の友人は年末年始を休みなく働き、明日からの3連休とあわせて、

10日間の冬期休暇だと言っていました。

世間一般と時期をずらしての休暇、国内温泉めぐりの旅をするんだそうです。

いいですねえ・・・9連休を平凡に過ごした自分にしてみたらヤケに羨ましい(笑)

とは言えね、自分だって明日から3連休ですよ、ええ。

何処にも行くアレもないんですがね(笑)

さ、何はともあれ始まりました2015年。

今年の外の恋はじめ、もう済みましたかね(笑)

この週末を使って今年の初デートという人もいるんですかね。

んー・・・自分はまだ予定もしていません。

今月末か来月・・・ですかねえ。。。

最近でもないんですが、思うことがあります。

何を思うかというとね、外の恋のこの関係性のことです。

関係性なんて書いちゃってますけどね、ムズカシイことじゃあない(笑)

外の恋の2人とは恋するもの同士の関係・・・ですよね。

恋人だ、つまり。

恋人・・・でしょうけど、もっとしっくりくる言い方すればね、浮気相手。

不倫関係という言い方の方が、ズバリその関係を言い当てている気がします。

不倫や浮気というと、もう間違いなくセックスの関係を言うでしょう。

そうなってくると、多分にセックスフレンド的な関係にも思えてくる(笑)

彼方此方にセックスをする相手を作るという純粋なセックスフレンドではなく、

この人、この相手のみ、ではあるけどね、セックスが重要なお互いの存在。

先日読んだある本にこんなことが書いてありました。

相手のことを深く知ろうとしない、詮索もしない、名前(本名)さえも知らず、

頻繁に逢うことを求めず、強要も無理強いもせず、長時間を過ごすことは

極力避ける、必要な嘘はいつでも付く・・・。

セックスフレンドのことです。

まぁね、人それぞれの考え、主観も価値観も意味付けもありますからね、

どう考えるも自由だし、それはそれでいいことなんですが、

このセックスフレンドの説明に自分たちの関係性が妙に符合しました。

何時だったか、彼女も似たようなことを言っていたのを思い出しました。

【1人だけ存在するセックスフレンドのような感じでもあるよね】と。

セックスフレンドがいます、などと言うと相手を見下すような言動になる人がいます。

じゃあ外の恋なら見下さないのかと言えば、そんなこともないんでしょうけどね、

だって不倫で浮気ですからね、つまりはさ。

しない人には理解しえない世界なんだと思いますよ、確かに。

したい気持ちを抑え込んで耐えているような、ある種、修行僧のような人もさ、

実は本当に多いんじゃあないかとも思います。

で、何かの弾みで出逢い、男と女の関係が始まってしまうことだってきっとある。

男と女ですからね、セックスフレンドでも外の恋でも(笑)

意味合いが微妙に振れたとしても、結局は大したことじゃあないかな(笑)

記憶に残る場所

昨日、今日と年始回りです。

つい先々週にね、年末のご挨拶をしたばかりですから(笑)

新年のご挨拶も何もないって言えばないんですけどね。

まぁ新年ですから、訪問すべき先には訪問しないとね。

話はちょっと脱線しますけど、先週の今日って大晦日だったんですよね。

先週の明日は何と元旦でした。

大晦日もお正月も遥か昔のような感覚になってませんかね、皆さん(笑)

早速、時間の経つのは早いと実感させられますね。

さて、話を戻しましょう。

今日訪問した先、場所は東京の西の方。

年に1~2回行く場所です。

普段は滅多に行かないし、何気に思い出すこともない場所ですが、

こうして年末や年始のご挨拶ということで訪問しますとね、

懐かしく、そして鮮明に記憶が蘇る場所なんですよ。

独身時代にお付き合いしていた人が住む・・・いや住んでいた場所。

訪問先の会社から徒歩で数分のところに家がある・・・はずです。

元彼女ですからね、それも20年近く前の。

今では間違いなく熟女、自分が大好きな熟女カテゴリーですね(笑)

んー・・・いい終わり方をした相手ではないんですけど、鮮烈な思い出の相手。

婚約して、それを破棄された相手なんです。

結婚するはずが相手の母親に一方的に反故にされたというね、そういう話。

まぁ、確か以前の記事にも書いたかな、このことは。

今となっては何とも思っていない、恨みもつらみもないアレですけどね。

その場所に今、住んでいるかなんて知る術もないし、知る必要もないし、

ましてやね、存命かどうかだってわかんないですよね(笑)

ただただ、思い出深い、それだけです。

年末年始にTVを観ていて、旅番組とかありますね。

観光名所とか、デートスポットとかね、タレントが食レポしたり、

温泉に入ったり、ドライブしたり。

観ていて結構ありました、懐かしのデートスポットの数々(笑)

あぁ、この場所はあの時の人妻と行ったラブホテルの近くだな、とか。

あぁ、この店の先の路地を曲がるとセックスのあとで寄った居酒屋があったな、とか(笑)

何なんですかね、この回想(笑)

それだけアチコチで外の恋のデートをしたってことですかね(笑)

そんなときにね、ふと思う訳ですよ、あの人妻は今どうしているかな。

元気でいるかな、と。

みんな・・・まぁ、みんなでもないけどさ(笑)、素敵な思い出を作った熟女ですから。

外の恋、願掛け

今日から仕事始めという人、多いんでしょうね。

電車の混み具合、いつも通りのように感じましたよ。

逆に今日から休むって人もいるんでしょう。

年末年始を目一杯働いた人たちはね、遅れてくる正月休み。

気分的にはね、もう正月でもないですけどね。

約10日ぶりに袖を通したビジネススーツ、そしてネクタイに革靴。

草臥れますね、ホント(笑)

肩凝り、腰痛、早速始まりました。

さらには人ごみの中へね、行きましたもんで余計に疲労感が。。。

都内の有名な神社へお参りに行きました、ええ。

商売繁盛の神様ってことでね、毎年行くんです。

みんな何を祈り、願ったんでしょうかね。

声に出してお参りする人はいませんからね、その内容は誰も知らない(笑)

中には仕事のことじゃあなくて、恋人のことをお願いした人もいるんでしょうか。

いや、いるんでしょうか、じゃなくて、きっといる、しかも大勢(笑)

外の恋のことだとしたら、アレですよね、不倫ですからね。

道徳に反してますから、いやホントに。

神様もそんな人の道に外れたヤツのお願い事なんか聞いちゃくれない(笑)

何処かにね、あればいいんじゃないですかね、外の恋専門の神社(笑)

自分は生まれてこの方、ずっと無宗教で、この先もきっと無宗教でしょう。

あまり神頼みとかもね、しないんだな。

信心深くないからですかね、お参りしてもご利益に与った記憶はない・・・かなぁ。

いや、ホントは本人の努力不足だからこその結果なんですがね(笑)

外の恋のこともね、祈りも願いもしないんだ。

願わなきゃ叶わないけど、願っただけで叶うほど甘くもないもんね。

アクションがなきゃね、具体的なさ。

頑張ることじゃあないけど、意志をもって挑まないとね、なしえない。

年末年始の長い休みで嫁や旦那、家族と目一杯一緒に過ごしたことで

ストレス満載の人、たくさんいると思います。

外の恋のストレスは外の恋で発散しなきゃね、スッキリしませんね。

キス、接吻、くちづけ

今日はね、もう年末年始で緩み切った生活に喝を入れようと、

スポーツジムへ行きました。

まだ正月も3日目ですけどね、スポーツジムは激しく混んでいました。

みんなアレですかね、家にいても暇、TVも面白くない、デートもできない(笑)

ってなことでね、ジムでいい汗かこうってことですかね。

さて、ジムに行くと色んな人がいます。

そこにいるのは当たり前ですけど男と女。

スポーツジムという空間で、ある意味共通の趣味的な体を動かす場所で

出逢いを求めている、出逢いを待っている、そんな人もいますよ。

いや、見ていてわかるんです(笑)

特にね、オッサン。

もうギラギラしてますから(笑)

離婚経験者なのか、そもそも独身なのか、それとも外の恋を探してのことなのか、

お目当ての・・・あるいは手当たり次第に(笑)アプローチしている輩がいます。

まぁね、結果は惨敗のようでしたけどね。

チャレンジなきところに外の恋なし!とも思いますけどさ、

もっと密やかに、もっとドラマチックにアクションを起こさないとね(笑)

んー・・・前置きが甚だ長くなりました(笑)

そのジムに行った帰り道のことですよ、駅近くの歩道で信号待ちをしている

若い男女がいました。どうですかねぇ・・・20歳前後ですかね。

横断歩道が青に変わるまでの間、その2人はキスをしている(笑)

あのー欧米人っていうかね、外国の人、アジア圏以外のね、

よく見かけますよね、路上キスしているのを。

あれさ、日本人は似合わないと思いませんかね(笑)

そんなことを感じるのは自分だけですかね。

今日見かけた日本人であろう若い2人もね、もう見ている方が

徹底的に恥ずかしくなるようなこう、何ていうんですかね、

キスがぎこちない上に果てしなく下手(笑)

もう初めて男女の付き合いをしました~!的なオーラ丸出しでね、

で、とにかく下手くそなキスを数秒措きに繰り返すんだ(笑)

好きなんでしょうね、お互いにお互いのことを。

ホテルでも相手の家でも、さっさと行けばいいのにね、と思いました(笑)

苦笑いしつつ見かけた他人のキスシーンですけど、思うことがありました。

キスは恋愛のバロメーターだな、と。

外の恋の相手でも実の旦那、嫁でも(笑)キスに手間暇をかけるか、

かけないか、その違いはそのまま恋愛感情・愛情の目盛りになりますよね。

キスがそもそも好きじゃないなんて人もね、いるんでしょうけど。

でも、以前に比べてキスの回数も長さも、その内容も薄くなっていたとしたら、

恋愛のエネルギーそのものは上昇期ではない・・・でしょう。

そのままセックスの内容にも反映される、というかキスとつながってますからね。

言葉より、何よりわかりやすいのがキス、そう思いますよ。

キスしたくなる唇ってのがあります。

コレは個人的嗜好の世界なので、人それぞれ千差万別なんでしょうけどね、

自分はタラコ唇の女性が断然好みですねえ。。。

薄い唇よりも分厚い唇、断然ぶ厚い唇です!(笑)

キスの上手い下手もあるけど、でもね、やはり気持ちが入っているか

入っていないかは、たった1回のキスで分かってしまう気がします。

結局は人と人ということ

さぁさ、段々とお正月休みが少なくなってまいりました(笑)

もうすでに会社のこと、仕事のことを思い浮かべて嫌な気分になっちまった

そんな人もいるんでしょうね。

新年早々重たい仕事、クレーム処理、トラブル対応なんてことでね、

いきなり負荷のかかる仕事始めになりそうだ~!ってな人も(笑)

まぁアレですよ、先のことを思い過ぎてもね、体に良くないですから。

なるようになる、なるようにしかならない、なるようになっている、

そんな風に思うように仕向けてみますかね(笑)

物事思うようには行かないのが常、そういうことですよ。

2015年、始まりました。

2015年の外の恋、初デートを済ませたっていうシアワセな人もいるのかなぁ。

今年もたくさんの・・・まぁたくさんかどうかはわかりませんが(笑)、

外の恋が始まり、育まれ、あるいはピリオドを打つこともあったり、

そしてまた新しい外の恋が芽生えたりと、色々あるんだと思います。

何べん外の恋をしようとも、いや外の恋じゃあなくてもいいんですがね(笑)

わからない、謎だ、迷わされる、悩まされるというのは外の恋の相手のこと。

相手の気持ち、心。

ではないですかねえ・・・(笑)

分かったつもりが分かっちゃいない、掴んだつもりが掴んじゃいない。

こと恋愛感情が絡むことはね、エネルギーを帯びた感情が迸りますから。

分かりたい、分かりあいたいと皆思う。

で、ホンのちょっとのことで分かってみたり、見失うように分からなくなったり(笑)

結局その繰り返しで進んでいき、何処かへ辿り着くんですかねえ。。。

男から見た女の気持ち、女から見た男の気持ち。

永遠に分かりそうで分からないアレですかね。

自分はもうね、女の気持ちなんて分かろうなんてしません!(笑)

とうの昔に諦めちまいました(笑)

それよりも・・・それよりもね、人の気持ちを分かろうと。

女じゃなくて人としての気持ち、感情。

まぁ誰がどう考えても不条理な不倫ですけどさ、外の恋なんて。

でも人対人、人間と人間、しかも大人同士の。

そう考えると、人としてどうあるべきか、人として何を軸にするか、

そういう理解と判断でいいんじゃないかと思うようになりました。

正しいか正しくないか、わかりませんけどね。

でも、人としてのことを判断の軸に置いておけばさ、

まぁ不埒な関係の中でもね、大間違いにはならないかなーと。

そんなことを年始早々感じてみたところで特に意味ないですけどね(笑)

あけましておめでとうございます

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

明けてしまいましたね、新年(笑)

そしてそして、長いなんて全く思っていなかった9連休の

年末年始も、ホラね、予想通りにあと3日となってしまいましたとさ(笑)

ね、早いでしょ?あっという間でしょ?(笑)

9連休なんてこんなもんですよ、ええ。

ですからね、1年ってのもね、あっという間なんですねえ。。。

今日は地元の神社へ初詣へ行きました。

思いましたね、ついこの間、初詣に来たような気がするな、と。

それくらい早いんですよ、一年が。

元旦早々思いました、時が経つのが早くて本当に意味なく焦る(笑)

今年は、今年こそは!なんてことでね、願を掛けるじゃあないですか。

20代には20代の、30代には30代の、独身には独身の、既婚者には既婚者の(笑)

ありますよね、思うところ、考えるところがさ。

元旦に今年の外の恋のことを考える人もいるでしょうね。

外の恋のことで願を掛ける人、神様にお願いする人、おみくじにほくそ笑む人(笑)

新しい外の恋を始めるって人もいるでしょう。

外の恋というより外の夫婦のような、絶妙の関係な人にとっては

外の恋を卒業して夫婦になっちまえ~!なんてこともね、

まぁ中々ないでしょう(笑)

外の恋、今年はどうなるんでしょうかね。

元旦の今日、彼女は風邪をひいて発熱でのスタートです(笑)

予想不能な未来へ手探りで進むような外の恋。

どうなるか、どうなっていくのか、まさに手探りですが。

まずは元気に健康でなければね、いけませんよ。

皆さま、今年もよろしくお願いいたします。