FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

【御礼】ありがとうございました

今日から年末年始休暇という人多いんですよね、やはり。

成田空港の出国ラッシュ、凄いですねー。65万人予想だそうですよ。

関係なく仕事、仕事の人。本当にお疲れさまです。

2013年も残り3日ですね。大掃除、終わりましたか?

ウチはもう終わりにします、無理やり(笑)

あとはクルマの洗車ですかねー。今日、ガソリンスタンドで洗車2時間待ちって言われました。

年末ですねー。

さて、9月の終わる頃から始めたこのブログ。

この歳になって(笑)人生初のブログだったんですよ。

いい歳したオッサンの初ブログが婚外ブログというのもね、何とも自分らしい(笑)

日々拙い文章で思いつくことをただただ書き連ねてきました。

コメントや拍手をたくさんいただきました。

ありがとうございました!

色々な価値の発見、気付きがありましたよ本当に。

それから励ましと共感もたくさんいただきました。

一体誰がこんなブログに・・・と、書き始めた頃はそんな気持ちでしかなかったです。

んー。。。何が言いたいかと言いますと(笑)

今日で持って【大人がするの外の恋】は年末年始休暇をいただきます、と(笑)

いや、不意にね、ふと思うところがあって、やっぱり書くぞー!ってなことがね、

ひょっとしたらあるかもしれません(笑)わかりませんが・・・(笑)

ま、兎にも角にも。

【大人がするの外の恋】を見に来てくださった皆さん、ありがとうございました。

新しい年が皆さんにとって幸多い年になることを祈ります。どうぞよいお年を!

そして素敵な恋愛を来年も是非!

また来年お会いしましょうー。


スポンサーサイト

外の恋の年末年始

2013年、仕事納め。

仕事が納まったのか、無理やり納めた形にしたのか(笑)

まぁ何はともあれ、明日から9連休です。

今年は暦の並びの関係で長い休みの人も多いんじゃないでしょうか。

あ、でもアレですね。サービス業の人は大晦日も元旦も働きますね。

年末も年始もないとはこのことですねぇ・・・。

さて、9連休です。

明日、飛行機に乗って気候が温暖な海外リゾートへ・・・

なーーーーんて予定は丸っきりありません(笑)

国内旅行さえ行きませんよ、せいぜい行くとしたら奥さんの実家へ年始まわり。

それも都内ですし、日帰りですし(笑)

何も予定がないんです、ホント。ボーーーーーっと日々を過ごします(笑)

まぁボーーーーーっと過ごすってのは言い過ぎですけどね、ゆっくりしますよ。

デートの予定もないですよ、年末年始は。

外の恋はね、家庭持ち同士なら尚更ね、年末年始のデートはムズカシイですよ。

いろんな意味でリスクが増えますし、そもそも気持ちが落ち着かないでしょ?(笑)

仕事をしていればね、一日早かったなぁーって感じなんでしょうけど。

何も予定がない9連休だけをドーンと与えられちゃった場合にはね、ただただ長いだけ(笑)

人間、暇だとロクなこと考えないですから(笑)

彼女は自分の半分以下ですね、年末年始の休暇。同じく何も予定がないという話。

逢えないままお互いが予定のない9連休じゃなくてヨカッタですよ!(笑)

とは言え・・・来週の今日は1月3日です。箱根駅伝の結果も出ちゃってます。

ね、あっという間に正月休みがオシマイですよ。

1月のデートもすぐってことです(笑)

DMM.com通販

Amazon.co.jp通販サイト

当たり前への感謝

自分、明日で仕事納めです。

いい一年でした・・・とは言えないかなぁ。

ひと言で言い表すと停滞、ですかね。

進まない、進化しない、そんな印象でしたね、仕事関係は。

一方でプライベート。家族のこと、趣味のこと、それから外の恋のこと。

外の恋のことにスポットライトを当てますね(笑)

んー。少し前に書きました。今年は外の恋が終わって暫く充電して次の恋が始まりました。

2月に終わって6月に始まるまで、3ヶ月余りの婚外独身状態(笑)

ある意味で楽でしたねー。恋愛特有の感情、気持ち、心がゼロ状態ですから。

その分野の悩みがない(笑)誰かに向けて費やす時間がゼロですからね、

時間がたくさんありました。

でも、やはり恋が始まりましたねー。ええ、自分から告白しましたよ。

1年以上前からそんな予感、つまり何れは恋人になるんじゃないかな、と思っていた人へ。

彼女もそんな予感が、というよりも告白を待っていたと言っていました。

月に1回、新幹線に乗ってお互いの中間地点にある街でデート。

想いの炎は静かに燃やし続ける感じです。ガツガツしない、無理も無茶もしない。

リアルの生活が成り立っているからこそ、外の恋を楽しめるということを忘れずに。

こんな自分に唯一の恋愛感情を向けてくれることへの感謝。

恋人でいてくれることが当たり前ではなく、出逢えたことへの感謝も忘れずに。

そんな気持ちで今年を振り返ってみましたよ。

脚のむくみ対策に!レッグ&スタイル


小豆島オリーブ園のエキストラバージンオリーブオイル

真面目に外の恋

クリスマスですね、今日は。

昨日がイブで今日がクリスマス。ま、当たり前です(笑)

12月ってのは胃腸を酷使しますよ、ホント。

何度もある忘年会に掛け持ちのクリスマスパーティーとか、

しかも普段食べ慣れないようなモノをドカドカ食べますから。

胃腸を弱らせた状態のまま、そうです。来週はもうお正月なんですよ。

そのあと、待ち構えているのが新年会だ(笑)

しばらくは胃腸が休まりませんねー。

自分、婚外用のTwitterアカウントを持っています。

婚外用ですから、フォローしている相手もほぼほぼ同類項ですね(笑)

惚気のつぶやきもあれば、外の恋に悩むつぶやきもあります。

旦那の悪口も多いですねーホント(笑)

外の恋のことでつぶやく人の中に時々見かけるのは【彼と上手く行っていない】こと

まぁ色々ありますね。単純に喧嘩しただけとか、ちょっとした気持ちのすれ違いで

ギクシャクしていることとか。外の恋は表立ってできる恋じゃない、だからこそ何処かで

思いを吐露できる場所が欲しいんです。それが例えばTwitterです。

恋愛ですから、しかも婚外ですから。いろんな制約やもどかしい数々がある。

でも恋愛ですから。恋愛のルールはきちんとあると思うんですよね。

話の前後関係が分からないつぶやきなんですけど、婚外彼にこう言われたと。

【お前な、婚外の分際で偉そうなこと言うな】と。

温度感や言い方、状況がわからないことではありますけど、キツイ表現ですね。

自分の人生において誰に対しても使わない表現だと思います。

婚外ではない恋愛ならできることも、婚外の場合にはできなくなること、

誰しもたくさんあります。常に不自由な恋愛と言っていいのかも知れないですね。

でも、人を好きになることは恋愛に共通のこと。

関係性は50%50%でありたいです。依存し依存されでもなく、主従でもなく。

そして、やっぱり真面目に気持ちを向け合わないとね、ダメなんだと思います。

化粧品から食品まで、オリーブの事なら【小豆島オリーブ園】


エステのプレミアムコースで使用されている脚痩せジェル

外の恋のクリスマス

お約束というか、世の中的にクリスマスイブなもんですからね。

やはりクリスマスのことを書かない訳にはいきません(笑)

いや、デートの予定は全くないですよ。

何しろ遠距離婚外ですから。ヒョイっとイブにデートしようか~?なんて

簡単には行かないんですよねー。

そもそも12月は予定が合わない・・・というか

お互いに忙しすぎてデートはできないね、って話でしたよ。

今日も街の彼方此方に、寄り添い歩くカップルがたくさんいました。

外の恋をしている既婚の人たち、今日デートしている人もいるんでしょうね。

クリスマスは家族で静かに過ごすもの、そんな風に教えられた記憶、ないですか?(笑)

そもそもクリスマスってのは恋人とデートをするための日じゃないんです・・・って、

そんな話をしたい訳じゃないんでした(笑)

でもまぁ、何というかアレですね、中年にもなってくるとね、世の中的なイベントに

乗っかって盛り上がるようなことはやらないですよね・・・というか鬱陶しい(笑)

クリスマスだがらホテルのフレンチを予約するとか、バレンタインだからチョコレートを

渡さなきゃとか、何をわざわざそんなことにエネルギーを使うんです?と思っちゃうんですよ。

普段のまま、今日も変わらず外の恋の相手が元気にしているだけで。

おはようとオヤスミをいつもの通りにメッセージで交わすことができるだけで。

今度いつデートしようか?と先の見えない予定の中で心を通わせるメールをするだけで。

そんなことで、もう充分にシアワセを噛み締められるんですよね、自分は。

何時もと変わらないというありがたさ。

浮つくことなく、遠く夜の空を越えて気持ちを寄せ合うこと。

それが一番大事なんだと思うクリスマスイブ(笑)

働く女性のための「脚専用スタイリングジェル」
=痛いほどツライ脚のむくみ対策に!



化粧品から食品まで、オリーブの事なら【小豆島オリーブ園】

言葉と文字に体温を

3連休オシマイ、今週金曜日で2013年の仕事納めですよ。

あ、その前に今週はクリスマスがあるんでしたね!

もう全然クリスマスらしいことなんかしませんから、忘却の彼方です(笑)

家でチキンを食べる位ですかねぇ。。。

チキン、できれば焼き鳥がいいんですけどね自分は(笑)

さて、今日もこうしてブログを上げました。

自由に勝手気ままに思うことを書いているだけなんですよ、ホント。

世の中に何かを発信するぞー!とかね、俺の話を聞けー!とかね、そんなの全然ない(笑)

ただ、やはり思うことはあります。

この拙い文章で何が伝わっているのかな、どういう受け止めになっているのかな、と。

皆さん、日常的にメールを使いますよね。

相手は彼、彼女に限らず家族だったり友達だったり、まぁ色々いますよね。

で、文字にして送った文章が誤解や曲解されてしまう、悪意なく。

ありませんか?ありますよねー?

自分は今まで数限りなくあります(笑)

短い文章ほど伝えたい意味がその通りに伝わらない・・・と思いきや、

長過ぎる文章は何が言いたいのか分かりにくくなるというね、あるんですよ、ホント。

相手の状態や状況が見えない中で送信するメールは、受け手次第で意味が変わることも。

本当はこう伝えたかったのに、そう伝わってしまったか!とかね(笑)

嬉しい誤解になることだってあります。中々ないけど(笑)

大抵は感情の縺れやすれ違いをね、誰も悪くないのに生んでしまうという。

伝える術としての言葉、文字、文章。

昔、学校の先生に教わりました。メールなんかこの世に存在しない時代にですよ(笑)

【言葉を大切にしなさい。いい言葉を選んで使いなさい。文字に気持ちを込めなさい】

まさにその通りだと思います。

それでも100%思い通りにはならないでしょう。

でも、メールも送る前に見直す、ブログも上げる前に読み直す(笑)

大切なことですね。




外の恋人には家庭があるということ

年末の3連休、2日目です、自分は。

関係なく働いている人も沢山いますね。自分の彼女もその一人です。

接客や販売サービスの仕事をする人は、それこそ年末も年始も仕事だったりするんですよね。

完全週休2日のサラリーマンの自分、そういう意味では恵まれていますね。

とは言え。とは言えですよ!(笑)

自分、この3連休を遊び呆けている訳じゃないんですよ、ええ。

大掃除が佳境を迎えています(笑)昨日はキッチンの換気扇、今日はバスルーム・・・。

そしてアレやコレやの買い物要員。。。職業、完全に家事手伝い状態です(笑)

まぁね、嫌いじゃないんですよ。家の事をするものね。

んー・・・婚外恋愛をしていることへの密やかな償いの気持ち?(笑)

こんな風にね、外の恋の相手が家族や旦那や奥さんと過ごす日常を

恋人からのメールや共通のSNSや何かでね、本人意思に関係なく知らされる、知ってしまうこと

ありますよね、どうしてもね。誰しもありますよ、そういうこと。

ヤキモチ焼きますか?(笑)

ヤキモチとはちょっと違うかな、何でしょうね、何て言うのかな。。。

まぁ、何でもいいんですけどね(笑)何れにしても知らされた本人は面白くない(笑)

心穏やかに過ごせなくなる、気持ちがざわつく、意味なく腹が立ってくる、とか。

女性はそういう傾向、ありませんか?オトコよりも傾向的に・・・。

まぁ、仕方ないんですよね。外の恋なんですから。相手にも家庭があるんです。

何もかも破綻し切った夫婦なら家庭生活も何もないんでしょうけど、

表向きは、あるいはセックス以外のことでは穏やかに上手く行っている夫婦も多いですから。

恋人の配偶者にイライラしても何も得るモノはない(笑)

そんなことはわかってる!でも、そうできない自分がいるんだよー!って声が

ジャンジャン聞こえてきましたー(笑)

どうもスミマセン。

自分はね、彼女が旦那とセックスしたとしても、仲良く買い物に出掛けようとも、

家族仲良く旅行に行ったとしてもね、全然平気なんですよね。

相手も自分も既婚、そしてお互いに外で恋をしている。

リアルの夫婦関係と外の恋の関係を比べても仕方ない。

悔しくないし、イライラもしないし、穏やかとは違うけど、気にならないんです。

変ですかね???(笑)

でも、そういう自分の思考回路が気に入ってます。

だって楽ですもん、ホントに。

スリミングジェル「レッグ&スタイル」


スポーツの練習法ならティアンドエイチ


外の恋の行く先

Twitterを眺めていると、色んな人の色んな恋愛が毎日タダで見られます(笑)

時に気付きであったり、時に新しい価値観の発見であったり、まぁ否定的な気持ちになる

そんなこともないとは言えませんけどね。

つい先日、こんな女性がいました。

簡単に言うと、旦那と離婚する予定です、と。

結婚して2年少しなんですよ、その女性。何故離婚をするかと言うと。。。

旦那が同性愛主義者であることがわかったから、だそうです。

正しくは同性愛でもあるということなんでしょうけどね。ただ、旦那には恋人がいる。

そう、同性の恋人が。外の恋です、これも。旦那が好きになった外の恋の相手がオトコという。

結婚する前にわからなかったんでしょうか・・・なんて思ってみても仕方ないですし、

Twitterに書かれていない色んな事情があることでしょうから。

で、その女性も婚外恋愛を始めた。そして旦那との離婚を決断し、外の恋の彼と再婚するらしい。

何処にでもあるような話・・・ではないと思うのは自分だけですかねー。

同性愛の旦那と離婚する前に再婚相手と結婚を決めている。

そうそう。再婚する予定の相手はバツイチだそうです。今は独身ですね(笑)

これも人生の中のドラマなのか、どうなのか、それは本人達だけの世界ですから。

ただ、自分が今している外の恋とは遥か遠い別次元にある恋愛ですね、間違いなく。

家庭は大切、家族も大切、それが一番であること。それは自分の中で揺るがない。

ただ、外の恋で人生の後半戦をもっと楽しみたい、癒し癒され、ひとときの現実逃避を

月1回だけ心から楽しみたい。。。こうして書いてみると身勝手この上ない話ですけど(笑)

色んな世界がありますね。

それぞれに出逢いと繋がりと、その先の時間のあり方があるんですね。




年の瀬に思うこと

買いましたか、宝くじ。

年末ジャンボ、今日迄でしたね。

自分は買いました。毎年買うんですよサマーと年末の2つだけは。

買わなきゃ当たらないって話は本当ですけどね、買っても当たらないのもかなり正しい(笑)

自分、今までに幾ら注ぎ込んだんでしょうかね、ジャンボ宝くじに。。。

6等ってのは当たったと言いませんよね、あれは(笑)

夢破れた善良な小市民へのお詫びの払い戻し的な感じがしてなりません(笑)

再来週の発表日までいい夢を見ましょうかねー。

そんな訳で今年もあと10日と1日ですね。月日が経つのが早いですねえ、しかしー。

浮かうかしている間に1年経っちゃったというような(笑)

今年を振り返るような話でもないんですけど、前半と後半で分けて記憶を辿ると

外の恋の終わりと始まりという感じですかね、自分。

1月正月明け頃から何となく終わりの始まりを感じ始めて、2月に終わりました。

後腐れなく恨みつらみもなくスマートにお別れしましたよ。

しばらくは恋をせず(笑)独り身の時間を楽しんだような、そうではなく次を探していたような(笑)

梅雨が始まる頃に新しい恋が始まりました。今の彼女です。

またもや遠距離婚外という、自分でも苦笑いしたような記憶があります。

お互いの生活圏で恋する相手を決める人もいるのは確かですよね。

それもあり、そうじゃないのもあり、○でも×でもない、正解も不正解もない話ですけど(笑)

まだ気の早い話ですけど、もう外の恋のことに関しては来年に気持ちが向かっていますよ。

何故って、年内はもうデートできませんから(笑)

1月ですね、次のデート。

その日まで、きっとまた慌ただしく過ぎていくんだと思います。

アンチエイジングプログラム

首の痛み改善プログラム

夢と希望と

寒くなりました、すっかり。

今年の夏もトンデモナイ猛暑だった記憶がありますけどね、ちゃ~んと冬は来る(笑)

これから冬本番なんですよねえ・・・春が待ち遠しいですね!

夢と希望と、なんて記事名ですけど(笑)別に大それたことは書きませんよ。

むしろささやかな、ほんの少しの夢と希望の話です。

自分は遠距離婚外恋愛をしています、何度も書いてきましたが(笑)

デートと言えば新幹線で。お互いのほぼ中間地点にある場所へ逢いに行きます。

日帰りデートです。あ、今年1度だけ1泊2日のデートをしましたね。

月1回のデートが2人の中で暗黙の内に決まっていったデートのサイクル。

それは金銭的事情やお互いの仕事のこと、家庭へのリスク回避とかね、まぁ諸々の

総合判断でこういうペースに一旦落ち着いているということかな。

彼女はもっと頻度高く逢いたいと言っています。それはね、自分も同じですよ。

ただ、現実問題として思うに任せないことが多いんですよ、外の恋の遠距離版は(笑)

鄙びた温泉宿でノンビリ温泉に浸かって1泊したい、高原にあるホテルまで海岸線の国道を

ドライブして翌朝のお散歩を楽しみたい、とかね。やってみたいですよホントに。

宿泊デートがままならないから、じゃあってことで料理が得意な彼女が作ったお弁当を

何処か陽だまりの公園でピクニック気分で味わうとか・・・これなら出来そうですね(笑)

距離が近ければ・・・とか、もっと時間に融通がきけばとかね、無い物ねだりを

考えだしたらキリがないってことですよ。

他の人の婚外恋愛を羨んでも意味がない(笑)

出逢いには意味があって、そういう条件・状況下で始まった恋愛なら、それに抗うことはしない。

そう思うようにしています。駄々っ子のようにアレも欲しい、コレも欲しいと騒いでも

できることと、できないことは多分そんなに変わらないままだと思います。

頭の中で、メールで、電話で。夢も希望も共有することだけはします。タダですし(笑)

思えば叶う、そういう言葉もあるんですよね!


肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩


外反母趾改善法


外の恋のセックスのこと

今日は本当に寒い一日でしたよ、ええ。

関東地方も雨が雪に変わるとか、変わらないとか・・・(笑)

雪が降ると、もうホントにダメですね東京は。あっという間に交通が乱れます。

北陸や東北の人に言わせると雪を甘く見過ぎているんだそうですよ、関東人は(笑)

いや全くその通りでしょうねー。備えもない、出たとこ勝負的な人、多いですもんね。

今日はセックスのことを書いてみようかなと思います。

いや別にね、官能的なことを書こうって話じゃないですから(笑)

変な期待はしないでくださいよ(笑)

外の恋には肉体関係が伴いますよね、大抵は。中にはプラトニックな、それこそセックスレスで

婚外恋愛をエンジョイする2人ってのもありなんでしょう、きっと。

ただ、そういうセックスなしで婚外恋愛をしている人を自分は知らない(笑)

外の恋の大切な事、こだわりを円グラフに置き換えてみたら、自分はセックスがトップシェアかな。

セックスは大好きですよ。とても好きです(笑)

そういう自分と外の恋をする相手ですから、セックスが大好きな人妻や熟女が必然的に

相手に選ばれる、いや、そういう人がどうしたって現れる(笑)

旦那とのセックスが嫌で嫌で、精神的にも肉体的にも苦痛でしかない、と。

あるいは旦那のセックスが下手過ぎて、性欲処理のために使われるような

僅か数分で終わる行為に虚しさと怒りを感じている、と。

過去も今の彼女も多方はそんなことを言っていましたね。

年齢的に40代50代の女性のカラダは、セックスが一番楽しめる状態じゃないですかね。

これは個人的に思うことですけどね(笑)

でも、本当にそう思うんですよね。どうにも救いようのない旦那とのセックスや

セックスレス状態の中で、外の恋の相手とセックスをした時に人妻はオンナに変わります。

セックスがこんなにも気持ちいいものだったなんて知らなかった。

このまま、セックスの快感を知らないまま人生が終わらなくてよかった。

そんな言葉を今まで何度も聞きましたよ。

オトコも同じかも知れません。奥さんとのセックスに満足できない人、少なくないでしょう。

それは裏返してみれば、さっき書いたような旦那側に問題があるからこそ、でもあるんでしょう。

以前の記事にも書きました。緩んで緩くなった女のカラダ、白髪もシワもシミもたるみも、

余分についた脂肪さえも。自分は愛しく思います、本当に。

妻の顔、母親の顔、働く主婦の顔、全部を脱ぎ捨ててセックスの快感に狂乱する姿が

あぁ素敵だなぁと、デートの度にいつも思います。

優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←



フットケアのスペシャリストが教える、自宅でできる足のトラブル解消法「プラチナフットケア」

繰り返す外の恋

いきなり本題に入りますけどね(笑)

今、婚外恋愛中の人もたくさんいれば、終わったばかりの人もいるでしょうね。

これから始まる予感の人、始まりそうで始まらない人(笑)、未経験の人もいるでしょう。

自分は外の恋の複数回経験者です(笑)とは言え、片手位ですよー。

お付き合いが長かった場合も、そうじゃない場合もありました。

今の彼女は付き合って半年位です。

誰にでも初の体験というのはある訳で、それは外の恋でも同じですよね。

人生で初めての婚外というヤツです。

で、思うことはね、外の恋を経験すると、そのあと恋愛体質になってしまうのか、あるいは

恋の魅力にやられちゃって、以降の人生で婚外を繰り返すのか、ということ。

よく言われますよね、不倫は蜜の味だとか。

最初の婚外でいい思いをしてしまうと、例えばねセックスの歓びを初めて知ったとか、

旦那や家庭では味わえない安らぎとか癒しとか、気付きを得てしまったとか。

そういう経験が心にも身体にも刻み込まれてしまうとね、もう忘れられない。

んー・・・でも逆にね。最初の婚外でトンデモナイ酷い経験をしてしまったとか、

例えば旦那や嫁、子供に婚外がバレてしまい修羅場を経験したとかね、

そういう人は二度と外の恋なんかしない・・・のかな。

それとも次こそは、この次の恋愛こそ素敵なものになるはずー・・・ってことで

やっぱり外に恋する相手を探す、出逢いを求めてしまう人もいるんでしょうかね。

自分はその昔、当時は修羅場というか泥沼的な状況を経験したと思っていますが、

でも、そのあとに何回かの外の恋をしてきました。ちーっとも懲りなかった?(笑)

いや、懲りなかったというより、学習して同じ轍は踏まないという学びにつなげたかな、と。

そんな風に思います。まぁ、蜜の味を忘れられずにいるんでしょう、きっと(笑)

道徳や倫理観の話をするつもりはないんです。

良いも悪いもわかっています。

ただ、自分の人生の中で外の恋をするか、しないか、の話です。

この先、どうなるかなんて誰にもわからない。

わからないから今を楽しむ気持ちで過ごすしかないですね。

小豆島オリーブ園のバージンオリーブオイル


エステのプレミアムコースで使用されている脚痩せジェル

手を繋ぐということ

今月も半分過ぎました。

もう2週間ちょっとで2014年、明けましておめでとう!という日が来ますよ。

大掃除、忘年会、まだまだ終わりません。

まぁ忘年会はね、その日が来ればやるんですけどね(笑)

大掃除はやり残しが今年も出そうだなぁ・・・まぁ毎年そうなんですけど。

今日、街を歩いていたら手を繋いで歩く男女がいました。

そんな光景、別に珍しくもなんともないですね(笑)

でも、違うんですよ。お年寄りの男女なんです。

介助をするような、どちらか片方が相手を支えるような、そういう図ではなくて

元気に腰も曲がらず真っ直ぐ。手を繋いで歩いているんです。

きっと仲良し夫婦なんでしょう・・・不倫カップルだったら驚愕ですけど(笑)

微笑ましい光景でしたねー。何かこう素敵でした、本当に。

外の恋をする自分、デートの時に手を繋いで歩く・・・ことはしません。

恥ずかしいという感覚よりも警戒心、誰かに見られやしないかという気持ち、

それが一番の理由ですかねぇ。まぁ平日の朝にね、通勤通学時間帯の中で

中年の男女が手を繋いて歩いてたら目立ち過ぎですけどね!(笑)

ただ、まぁ時間帯はともかく手を繋ぎたい気持ちが強いのは女性の方でしょう。

コレは間違いなくそう思います。手を繋いで歩きたいのは女性の気持ち。

独身ならまぁアレですけど、不倫・婚外ですからねぇ・・・

中々そう大胆にはと思うんですけどね自分は。

でも、彼女は平気で手を繋ごうとします。その前の彼女もそうでした(笑)

女性の方が腹が据わってるというか、大胆になれるというか、そういうところありますよ。

ホントはね、本音のところを自分で考えてみると、そりゃあ手を繋いで感じる温もりや

肌の感触とかね、イイなぁ、とは思います。思うけどねぇ・・・中々ね(笑)

あ、今、急に思い出しました。手はね、あとそれから指もそうなんですけどね、

性感帯なんだそうですよ。特に女性の手はその傾向が強いんだそうです。

あぁ、なるほど・・・。だからデートの時に手を繋いで、歩きながらも気持ちを盛り上げて、

身も心も準備を整える・・・って、妄想がはしたないオッサンと化してますね、自分(笑)



熟女の感情

今日はゴルフに行ってきました。

朝、早いスタートだったので寒いのなんの、地面が凍ってましたよ。

一緒にラウンドした一人は熟女です、未婚独身の。

40代後半で綺麗な人なんですよホント。でも結婚には今まで縁がないという。

昔から変わることなく結婚願望はあるんですって。でも、中々いい出逢いがないとか。

・・・いや、自分はダメですよ(笑)彼女いますから。

見境なくアチコチに手を出すなんてことはしません(笑)

昨日の記事にも熟女のことを書きました。今日も書きます、熟女のこと(笑)

既婚未婚関係なく、例えば40数年生きてきたとすれば、もういくつもの修羅場や

ヘアピンカーブも経験してきていると思います、熟女の方々。

価値観も選択肢も自分なりの軸が出来ている人が多いと思います。

大人ですもんね。そりゃあそうですよ。ただ、時々思うことがあります。

何故にあなた、急に不機嫌になっちゃうの?何をそんなに怒ってるの?というような場面。

ウチの奥さんがそうですね。40半ばになってから顕著にそういう場面が増えました。

去年付き合っていた40代後半の彼女も、それから今の彼女も。

更年期という言葉がありますね。後ろに障害と続きます。

全てを一括りにするなんてつもりは全くありませんよ、勿論。

少なくともウチの奥さんは更年期障害です。医者で薬を処方してもらっています。

心穏やかではない相手を目の前にして嬉しい筈もないって話ですけど、

ただ、女性はそういう時期を経るんだと。程度の差はあったとしても誰しも通るんだと。

そういう理解はしています。それでも尚、自分は熟女を恋人に選んできた訳です。

だから・・・だからじゃないか(笑)、とにかく感情の起伏や縺れがある時でも

自分は対抗することはしませんよ。感情に感情をぶつけて解決する話でもないでしょう。

受け止めて、流す(笑)

受け止めるんです、しっかりと。話は聞く、ちゃんと聞く。

だけどそのあとは後ろに流します、サッパリと(笑)

だって受け止めっ放しじゃあ自分が更年期障害を患っちゃいますよ(笑)

男にもあるんですよね、更年期。自分は無縁で済むような気がしてますが。

昔から女の気分は変わりやすいって話でしたねー。

可愛いと思いますよ、熟女。恋人なら尚更愛しく思えるもんです。




熟女とオバさん

仕事で水道橋駅に行ったんですよ。

東京ドームが目の前にある水道橋駅、その日はジャニーズのアイドルグループ、

嵐のコンサートがありました。スマップの時もそうでしたけど、街の雰囲気が変わりますね。

どう変わるかって、駅周辺から東京ドームまで数万人の熟女が集結するんです(笑)

いや、ゴメンなさい。若い女性も勿論います(笑)

いますけども、圧倒的に熟女比率が高い!これは間違いないです。

数えた訳じゃないですけど(笑)

んー・・・まぁ何が凄いってコンビニやファーストフードのお店がね、

まるで熟女に占拠されたような。。。トイレを待つ長い列が全員熟女とか(笑)

熟女って呼び方はね、自分の中では間違いなく褒め言葉なんですよ。

もう素敵な素敵な存在です、熟女。

一方で熟女と呼びたくない女性がいます。オバさんと呼びたくなる女性。

オバさんは品が無いんですねえ、何かにつけて。

列に並ばない、横入りする、人にぶつかっても平気、禁煙エリアでタバコを吸う、

しかも鼻から煙出したりなんかしてね(笑)大声で喋るわ、ゴミは捨てるわ、もう最悪。

嵐のコンサートに集まった大勢の女性、熟女もたくさんいた一方でオバさんもいましたねー。

身奇麗にしていてもダメですね、オバさんは。彼女にしたくない(笑)

熟女、世の中的にどんな受け止めなのか、ちょっと辞書を引いてみました。

【若ければ30代後半~主に40代、50代ぐらいの女性で年齢を重ねてはいるが

女性としての魅力を醸し出している熟年女性を指す】

どうです?(笑)オバさんではこうは行きませんよ。

彼と一緒にいるときだけ熟女に変身、家で旦那の前ではオバさんって人、いそうだなあ(笑)






大人がする外の恋のあり方

金曜日ですねー。

やたらとクリスマスソングが街中で流れる一方で、クリスマスらしさ、師走らしさって

年々感じられなくなった気がしませんか~?

そういうことを言う人は歳を取った証拠なんだそうですよ(笑)

クリスマスは恋人の季節だとか、そんなこと言った人がいましたね。いませんでした?(笑)

独身同士ならね、まさにクリスマス当日にデートってのができるんでしょうけど、

外の恋同士ともなるとね、中々・・・。クリスマスデートどころか、師走の忙しさに

デートそのものがままならないって人も少なくないでしょう。

今日のブログ。大人がする外の恋のあり方という話です。

結婚して家庭を持って、でも家庭外に恋い焦がれる相手がいる人、あるいはいた人、

あるいは近い将来にそうなりそうな人(笑)

それぞれにそれぞれの恋模様、恋の姿形、在り様があるんですよね。

みんな自分の婚外恋愛にシアワセを感じる一方で、時に思い悩み、何処かで安心できる材料や

背中を押してくれるような、そんな拠り所を探してますよね。

恋愛をテーマにしたブログもSNSも沢山あって、色々見て思うこと感じることは

みんなそれぞれ、それぞれの恋愛をするしかないという、当たり前のことですかね。

例えば、例えばね。外の恋の相手が1人ではなく2人、3人いることで

本人が楽しめているならば、それでいいんです。

それがその人の婚外恋愛であり、誰に文句も意見もされる理由はないですよ。

あるとすれば価値観の違い、考え方の違い、自分とは違うスタンスがあるんだという気付き。

要はそういうことなんだと思います。

昔、ティーンエイジャーの頃は恋愛で学んで人間的に成長しました、なんて話もありました(笑)

でも、こうもいい歳した大人になってしまうとね、もう学びや成長というカテゴリー・・・

じゃあないですよね(笑)

やっぱり自分は癒しです。癒しを得たいし与えたい。そう思いますよ。

束の間の時間、日常のアレやコレやを忘却の彼方に押しやって、現実逃避と言われようとも

深く濃く2人で過ごすこと、それだけでいいと思ってます。

北海道特産品


エステのプレミアムコースで使用されている脚痩せジェル

二十の頃、一番好きだった子のこと

今週も早後半ですね。

12月は時間が過ぎるのが早いというのは本当にそうですね。

先週、部屋の大掃除をしたときのこと。クローゼットに古い写真アルバムがありました。

10代後半~20代の頃のアルバムでした。

こういうモノを発見すると掃除ってのは途端にストップしますねー(笑)

懐かしい写真、思い出の数々を小一時間も眺めてしまいました。

二十の頃、海で知り合った女の子。大好きだったんですよね、その子のこと。

ついぞ叶わぬ片思いで終わった恋なんですけどね、未だに忘れずに記憶に残る顔と声があります。

昔は自分も初心で奥手で引っ込み思案でしたから(笑)いや、本当に・・・。

好き過ぎて、その子の存在を失うことを恐れました、ええ。

告白して断られるのが嫌で、好きだと伝えずに好意を醸しだし漂わせ続けるという(笑)

今思えば勿体ないことこの上ないという気持ちになりますね、本当に。

きっと醸し出し漂わせた好意をその子は感じたことと思います。

伝わるもんですよ、そういう思いや雰囲気ってね。

でも、自分は意思を持って直接言葉で伝えることはしなかった。

何処かで期待していたんだと思います、その思いに応えてくれる筈だと。

その子には彼がいて(またこれがスポーツマンで二枚目で!)だから勝ち目は

ないだろうという、そんな遠慮というか引き気味の気持ちもあったんでしょう。

伝えなければ本当の思いは伝わらない。伝えなければ本気で返してはくれない。

後々に心底思ったことはこういうことでした。

今もし、その子と偶然にも再会できたなら。

年齢的には申し分ない熟女になっていますねえ・・・大好物ですね!(笑)

もしも、の話ですけど当時抱いていた恋心は伝えるでしょうね、きっと。

でも二十の頃の思い出を色褪せることなく永久保存していたいので

このまま出逢わないこと、出逢えないままでいいと思ってもいます。

エイジングスキンぺリアコース『ヴァン・ベール』


年齢を重ねて思うこと

ひと頃に比べて、都内も朝晩は随分と冷え込むようになりましたね。

いよいよ冬がやってきたという感じがしていますよ。

コートにマフラー、女性ならブーツ、それから携帯カイロ。

もう皆さんは使っているんでしょうね。

自分、仕事はセールスマンです。外回りの営業マンにコートなんか邪魔だー!

なんてことでね、未だに通勤もスーツだけで・・・(笑)

最近、ふと思うことがありました。いい歳したオッサンが真冬にコートなしで外を歩くのは

元気ハツラツさよりも、何とも言えないみすぼらしさを醸し出してしまうということを(笑)

明日からはコートを着ましょうかねー。

さぁ、何度も言いますが自分はオッサンです。世間で言うところのオッサン世代。

四捨五入すれば50歳ですよ。四捨五入する意味がわかりませんけど(笑)

外の恋、婚外恋愛を何人かの女性としてきました。今もしています。

歳なんか取りたくないなぁ、嫌だなぁ、なんてね、若い頃は思いましたよ、本当に。

でも、いざ実際にその嫌だなぁと思っていた年齢に至ってみるとね、こう感じました。

悪くはないな、と(笑)

こと恋愛に関して言えば、若い頃よりも落ち着いて楽しめるようになった気がします。

トキメキも高鳴る胸の鼓動もね、そりゃあありますよ、いくつになってもね(笑)

でも、無駄にエネルギーを使って草臥れるような、勝手に空回りして虚しくなるような、

そんなことは年々減ってきた、そう感じています。

何でしょうかねーコレ。経験が為せる業・・・?業なんて大袈裟なモノじゃないか(笑)

でも確かにありますね、経験したことが次回以降に活かされることって。

少しは相手の気持ちを推し量ってあげられるとか、許容する気持ちとか、

そういう余裕というか、心の中の予備タンクの総量が増した感じはしていますよ。

女のセックスは40歳から先が黄金期だ、なんて話がよくありますけど、

男もそうじゃないですかねえ。いやむしろ40代後半からかな、と個人的には感じています。

これからも健康に注意してお互いのカラダを労わりつつ外の恋を楽しめたら、と

そんな風に思っています。

世界3万都市, 13万軒以上のホテルをリアルタイム空室検索

「抱きしめたくなるカラダ」って?

出逢いのタイミングは運命か

この間、趣味仲間の宴会の席で若い女の子に言われたこと。

【●●さん(自分の苗字です)って愛人とかいそうですよね】

愛人って・・・!(笑)

いや、愛人はいませんけどね(笑)

因みに愛人って言葉を辞書で引いてみると・・・

【愛している相手。特別に深い関係にある異性。情婦。情夫。情人。不倫相手。】

という意味なんだそうですよ。

不倫相手は愛人なんですねぇ・・・じゃあ、やっぱり【愛人がいそう】説は図星という(笑)

男の場合も愛人と呼ぶんでしょうか???(笑)

まぁ呼び方・概念なんかどうでもいいですね!

その愛人・・・じゃなくて恋人です、外の恋人のことです。

自分の彼女はTwitterで知り合って2年位、付き合ってから約半年です。

自分が学生時代にバイトをしていたエリアに、彼女が生活していたということが偶然わかり、

彼女は年下ですけど自分と同世代ですから、もしかすると20数年前にお互いを見かけていた、

あるいは会話くらいしたかもしれないね、なんて話で盛り上がったんですよ。

20数年前にそんな共通項があった2人が20数年後に遠距離恋愛で繋がる。

こういうのを何と言うんでしょうか。運命ですか、必然の出逢いでしょうか。

まぁ何れにしても、その話がわかった時から先々繋がる予感、恋人になるのかもという

そんな獏とした想いがあったのは事実です。それは彼女も同じだったそうですよ。

お互いにその当時は別の婚外恋愛をしてたんですけどねぇ。。。(笑)

20数年前に出逢っていても恋人にはならなかった、別々の道、紆余曲折を経てから

今、こうして繋がったという不思議さ、ご縁というには少し重たい気もしますが。

結婚して出逢ってしまった、いや出逢えた、かな。

時々思い起こしては不思議さとタイミングの妙というか、2人でそんな話をするんですよ。

北海道特産品


エイジングスキンぺリアコース『ヴァン・ベール』

コミュニケーションについて思うこと

さ、今週も始まりましたね。

忘年会という12月だけ呼び方が変わる吞み会(笑)が今週から本格スタート。

しかしいつも思うんですけど、忘年会・新年会って安くないですよねー。

2時間で5,000円、6,000円、あるいは1万円近く掛ったりね。

忘年会も選んで参加しないとダメですよ、ホントに!

過去の記事にも何度か似たような事を書いたかもしれません、コミュニケーションのこと。

今日書くのは、その頻度ということについて。

携帯電話あるいはスマホ、タブレット端末、要は通信・ネット環境を持ち得ない人って

最早いないに等しいと思います。特に外の恋、不倫、婚外をしている人は(笑)

その気にさえなれば、24時間いつでも何処でも相手と繋がる事が出来てしまう。

ただ、その繋がり方は人それぞれのペースと頻度、考え方が出ますよね。

毎日欠かさずメールなりDMなり、あるいはLINEとか、通話でも。

それも何度となくコミュニケーションを行き来させる人もいれば、

1日1回だけとか1日おきとかね、それ以上の間隔の人だっています。

この前、ツイッターを見ていたら3カ月音信がないけど恋人同士だー!って人がいました。

いるんですよホント、こういうペースの人もね(笑)

コミュニケーションですから、当事者同士が気持ちよくストレスなく通わせているなら

何の問題もないって話です。当たり前ですけど(笑)

でも、実際はそうでもないケースが多いんだと思ってまして・・・。

本音ではもっとたくさんメールを送って欲しいけど忙しい相手に遠慮して自分が我慢している、

メールが生存確認みたいな内容で面白くない、用があれば連絡するからそれまで待て・・・とか。

お互いの想いとのバランスがコミュニケーションの頻度とマッチしない時、ツライですね。

ツラクなると思考はネガティブになりがちです。

ついついあらぬ想像を膨らまし過ぎて、思わぬ言いがかりをぶつけてしまったり、とか(笑)

相手を慮る気持ちがなければ恋愛は一方通行になりますけど、でも自分が無理をして

気持ちに蓋をしてしまうのは、ちょっと違うと思うんですよ。

恋人同士ならポイント・ポイントで思うことを話した方がいいですよね。

こうして欲しいと、伝えてみたら意外とスッキリ解決するかもしれないですし。


眠り、眠られ

昨日今日、大掃除でした。

でした、って過去形で言ってますけど全然終わっていない(笑)

来週も再来週もね、きっとやるんでしょう大掃除。。。

普段使わない筋肉使いますね、大掃除って。おかげで筋肉痛と気だるさがどっと来てます。

デートの後の心地よい筋肉痛と疲労感とは大違いですね(笑)

こんな日はさっさと早寝、カラダを休めるのに限りますよホント。

恋人が早寝してしまう、あるいは寝落ちしてしまう。コレありますよね。

特にね、自分のようなオッサン世代はね、寝るのが早いんですよ本当に(笑)

送ったメールの返信が来ない、DMが返ってこない、こういう時は寝落ちです(笑)

自分ね、寝落ちって安心感と安堵感の現れだと思ってるんです。

マンネリとか惰性があって手抜き傾向があってのこと・・・とは思いたくない。

そりゃあね、付き合い始めの頃の緊張感とか高揚感とかね、そういうものは段々と

少なくなっているのかもしれない。知れないですけど、一方でお互いを知ったことで

安心感や許してあげる心のようなもの、これは増えていると思うんです。

まぁとは言え、毎日のように寝落ちじゃあね、それは問題ですけど(笑)

【今日はどうしようもなく眠いからゴメン、先に寝かせて】とか

【寝落ちするかもしれないよー。10分以上レスがなかったら落ちたと思って】

というようなメッセージを先に送っておけば無用なギクシャク感は減りますよ。

中々そんなことできないよ面倒で、という声も多そうですが(笑)

でも、歯を食いしばって眠いのを我慢させる・我慢するなんてオカシイじゃないですか。

それは頑張りではなく無理を強いている訳で。

無理が重なればアチコチに綻びが生まれてしまう、そう思うんです。

緩く緩やかに繋がる関係が丁度いい。

ライザップ

彼が「もうガマンできない…とろけそうだよ…」って

他所の人の婚外に思うこと

今年も残り3週間余りになりましたね。

来月の今頃、もう正月も明けて仕事も始まってますよ(笑)

なんだか物凄く慌ただしく今月も過ぎていく予感がします。

自分、ここでこんな風な所謂不倫・婚外のブログを書いてます。

他所の人、顔も名前も知らない人たちの不倫や婚外、

それに関連するブログやSNSも見たり読んだりしています。

自分以外の婚外恋愛ってどんな風なんだろうか、と。

いや、面白いです。勉強になりますよ色々と。

先日、ある人の記事にこんな内容のことが書いてありました。

【喧嘩を繰り返すようになったなら、その恋はもうオシマイにした方がいい。

そもそも何を求めて始まった恋愛なのか、お互いの現実の生活が主で婚外は従。

逆転現象はあっちゃいけない。婚外はあくまでもオプション】

自分はこの記事を読んで物凄く共感を覚えました。

色んな関係性があると思うんです、婚外には。あっていいんです。

ただ、やっぱり現実の生活がベースにあって、その上での婚外だと思う。

生活が破綻状態、夫婦関係が辛辣を極めていたら婚外は楽しめない。

婚外は束の間の現実逃避、癒しの数時間であればいい。

ここは決してブレることなく・・・と時々自分に言い聞かせて・・・ませんけどね!(笑)




匂いと記憶

今日も都内は小春日和でした。

12月に入ってからずっと暖かな日が続きますね。

このまま寒くないままの冬がいいんだけどなぁ。。。

さて、今日は匂いのことを書きますね。

色んな匂いがありますけど恋人のこと。恋人の匂いです。

自分、香水の類は一切つけません。無臭です(笑)

彼女も香水は使っていないと思います。仄かにシャンプーのいい匂いがするだけ。

化粧品特有の・・・(そう!デパートや百貨店の1階売り場に漂うあの匂いね!)匂いが

一切しないんですよね。お化粧はしてますけど無香性なのかな・・・。

で、自分はこの匂いがしないということがとても気に入ってます。

以前、お付き合いしていた彼女は10m先にいてもわかるくらいに

強い匂いを発する化粧品を使ってました。実はコレ、本当に困ったもんでした。

デートのあと、自分の服、鞄を始め、あらゆる所持品の消臭に一苦労しましたもん(笑)

駅や空港で別れてから真っ先にすることはトイレの個室で消臭スプレーの吹きかけ。

間違っても自宅に持ち帰れませんよ、強い香水の匂いだけは(笑)

匂いって記憶と紐付くんですよね。その匂いを嗅いだだけで忘れていた遠い記憶を

呼び起こすことってありますね。普段は欠片も思わないこと、昔の彼女のことや

懐かしい風景のこととかね。一瞬で思い起こす。

話を戻しますけど、今の彼女は匂いがしない。

微かにでも匂いがあった方がいい、その人の記憶になるから、という話もあるんだと思います。

でも、匂いで刻まれる記憶よりも、耳に届く声で脳に刷り込まれる記憶の方がいいかな。

匂いの記憶はその人の使うモノの記憶。

声はその人そのものの記憶。

懐かしい声が聞きたくなるって、そういうことでもあるんじゃないかな。

マルゲン後藤水産


小豆島オリーブ園のバージンオリーブオイル

ありがたき幸せ

夜、会社帰りの電車でね。

窓の外の景色を観るともなしに、こうボンヤリと眺めていたんですよ。

夜って電車の窓ガラスに自分が写りますね、割とハッキリと。

そこでふと思いました、ええ、こんな風に。

誰なんだよ、このオッサン。。。

紛れもなく自分です(笑)

改めて見てみると、自分ホントにオッサンになったんだなぁ、と。

歳は取りたくないって言葉、昔々大人が口にするのを何度となく耳にしましたけど

この頃はその意味するところ、心情がよーーーーくわかるようになりました(笑)

こんなオッサンにも外の恋の相手がいるんですからねぇ。。。

世の中捨てたもんじゃない(笑)

そう。そういう意味で【ありがたき幸せ】です。

道徳的・倫理的って話は一切脇に置かせてもらいますけどね、

この日本の中で何百万だか何千万だかわかりませんが(笑)大勢いる男女の中で

知り合って、出逢って、繋がって、お互いを特別な相手として求め合う。

奇跡という言葉は、自分にはとても当て嵌りそうにもないですけどね(笑)

まぁでもこうしてお互いに必要だと、大切だと思える相手な訳ですから。

【ありがたき幸せ】ですね、やはり。

たまには静かにそんなことを思う12月の夜でした。

熱燗が美味いなぁ。。。(笑)

個室プライベートジム【RIZAP】ライザップ、アフィリエイトプログラム

セシールが運営する女性のためのラブグッズ販売サイト

初めて逢う時のこと

巷では胃腸風邪が流行っているようです。

外で飲んだり食べたりする回数が増えますから、この時期。

忘年会、クリスマス、そして正月、さらには新年会。

体調を崩さないように!ですねー。

今日の記事。外の恋の相手、恋人と初めて逢う時のことです。

お付き合いが浅い人なら、初デートが記憶に新しいという人もいるでしょうね。

もう何年も続いている2人なら、遠い昔のこと・・・という人も(笑)

覚えていますか?

初デートの初対面の時のこと。

雑踏の中でその人を見つけた瞬間とか、目と目が合ってお互いが相手を認識した時とか。

顔をね、例えば写メ交換が済んでいれば、もう既に知っている顔なので

見つけるのも苦労しないというか、あ!あの人だー!ってわかるんでしょうけど。

顔を知らないままに初デートという場合もありますよね。

自分はどちらのパターンもありました。

今の彼女とはお互いの顔を知らないままに初デートでした。

その前とその前の彼女は(笑)顔を知った上で。

逢うまでホントにワクワクもドキドキもしたもんです。

顔を知っていようが知っていまいが、それは同じですねー。

【もし逢った時に、あ、ダメだと思ったら正直に言ってね。

その時は、お茶飲んで少しだけ観光して帰ろう】

逢う前の日にそんなことを言う彼女もいました、昔(笑)

でも自分は、相手の顔を事前に知っていても、いなくても初デートが

ガッカリだったことも、2回目のデートがなくなったこともないですよ。

知り合ってお付き合いが始まるまで半年や1年の時間を使っている、

そういう相手ばかりだからでしょうかね。

その間に言葉や文字、文章でお互いを理解しよう、もっと知ろうと

日々を重ねたから逢う前からわかるんですよね、人柄とか人となりが。

その上で初対面。だから嬉しいギャップはあってもガッカリすることも

詐欺まがい(笑)に遭うこともなかったですよ。

伝える言葉、文字には写真よりもはるかに多くを語るモノがありますね。

街コンチェキ


イライラする50代に。こだわりのマカ。


他の誰かと比べないこと

街は忘年会が始まってますね。

週の頭から繁華街の賑わいに勢いがありますよ。

自分は来週から始まりますねー。怒涛のアルコール月間が(笑)

まぁ、若い時のように馬鹿呑みしませんけどね!お金も掛かりますしー。

さて、比べないという話です。他の誰かと比べない。

何を他の誰かと比べない?

自分の恋人と奥さん(旦那さん)を比べない。

あるいは他所の誰かの恋人と自分の恋人を比べない。

ついつい・・・比べてしまいませんか?

無意識にあの人とこの人を比べてね。で、嬉しくなるならいいんですけどね、

逆に落ち込んじゃったりして(笑)

何でこうなんだ、この人はー!なんて感じで。。。

例えば自分の場合。奥さんと外の恋の相手を比べ・・・ません。

いや、さっき自分で書いたように無意識に比べているとは思います。

思うからこそ、比べないように意識する。

容姿も性格も食事の仕方も、歩き方、笑い方、セックスのこと。。。

比べたくなる要素っていくつでも出てきます。

奥さんはリアルの生活パートナー、彼女は外の恋の相手。

比べるべきものじゃない。そもそも立ち位置が違いますから。

でも、そう分かっていても・・・何処かでね、ついつい、ふと気がつくと(笑)

自分自身がそうであるように、彼女もきっと旦那と自分を何となく比べたり、

昔の恋人と比べてみたり。きっとあるでしょう。

比べたところで何かいいことあるのかな。多分、ないかな。

ありのままを見て感じて、瞬間瞬間を楽しむことでいいと思います。

エイジングスキンぺリアコース『ヴァン・ベール』


【プライマリーショップ】



師走のデートは

今日も昼間は暖かな関東地方、都内は日差しがしっかりして温かさを感じました。

寒い季節は好きになれませんねー。年々その傾向が強まる気がします。

かと言って、暑いのもね、これまた得意じゃない。

猛暑もダメ、極寒もお断り(笑)

年がら年中、春の陽気の場所がイイですね。

12月に入りました。週休2日の自分は年内19日間の出勤です。

年間でも大商い時期の今月、彼女は10連勤、7連勤を含む25日間の出勤。

今月は二人の予定が合いそうにありませんね。

もうこれは仕方がない。お互いに社会人ですから。

先月のデートの時、お互いハッキリと口に出してはいなかったけど、

12月はデートできないかもしれない、そんな認識はあったと思います。

お互いに遠距離婚外恋愛は初めてではないので(笑)逢えずに過ごすことを

余儀なくされることは理解しています。

理解していますし、それでも尚且つ恋人同士になることを選んだ訳です。

・・・とは言え、寂しさは募るものですね。

それが当たり前の感情。

思っても仕方ないと知りつつも、近くに生活する者同士が気軽に会社帰りにデートしたり

明日のデートを今決めても大丈夫、今日時間ある?という会話が成り立つ人たちを

ただただ羨ましく思うわけです、時々ね(笑)

まぁ師走ですから。

誰もが忙しい、慌ただしく時間が過ぎる今月ですよ。

先の楽しみは楽しみとして大切に取っておきます。



外の恋の在り方

12月ですね。

もう今年捲るカレンダーはありません。

一年早いもんですよ、ホント。年々加速度が増している気がしませんか(笑)

今月は間違いなく慌ただしく忙しい。大抵の人がそうだと思います。

遠距離婚外に限らず、近距離同士の人でもデートの予定がままならないかもですね。

昨日、ツイッターであるフォロワーさんのつぶやきが目に留まりました。

婚外恋愛中です、その女性も。

婚外恋愛をすると逢う度にセックスをする、セックスが中心という人がいる一方で

セックスは大切だけど重視でもない、むしろ会話をしたり手を繋いで歩いたり、

笑い合ったりする時間の方が好きなんだと。

そういう内容でした。

当事者同士、2人がいいと思うあり方でいいんですよね、婚外の形は。

セックスが大好きで、お互いを求め合う形がセックスで、それが最優先と思うなら

それが一番だし、良いも悪いもありません。

自分はセックスが好きですねー。彼女もそうです。だからつりあっている。

きっと、あり方は変わるんだとも思います。

年齢を重ねたその先に同じ相手と婚外を続けていたとしたら、

ひょっとしたらセックスよりも食事の時間、映画を観に行ったり、散歩したり、

繋がりを感じるシーンや求める価値が変わってくるかもしれませんね。

変わることなくセックスが一番だー!かもしれませんけど(笑)

相手を想い、相手からも想われて、そういう関係の在り方は

考えて作りだすものではなく、流れの中で自然に。