FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

御礼申し上げます

今年も残り3日となりました。

昨日土曜日、今日日曜日。

いつもの休日と何ら変わることなく過ごしておりますよ。

金曜で仕事納めだった訳ですが、翌日土曜日に朝から出社しました(笑)

少しも仕事納まってねぇ~じゃねーか!(笑)

明日月曜日・・・もう仕事に行きませんよ、今年はね。

昨日会社に行きましたらね、ひとり出社してきたヤツがいました。

仕事が終わらなかったんです、なんて言ってましたけどね、

本当はそれだけじゃあないんだ、本当は。

女房が怖いというね、そういうアレです(笑)

家でこき使われているらしいですよ、ええ。

それが嫌でゴールデンウィークやお盆、それから年末年始の休みにね、

会社に来ちゃうんだ、彼は(笑)

外の恋をおススメしたいもんですね、いや、ホントに(笑)

そんな訳で今年も無事に・・・ですかね、なんとか。

無事に暮れていこうとしておりますよ、ハイ。

外の恋も不自由なアレやコレやを実感しつつ、無事に過ごせました。

新幹線に乗って今年は5回ですかね、デートできた回数は。

デートと言ったってね、そのほとんどの時間がセックスしてるだけですけどね。

いや、ホントに20代や30代より今の方が圧倒的に数も内容も濃いセックスだ(笑)

我ながら思いますよ、オッサン頑張ってるなぁ・・・と(笑)

あと3日で2015年と相成る訳ですが、来年のことを言うのは止しましょう。

仕事、生活全般、色々と考え、決断し、前に進んでいくこと、

それは間違いのないことですが、外の恋のことはね、コレばかりはさ、

どうなるか、常に明日が分からないことですから。

明日が分からないと言えば、人生すべてがそうでしたね(笑)

適当に妄想だけしときますかね、外の恋のことは。

妄想・・・限りなく不埒な煩悩の塊ですかね(笑)

兎にも角にも、今年も皆さまお世話になりました。

年末年始、忙しい訳じゃあないんですがね、ブログも休暇をいただこうかと。

そう思っておりますよ、ええ。

この実にプライベートで実に偏向思考で時に暴論、時に根拠なき理屈、

時に・・・まあとにかくロクでもないブログにお付き合いいただきまして、

あらためまして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

皆さま、どうぞよい新年をお迎えください。

スポンサーサイト



納めの日

てな訳でして、今日で仕事納めです。

大方の働く人たちは今日で年内最終日なんて思ったら大間違い。

年末も年始もなく働く人がたくさんいます。

デパートもスーパーもコンビニも、レジャー施設なんかもね、

年中無休でやってますよね、ホント。

そうそう、ホテルもやってます(笑)

大晦日だろうが、元旦だろうがラブホテルは営業中。

結構、混むんですかね(笑)

さすがにそのタイミングでラブホに行ったことがないもんですからね、

どんな様子なんだか想像するしかないんですが。

外の恋をする皆さんも年内はデートもなしですかね。

この時期、外の恋も今年は納めなきゃならないかもしれませんね。

何たってアレです、明日から休みって人はさ、家にいるでしょ旦那や嫁が。

デートの口実に使えそうな理由が思い浮かびませんよ、実際(笑)

仕事が終わんないから急きょ出勤だ~!なんてことでね、

会社に行くフリして・・・なんてのは出来ない話でもないけどさ(笑)

わざわざリスク度合を増すようなね、タイトロープを渡るようなことを

この時期を選んですることもなかろうよ、とも思いますよ、ええ。

主婦、人妻は余計にこの時期はムズカシイんじゃあないですかね。

どうなんでしょうか。

自分は今月久々に彼女とデートをしました。

次回は来月・・・ですかねえ(笑)

さっき彼女からメールが来ましたけど、日暮れと共にもう旦那が帰ってきたと(笑)

明日から9連休だそうで、まぁそれはアタシも同じなんですけどね(笑)

不仲の旦那と9日間も顔を突き合わせ、3食作って、家事をすべて一人でやり、

面白くもない話を延々と聞かされ(笑)・・・もうすでにウンザリ気分だそうです(笑)

ウチは夫婦不仲じゃあないけどね、でも9日間をね、共に過ごすってのはさ、

やっぱりストレスかかりますね、何かとさ(笑)

適当に出掛けて、そうだなぁ・・・仕事にでも行こうかな。

いやデートの口実ではなく、ホントに仕事です(笑)

男と女・・・のはず?

いきなりアレですけど、タレントの・・・いやアーチストですか、

いや俳優ですかね、福山雅治さん。

男限定のライブってのをやりましたね。

凄いですね、観客が全員男ですよ、お・と・こ!(笑)

TVの芸能ニュースでダイジェストを観ましたけどね、

歓声が野太いんだ(笑)

しかもね若い男子だけじゃあないんだ、コレが。

オッサンもいれば爺さんまでいやがった!(笑)

週刊誌の【男が選ぶ好きな男】投票で堂々の4連覇らしいですよ、ええ。

しかもね、抱かれたい男部門でも第一位だそうで・・・

まさか、男が選んだ抱かれたい男の第一位?!(笑)

まぁ、色々な人がいますからね、男が好きな男があったっていいんですが。。。

男性のみ、1万5000人近くの観客を動員する福山雅治・・・

いやぁ只々凄い、やはりアレですかね、男が選ぶ抱かれたい男・第一位の

人たちが多数いらっしゃってるんでしょうか(笑)

んー・・・世の中には男と女しかいません。

男と女、恋愛するのはこの組み合あせがルール、前提・・・ではないですね。

同性同士で恋人、それはそれで確かにありますね。

自分はね、男には興味がなくてね、ひたすら女がいい、

もっと言うと絶対に熟女がいいというね、そういうアレですけどね(笑)

外の恋をする皆さんも同じだと思いますけど、お付き合いをするとなると、

大抵はセックスしますね、多分。

セックス・・・性行為、性交渉。

いや、別に言い方なんかどうでもいいんですが(笑)

セックスって人に見せるものではないし、基本的にはね(笑)、実に何というか

当事者だけが知る隠された行為ですよね。

初めてセックスをする相手なんかね、特にそうですよね。

極々ノーマルな・・・何をもってノーマルとするか、コレがまたムズカシイんですけどね。

ノーマルな一般的なセックスを相手が望んでいる・・・とは限らないんですよねぇ。

幸か不幸か、いや幸なんでしょうけど(笑)、自分はセックスの場でビックリしたことは

一度もありません。いや、一度や二度はあったかな(笑)

とは言ってもね、セックスが激しいとか、エンドレスで求めてくるとかね、

そういう驚きなんか、驚きのうちにも入らないじゃあないですか。

これは笑い話・・・でもないんですけど女を裸にしてみたら鞭と蝋燭の痕だらけだった、

なんて話を聞いたことがあります、古い友人から。

SMの世界なんですね、鞭で叩いて!と言われて、すっかり意気消沈したと(笑)

付き合ってみたら、どうもオカシイ。

何かが違う、女だけど女ではないような・・・問いただしたら性転換した男だった、

なんて話もありました。

あ、自分の経験じゃあないですよ(笑)

・・・なんだか話が可笑しな方向に進んじまいましたねえ~(笑)

今宵はクリスマス。

皆さん、素敵な一夜をお過ごしください。


気持ちの深浅、強弱

クリスマス・イブだそうですね、世の中的に(笑)

今宵、素敵な時間を恋人と過ごす、なんて人がたくさんいるんでしょう。

アタシはそっち側ではない、全く関係ない側だけどね(笑)

クリスマスは家族と過ごしましょう、それが正しい・・・のかどうかは

わかりませんがね、少なくとも外の恋の場合は中々ね、ムズカシイでしょうかね。

まぁ以前から何度となく書いてきましたことですが、イベントごとに乗っかるのが

とにかく昔から、独身時代からね(笑)、性に合わないんですよ、アタシは。

何でわざわざバレンタインデー?

どうして揃いも揃ってホワイトデー?

そんな気持ちで常にいましたんで、意地でもそんな日に何かするもんかー!

なんてね、頑なに拒んできました(笑)

まぁ拒んだなんて言い方は大袈裟ですけどね、でもその日を選んでの

何か特別な事をするのはしないで来ました、ここまでの人生(笑)

普段のリズム、いつもの生活の中で過ごせればいいと思ってますんで。

だからお前はロマンチックさの欠片もない、なんて言われそうですが・・・

世の女性から不評を買うのは、アタシみたいな男なんでしょうね(笑)

えー・・・と、話はガラリと変わります!(笑)

今日書きますのは、ツイッターで繋がっているある主婦のことですが、

不倫、外の恋をね楽しんでいたんです、その人妻は。

過去形です、別れました。

というか、フラれましたね、外の彼に。

どういう理由だか、それはわかりませんが、外の彼が去って行ったと。

よくある話です、出逢いと別れ。

出逢いがあれば、別離もある訳で、誰しも経験することですよね。

で、その人妻はね、ただ今現在、エラク凹んでいるんです。

もう別れた彼以外を考えられないんだと、こうつぶやく訳です、ツイッターで(笑)

全てを失ったかのような、大変な失望ぶりなんですよ、つぶやきが。

タイムラインを見る他の誰かに構ってほしいのか、慰めてほしいのか、

それとも只々落ち込んだ自分を感じていたいのか、それはわかりません。

まぁ物言わぬ最大140文字のつぶやきですからね、本当のところは

誰にもわかんないんでしょうけど、つぶやく内容、そこから自分が感じる温度感は

失意のどん底で嘆き、ボヤキ、叫ぶ、の単なる繰り返しだけなような、

そんな印象を受けました。

で、正直に言いますが、そんなに嘆き、ボヤキ、するべきことなのかと・・・。

いや、スミマセン。

当事者の気持ちは当事者にしか分からないものですがね。

でもねぇ・・・たかが外の恋、不倫でしょ。

どれだけ深い付き合いだったのか、どれほどセックスが上手だったのか、

内面も外面も含め、どれほどの関係性だったのかわからないにしてもね、

ひとつの外の恋が終わっただけじゃあないかよ、と(笑)

サッサと次のトキメキを探せばいいじゃないかよ、と(笑)

なんてことを書くからデリカシーがないオッサンだと言われるんだなぁ・・・(笑)

いつか何かの理由でオシマイがやってくるのは、外の恋の宿命じゃあないですか。

その時はその時、笑ってピリオドを打ちましょう!なんて考えなんですよ、アタシはさ。

じゃあさ、それは好きでも何でもなく冷めた気持ちで相手と繋がっている、

そういうことなんじゃあないのかぃ?と言われそうですが、

そうでもない(笑)

単にね、単純に端っからいい意味での諦め、覚悟があるんです。

別れ際にジタバタしない、駄々を捏ねない、粘らない(笑)

過去の外の恋、アタシはフラれたときも常にそうでした。

これからも変わらずそうだと思います。

真面目に外の恋、真正面から取り組みますよ、アタシは(笑)

でも、別れることに執着なし、いつでも別れる覚悟はあります。

気持ちの深浅、強弱と必ずしも紐付くものが別れ方ではないんです。




美魔女という熟女

国民的美魔女コンテストってのをやってんですね、それももう第5回だとか。

今年のグランプリを受賞したのは43歳の主婦だそうですよ、ええ。

43歳・・・いいですねえ、熟女ですよ、ど真ん中のストライクですね(笑)

コンテストって名のつく大会な訳ですからね、やはり全国津々浦々から

自薦他薦入り乱れて・・・なのかはわかりませんが、

まぁさすがにね、お美しい方々ばかりですよ。

年齢を聞いて驚くような若さを保つ奥さん、そのプロポーションは

とてもとても40代とは思えないというような人妻、

子供を3人産んでます、一番上の子は20歳です、なんていう主婦とかね。

まぁ皆さんホントに美魔女です。

ウチの奥さんとは対極の世界、真逆の存在とでもいうような(笑)

共通するのは主婦で子育てもして40代だということだけ(笑)

自分の彼女、これもまた主婦で子供はいないけど40代、同じです。

でもなー間違っても美魔女じゃあないな、ホントに(笑)

コンテストに出るようなプロポーションと美貌の持ち主・・・ではない。

ではない・・・なんて言いきっちゃ失礼極まりないですかね、スミマセン(笑)

いやでもね、美魔女である必要なんかないんですよ、自分はね。

似たような話で言えば、セレブもある必要もないんだなぁ。

何ていうんですかね、庶民が負け惜しみを言うようなアレじゃあないんですよ。

イヤ勿論ね、そりゃあね、アタシはセレブじゃあないですよ(笑)

だからって話じゃあないんですけどね、セレブで美魔女で、なんてのは

もう肩が凝っちゃいますね、ホントに。

40代なら40代らしさってのがあるじゃあないですか、50代には50代のね。

何もしないで永遠の若さを保てるはずがない、そりゃ男もね同じです。

アンチエイジングってヤツですか、色々ありますね。

それなりに・・・いやそれなり以上に(笑)お金がかかるんだと思いますよ。

自分はね、そうあくまでも個人的意見ですけどね(笑)、ありのままの熟女でいいんだな。

いやありのままったってね、化粧っ気ゼロ、オシャレに興味なしじゃあ困りますけどね(笑)

40代だよね、確かにそうだ、間違いなく40代だ、とわかる人でいいんです、自分は。

シワもシミも弛みも緩みもなきゃね、何かねダメなんですよねえ・・・(笑)

いや、美魔女に縁がない負け惜しみではない!(笑)




面倒でバカで愛しい

金曜日の忘年会の話をしますよ。

会社の忘年会だった訳ですが、以前にも何度か書いたとおり、

ウチの会社は女子比率が高いんですよ。

若い子・・・20代前半です・・・から30代、40代と幅広くいます。

女子が多い呑みの場は華やかですね、ホントに。

オッサンだけの呑み会とは雰囲気が違います(笑)

まぁ個人的にはね、本音を言うとオッサンだけの呑み会の方が

断然楽しいんですよ、自分は。

んー・・・その話は置いといて(笑)、さて、女子の大勢いる呑み会です。

お酒が入りますんで、段々と場が熱を帯びて盛り上がってきますね。

女子・・・人が変わってしまう訳じゃあないんでしょうけど、ある種、別の顔、

普段の仕事の中では見せない顔、一面を垣間見ることがあります。

何ていうんですかねぇ・・・女の嫌な面とでも言うんでしょうかね、

変な意地の張り合いのような、微妙な嫌味を伝えるような、

露骨ではないけど確かにある皮肉を漂わすような・・・(笑)

その時々、その前後、普段の細かなことの積み重ね、

伏線のようなこともきっとあって、それらが絡み合ってのことだと思いますが、

いやぁ、女の闘いのようなのはね、傍で見ていて面白い・・・じゃなくて(笑)

面倒だなぁ~鬱陶しいとなぁ~正直思いました。

なんて話をね、彼女に伝えたところ、それは仕方ないことだと。

女はそういう生き物だからと、そう言っていましたよ(笑)

で、自分はそういう回答だろうなとも思っていましたけどね(笑)

わかったつもりでいる自分とは思いませんが、女はね時に面倒ですよね。

良くも悪くも感情で突き動かされるように、思いもよらぬアクションを起こすから。

ダメだとわかっていても、それをしてみせたりするでしょ、時々(笑)

バカだなー何やってんだろなー・・・なんて思わせること、あるじゃあないですか。

で、それはね、人生経験重ねてきた熟女でも当たり前にあるんだ(笑)

で、それを見て、あるいは巻き込まれた当事者だった場合にも、

嫌だな、面倒だな、バカだな、と感じる一方で、やたらと愛しかったりもする。

そういう男心理を計算ずくじゃないのかと思うほどに(笑)

まぁでもさ、程々にしてくださいよホント。


そんな夜は控え目に、抑え目に

昨日は今年最後の・・・予定ですけどね飽くまでも(笑)・・・忘年会でした。

金曜日、仕事納め1週間前、予想はしていましたが、街も店も電車も

とにくか大混雑でした。

予想していたとはいえ、やっぱりありました、人身事故。

電車が動かない、来ない。

外は寒い、冷える。

お腹が痛くなる(笑)

振替輸送を使ってやっと辿り着いた電車も人身事故で遅れた乗客を

待ってから発車するという話でね、これまた動かない。

いつもの通勤の2倍の時間がかかって、ようやくあと一駅で下車・・・

というタイミングで車内アナウンスが流れます。

ホームから線路に乗客転落のため救護活動中、運転見合わせ・・・(笑)

もうね、そんなになるまで酒呑むなってーの!

家に着いたら1時を過ぎました、お腹壊すし、酔いは完全に醒めるし、

何のための忘年会だったんだか!(笑)

皆さん、ホントにね、アレですよ。

お酒はね自分で自分をコントロールできる範囲内で呑みましょうよ。

昨日のその帰りの電車内。

ゲームをする人、LINEとかメールをする人、SNSをする人、まぁ色々いましたが、

圧倒的にスマホを見ている人が多いですね。

タブロイド判の夕刊紙のエロページを見ているオヤジも根強くいますけどね(笑)

えー・・・と、自分はね、というか自分と彼女はね、呑み会などで

外で人と会う予定がある夜は連絡をしないことにしているんです。

呑み会の席でもいますよね、スマホが気になって気になって仕方ない風情の人(笑)

彼(彼女)からのメールを待っているのか、ソワソワして落ち着かない人、

心ここにあらずみたいなね、いるじゃあないですか、そういう人。

アレはね、よくないですよね。

そこにいる人との関係性の強弱にもよるんでしょうけど、やはり失礼ですよね。

外で人と会って食事会、宴席、そんな晩はその時間帯も含め、連絡をしないんです。

楽しむべき時間、向かうべき相手に集中しなきゃね、いけないと思うんですよ。

これから帰るコール的なメッセージを送ること、以前はしましたけど

それもやめました。

面倒だとかそういうアレじゃあなくてね、緩く緩やかなお付き合いだから、

前向きな放置はどんどんしましょうよ、というような感じかな。

おはようからオヤスミまで毎日欠かすことなく接点を持つ、

それが当たり前のルールで決め事だ、なんて思い込みはしない。

無理なくできることだけをすればいいんですよ、つまりはね。

メールがない夜を浮気しているんじゃないか、と疑心暗鬼するような

そんな気持ちになるのも、させるのも嫌だしね。

もしメールがない夜に心配してくれるのなら、

お腹痛くなって途中下車してないかな、とかね(笑)

そういう内容でお願いしたいもんです。


外の恋も翻弄される

昨日今日と極寒ですね。

変な言い方ですが、真冬以上に寒いような(笑)

北海道や東北、北陸方面の方、大変な目に遭っていますね。

雪が降る地方だけかと思いきや、太平洋側も積雪やら強風やらで

いつもと違う生活のリズムを余儀なくされているようで、

いやホントに自然の猛威、スゴイです。

そんな天気・天候の中、外の恋のデートだった人もいるんでしょうかね。

今朝、彼女とメールを交わしたんですが、もし今日がデートだったら

完全に無理だったねという話をしました。

いつも2人で落ち合う場所までおそらく辿り着けない(笑)

いや、笑いごとじゃあないんです。

新幹線だってね、まともに動かない。

仮に2人が落ち合う新幹線駅まで辿り着いてもホテルまで行けるのか、

途中で遭難しやしないか・・・するわけないか(笑)

まぁでもね、気が気じゃあないですよね。

ホテルで素っ裸になってセックスして、ふとカーテン越しに外の景色を見たら

雪原のような状態だった・・・なんてことがね、あるかもしれません(笑)

遠距離W婚外のデートはね、結果オーライ的な発想で予定は組めない、

デートの実施もできない、そう思います。

滅多な事は起きないのも本当ですけどね、リスクが高いことをわざわざ選ぶように

例えば台風が近付いている、今日のような暴風雪、要はあとで困ったことになりそうな

そういう状況は回避・・・しますよね。

中々逢えない、千載一遇のタイミングでのデートってことも多々あったりする、

それが遠距離の宿命ですけど、悪天候の中を突き進むようなことはね、

やはりするべきじゃあないですよね、お互い大人ですから。

いやぁしかしね、つくづく思いますよ。

雪国に住む生活じゃあなくてよかったと。

自分は関東以外で生活したことがないですから、とにかく雪への備えがない。

ちょっとの積雪でも、簡単に交通が乱れる都内の生活に慣れてますからね(笑)

寒い地域、積雪地域の人は外の恋をどうやっているんですかね。

スタッドレスタイヤ履いたクルマで雪の中、ラブホテルへ消えていくんですかね。

それとも冬季はデートも休業ですかね・・・。

なんてことで、大きなお世話的な想像をしてみましたが(笑)

雨や雪が多少降るくらいの方が傘で姿を隠しやすいからいいんだ、

という意見もあるみたいですね。

先のこと、ましてや天気のことなどどうにもなりませんが、

デートの日はできることなら穏やかな晴天がいいですね、自分は。

例え朝から夕方まで部屋に籠って外の景色など見ないとしても(笑)


誰にもある現象と思いたい

今日はちょっとスミマセン。

いつもの外の恋とはおよそ関係ない話です。

それを期待して・・・期待している人なんかいないか(笑)

まぁその類を覗きに来た人、今日は違いますよ、ええ。

また日を改めてお越しください(笑)

いや昨日ね、仕事で赤坂に行きました。

関東地方に生活の拠点がある、住んだことがある人以外には

馴染みがないですかね、赤坂。

大人の街、オフィス街、いい雰囲気の場所ですよ。

その赤坂エリアにある駅で、TV番組の撮影をやっていました。

人気の男性お笑いタレントがいたんです。

結構な人だかりができていて、そのタレントの顔を見てすぐわかりました。

・・・わかりました・・・わかりましたけど。

名前が出てこない(笑)

なんて言ったかな、あの人・・・何だっけなー・・・何つー名前だっけ。

喉元まで出てるんですけど、どうしても出てこない(笑)

次の仕事がありましたんで、その場に佇んで観ている訳にもいかず、

電車に乗り込んだんですが、赤坂の駅ビルにいたんですよ、そのタレント。

その駅ビル・・・1年位前にビル名ごと名前が変わったんですが、

その旧ビル名がまた出てこない(笑)

これまた喉元まで出ているんですけど、そこから先に出てこない(笑)

タレントの名前も駅ビルの名前も、五十音のア行から順番に名前を何となく

思い浮かべるんですが、全然当たりが出ない(笑)

もうあきらめました(笑)

コレあるでしょ、皆さんも。

何つったかなー・・・ほら、ほら、アレ、アレの名前、ほら、ほら・・・!(笑)

こういうシーンが残念ながら確実に増え続けていますね、自分。

老化現象なんですかね、やはり。

同じカテゴリーではないかもしれませんが、漢字ね、漢字。

読めるけど書けない現象、ありませんかね(笑)

今日はまたね、昨日の追い打ちをかけるような出来事がありました。

昼間、オフィス街を歩いていたんですよね。

そしたらさ、向こうから歩いてくるオッサンと目が合って、そいつがね、

おっ!なんて顔付きで近付いてくるんですよ。

誰?誰だっけ?なのは自分なんですけどね(笑)

よぉ~!元気?久しぶり!みたいなこと言われたんですけどね、

全然誰だかわかんない(笑)

コイツ、誰かと勘違いしてるだろ、そうだろ?人まちがいだろ?と

思ったんですけどね、メチャメチャ親しげに、よぉ~!元気?なんて感じで

近付かれるとね、で、こっちは全然誰なんだかわかんない訳ですから。

昨日の今日でもうホントに俺の頭はボケちゃったんじゃないかとね、

そう思いました。

その数秒後に人まちがいだったことがわかるんですけどね(笑)

いや、ホッとしました。

これでホントに知り合いだったら俺、ヤバイよねと(笑)

ある学者の話によりますとね、セックスをしている人としていない人、

比べてみると、セックスをしている人の方がボケにくいんだそうですよ。

脳内に与える刺激、カラダに走る刺激がね、ボケ防止に繋がっていると。

なるほどですね、セックスね。

やってんですけどねえ・・・セックス。

まだ足りないんですかね(笑)

あ、因みに昨日見かけた男性お笑いタレント。

名前わかりました。書きませんけどね(笑)

それから駅ビル名ね、これはベルビー赤坂でした。

んー・・・思い出したんですよ(笑)

ウソです、ネットでキーワード検索して辿り着きました(笑)

あきらめずに自力で思い出すまで我慢しないとダメですかね。

すぐにネット検索するのもボケに繋がるとかなんとか・・・(笑)




別れるときにわかること

さぁ今年もあと半月ですよ、皆さん!

ここからは大晦日まで早いですよ、ホント。

まさに、あっという間に除夜の鐘まで行っちゃいますから、ええ。

なんて感じで慌てさせるつもりもないんですがね・・・というか、そもそも

いい歳したオッサンのブログを読んだところで、おお!そうだ、その通りだ!

慌てなきゃ!なんて人はいませんね(笑)

まぁとにかくね、個人的には今週も忘年会があったり、

気力と体力の勝負になりそうな、そんな12月です。

えー・・・と、アレですね。

人というのは二面性があるとか、普段見せない、見えてこない面がね、

あったりしますね。

で、それはどういう時に見えてくるものか。

普段ではない、非日常や緊急時の時にその人の別の面、

普段見ることのできない顔、姿が出ると言われます。

例えばね、地震があったとしますよ。

地震・・・イヤですね、アレは。

グラッと来たらドキっとしますね、地震の時。

普段、ドッシリ構えていて少々のことには動じないような人が、

地震の時に驚くような狼狽ぶりをすることがありませんか。

ウチの会社にいます(笑)

いや、笑っちゃいけないんですけどね。

尋常じゃない慌てぶりで周囲が呆気にとられるような、そんな感じの。

本人、地震がこの世の中で一番嫌い、苦手なんだそうですよ。

他にもね、そう。男女の仲においてもさ、意外な人間性、知らなかった一面が

出ることがあるもんですよ。

二人の仲が穏やかに楽しく過ぎているときはいいんだ。

そうではなく、何かの理由で仲が拗れたとき。

ボタンの掛け違いの初期段階なら巻き戻って修復もできるんでしょうけど、

根が深かったりね、もっと言えば恋愛感情そのものが醒めてしまってきたとか。

その先にあるのが、恋のピリオド、別れ、ですね。

別れ方。

人間の始めたことには必ず終わりがあるものです。

何にせよ、始まればいつかは終わる。

外の恋もね、お互い有限の命を携えた人間ですからね、いつかは終わる。

そのとき、別れの時。

お互いが同じ気持ちでオシマイにできることが一番・・・なのかどうかは

わかりませんが、ダメなのは大抵決まっていますね。

後々バレる嘘をついて別れようとすること。

相手を傷つけまいとして、例えば家族の事情・・・怪我とか病気とかね、

親の介護だとかさ、自分の理由ではなく家の事情だから仕方ないんだと。

本当は気持ちが失せてしまった、他の誰かに移ろってしまったのに、

それを告げずに、どうすることもできないであろう家族の事情に逃げる。

相手を傷付けないのではなく、自分が痛みたくないだけなんだな、本当はね。

男女の仲、例え外の恋のことだとしてもね、素敵な人、自分にピッタリの人、

そう思えて今日まで来たのに、最後のある意味で恋の仕上げ部分で

卑怯な・・・狡い逃げを打つなんてね、やはりダメだと思いますよ、自分は。

人の気持ちなんか誰にもわからないし、わかったつもりになっているだけ。

外の恋も相手があって成り立つことですから、気持ちが変遷してもね、

それはお互い様と思うようにしないと。

そして、だからこそ正直であれ、と自分にも言い聞かせて

外の恋を繰り返してきたアタシなのでした(笑)




裏返しの表れ

今年もあと半月余りとなりますねえ。。。

大掃除終わりましたか。

いや全然、これから始めるところー・・・という人もいれば、

もう完全に終わりましたー・・・という人もね、いるんだと思いますが。

友人夫婦はアレです、大掃除ってものをやらないんですよ。

じゃあ余程汚い、散らかり放題の家かというと、その真逆。

塵ひとつ、ゴミひとつ落ちていないんです。

家政婦が毎日のように掃除してくれる・・・訳じゃあない(笑)

つまりね、こういうことなんですよ。

年末にまとめて大掃除をしない、秋口から計画表みたいなのを作って

家の中、外を順番に仕上げていくんだそうですよ。

なので、師走のこの時期には大掃除をしないと。

なるほどねー・・・とは思いますけどね。

この夫婦は仲良しなんですよ、ホントにね。

結婚20年経つ今も何処に行くにも一緒、趣味も共通、寝室も一緒。

あ、子供はいませんけどね、夫婦一緒に風呂へ入るって話ですよ。

夫婦でバスルームにいる図・・・あり得ないですねアタシには(笑)

外の恋なんか一切無縁な夫婦だと思いますよ、ホント。

それはそれで素晴らしいこと、そういう人生もね、あるということです。

外の恋のことは外の恋をしてみなければ本当のところは分らないからね。

んー・・・まぁそんな訳で話は変わりますけどね(笑)

師走です、何度も言いますが(笑)

何かと慌ただしいですね、師走ってのは。

意味なく忙しないというね、何かに煽られるような、急き立てられるような。

そういう時期ですから、外の恋のことも他の時期と比べて

何かこう儘ならないというか、スッキリしないというか、落ち着かないというか、

ありますでしょ、何となーく欲求不満的な(笑)

お互い大人ですからね、しかもそれぞれ家庭もあり家族もいて。

そんな中、そういうお互いの状態・状況を知っている上でも

時に穏やかな感情、やさしい気持ちでいられない外の恋もありますね。

心がささくれ立つような、言わずもがなの皮肉や嫌味のひとつをね、

思わず口にしてしまう、メールにして送ってしまうなんてことでね。

で、スッキリするかと言えば余計に凹んでみたり、自己嫌悪になったり(笑)

コレ、結局は相手や状況への期待の裏返しなんでしょうね。

予定していたデートが延期になった、逢える時間が少なくなった、

その裏側で外彼(外彼女)は家のこと、家族のことに時間を割いている。

わかっちゃいるけど・・・頭の中では理解していても、

感情レベルで腹落ちしていない自分がいたりね。

期待するからダメなんだと、そもそも不自由がすべての前提にあるのが

外の恋なんだから、何ひとつも期待しないことに慣れるべき、と。

そういう意見も確かにあって、よーくわかります、その意味も。

でも、でもね、わかっちゃいるけどそうできないから人間なんだ(笑)

そして皆、少しだけ歯噛みしながらグッと我慢するんですよね。


深夜は止した方がいい、ましてや酔っているのなら(笑)

外の恋をする皆さんは・・・いや、外の恋などしない皆さんもですかね、

携帯電話、スマホ、持ってますでしょ。

今や携帯電話やスマホを持たない人って探すのが大変な時代になりましたね。

外の恋に限らず、恋愛に必要不可欠なツールですよね、ホントに。

昭和の時代、ポケットベル以前の時代には家の電話か、公衆電話、

あとは手紙ですかね、恋する二人を繋ぐコミュニケーション・ツールは。

今じゃあ考えられない面倒臭いことを、時間が掛かることを当たり前のように

やっていましたねえ・・・それこそ毎日、毎晩のように(笑)

だって仕方ないんだ、それしかなかったんだから(笑)

平成生まれ世代の子たちには理解不能な世界でしょう。

夜、夜中に小銭を握りしめて電話ボックスから彼女の元へ電話する。

電話したら彼女のお父さんが出て、取り次いでもらえず、とかね(笑)

まぁ面倒なアレコレ、一つひとつが至難・試練でした。

おかげで頭も使ったし、常識って言うんですかね、相手家族への電話対応、

敬語、怪しまれない立ち居振る舞いとかさ、勉強になりました。

今はね、とにかく個人間だけで繋がれるわけですから。

端折れるし、急げるし、早いし、全般的にせっかちになりましたね。

彼女のスマホに別の誰かが出るなんてことはまずない・・・はずだ(笑)

彼女のスマホにメール送信や通話したときに相手の旦那が出たら・・・

いやぁ~考えるだけで身震いしますね!(笑)

さて、そんな便利な世の中に確かになりました。

なりましたけど、昔も今も変わらず思うことには、深夜の通話とメールは

止めといた方がいいよなぁ・・・ということです。

まずね、夜、それも夜中になればなるほど、恋愛に関する感情って

良くも悪くもエネルギーが増幅しますよ。

端的に言えば、3割・4割増しで気持ちが熱くなる(笑)

そしてそうなった時のメールは純愛ドラマのセリフのような

翌朝に読み直したら数秒で自己嫌悪の極みに突き落とされるような、

気恥ずかしい内容であること、ほぼほぼ間違いない(笑)

あとね、気恥ずかしい内容じゃあなかったとしても、何たってね、気持ちが

昂ぶってますから。そんなこと言わない・書かない・思わないという数々を

ドッサリと書き連ねている・・・しかも送信済みなんだ(笑)

酒なんか呑んでね、しかも3杯、4杯と呑んだ状態で、まだ呑みながら

メールなんか打ち込んじゃったらね、ロクなもんじゃないって話です。

いい歳した大人、酸いも甘いも経験済みの大人でもね、

いやそういう経験を経てきた大人だからこそ逆に、

夜中のコミュニケーションは危険です、ましてや外の恋ならば。

寝室が夫婦一緒なら怪しさ100倍ですもんね、夜中にスマホ弄ってたら(笑)




ありのままの

TVのバラエティなんかを観ていて、気付くことがあります。

気付くというか、ん?これはもしかして・・・?という感じですかね。

どういうことかというと、自らの姿形に人工的に手を加えている疑惑です(笑)

整形手術、美容整形とかいうアレですね。

以前観たときと何かが違う、微妙に違うというレベルから、

明らかにこれは手を加えたなー・・・と、ハッキリわかるレベルまで(笑)

芸能人、タレント、俳優。

人前に出る仕事の人は止むにやまれない理由もあってのことなんでしょう。

アレってさ、結構な金額のお金がかかるんでしょう?

安くないよね、きっとさ。

仕事のつながりで美容外科の先生とお話しをする機会があったんですが、

最近・・・でもなく、かなり前からのことらしいんですけどね、

中高年の美容整形、増毛、植毛希望者が増えているんだそうですよ。

で、医者が言うには、これは隠された本音じゃないかと思うんだと。

老いることへの抵抗には間違いないんだけど、男女関係、恋愛がその理由に

なっているんじゃあないかと思う節が多々あるというんですよ。

んー・・・自分もその見立てに同意しますねえ(笑)

知り合いの、というか同級生ですけどね、カツラのヤツがいます。

薄毛、ハゲの悩みって本人にとっては深刻なんでしょうけどね、

カツラ被ったら人生変わる、モテるオヤジになれるのか?と問いたい(笑)

あ、そいつはね独身なんですけどね、ハゲ頭だから結婚できない訳じゃないでしょ。

堂々とハゲてりゃいいのにね、と思いますよ、ハッキリ言って(笑)

中年女性だってね、シワもシミもなきゃね、逆に不気味に思えちゃうのは

自分だけですかねえ・・・。

オッパイが垂れちゃって段腹状態の下っ腹にくっ付いちゃったっていいじゃないのさ。

っていうかね、そうじゃなきゃ熟女としての魅力が半減以下ですよ、ホント(笑)

なんて話を先週のデートの時に、彼女に喋ったんです、ベッドの上で。

彼女はね、こう言いました。

でも、お金と暇が許すのなら、アタシも何処か少しだけやってみたいかな、と。

そういうもんですかねえ・・・美しくあり続けたいという気持ち・・・

年齢にふさわしい姿かたちってあるじゃあないですか。

無駄な抵抗は止めよ!なんて言うつもりはないけどさ、

健康で元気であれば、見た目の追求は程々でいいんじゃないかなぁ。

程々どころか、ありのまま。

自分はそれが一番なんですけどね。




外の恋と不倫

外の恋が純愛で真っ新で、何の澱みもない美しいモノという人がいて、

その一方で外の恋なんて要するに不倫でしょ、と。

都合のいい関係で成り立っているだけでしょ、という人もいます。

理屈で考えたらね、不倫です、間違いなく(笑)

どんな装飾をし、煌びやかに仕上げても、やはり不倫だ。

だから適当でいいんだと、この場合の適当というのは、

適切の意味ではなく、いい加減という意味合いですかね、

適当に遊びの中でやっとけばいいんじゃないの、という意見。

真面目に不倫・・・いや、真面目に外の恋をする、しているという

そういう意見の人もいますね。

外の恋のその先に幸せが待ち受けているかと言えば、

さて、どうでしょうか。

そもそも幸せを求めて外の恋をしている訳じゃあないとも思います。

ただ、外の恋は不幸せを呼び込む危うさを常に内包しますよね、どうしても。

なぜならば不倫だから。

知られてはいけない、墓場まで持っていかなければならないことですから。

何でこんな小難しいことを書いているかというとね、

やはり世の中には何事にも賛成派と反対派がいるという訳で、

んー・・・まぁ自分はそこで議論を戦わすつもりは更々ない派なんですがね(笑)

不倫をしたくない人はしなければいいし、したい人はしたらいいだけの話です。

ただし、するならば全責任を本人が負う覚悟で、という前提で。

これは外の恋なのか不倫なのか、本人が迷うというか、よくわからないという

そういう当事者もね、たくさんいるんですよ。

恋愛感情があるのか、ないのかと言えば、やはり好きだとは思うけど、

でもセックスしたいだけ、性欲を満たし満たされの関係に満足しているような、

そんな気がしなくもないとも思えたり・・・というようなね。

それこそ逢いたい時に逢ってセックスして、そしてまたね~と帰っていく。

そんなデートって実際あるし、自分なんかまさにそうかもね(笑)

時と場合によって純愛のようでもあり、セフレ関係のようでもあり、

お互いの受け止めと、その時々の感情のありようで随分違うのかもしれない。

んー・・・(笑)

こういうことは考え始めると訳が分からなくなりますねえ・・・。




過去のこと

今週来週あたりが忘年会のピークらしいですよ。

どうですかね、皆さんは。

やってますか、忘年会。

毎年のことながら思いますよ、忘年会ってのは選ばないとダメだと(笑)

誘われたものは全て参加する!という律儀な・・・律儀なのか、酒好きなのか、

わかりませんがね、そういう人も結構いますね。

若い頃、20代30代前半、つまりは独身時代はね、

自分も片っ端から忘年会に参加した記憶がありますよ。

4夜連続、一日空けて3夜連続とかね(笑)

もう呑み疲れて酒がカラダに入っていかないような状態(笑)

そのままの勢いでお正月、そして新年会ですから。

そりゃあいくらなんでも呑み過ぎですね。

もうそんなことはいたしません。

選びます。

厳選します(笑)

お金だってかかる話ですからね、忘年会。

お付き合いで参加するような忘年会は全部不参加です。

とは言え、この先にあと3~4つあるんですけどね(笑)

んー・・・自分は50歳を少し過ぎたオッサンな訳ですが、

生きていれば、それなりの人生経験を経てきますね、誰しも。

過ぎたこと、過去。

誰しもあります、過去。

思い出とも言いますね。

いい思い出、素敵な過去がある一方で、忘れたい、消し去りたいそれもある。

人生いいことばかりじゃないからね、プラスもあればマイナスもあるってことですよ。

こと恋愛に関してもね、今まで一度も恋愛したことがないという人は別として(笑)

経験したこと、学んだこと、覚えたこと、色々あるでしょう。

外の恋のことでもね、今お付き合いしている相手には経てきた人生、

過ぎてきた過去がある。

過去・・・相手の過去、気になりますか?

気になる人と気にならない人、ハッキリと分かれるんじゃあないですかね(笑)

何もかも、やたらと知りたがる人がいる一方で、

何もかも、まったく知りたがらない人もいる。

まるで無関心、みたいな(笑)

まぁ少しは知りたがられたいですかね、多少はさ。

過去のことなんか、全然興味ないよ~ってのもね、ちょっと寂しいかな。

自分の彼女ですが、40代半ばです。

自らを恋愛体質の熟女と呼ぶ(笑)

死ぬまで恋愛していたい、多分する、と宣言しています(笑)

これはね、穿り出すように無理に喋らせたことでは全くなくて、

話の流れの中、それこそデートで居酒屋での他愛もない会話の中で

知ったこと、彼女が自ら喋ったことなんですけどね、

彼女、男遍歴が中々凄いんですよ。

男遍歴なんて言い方は失礼ですね、スミマセン。

まぁでも遍歴という言葉がしっくりくるんですけどねえ・・・。

高校時代から地元のちょっと悪い先輩と付き合い始め、

かなり遊び呆けた10代後半、卒業後にはこれまたちょっと柄の悪い

お兄さんと仲良くなって半同棲生活。

そのあと、20歳以上年上の社長さんの愛人になり、

ベンツを乗り回したのが20代後半。

まぁ以下、割愛しますがね(笑)、かなりの人数の男との出会いと別れを

経験してきたらしい。

どうしようもない愚図オトコに騙されてお金を失ったこともあったとか。

んー・・・何かこうして書き連ねるとロクでもないアバズレ女になりますね(笑)

でもね、全部彼女がね、まぁお酒の場のことではありますけどさ、

自ら語ったことなんですよ。

多分、語り尽くしてはいない、語れないこともあるんだと思うけど。

いや、それはね、誰しもあるじゃあないですか。

彼女だけが特別な経験を、稀有な過去を経てきた訳じゃあないもんね。

自分だってそれなりにありますよ。

ロクでもない男だった経験はないけど(笑)

で、でね。

それらを経てさ、流れ流れて出逢った訳ですよ。

過去からの連続形が今に続くとするならば、それで良し、ですよね。

まぁ人生いろいろ、男も色々・・・歌の歌詞じゃあないって(笑)

こんなこと書いたって仕方ないし、意味ないことだけどね、

彼女の語った過去のことばかり書いちゃバランスが悪いからさ、

自分のも書いとこうかな(笑)

んー・・・自分はね、大恋愛の末に婚約、式場も予約し、指輪も買い、

結納返しの品も全部用意された中で、一方的に婚約破棄をされました(笑)

相手の母親がね、最後の最後になって娘はやれん!みたいな話で。

彼女・・・その婚約した彼女ですよ(笑)、全く寝耳に水の婚約破棄で、

泣き叫び、家出をし、自分と逃避行・・・プチ逃避行でしたけど(笑)

結局はダメになったものはダメになったままで、

そのあと数年して今の女房と出逢い、そして結婚することになった訳ですけど。

・・・何でこんな大昔話を書いてんでしょうかねえ(笑)

まぁ、人生いろいろです。

今があるのは誰しも過去があるからですね。

過去にも感謝しなきゃだな。


平凡であること

いやしかし寒いですよ、ここ数日。

雪で車が立ち往生だなんてニュースもありました。

急に寒さが増して、空気の乾燥が強まったせいか、

インフルエンザもいよいよ流行が始まったという話ですよ、ええ。

今日は朝から何となく風邪のような・・・ん?まさかのインフルエンザ?

いや予防接種受けましたからね、インフルは。

受けても罹るときは罹るものですけどね(笑)

まぁこんな日はね、外出せずに一日ゆっくり過ごしましたよ。

話は変わりますが、来年の手帳買いました。

いろいろ見て回っても売ってるモノは何処も大差がないことは

始めからわかっちゃいるけど、目新しいモノ、斬新なモノがあるんじゃないかと

そんな気持ちもあって彼方此方見ては探し、結局買わずの繰り返し(笑)

買ったのはオーソドックスな、毎年買うのと大差ないヤツでした(笑)

まぁ手帳ですから。

使いやすさ、慣れたモノを選んでしまうということですかねえ。

今年使った手帳を捲りながら彼女とのデートも振り返りました、暇でしたから(笑)

ページを捲り、その日のデートの記憶を辿りながら思いました。

平凡だな、と。

何処にでもあるデートだなと。

逢ってホテルに籠り、セックスして微睡んで、またセックスして、飯を食べ。

平凡。

平凡・・・確かに。

でも非凡なデートって何ですかね。

そもそも非日常なことをしてますからね、外の恋をすること自体が(笑)

2人で豪華客船に乗って世界旅行でもしたらね、平凡じゃあないけどさ(笑)

当たり前のことしかできない、ありきたりのことしかできない、

というのではなく、当たり前のことしかしちゃいけない、ありきたりのことしか

するべきではないとも思うんですよね。

他所の人の外の恋模様を見聞きしていますとね、大胆不敵というか、

そんなデートしちゃうんだ!みたいな気持ちになることがあります。

羨ましいというよりも、大丈夫なの?!と余計な心配をしてしまいます(笑)

でもなぁ~自分にはできないな、と。

できないというより、したくないけどね(笑)

多くは望まない、求めない。

足りないくらいでちょうどいい。

今ある状態の中で楽しめるだけ楽しむデートで自分はいいですよ。


そして、翌日

ということで、昨日はデートをしてきました。

3か月ぶりのデートです。

前回は9月に入ってすぐでしたからね、まだまだ夏の陽気が色濃く残る、

そんな中でのデートだったんですよね。

3か月経つと、当たり前ですが季節は移ろう。

すっかり冬となり、2人ともコートを着込んでのデートとなりました。

まぁね、アレですよ。

いつもの・・・毎回同じく(笑)、新幹線改札口で待ち合わせをするわけです。

これまたいつものように、彼女が数分先に到着していて、改札外の大きな柱の横で

はにかんだような笑顔で待っている。

そこから通勤通学の人の波の中に紛れて、駅前のオフィス街を人の流れに沿って

進んでいく・・・途中までは(笑)

高層ビル、オフィス街へ向かいつつ、やがて脇の小道に外れていく人は殆どいない。

その先にはラブホテルしかありませんから(笑)

いつものホテルです。

もうホントにヘビーユーザーです(笑)

フロントの監視カメラ、モニター越しに確認されるであろう自分と彼女、

もう顔なじみの常連客と化しているかもしれませんねえ・・・(笑)

まさかこの2人、縁も所縁もないこの地にわざわざ訪れての逢瀬とは

きっと思ってもいないでしょうね、ホテルの人も(笑)

いやでも、訳ありの2人、夫婦ではない2人であることは見破っているでしょう。

平日の朝9時前に飛び込んでくるんですからね(笑)

昨日もね、例のごとくに夕方5時近くまで全裸タイムで過ごしましたよ。

3か月ぶりということでね、まぁ楽しみました。

楽しみましたが、自分も彼女もともに寝不足気味に体調イマイチもあり、

心地よい疲労感をはるかに超えたグッタリ感がありました。

いつの間にか2人とも寝入ってしまい、それこそ昼寝状態ですね、

お互いにお互いの寝息・・・いびきを聞きながら寝入っていたというね、

そういう時間の過ごし方でもありました。

彼是、1年半のお付き合いになります。

昨日、彼女はスラスラといつデートしたかを喋るんですよね。

何月、その次が何月、そして次が何月で、その次は・・・という風に。

通算今まで何回デートしたか、そのうちでこのホテルで同じ部屋に当たったのが

3回あるとか、なんとか・・・(笑)

女の記憶力って凄いなと、あらためて思いました。

男は全く悪気なくアレもコレも忘れますもんねー。

同じ部屋?ホントに~?この部屋、来たっけ?みたいな(笑)

ましてやいつデートしたかを何も見ずに諳んじているなんてね、恐るべし(笑)

いやぁ~しかし、昨日も帰りの新幹線ではよく眠りました。

瞬きをしたらもう終点に着いていたような(笑)

この疲労感は肉体疲労だけじゃあないんだなぁ。

やはり、やはりね、自分には毎回がある意味で命懸けのデート、

万難を排してのデートなんですよ。

引き摺る後ろめたさ、罪な気持ち、それを抱えつつ逢いに行くこと。

そして何事もなく、無事に12時間のデートを終えてそれぞれ東と西に分かれて

新幹線で現実の世界へと戻っていく、あのホッとする気持ちも。

こういう気持ち、感情はね、自分はこの先、いつ誰と外の恋をするにしても

決して変わらないと、間違いなくそう思います。

毎回クタクタになって、その日を終える外の恋のデート。

次回は来年です。




そして、前夜

前夜です、デートの。

明日の今頃はホテルから出ていつも行く居酒屋にいるのではないかと。

そんな訳でして、明日は3か月ぶりのデートです。

いつも通りに早朝に家を出て、日付が変わる頃に帰宅するスケジュール。

すべて予定通りならば、12時間位を共に過ごすはずです。

わざわざ言うまでもないんでしょうけど、お約束なので言いますが、

そのうちの8時間位は全裸の予定です(笑)

彼女とは彼是1年半近くの付き合いになりますが、

逢う場所、つまり2人が落ち合う街は不変、訪れるホテルもほぼ固定。

お得な回数券、スタンプを押して無料宿泊券をGETしよう!なんてサービスが

ありましたけどね、一度も使っていない(笑)

初デートからそれを使っていたら相当安くホテルが使えたはずだ(笑)

まぁね、いいんですよ。

持っている筈もないような物を持ち歩くのはリスクが増しますからね。

デートの前、いつも同じ気持ち・感情が湧き上がるんですよ。

後ろめたさ・・・かな。

何も知らない・・・であろうはずの(笑)女房への申し訳なさ。

娘にもね、やはり同じような気持ち・感情がありますよ。

外の恋をする人たち、皆同じかと言えばそうでもない。

罪な意識など全然ないよ、という人もいるでしょう。

それはそれぞれの夫婦間、家族間の中で発生する感情ですからね、

何がどうというものではないですね。

まぁね、でもアレです。

そんな気持ちを抱えて新幹線に乗り込んで、2人が落ち合う場所へと

近付いていく中で、今度はワクワクする気持ちが勝ってしまうというね、

そういうふざけた男です、アタシは(笑)

2015年、年内最後のデートになるでしょう。

いや、そうそう。

忘れちゃいけない、外の恋のデートは毎回がラストデートのつもりで。

明日、楽しんできます!




外の恋の向こう側

今日はね、自分のTwitterのフォロワーさんのことを書きますよ。

勿論、その人は人妻です(笑)

自分のそのTwitterのアカウントはいわゆる不倫、婚外恋愛をする人たち、

これからその世界にデビューしようとしている人たちが集まっています。

その人妻・・・Y子さんとしましょう、仮に。

Y子さん、おそらく40歳前後じゃあないかと思います。

子供がいて、そして旦那もいます。

自分と同じように新幹線を使っての遠距離W婚外をしていました。

・・・していました、と過去形で書きました。

というのもね、アレなんですよ。

まぁ細かい事情はY子さんもTwitter上で多くを語ることはしなかったので、

知る由もないんですが、外彼の気持ちがY子さんから徐々に徐々に

離れて行ってしまったと、まぁこういう話です。

Y子さんはその彼の離れていく様をね、Twitterでつぶやくんです。

言葉には表情があります・・・と自分は思うんですよ。

Y子さんのつぶやきには、その外彼との別れのつぶやき以外にもね、

人柄や言葉から伝わる人物像的なものがね、沢山あった。

とても一途な人。

そう感じました。

まっすぐな人、真面目な人。

そう思いました。

外彼との別離が余程のショックだったのか、

Y子さんはその後Twitterで一切つぶやかなくなりました。

少し脱線しますけどね、こんな風に婚外恋愛で理由はどうあれ、

別れました、終わりました、というつぶやきをした人妻がいたときに、

大きくは2パターンに区別できると思っています。

ひとつはね、さぁ次行ってみよう!な人妻(笑)

切り替えが早い早い、別れたその日から次の恋、次の外彼を探す(笑)

もうひとつはY子さんのパターン。

深く深く沈んでしまう、あるいはその人を忘れられずにいる、いつまでも。

つい先日、およそ1年ぶりくらいでY子さんがつぶやきました。

1年前、別れてしまったというか、離れて行ってしまった彼、

あの外彼とまだ細い糸で繋がっている・・・みたいなんですよ。

この間の事情はよく分かりません。

分かりませんが、流れ的には寄りが戻る方向感なのかなと感じました。

Y子さんの久々のTwitter上でのつぶやきを見て、

自分は正直凄いなぁという気持ち、自分にはない世界観のようなものを感じました。

自分ならね、多分寄りは戻らない。

というかね、さぁ次行ってみよう!ですから、自分はさ(笑)

余程、その外彼のことが忘れられない存在なんでしょう。

これは素敵なこと・・・なのかもしれませんね、きっと。

自分に照らし合わせてみたときには・・・そうは思わないけど。

乱暴な言い方に聞こえてしまいそうですが、終わった恋など

さっさと忘れて・・・まぁ忘れはしませんけどね(笑)、

世の中に数多いる新しい相手を探した方が、夢も希望もワクワク感もあるじゃないかと、

そう思ってしまうのが自分(笑)

Y子さんはその外彼なくしてこの先の人生は描けないのかな、と

ちょっと大げさですかね(笑)

大きなお世話様的な気持ちを持ってしまいました。

その気持ちの向かう先にいる、その外彼は果たして幸せ者なのか、

それとも・・・。

さて、どうなんでしょうかねえ。。。


心配性と慎重派

12月ですね、ついに・・・とうとう・・・(笑)

今年も残り1か月となった訳です。

何だかついこの間、残暑だ、暑いぞ、なんて話をしていた気もします。

ついこの間、桜の季節だったような気もします。

去年の今頃のことが、ついこの間のような気もしませんか(笑)

そう感じるのは中高年以降の世代だけなんだとか、なんとか・・・。

まぁアレですね、一日一日を大切に、有意義に過ごすことが

実はホントに大事なことなんでしょうね、つまりは。

ある本に書いてあったことなんですが、日本人は心配性の人が多いんだそうですよ。

およそ9割の人が何かしら心配事を抱えていて、いつも何かを心配しているらしい。

心配する内容なんて人それぞれ違いますからね、括ることなんかムズカシイ。

ある人は来週のテスト受かるだろうか、落ちるんじゃないかなと毎日心配。

ある人は最近お腹が痛いのは何か重大な病気じゃないのかと心配で仕方ない。

ある人は最近メールが減ったのは、気持ちは冷めちゃったからだ。

きっとフラれるに違いないと心配する(笑)

心配事って探せば・・・いや探さなくても、どこにでも転がってますよね。

一方で全然心配事がない人もいたりします。

コレね、心配事がないんじゃなくて、心配しないでいられる性格とか

思考回路なんだそうですよ(笑)

ある人が心配することでも、ある人にとっては心配事にならない。

外の恋でも心配する人、しない人、ハッキリ分かれる気もします。

連絡が少なくなった、途切れがち。

そういう時、何を心配するか。

相手の気持ちの移ろい、浮気を心配する人。

相手の身に何か事故やトラブルが発生したんじゃないかと案じる人。

同じシーンで考える心配でも違う種類ですね。

心配されるとき、自分軸つまり自分自身の都合や思惑が起点になっての

心配を向けられると大抵は煙たくなりますね。

そこには疑心や疑念が渦巻かれている訳で・・・事実、本当はどうであれ(笑)

で、そういう心配をする人は自爆傾向があるように思います。

どんどんマイナスなスパイラルに自ら入り込んでいくような。

想像が想像をさらに呼んで想像を事実にすり替えてしまうような。

心配したってどうにもならないこと、かなりありますよねえ。

というかね、外の恋のことに限って言えば、心配しても仕方ないことばかりかも。

だって、無力なこと、力が及ばないことばかりじゃあないですか。

それをわかった上で、尚且つ心配してみせてもね、やはり不毛かなと。

そんなことわかっちゃいるけど、でも心配が尽きないというのもまた事実なんでしょうけど(笑)

慎重と心配は似ているようで違いますよね。

慎重な行動、慎重な人、時にもどかしくなったりもするかもしれないけど、

杜撰でズボラな人よりも慎重な人の方が安心できるのも外の恋。

心配性って心配するばかりで肝心なところが隙間だらけだったりします。

油断しながら心配だけが先行するようなね(笑)

秘密のことばかりあるのが外の恋ですから、慎重であり続けたいです。

心配するのは程々にしないとつまらない日々ばかりが続きますしー。