FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋の学習

この時期、週末は運動会ってところが多いですね。

早朝に学校に行って場所取り、父兄参加競技で慣れないことさせられて

もう昼前にクタクタってお父さん、沢山いそうじゃあないですか(笑)

しかもね、この数週間は夏日・真夏日でしょ連日。

毎日仕事で疲れたカラダに週末の運動会、お父さんは大変ですよホント。

運動会でマジメにお父さんしている・・・フリしてトイレに行ったときに

外の彼女にメール送ってたりするんですけどね!(笑)

学び、学習ってことですが。

外の恋の。

独身時代・・・いやもっと遡ってティーンエイジャーの頃も含めて(笑)

恋愛経験を重ねて行く中で、色々学びましたよね。

いい思いもしたし、痛い目にも遭いましたね、多分(笑)

人間関係ですから要するにね、恋愛ってのはさ。

他人同士が特別な想いを持って感情を行き来させる行為ですから。

思う通りには中々ね、数多の恋愛を重ねたとしても都度はじめての恋愛気分で(笑)

あぁ・・・あの時のアレは失敗だったな、あの時こうしておけば違ったな、

何であんな選択しちゃったかな、今なら違うことできただろうにな・・・とか、とか。

同じ轍を踏まないつもりで散々学習したはずなのに、またまた同じ轍を踏み締めてみたりね(笑)

大人のするようなアレじゃないよね、みたいな愚かなことをしでかすもんですよ、時に(笑)

だからこそ人間なんだとも思いますけど。

20代には20代の、30代には30代の、それぞれの経験の中で学んで得て勉強になって

次の恋愛に進んでいる・・・はず(笑)

ただね、いわゆる婚外の場合はさ。恋愛には違いないけどチト違う。

40代、50代の婚外はまた違う。60代、70代、それ以上も多分ね、違うんでしょう(笑)

外の恋なんかしなけりゃ学ばないで済むことも、外の恋をしたがために嫌が応でも

学ばざるを得ないアレコレ・・・と見るか、人生豊かに生きるための授業料を払って得た

貴重な経験をしているんだと受け止めるか。

それはその人次第、それぞれですね。




スポンサーサイト



暗黙のルール的なモノ

金曜ですね。

土日休みの人、今週もお疲れさまでした。

5月だってーのに何ですかね、この夏日・真夏日の毎日は。

今日、昼飯食いに入ったラーメン屋は狭い、汚い、美味い!ってことでね(笑)

中々繁盛してるんですが、この太陽ギラギラする暑い日にね、冷房ナシ!なんだな。

ナシなんだな、というよりエアコンそのものがない(笑)

日本人ってのは大人しいというか、真面目というかね、風の通らない狭いカウンター席で

文句ひとつ言わず、汗ダラダラ垂れ流しながら黙々とラーメンを啜っている(笑)

外国だったらお客が暴動起こしますよ、あんなに狭くて暑いの我慢させようモノなら。

でも、チェーン展開ではないラーメン屋は割と多いですよ、冷暖房不完備ってお店が(笑)

暑さ寒さに関係なくラーメンを食え!っていう暗黙のしきたり、ルール・・・ですかね?

・・・んーとね、無理やりつなげる訳じゃあないんですけどね、暗黙のルール(笑)

外の恋のね、暗黙のルール的なモノってあるじゃあないですか。

普遍的なモノがあるような、意外とそうではなくそれぞれの2人に独自のルールがあるような。

ある人の話ですが、旦那が単身赴任で地方に転勤になったと。

もうコレだけで浮気というか他所の女の匂いがしてきますね(笑)

まぁその通りの話なんです。

単身赴任先で単身赴任者が住むようなマンションに甲斐甲斐しく通う女がいると。

遠距離婚外の相手です。W婚外ですから家庭がある身でありながら、世話焼き女房のように

彼の住む単身赴任者用マンションに通って、洗濯や炊事まで。

時には泊まって朝方帰っていくと。

お互いの奥さんに、旦那にバレなきゃいい・・・と思うのは外の恋をする者が皆思う。

でも、このね、通い妻のような状態はさ、一線を越えてしまったかなと思えてしまう。

恋愛ですから、気持ちが燃え盛り、高まってしまえば見境がなくなる可能性は

実は誰にもあるんだと思うんですよ。

好き合う同士がさ、数時間のデートでこの次また逢える日まで指折り数えるような

そんなデートを繰り返していた2人が生活を共にしてしまうような、

デートと言うよりも暮らしに近い形になってしまったら・・・。

歯止めが利かなくなりますね、きっと。

恋愛は発展しなければならない・・・とは限らないと思う。

特にね、外の恋はさ、静かに育むモノだと思う。

失いたくないから強く求め、逃したくないから囲い込みたくなるのが人の気持ち。

でも、ここまでというラインとここから先は踏み越えないというラインを

2人で時々確認し合うのはもっと大事なことじゃないかな、と思うんですよ。




知らないという自由

コレはね、オトコ感覚とオンナ感覚の違いなのか、

それとも性別に関係なくそれぞれの性格とか、考え方の違いなのか、

その両方なのか(笑)、まぁ広い意味ではオトコ感覚とオンナ感覚の違いかな、と

自分はそう思うんですが。

今日はそのことについて書こうと思います。

そのこととはなんだ?(笑)

そのこととは、相手(恋人ですよ!)のことを知りたい気持ちのこと、です。

彼のこと、彼女のこと、色々知ってますよね。

名前とか身長とか、体重、血液型とかさ、好きな音楽とか、性感帯とか(笑)

もうコレ以上知る要素、新たに知る事実がない!って人、いますか~?

何もかも全部知ってます!って人(笑)

まぁ中々そこまでの人ってのはいない・・・ように思うんですがね、

でも相手のことを詳しく知っている人は結構多い、多くいる、何となくそう思いますよ。

知っているということはさ、つまり相手が自発的に知らせてきたことだけではなく、

自分から聞きて仕入れた情報でもあるってことだと思うんです。

でね、偏見ではありませんよ。誤解しないで下さいよ(笑)

自分はね、知りたがりはオンナの方だと思います。

いや、いますよ。重箱の隅から隅まで突き回すように細かなことを徹底的に

知りたがる女々しいオトコもね、います!(笑)

でもさ。でも、概ね女性(笑)

外の恋の相手のこと、何処まで知るべきか。

知ることで得られるものは何ですかね。

安心ですか。心の拠りどころですか。

知ることは時にショックを伴う場合がありますね、どうしても。

知らないままでいたらいいものを、知りに行ってしまい、あとで後悔するような(笑)

何も秘密にしている訳じゃあない、聞かれないから話さなかっただけ、というのもある。

いちいち事細かに聞かないでよ、そんなこと知ってどうするわけ?というシーンもありますね。

知ることで自らが不機嫌になるような、痛い思いをするような、そんなことなら知らぬままで

安穏と過ごした方がいいですよ。この先、自らに被害が及ぶことがないのなら。

知らないでいることがミステリアスな魅力にもなったりしますしね、時に(笑)




無題ですかねー今日は(笑)

段々と蒸すようになってきましたね、東京も。

で、昼間の太陽がね、もう夏のそれですよ。

暑くてヤダなーなんてね、太陽光線に文句を言えるのも今のうちですよ。

なんたってもうすぐ梅雨ですから。

嫌が応でも雨が降る、降り続くんだ、梅雨は。

ベター・・・・っとね、汗ばんだ状態で生活するあのシーズンが来るんだなー。

紫陽花の花の濡れる風景や緑が濃くなっていく様をね、余裕をもって眺めるような

そんな気分で過ごせりゃいいんですがねえ・・・中々ムズカシイ(笑)

えー・・・と。

昨年の9月の終わり頃からブログってモノをね、始めました。

人生で初、こんな歳になってから(笑)

どうです?面白いですか?・・・いや、別に面白いことを書こうなんてね、

そんなことを思っちゃいないんですがね、ええ。

世の中には奇特な人、物好きな人がいたもんだな、と(笑)

拙いこのブログを覗きにいってやろう、ちょっとコメント入れてやろう、なんてことでね、

賑わしてくださっている方々、ありがとうございます。

同じような内容のことをね、結構繰り返し書いてますよ、ホント(笑)

まぁしょうないんだ、文才も知恵も知識の引き出しもそもそも足りてないんですから(笑)

ある作家の人が言ってました。

同じような話を何度も書いてもいいんだ、その日たまたまその記事だけを見て

もう二度と訪れない人がたくさんいるんだ、だから同じような話は何度あったっていい、と。

・・・そうですかー(笑)

じゃあそうします、ってことでね。そうしてきました、はい(笑)

個人的に自分の感じ方で思うこと、頭に浮かびあがったことをね、

ただ単に書き連ねているだけですからー。

まかり間違っても書いてあることを全面的に鵜呑みにしちゃあダメですよ(笑)

再現性も普遍性もからっきしないんですから、ホントに。

まぁ、そんなわけでして。

いつまで何処まで続くのか本人にさえもわかりませんが(笑)

ひとつ宜しくお願いいたしますね。


アタシなんか、もうオバサンだからと皆が言う

いきなりアレですが、今日は昔話をしますよ。

自分が大学生の頃、アルバイトをしていた時の話です。

当時、六本木にとある小さなバーがありまして。

そのバーのママの自宅マンションへ集金に行くことになったんです。

んー・・・何の集金か、まぁそれは話の本筋に関係ないんでね、説明は省きます(笑)。

で、まぁとにかくね。

昼下がり・・・午後3時か4時位だったですかねえ。

バーの近くにあるマンションへね、行きました自分、集金しに。

呼び鈴押してドアが開いて化粧っ気のない中年女性の顔が見えました(笑)

夜、お店で見た美人ママがすっぴんになるとこんな顔に変わっちまうのかー!・・・とね

まぁビックリした記憶は今も忘れていません(笑)

で、驚いたのはね、バスローブ姿なんですよ、ママ。

シャワーだか風呂だかわかりませんが出てきた直後みたいなね。

そりゃあすっぴんだわね(笑)

何かが始まってしまった!・・・という展開は残念ながらありません(笑)

ありませんが、二十歳そこそこの自分は胸元が見え隠れするバスローブ姿と

塗れて乾ききらない髪と、そしてそしてすっぴんなのに、シワもシミも丸出しの

オバサンなのに(笑)・・・強烈にムラムラしたのをこれまた鮮明に覚えています(笑)

ディス イズ 熟女だ・・・と思いました(笑)

いや、当時に熟女という言葉があったかどうかわかりませんがねー。

でもね、化粧を落とした素のままの中年女性に感じた色気と艶々した出で立ちに

度肝を抜かれたのは間違いありません。

それが起点になったのかどうかは定かではありませんが、数十年経った今、

自分は熟女が大好きですもんねー(笑)

シワもシミも弛んだ肉も皮膚も、それでいいんです。ありのままで。

化粧するな、身なりなんか気にするな、なんてことは言ってませんよ(笑)

ありのままでいいってことが言いたいんだ、俺は!(笑)

アタシ、オバサンだからと熟女の皆さんは言いますが。

オバサンでいいじゃあないですか、若い子にはない魅力満載だ!

美容整形とかしなくていい、顔だけ若返ってオッパイが垂れてたらオカシイでしょ(笑)

ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

記憶を呼び覚ますもの

今日仕事で銀座に行ったんです。

銀座四丁目の交差点で横断歩道が青になるのを待っていたらね、

【あの、すみません】と声をかけられました。

よくあるんですよ、街中を歩くとね、道を聞かれたなら知る限り丁寧に教えもしますがね、

そうじゃあない場合が多いんだ。街では色んな人が暗躍してますから(笑)

今日、交差点で声をかけてきた人は同い年位の女性です。

【あのー・・・田代さん・・・ではないですか?】

(田代・・・?いや、私は田代ではない・・・)

【いや、違いますよ】と答えました。田代さんじゃあないんですから(笑)

【あ、そうでしたか。ごめんなさい、ひと間違いしました、ごめんなさい】と。

コレ、何なんですかねー。ひと間違いだったんですかね、ホントに。

田代さんによく似ていたんでしょうか?(笑)

新手のキャッチセールスか何か?あるいは・・・熟女の逆ナンパ?(笑)

・・・んな訳ないわな。

事の真相は確かめる術もない訳ですが(笑)、街を歩いているとね、

よく似た人を見かけることがありますね、実際。

まぁでもね、ひと間違いはしないかな、自分は。

よくよく見て、観察して、その人の周りをグルグル回って本人確認する!(笑)

ってのは冗談ですが、似た人がいるのはホントにそうですね。

・・・似た人。

見た瞬間に忘れていた遠い記憶を呼び起こさせるような。

視覚からの情報で記憶が一気に湧き上がるような。

自分は香水や音楽で記憶を呼び覚まされることがあります。

特に女性の・・・付き合っていた女性がつけていた香水とかね、

これは不思議なモノで忘れないんですよねえ。

いや、普段は忘れてるんですよ。全然思い出すこともない。

なのにねーその香水の香りをさ、街ですれ違った女性がつけていたとかね、

それだけでブワ~!っと遠い思い出が呼び出されるんですよ。

ないですか、そういうの。

あるでしょ?あるはずだなー・・・。あるでしょう?(笑)

まぁね、アレですよ。香水で記憶が蘇るだけでね、香水つけた人が似た人じゃなく

本人その人だった、なんてね、そんな劇的な再会は一度もありませんがね(笑)

恋愛は探すもの?

日曜の夕方ってのは寂しい気持ちになりやしませんか?(笑)

サザエさん症候群とかナントカってのがありますね。

アレは子供でも感じるものなんですかねえ・・・。

明日からまた仕事だ、アレもしなきゃ、コレもしなきゃとね、思い出しちゃう時間帯(笑)

コレが明日デートだよ、なんてね、そんな予定だったら違う気分なんですかね(笑)

恋愛は探すものなのか、という話です。

想像してみてください(笑)

外の恋をしていた相手・・・つまり外の彼・彼女(笑)と別れました、と。

で、別れたあと。

次の恋はすぐ欲しいモノ・・・ですか、どうですか。

【次の彼をサッサと見つけないとね!】

ある人妻さん(ツイッターのフォロワーさんです)はこうつぶやいていました。

外彼と別れた翌朝のつぶやきです。

文字だけの世界なんでね、心理とか内面の細かなところまでを知り得る術もないんですが、

休む間もなく次を探すー!レッツゴー!みたいなね、そんな感じがさぁ・・・スゲェなぁ(笑)

恋愛にこうあるべし!的なセオリーはあるようでないと思うんです。

ただ、何で外の恋をするのか、リスクを冒してまで恋をするのかというね、

その理由を考えたときに切れ目なく恋人がいなきゃダメなんだろうか、と。

癒しが欲しい、ありのままの自分のことを認めてほしい、女である自分を忘れたくない、

めくるめくようなセックスの快感を体験したい、ひとときだけ誰も知らない自分になりたい。。。

外の恋をする理由って、それこそ人それぞれだと思います。

時々分からなくなることがありますよ、自分も。

寂しさを埋め合わせたいだけで人と繋がっていたいんじゃあないか、とか。

誰でもいい、自分を認めてくれる人が欲しいだけなんじゃあないかとか。。。

いや、それが大人のする外の恋なんじゃないのか?と思い直してみたり(笑)

Hのテクニックを磨く48の方法★女性制作のSEX DVD【LOVE48】

モテているのではない

ツイッターでもフェイスブックでも、まぁその他いろいろあるSNSでね、

人気な人、目立つ存在、やたらと賑わっている人ってのがいますね。

話題が豊富とか、単純に面白いとか、楽しいとか、理由もいろいろでしょうけど、

んー・・・どうでしょうか、ある意味モテる人とも言えるんでしょうかね。

ある女性・・・自分のツイッターのフォロワーさんですが、

賑わっています(笑)

人妻で恋人募集中~!なんてね、プロフィールに書いちゃってますから(笑)

そりゃあもうね、日々オトコから降り注ぐようにDMが届いていると。

本人はその中からコレは!という存在を探している・・・ようですが(笑)

何だかアレですね、オークションで競り合っているみたいな図じゃあないですか?(笑)

自分はね、どうにもこうにもそういう展開っていうか、やり方というかね、

ダメなんですよね、さっぱり興味が湧かないんだな。

恋人募集中の看板が出ているタクシーを並んで待つみたいな世界がダメ(笑)

モテている訳じゃあないですよね、こういうのは。

オトコにしてみれば、恋人になりたいというよりも手軽に肉体関係持ちたいだけ・・・でしょ?(笑)

モテる必要などないし、モテるためにSNSをやる訳でもないんです、自分はね。

まぁ出逢いの場にはなりましたけどね、実際(笑)

ある人妻さんがこんな風につぶやいていました。

その人の書く文章、言葉で人柄はわかる。つぶやく内容で伝わってくる、と。

そうなんですよねー。

自分が言いたいことはそういうことです(笑)






恋愛やわらかあたま

えーと・・・あらためて言うまでもないんですが、自分は中年です。

全く以て正真正銘のオッサンです(笑)

見た目に若い人っていますね、巷には。

アレは得なんですかね、やはり。

歳よりも老けて見えるってのは、どちらかと言えばやっぱり嬉しくないですもんね。

まぁでも無理な若作りしてね、不自然な状態を晒すよりはいいですよ、ホント(笑)

オッサン。要は中高年というカテゴリーに入る自分な訳ですが。

アタマの中、思考回路や物事に対しての感じ方、感情とかね、反応とか。

そういうところまで鈍化っていうか、老け込んじゃうのはイヤですねえ。。。

長年・・・ってほど長年でもないけどさ(笑)、生きているとね、自分のパターンとか

無意識に選んでいるやり方・考え方ってのがありますね。

で、それはそれでいいんですが、そこに頑なさとか、意固地さが入り込んでくると

他人からしてみれば、アイツは面倒臭いヤツだ~!ってことになりますねえ。。。

信念と思っているのは本人だけで、他の考えや方法を認めないとか

見ようとさえしないとか。もっと残念なのは頭に何も思い浮かばないとかね(笑)

外の恋をしていてもね、今までこうして生きてきたんだ俺は、みたいな自負でもないけどさ、

そういう拠り所的な思い、考えがあったりするわけです。

それはいいこと・・・かもしれないけど、それ以外は拒否・拒絶ってのはさぁ勿体ないのかも。

何だか袋小路に入り込んだぞ、なんだなんだ、答えが見つからないぞ、なんてね、

結構自分自身でシンドイ状態だったりしたときにさ、そもそも頑なに考え方を

懲り固めているからじゃないの?という気付きがあればね、楽になるのにという話(笑)

あ、コレはアレですよ、自戒の念を込めて書いているんですよ(笑)

もしも、いくつになっても外の恋をしていたいと思うのなら、

年相応に変化することとともに、やわらかあたまを持ち続けていたいな、と。




ワクワクとモヤモヤの一日

昨日デートをしてきました。

んー・・・前回のデートは3月でしたから、2か月ぶりってことですかね。

遠距離W婚外ってことでね、中々そうは簡単に逢えるって話じゃあないんですよ。

昨日も12時間一緒に過ごしました。

そのうちの8時間近くは全裸でしたけどね(笑)

前回の記事に書きました、デートの日に思い、感じる気持ちや感情のこと。

昨日もね、というかさ、自分の場合は毎回なんですがね、

ワクワクする気持ちとモヤモヤする気持ちが交差するんですよ。

久しぶりに彼女に逢えることへの嬉しさと、その裏側にある後ろめたさと。

後ろめたさや申し訳ない気持ちを失くしたら、自分の場合はオシマイだと思っているんです。

なのでね、新幹線でお互いが落ち合う場所へと近付いていく中で、

ワクワクとモヤモヤが心の中で何度も往復するんですよね。

昨日も何度もセックスしました。

気力と体力勝負のような(笑)

まぁでもね、ホントにそうですよ。デートは楽しい、嬉しい、それはその通り。

帰りの新幹線に乗り込んで、ふとつぶやいてしまった言葉は

ふぅ・・・くたびれた。

でした(笑)

それはね、8時間近く全裸で過ごしたことによる消耗だけじゃなく、

今日も今回も無事にデートを完遂できたという安堵の気持ちだったとも思います。

新幹線はつくづく便利な乗り物だと思います。

僅か数時間でお互いを引き合わせ、元の場所へ引き戻すことができるんですよね。

デートが終わればまた2人の距離は500キロ以上離れます。




その気持ちがわかる

これからお話するのは、ツイッターのフォロワーさんのことです。

あ、もちろん人妻です(笑)

更にもちろん、外の恋をしている人妻です。

その人妻さん・・・仮にAさんとしましょう。

Aさんは時々体調が悪くなるんだそうですよ。

何となく気分が落ちてくる、モヤモヤとしたどうにも重たい心持ちになるんだそうです。

更年期の症状とかね、元々の性格とか、そういうものでもないらしい。

本人がいうには外の恋をし始めてから、という話なんです。

それもね、大抵決まった時期というかタイミングがあるんだ、と。

自分でわかっちゃうんだそうです、そろそろ気持ちが凹んでくるな、と。

どういうタイミングでそうなるか、皆さんわかりますか?

自分はわかりました。ひょっとしてこういうことじゃないかな、って。

で、そのあとのAさんのつぶやきにあった答えは

ズバリ当たっていました。

【彼とこれからデートをする日、かならず体調が優れない】

いや逢えばね、癒されて愛されて、そして満たされてね、素敵なひとときを

今日もありがとう、という気持ちになって帰ってくるんだそうです。

でも、逢う前までは・・・気持ちが塞ぐような・・・罪悪感に苛まれるような。

Aさんは自覚しているんですよね、その心持ちの原因を。

家族、旦那に対する後ろめたさ、裏切ってしまっている自分への苦悩。

でも、そういう気持ちを持ちつつも彼と逢う、抱かれる、愛されて帰ってくる自分・・・

その晩また、家族が待つ家に帰った時に感じる申し訳ないという気持ち。

そんなことをツイッターでつぶやいていました。

Aさんのつぶやきを読んで、自分はわかるなぁー!わかる、わかるぞ!

と、頷きながら声をあげそうになりま・・・せんけどね(笑)

でも、その心理は本当によくわかると思いました。

自分もね、毎回デートの度に似たような思い、気持ちになります。

裏切り、隠し事、不義理、不条理。

外の恋をする人、全員が全員、こんな気持ちになるわけじゃあないよね。

良し悪しを言うつもりはなく、冷え切った夫婦・いがみ合う家族だっているし、

そういう状況で外の恋をしたとしたらね、何にも感じないのかもしれない。

それは人それぞれだから。

Aさんはこんな風にもつぶやいていました。

【こんなに苦しくなるのなら、いっそのこともう彼と逢うのをやめようかな】

いつかそうなる時がくるのかも。

それが収まるべき場所、あるべき所へ落ち着いたのかどうか、

それも本人にしかわからないことですけどね。




年上の人

年上の人って話です。

年上の人・・・昔ありましたね、演歌で。年上の女って書いて人と読ませる歌がね。

あの歌は不倫の歌だったんですかね。

【二度と逢ってはいけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた年上の女】

ってね、そんな歌詞でした。

あ、あの~古い演歌の話をしようってんじゃないですよー(笑)

端っから話が脱線しちゃったよ(笑)

自分から見たときにね、相手が年上か年下か・・・まぁ同い年ってのもありますが。

彼、彼女は自分より年上か。

どうです?年上好きっていうか、年上オンリーって人もね、いますよ案外(笑)

若い男子はね、ブームでも何でもないんだろうけど年上の女好きが多い・・・みたい。

それもね、1つや2つ上じゃあなくてさ、5歳10歳上がいいんだって。

とあるアンケートの結果で、何故年上の女がいいのかって回答がありました。

大人の色気があるから、とかね。色々教えてくれそうとかさ(笑)

そんなこんなの予想通りの答がある一方で、年上を感じさせないアレコレも

理由になってたりするんだね。年上を感じさせない肌のキレイさ、

年齢を感じさせない髪、年上を感じさせない可愛らしさ・・・とかとか(笑)

年上に甘えたいけど、一方で年下の自分に甘えさせたい、頼られたいみたいなね、

そんなオトコ心理があるかなー・・・(笑)

自分はね、年上の女性とお付き合いしたことがないんですー。

いや、昔から熟女好きって言えばそうだったんですがね、何故か縁がなく(笑)

んー・・・でもアレですかねぇ。もうこの歳になってくるとさ、年上の女ってなるとね、

熟女も熟女、いやその上を行くような超熟ですかね・・・って食パンじゃないってーの!(笑)

でもありますよ、密やかな願望。年上の女性・・・憧れますねー。

人生一度くらいはしてみたいかな、年上の女との恋。

演歌の歌詞と同じ展開になっちゃったりしてね(笑)

【二度と逢ってはいけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた年上の女】

なんて言われちゃったりしてさ(笑)




相手が既婚であること

今日、会社でね、スタッフのことを眺めてみたんですよ。

あ、ウチの会社は中小零細企業ですから(笑)、ワンフロアに全員がいます。

で、何を思ったかというとね。独身者が多いなぁ、と。

新人とかキャリアの浅い20代の子たちはね、そりゃあ未婚も珍しくないというか、

当たり前に独身の身ですね。

30代、それから40代・・・半数近くが独身だ、男も女もね。

色々理由も事情もあるプライベートなアレでしょうから(笑)

何もお前たち早く結婚しなさい!なんてね、そんな話をしようなんてことじゃあない。

思ったのは、この独身者たちは相手が未婚なら正々堂々の恋愛だな、と(笑)

いや、そりゃあ当たり前なんですけどね。

でも、既婚者の自分には出来ようもない正々堂々の恋愛ですよ、彼らはね。

まぁ中には・・・あ、中にはってウチの会社の子たちのことじゃあないですよ(笑)

中にはいますよ、自分が独身で相手が既婚というね、いわゆる不倫もさ。

ふと思いました、この片方だけが独身という場合は恋愛のバランスというか、

2人の想いのエネルギー、根底で求めるところはどうなのかな、と。

自分は独身の熟女とお付き合いをしたことがないんですよ。

自慢でもなんでもないですが(笑)

つまり、必ずW不倫です、過去も今も。これも自慢でもなんでもない(笑)

独身女性は面倒臭い・・・という話じゃあないですよ。

家庭持ちだけがわかる感覚、経験、どうしたってあるでしょう?

そうそう、同世代であることで共有できる価値もありましたね。

その分かり合える部分に触れ合えるから癒し・癒されなんです、自分はね。

10も20も年下の若い人妻がいい!なんて同世代もたくさんいますが。

自分は人妻熟女専門!(笑)




外の恋に未来を重ねること

今週も半分過ぎましたね。

今週どころか、今月も半分まで来ちゃいましたよ。

今年ももうすぐ半分、来月は6月ですよ。

早いですねぇ・・・ホントに早い。

何かこう焦りませんか、意味もなく(笑)

何かしなきゃ、何とかしなきゃ、と何かにつけて思うばかりで

どーんどん月日だけが先行して過ぎていくような(笑)

外の恋をしている皆さん。

まだお付き合いが始まって浅い人、数年かそれ以上の関係を紡いでいる人、

長短も濃淡も様々ありそうですね(笑)

好きだから、という感情があるからこそ成り立つ関係だと思います。

好きじゃあなかったら恋とは呼べないもんね。

巷でよく言われる話として、オトコは恋愛感情などなくても女を抱くし、

あたかも恋愛感情を表現するようにセックスをする、と。

オトコとしてその指摘を否定しません・・・いや、多分・・・いや間違いなく合ってます!(笑)

オトコにはそういう思考回路・行動習性があると思いますよ、確かにね。

一方でオンナにはそれがないのか、と。

わかりません。わかりませんが、少数派として存在するかなと思います。

えーと・・・前置きが長くなりましたが(笑)

恋愛、ここでは外の恋のことですが、その恋愛に理由がありますか、という話です。

何故、その人なのか。何故、その人を選んでいるのか。

W婚外の場合もあれば、どちらか片方が独身(離婚含む)の場合もあるし、

W婚外でも夫婦同居と別居もありますよね。

何故その恋を続けているのか。

日常生活から現実逃避できる場所、空間を共有できるから、という理由もあります。

味わったことのない性的満足を与えてくれる相手だから、というのもあります。

一緒にいて楽しい、そういうシンプルかつ究極の理由もね、きっとあるはず。

ただ、先々のことを思い描ける可能性って低いよね、多分。

離婚して、そして再婚する相手が今の彼、彼女・・・

そういう流れになっている、それが既定路線という人もいる。

少なくとも自分はそうではないけどね(笑)

自分の彼女は修復不能なまでに旦那と冷え切っている。

離婚を告げられたら喜んで即、離婚届に判を押すと(笑)

明日のことは誰にもわからない。

どうなるかなんて、誰にも予測できないもんね。

だから楽しいとも言えるし、見えないからこそ辛いこともあるんですよね。

デートのとき、次のデートの約束をしないのは、今すぐに次のことを決められないという場合と

約束はしないまま、その日を終えるのが自然という人もいます。

また今度ね!と言って手を振るような。

自分たちは後者です。

次のデートの保証はないし、常にどうなるか分からない関係性ですから。

なので、気持ちの何処かにいつも今回がラストかも、という想いがあるかな。

来週、2か月ぶりにデートをしますよ。




過去の人には戻らない

ここのところ毎日気温ネタですが(笑)

いやだってねアレですよ、ホント暑いんですから。

今日は夏日になったとか、なりかかったとか、ならなかったとか・・・どっちだよ!(笑)

まだ5月なんですけどねー。

今年も猛暑の夏になるんでしょうかね。

んー・・・今日はアレです。昔、というか以前に外の恋の相手だった人のこと。

時々ね、思い起こしてみることがありますね、以前の人のこと。

あぁ、あの人妻はこうだったな、あの奥さんはこんなだったな、と。

あ・・・あのーそんなに数多の付き合いをしちゃいませんよ、自分(笑)

みんな素敵な人でした。

それぞれ色んな事情を抱えながら、ひとときの癒しの時間をね、

貪るようにしてセックスしましたねー。

話は横道に逸れますが、熟女はホントにセックス大好きですね!(笑)

あ、スミマセン。話を戻します!

縒りが戻るってのがありますね。あ、読めませんか?(笑)より、です。

よりが戻る。元の鞘に収まるってのもありますね、元鞘。

どっちも一旦は別れて、再び・・・三度なんて場合もあったりね!(笑)

自分の場合は経験がないんですよ、縒りが戻ったってのは。

まぁそもそも戻そうとかね、そういう気持ちがないもんですから自分に。

だからそうならない訳ですが(笑)

相手のことが嫌になって別れたことはないんです。

相手方の家庭事情やどうにもならないアレコレがあるじゃあないですか、人生には。

ちょっと考えてみちゃうとね、嫌いになった訳じゃあない、そしてそして、

当時抱えていた家庭事情が解決したならば・・・元に戻れるよね・・・かな。

まぁきっとね、そうなる人もたくさんいるんだろうし、いて当たり前ですね。

まさにケースバイケース。

ただ思うに、嫌いになった訳じゃあないということは好きでもないんじゃあないかと。

醒めたというかね、気持ちがさ。

人の心には時々埋めたくなるような隙間ができるでしょ。

そういうとき、ふと寂しさを紛らわすために誰かに、自分のことを知っている誰かに、

抱かれてしまいたいというような、そんなときにね。

元彼や元彼女にメールを送ってしまう・・・なんてことがね、あるんです。

前を向こう、後ろを振り返るよりも。

外の恋でも前向きに。




恋人は誰かの家族

いや、しかし蒸し暑さ感じませんでしたか、今日は。

なんだか梅雨の季節を思い起こさせるような、ムシムシした感じの。

嫌ですねえ梅雨。。。毎年そう思いますよ、変わることなく(笑)

汗がね、意味もなく滲むでしょ、何もしなくても。

若い男子の汗なら爽やかだ、清々しい!とか言われるんでしょうけど。

オッサンの汗はねぇ・・・汗じゃあない扱いでしょ。

その滲み出てるのは煮汁ですか?みたいな(笑)

・・・まぁそんなことはどうでもいいんです。

汗だろうが煮汁だろうが、出るモノは出るんだ!仕方ない!(笑)

外の恋の相手、彼、彼女。

恋人ですね、いわゆる。愛人とは呼びたくないもんね(笑)

W不倫している人、旦那や嫁と恋人を意識・無意識関係なく比べることがあるでしょう。

比べても意味がないと言えば、まさにその通りで、意味がないんだ(笑)

ただ、あらゆる場面やシーンで比べちゃってますね、どうしても。

で、大抵は旦那や嫁よりも恋人のすること、発する言葉、姿、佇まい、

どれをとっても、いい、だいぶいい!と感じる(笑)

まぁね、一日中生活を共にしない・・・どころか、たまにしか逢わないなら尚更ね、

いいところだけを切り出して受け止めていても平気ですから。

だからこその優位、コレはあります。

で、それはそれでいい。そのことでお互いの癒しになるならOKですよね。

でもね、一方で外の恋人にも旦那や嫁と同じか、あるいは別の不満や嫌悪を

感じる場合だってあるのかもしれない。

それは時間の経過によるマンネリで、あたかも夫婦が醒めていくような感じかも知れない。

あるいは初めの頃はこんな人じゃなかったのに・・・何か変わっちゃった、

という場合もありますね、きっと。

これは思うに。

変わったのではなく、元々そういう人だった、時間の経過で慣れ合った関係の中で

覆い隠していた別の姿が表に現れただけ。

そういうこともあるんじゃあないかな。

なんだよ~家の中でも家の外でも同じじゃねぇ~かよ~!みたいなさ(笑)

外の恋人もひとりの人間なんだ、特別な存在かもしれないけど。

過剰な期待を寄せすぎて、描いた絵と違ったことに腹を立てても仕方ない。

あ、もしもね。もしもそういう場合にはね、ということですよ。




悩みは尽きないもの

いきなり何の前触れもなくアレですが・・・(笑)

悩み、ありますか?

悩みです。まぁどんなことでもいいんですが。

悩みがない、なんて人は中々ね、いないもんですよ。

たまにいますけどね、あの人はきっと悩みなんかないんだろうなぁ・・・と

思わせる人ね、いるでしょ?(笑)

そう周囲に思わせる人でもね、こっそり人知れず悩んでいるんだそうです。

悩んでいるけど人前ではそういう姿を見せない。

それを強さというのか美徳というのか、それは議論が分かれますが。

あとね、アレですって。

悩むけど、短いんだそうですよ。悩む時間が(笑)

こと悩みやすい人ってのは、悩んでいる状態を持続させることに関しては

まさに天才的に優れている(笑)

いつまーでも悩んでいる、思考の堂々巡りをする、どっぷり浸かる。

どうにもならないこと、例えば・・・まぁ何でもいいんですけどね、

相手の気持ちとかさ、例えば。

コレって一番自分ではどうにもできないことじゃあないですかね。

でも、どうにかしたくて悩む、もがく(笑)

悩む人はまた一人黙って抱え込む傾向があるとか。

誰でも構わないとはならないかもしれないけど、悩みは言葉にして発する、

あるいは文字にするだけで、大袈裟でもなく半減したりもしますよ。

聞いてもらったらスッキリしちゃった、アタシ・・・なんてね、ことがあるんだ(笑)

悩み・・・こういう外の恋はさぁ、そうは言っても相談しにくいアレですけどね。

自分なんかこうやって文字に仕上げるだけでスカッとした気分に・・・ならないか(笑)

まぁでもね、悩みは尽きないもの。

尽きないからこそ下手に悩み続けて消耗はしたくないもんですねー。




伝えなければ伝わらない

夏日でしたねー。

今日もアウトドアでスポーティーな一日を過ごしましたんで、

GW中の日焼けを上塗りしたような、そんな状態ですよ。

さらにはね、もう皮がむけている(笑)

イイ歳したオッサンがね、夏休みの子供みたいに真っ黒に日焼けってのもね、

オフクロが言ってました、アンタ遊び人みたいな色してる、って(笑)

伝えなければ伝わらない。

恋愛、恋心、相手に寄せる想いのことです。

日本人は恋愛表現が下手だ、と昔からよく言われますね。

確かにそうだな、と思います。

言わなくてもわかるだろ、察しろよ、みたいなね阿吽の呼吸じゃあないけどさ(笑)

こと恋愛に関して言えばね、やはり言葉で伝える想いや気持ち、これは重要なんですね。

そんなことを思うと、自分も1つや2つの後悔というか、もしもあの時というね、

そういう出来事があります。

大学時代に一目惚れのように恋した子には、つかず離れず嫌われたくない、

好きだと伝えて断られたくないという気持ちばかりで、卒業してから数年経っても

ついに想いを言葉で伝えることなく終わりました。

社会人になって同じ職場の2つ年上の女性には先輩後輩の関係から、

自分は憧れから恋愛感情に変化していく気持ちを感じつつも、

とうとう何も言えずに、その先輩は退職して結婚しました。

あとから言われましたね、アタシの事好きだったでしょ、って(笑)

こうも言われました。何で言ってくれなかったのかなぁー・・・言ってくれたら

アタシ結婚しなかったのに、と。

・・・何れも昔話ですよ(笑)

そんなこんなの経験があって今がある、なんてね、格好つけるつもりはないんですが。

そう、今の状態は過去の経験と流れの中で生まれているものですねえ。。。

その反動なのか、どうなのか・・・多分、学んだからだと思いますが(笑)

外の恋で躊躇したことは一度もないですよ、始まりにも終わりにも。

躊躇って不完全燃焼で燻ぶるような恋愛はね、もうしないな。




いい女=熟女

朝起きて、平日5日会社に電車で通勤するんですよ。

都内に会社がありますんで毎日色んな人に遭遇します。

仕事先でも色々な人に会います、何たってセールスの仕事ですから。

土日は休みなんですが、スーパーやホームセンターとかね、買い物に行きます。

ここでも色んな人、店員とかね、会いますよね、色々と。

・・・ついついね、無意識に(笑)見入ってしまうというか、

観察してしまうというか(笑)

誰をって、女性・・・特に熟女を、です。

今日もね、よく行くスーパーで買い物をしたんですがね、

そのスーパーのレジの女性ね、熟女です(笑)

いいんですよー・・・あ、浮気心とか、そういうのじゃあないですよ!

何て言うんですかねー・・・熟女はアチコチにね、いるんですよ。

でもね、その中でやっぱり輝きを放っているというか、その他大勢ではない

そういう熟女が必ずいます、アチコチに(笑)

コレ、何でそう感じるのかな、何がそうさせるのかな、と考えてみました。

外見、体型とか、顔立ちとかね、そういうのでもないんだな。

いや、そういうのもありますけどね、ない訳じゃあない(笑)

・・・立ち居振る舞い、言葉、表情、雰囲気。

多分そういうことに感じる思いなのかな、と。

美人でもなく、もちろん抜群のプロポーションでもなく、

むしろそういうこととは真逆だったりするんですよ、実際。

何処にでもいる、いすぎる位にいるような熟女ですけど、

魅力的な人が必ずいます。

話をしてみたら更によくわかると思います。

同じ世代、同じ時代を生きてきて見てきたもの、体験してきたこと、

そこに共感できる人が多分、自分の中で魅かれる元になっていると、

そう思います。




対極の恋の在り方に思うこと

金曜ですね。

火曜日まで散々自堕落に休み惚けてましたんで(笑)

いやぁ・・・仕事がタフでした。いや、タフに感じました。

今日は午後に雷雨に遭遇しまして・・・雹まで降りましたからね、都内も。

普段の行いがいいはずなのに(笑)傘は壊れるは、塗れるは。

しかも少し待てば晴れちゃったんだなぁ・・・(笑)

ちぇっ!ツイてねぇーや!(笑)

ツイッターのフォロワーさんにね、ある人妻がいるんですがね。

自分のフォロワーですから、アレです。外の恋をエンジョイしている人ですよ。

で、今日たまたまその人妻のつぶやきを見てたんですが。

いわゆるW不倫の彼との距離、お互いの住む家の距離がね、すごいの。

車で5分・・・!

コレさ、下手すりゃご近所さんですよね(笑)

家族みんなで顔見知りじゃねぇ~の?みたいな、ね。

それでもね、中々逢えないって愚痴ってんだなー。

中々ってレベルがね、自分とは全然違うんだけどさ(笑)

だって、先週2回デートしてるんですよ、その人たち。

で、今週は逢えてないから、中々逢えないって話。

なるほどー・・・自分なんか今月やっと2か月ぶりに逢うんですけどね(笑)

いや、しかしねー自分は思いました。

車で5分の距離同士で外の恋を楽しめる・・・というか、できるのかと。

経験がないから予想も想像もつかないって話なのかもしれませんが(笑)

やっぱりねーリスクでかいよなぁ・・・と。

それもスリルなのかな、ある意味。

職場恋愛の外の恋ってのもありますもんね。

そういう場合はさ、毎日のように逢ってるんだ、職場で(笑)

コレはこれでまた凄い世界だなぁ・・・とシミジミ。

遠距離婚外ばーーーーーっかりの自分には未知の・・・んー未知でもないんだけどさ。

ちょっと感覚的に図れない外の恋もあるんですねぇ。




オンナはわがままで時に制御不能

どうもどうも、連休明けのお仕事お疲れ様です。

8連休明け、スタートが水曜日ってことでね。

3日働いたらまた連休じゃねぇ~かよ、エンジン掛かり始めてまた休みだ(笑)

いやしかしアレです、久々にスーツにネクタイ、革靴ってのはね、

ホント草臥れますね。肩凝りがヒドイのなんの(笑)

そういえばね、クールビズが始まりました。

なんだか年々進化ってんですがね、エスカレートって感じさえしますが、

もう普段着みたいな格好のクールビズってのがありますね(笑)

お役所勤めの人、いかにも涼しげなね、リゾートにでもいるんですかぃ?みたいな

質問をしたくなるような、そんなクールビス姿でニュースに出てましたねー。

自分はね、法人相手のセールスの仕事なんですよ。

んなもんですから、精々ノーネクタイまでですかねぇ・・・。

まぁアレです、スーツもネクタイもね、肩凝るって言ってる割には嫌いじゃあないんだ(笑)

今年の夏、また猛暑かなぁ。。。

えーと・・・オンナはワガママって話です。

ワガママを自覚している女性の方々、少なくないんじゃあないでしょうか(笑)

誤解を恐れず言いますが、オンナってのは子供も大人も、もちろん熟女もね!

ワガママですよー。本人自身が時に持て余すくらいに(笑)

あ、アタシは違う!そんなことない!って人、それはそれで結構なことです。

ただ、自分の場合はね、今までお付き合いしてきた女性をね、ツラツラと

振り返ってみたときに・・・んー、やっぱり随所にワガママなヤツばかりでした(笑)

で、今一度、誤解を恐れず言いますが。

ワガママな女はやっぱり可愛いと思います。

ひとり前の彼女はね、もちろん熟女で人妻だった訳ですが、

まぁワガママっていうか、勝手に物事決めたり、行動したり、止めたり、

また始めたり(笑)、で挙句には収拾不能になってこっちに丸投げしたりね。

そりゃあもうワガママな人でした。

んー・・・まぁ性格ということ以外にも年齢的に更年期の症状もね、

きっとあったのかなとも思います。

よく怒ったり泣いたりしてたもんなー・・・(笑)

本人も言ってました、自分で自分の気持ちをうまくコントロールできない時があった、と。

今の彼女もね、感情の浮き沈みとかさ、そういう誰にもあることとは別に

無理なことをね承知の上でグズグズしてみせたりさ(笑)するんだな、時々。

許される範囲のワガママをしてみせて甘えてみせているつもり~?(笑)

まぁね、いいんです。熟女は愛しいですよ。

他所の人の妻で母で社会人で・・・そして誰も知らない秘密の姿、

自分の外の恋人という存在で。

今月は久々にデートをしますよ。

恋愛・結婚生活で悩んだら…

知っているつもりが正解かも

GW終わりますねー。

終わってみればあっけない・・・(笑)でもないか。

自分、何度も言いますが8連休でした。

当初はね、1日か2日位は会社に行くかな、行く羽目になるかなー

なんてね、思ってもいましたが。

何たってねアレですから、な~にも予定がないってことでね、暇ですから(笑)

んー・・・でも終わってみれば一度も会社に行くこともなく、

何をしたってこともないんですけど、まぁいい連休だったですよ。

GW関係なく仕事だった人、お疲れさまでした。

これから代休、遅れてきたGW休暇をお楽しみください。

エイジングスキンぺリアコース『ヴァン・ベール』


この8連休中、ツイッターを眺めているとね、イライラしている主婦がね、

ホントに大勢いましたよ(笑)

とにかくストレスが多いというか、子供+旦那が家にいることに伴う

普段のウィークデーの自分のペースがかき乱されるというね、

飯炊きババアじゃねぇーよ!みたいな(笑)

さらにはね、一番のイライラの原因は外の彼とのやり取りがままならないこと。

相手にも家庭がありますからねぇ・・・いつもの時間にメールがない、

いつものようにLINEが来ない、いつものボリュームで繋がれない、

そしてそして。

デートできない(笑)

明日からは日常に戻りますよ、大かたはね。

リズム取り戻してイライラもムラムラも解消できるんじゃあないでしょうか(笑)

スリミングジェル「レッグ&スタイル」


前置きが長過ぎましたー!知っているつもりという話でした(笑)

いや、あのね、アレです。これもツイッターの話なんですが。

外彼が家族と楽しそうに過ごしているのを一々メールしてくるんだと、

彼としては今、俺はこうして過ごしているよというね、業務連絡的な(笑)

そういうつもりだと思うんですがね、受ける側にしてみればムカツクと(笑)

こうもつぶやいてました。

アタシの知らない彼をいくつも発見しちゃって複雑な気持ちと。

どうですかー。どうなんでしょうかー。

外の恋の関係で関わる時間とそこで知る相手のことって2人だけの世界。

自分にとっては全てを知っている相手とも言えるかもしれないけど、

それは外の恋の中での相手のことでしかないんだなぁ・・・。

別の顔とは相手のリアルの姿であって、関わりようもない相手の姿。

ヤキモチもイライラも感じちゃったりしちゃうのがね、女心というか、

深く恋すればこそだったりするんだと、そう思います。

物は考えようで、どうにもできないことに果てしなきエネルギーを注いで

クタクタになるよりも、2人だけが知る2人の世界に気持ちを向けてさ、

こっそりニンマリしている方が健康的な気がしますよー。




長さで計れるものでもないとは思うけど

長さで計れる・・・あ、あの付き合いの長さです。

変なこと、妙なことを想像した人いましたかね(笑)

外の恋の付き合いの期間、長さの事。

長い人は驚くほどの長い期間、外の恋が続いているんですよねぇ。

1年、2年なんて話じゃなく5年目、10年経ちました、なんて人もね、

いたりするんだなぁ。。。

外の恋・・・まぁね、言い方変えればさ、不倫ですよ。

同じ相手と10年続くってね、凄いですよね。

もしかしたら凄いなんて感覚は全然なくて、気が付いたら10年。

そんな感じなのかも知れませんが。

動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題


自分の場合ですが・・・今の彼女と11カ月です(笑)

来月6月で丸1年。

その前の彼女とは7ヶ月でした。その前は3ヶ月とか(笑)

何かこう書いてしまいますとね、

物凄く軽薄で次から次へ遷ろうようなオトコに思われそうですね(笑)

都度真剣に全力投球で外の恋をした結果なんですよ。

そもそもアレです、外の恋なんて付き合ってみてわかること、

始まってみてから感じること、見えることもあるじゃあないですか。

ダメになるのは仕方ない、そう思います。

ただ、ダメになることを前提に恋愛を繰り返している訳でも、

恋を探し回る訳でもないですからー。

パーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん


それにしても、長い期間をその人と繋がり続けられる外の恋をする、

そういう人にとってのお互いの存在は格別で置き換え不能なのかもな、と。

リアルの生活にいる夫や妻とは別に、自分の人生になくてはならない人、

そんな存在なんでしょうかね。

あるいは長い夫婦関係と同じように、外の恋も空気のような当たり前にいる

そういう存在・感覚でいるのかなとも思ったりします。

先の事は誰にもわからないとは確かにその通りで。

分からないからワクワクもしますね、ドキドキもします。

化粧水のあとは、これ1本! 美しいベースメイクが約1分で完成。

シェア何%?

GWも終盤ですよ、気がつけば。

どうですか、思い思いの過ごし方、楽しみ方してますかね。

外の恋人とデートだ!なんてシアワセな人もいるんでしょうか。

自分は8連休ですが、今日不意に何を思ったか(笑)会社の業務メールに

アクセスしちゃいましてね~・・・止せばいいのに(笑)

一気に仕事モードな気分に引き戻されちゃった・・・というのはウソですが。

しかしアレですね、GWってのは長い人にはホントに長いんですよ。

今日、ウチの奥さんとファミレスで昼飯食ったんですがね、

となりのテーブルに家族連れがいまして。

おそらく奥さんなんでしょう、中年の女性がね、言ってました。

もう毎日毎日朝昼晩、飯、飯、飯って、あんた達早く学校に行ってよ!と(笑)

いつもは家にいない家族がね、連休の間中ずーっといるでしょ、家に。

特にねぇ、男は大人も子供もすぐ腹が減るから(笑)

主婦は大変だ、うん。ホントそう思う。

化粧水のあとは、これ1本! 美しいベースメイクが約1分で完成。


話はいきなり変わりますが、何の前触れもなく(笑)

自分の生活の中、気持ちの中でもいいんですが、日々の生活の中でね、

外の恋人の占める割合ってどれくらいですかね。

いや、どれくらい?なんて聞かれてもね、39%です、自分は80%です!とかね、

なかなか数値化なんかできそうにもないって話だと思うんですが(笑)

ただ、どうですかね。気がつけば彼(彼女)のことを考えている、

この前のデートのシーンを、激しく抱かれた記憶を辿るように

想いを馳せて遠い目をしているとかね、そういうのないですか?(笑)

まぁ誰しもあるんですけどね、それは。

それが何%とか何割とかね、そういうのはムズカシイ質問かもですが。

気持ちも心も常に恋人へ向いてしまうというのはね、あまりよくはないかな。

家族の前で上の空はマズイもんね(笑)

時々思い出す、ふと遠くへ想いを馳せるような時間がある、

メールや電話で通じる時間がありつつ、気持ちで繋がる時間がある。

割合はそれぞれでイイと思うんです。

バランスは人それぞれですもんね。



好きな人のタイプは変わるか、変わらないか

今日から4連休ってことでお出かけの人も多いんでしょうねー。

ニュース観てますと凄いですね、高速道路の渋滞。

まさに巻き込まれたよ!って人もいるんでしょうか(笑)

自分は田舎ってのがないもんでね、奥さんも東京出身ですし。

ってことですからね、渋滞の中で里帰りとか、満席の新幹線やキャンセル待ちの

飛行機搭乗ってのが未経験なんですよ、幸いにも(笑)

これから移動する人、移動中の人、どうかイライラせずノンビリ行きましょう!





今日、近所のスーパーの食品売り場でで思わず足が止まりました。

いや、何でかってね、彼女がいたんです!(笑)

あ、違った!(笑)彼女によく似た知らない熟女でした。

いやでもね、ビックリしましたよ。そっくりなんですから。

中々逢えなくて寂しくなっちゃって逢いに来ちゃったのか・・・

んな訳ないんですけどさー(笑)

世の中にはいるもんです、よく似た人ってのが。

自分も20代の頃に自分そっくりのヤツに出くわしたことがありますよ。





しかしアレですね、今日そのそっくりさんに逢ってね(笑)つくづく思いました。

俺って昔から恋する相手のタイプが共通してるんだなぁ・・・と。

無意識でしたけどね、外見にも共通項はあるみたいです。

で、勿論内面と言うかね、性格っていうんですかね。

やっぱり共通しているような気がします。

どちらかというと・・・いやどちらかと言わなくても(笑)

勝気っていうかね、強気のオバさ・・・あ、熟女(笑)

男勝りとまでは言わなくても、姉御肌と言うかリーダー的な人というか。

そういう傾向がありますねぇ・・・。

そういう女性がね、ふと見せる弱気な姿とかさ、ギリギリで助けを求めるような

そんなのがね、どうにも堪らないんだなぁ。

どうやらその傾向、独身時代から変わっていないのかも(笑)




外の恋のもどかしいこと

いい天気でしたねぇ・・・思い切り日焼けしました(笑)

5月の紫外線は侮っちゃいけないってね、昔から言いますよ。

それなのに、それなのに(笑)

いい歳してこんがり日焼け・・・ちょっと遠出してね、海岸線まで。

さっき風呂に入ってあらためて驚きました、あまりの焼けっぷりに(笑)

これは・・・一回は皮が剥けるなぁ・・・オッサンなのに(笑)

自分、8連休のちょうど半分は終わりました。

お天気まずまずだそうですよ。

楽しみましょう。

化粧水のあとは、これ1本! 美しいベースメイクが約1分で完成。


んー・・・彼女の事、彼女の仕事の事です、今日は。

長年接客販売の仕事をしているんですが、退職しようか、続けようかと悩んでいる。

自分は遠くから彼女の愚痴とか、ぼやきとかね、まぁ受け止める訳です。

10代、20代の働いたことがない若い子が初めての仕事で壁にぶち当たって

辞めようかな、どうしようかな、と悩むのとは話が違いますよ。

40代半ばの主婦ですから。

長年の、しかも業界の経験者っていう強みはありますけどね、

勢いだけで転職が簡単にできますよ!なんてご時世でも世代でもないです。

で、仕事の事さえも・・・というか、仕事の事もやはり、ですかね、

彼女は旦那には相談できる環境じゃあない。

「 透 明 感 の あ ふ れ る 上 質 肌 に!」に仕上げる

女性必見のファンデをご紹介♪



飯を作り、洗濯と掃除をするだけの家政婦のような存在。

嫁が仕事で悩み苦しんでいても我関せず・・・なんですよぉ、彼女の旦那(笑)

いや、だからどうってことでもないんですがね(笑)

じゃあ代わりに自分が関わっていいのか、踏み込んだアドバイスとかね、

こうしてみたら?こう考えてみたら?こんなのはどう?みたいな話をさ、

していいのかよ・・・という気持ちです。

外の恋の相手、どういう関係性であるのかは人それぞれで

立場や状況でも違うんだと、そう思いますが。

ましてや他所の夫婦の事に意見なんか自分はできませんが。

もどかしいですねぇ・・・実に。