FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

伝える言葉について

冬晴れの一日、日溜まりだけは暖かいですね。

ホンの少し前までは、この残暑いつまで続くんだ~?と、ぼやいていましたけど

ちゃ~んと冬が来ますね、頼まなくても(笑)

今日は言葉について普段思うことなど、思うままに(笑)書いてみます。

自分のブログ、コメントをいただく方はほぼ女性からなんですが、

いただいたコメントを拝見するたび、女性ならではの見方・考え方を感じています。

恋愛をするようになってから、それは独身時代のことも含めてのことですけど、

女性の方が男よりも断然現実的で、語弊を恐れず書きますけど、打算的でしたたか・・・かな(笑)

男はやっぱり何処か子供じみてますよ、ええ。

思慮深いようで間抜けてること多々ありますし(笑)

大風呂敷広げるけど穴だらけの風呂敷でモノが毀れ落ちまくるとかね。

それは思考回路の違いでもあり、それこそ男女差なんだとも思います。

思考回路、男女差ということで言えば、言葉もそうですねー。

男は口が重いでしょ、肝心なところで言葉が足らないとか(笑)

好きとか愛しているとかね、セックスの時には連発しても、その前後では皆無だったりね。

彼女にも言われたことがありますよ、もっと言葉で伝えてよ、と。

・・・恥ずかしいんです、素面で好きだとか言うことが(笑)

変に冷静に恋する自分を見つめてしまう自分が常にいたりしてね、照れちゃうんですよ。

外の恋をするとね、こういう思考もあるかもしれません。

相手の事を好きになり過ぎず、これ以上のめり込まずにいたいから、好きと言わない。

このまま静かに外の恋を続けて行きたい、今ある全ての状態を乱したくないから、

相手に伝え過ぎない、発信し過ぎないようにする、というようなこと。

あ、自分の事じゃないですよ、コレ(笑)

婚外恋愛をする男と女、幾つもの立場や状況の違いがある中で繋がった2人。

せっかくの出逢いですから、やっぱり素敵な関係でありたいですね。

DMM.com通販

Amazon.co.jp


スポンサーサイト

自分磨き

今週も週末、もう12月が目の前ですよ。

そして来月は予定が目白押し。

忘年会という名のつく呑み会(笑)にゴルフコンペ。。。

勿論、仕事も忙しくなりますよ。何たって師走ですからね。

接客販売の仕事をする彼女も、12月は稼ぎ時ということで

10連勤が決まっているとか。。。

デート予定が見えにくいですね。

自分も彼女も世間一般で言うところの中年です。

中高年ではない(笑)中年だ、中年。

アラフォー・アラフィフの女性の方々、外で恋をするとどうですか。

自分のカラダのお手入れに気合が入りますか?

彼のためにキレイになろう。いい女になろう、と。

その恋をする前までは、もしかしたら手抜き気味の素肌ケア、ヘアスタイル。

急に長風呂になって入念なお手入れ、美容室へ通う頻度が上がったとかね(笑)

旦那にバレませんか~?大丈夫ですか~?(笑)

いや、男だってね。外の恋をすればね、やはり気にしますよ、自分の姿かたち。

とは言え、それなりに既に草臥れちゃってますから、色々と(笑)

頑張ったって変わりようもないアレコレが少なくないんですね~。

でも、気持ちの、そう内面にメリハリができるのも事実です。

男だって彼女のために自分磨き、見た目も内面も。頑張ってますよ、こっそりと(笑)

それでいいんじゃないですかねぇ。

ときめき、心の高揚、人生をちょっとだけ豊かにする。

それも外の恋の効用ですよ。

ライザップ

ラブグッズ通販 Doux-Couver

言葉選び

会社の近くにラブホテルがあるんですよ。

今日ね、真昼間にね、そのラブホへ中年の男女が入っていきました。

堂々と。しかも手までつないで(笑)

夫婦には見えない。いや、そりゃ夫婦じゃないでしょ?平日の真昼間にね(笑)

こっちは仕事してるってのに、何だアンタ達!

そう言えば先週。真昼間どころか朝イチでラブホに突入しましたけどね、自分。

傍から見たらあんな風に見えるんだ・・・あ、そんなことはどうでもいいんです(笑)

使う言葉のこと。

自分がよく使う言葉ってありますよね、誰しも。

口癖のような、気がつけば口から出てしまっている言葉とか言い回しとか。

学校の先生にも親にも習いましたよ、綺麗な言葉を使いなさい、と。

言葉は生き物、エネルギー。マイナスな言葉や汚い言葉はそういう流れとか

人、未来を呼び込みますよ、と。

あ、あの自分、奇っ怪な宗教とか神様が見えるとか(笑)そういう類は全然興味ありません。

そうじゃないんですけども、言葉には温度があって、それこそ、その人そのもの。

そう思うことはよくあります。

可愛いって言葉がありますね。大抵の女性が可愛いって言葉を使いますね、やたらと。

もう何を見ても可愛い、可愛い(笑)

男で可愛いって言葉、やたらと使いたがる人。これもたまにいますね。

彼女に対して、メールでも言葉でも可愛い!可愛いよ!可愛いんだ!と(笑)

男が可愛いを連発したらオカシイですよ。

オカシイし、もし連発するようなら疑って掛かった方がいいです。

根拠なく口にしてしまう口癖か、誰にでも言う安売り言葉か。

自分の場合、可愛いというのは愛しいという意味とイコールです。

愛しい。連発したらオカシイでしょ?(笑)

ホントの意味を伝える言葉選びをしないとね、誤解を産みますよ。




外の恋の相手は人それぞれ

あらためて言うようなことでもないんですが(笑)

自分は既婚者です。高校生の娘がいます。

彼女も既婚者です。子はいません。

世間でよく言うところのW不倫ってヤツですね。

自分が既婚で相手が独身という婚外恋愛の経験もあります。

30代半ば頃だったかな、それは。

他は全部、既婚者・・・全部って一体何人と婚外してきたんだ?って

突っ込まれそうですが(笑)

そんなにいませんよ。片手位ですから(笑)

あ!今、急に思い出しました!30代半ばの頃の独身彼女ですけど、

そのあと数年後に再び付き合ったんでした、W不倫で(笑)

こうして振り返ってみてみると、100%既婚彼女ですねえ。。。

ある人が言っていたか、何かに書いてあったのを読んだか、記憶が曖昧ですけど、

不倫するなら相手は独身女がいいよ、という内容だったですかね。

理由はこれも曖昧な記憶なんですけど、相手(独身彼女)がフリーだから

時間の都合が付きやすい、相手の家に泊まりにも行ける、自由度が高いとか。。。

まぁどうなんでしょうかねぇ。その通りかも知れませんし、そうでもないような。

自分は他所の人の奥さんで、母親で、社会人という一人三役の相手がイイなあ。

それはつまり背負うものが幾つもあって、伴って悩みも苦しみもおそらく少なくない、

そういう相手を彼女に選ぶということですけどね。

色々なことを経験し、結婚し、子を産み育て、気がつけばもう決して若くない自分に

気付く瞬間があり、このまま女を忘れて枯れてしまうのか、と。

そういう思いを心の内側に抱えている人が外で恋をするとね、

本当に素敵な女性になりますよ。

不自由の中に見出す束の間の自由を満喫している女性って輝いて見えますよ。

うん!やっぱり人妻で熟女、これが一番!(笑)




オトコは忘れる生き物

いきなり波紋を呼ぶ題名ですかね(笑)

オトコはアレもコレもすぐ忘れる。

大事なことをうっかり忘れる、どうでもいいことばかり覚えているとかね(笑)

どうですかね、あなたの旦那や彼氏、息子ってのもいましたね!(笑)

忘れっぽいですか?

自慢じゃありませんが(笑)自分、忘れる方じゃないかと思います。

思います!って開き直って言うつもりはないんですけどね。

悪気なく忘れちゃうことがある、何の悪意もなく意図もなく。

いや、デートの約束が完全に抜け落ちちゃうとか、待ち合わせ場所を忘れるとかね、

そういうレベルはないですよ。それじゃあもう医学的検査が必要ですから(笑)

【俺、そんなこと言ったっけ?】的な。。。

無責任発言を繰り返すわけじゃなく、その場を取り繕うような、後々になって

辻褄が合わなくなるような、そんな発言はしてませんよ、ええ。

ただ、女性とね比べた時にね、奥さんでも彼女でも。

もう圧倒的な記憶量の違い、メモリーの大きさも精度も雲泥の差があるでしょ(笑)

オンナの記憶は凄いと思いますよ、ホント。

覚えてますよねーいつまでも(笑)

素敵なこと素晴らしいことと感じつつも、忘れた方が楽じゃないの?と

大きなお世話的なことを思ったりするからダメなんですね、オトコは。

ボケ防止に文章を考えたり、書いたりするのがいいって話がありますよ。

いつまで何処まで続くかわかりませんが、このブログ。

時々覗きに来てやってください、気が向いた時にでも。

DVD・Blu-rayは最大27%OFFのDMM通販

旅行予約のエクスペディア

容姿、見た目に思うこと

今月もファイナル週ですねー。

もういよいよ師走ですよ。早い、ホントに1年早いなぁ。

浮かうかしていると時間だけが過ぎ去ってしまいますね(笑)

容姿端麗って言葉、ありますよね。

若い頃は連れて歩く相手は美人じゃなきゃダメだとか、イケメンが必須条件とか、

ありましたよね?自分のことを棚に上げて(笑)

多分大抵の人が経験する相手に求める見た目の要素、条件なんだと思います。

でも、中年になり世の中の表だけじゃなく裏側も汚いことも捻じ曲がったことも

見て、聞いて、体験もして。そうなってくると見た目なんか二の次、三の次になりますよ。

あ、なりませんか?(笑)

自分はなったなぁ。歴代の婚外彼女、ことごとく容姿端麗じゃないですよ(笑)

物凄く失礼な発言ですね!すみません!

いや、でもね。違う言い方をするとね、何処にでもいる普通の主婦なんですよ。

特別着飾る訳じゃなく極々普通の外出着と派手ではない化粧と。

誰もが振り返るような派手な出で立ちで待ち合わせ場所に現れたら逆に困りますしね!(笑)

そもそも容姿で恋する気持ちがアゲサゲする訳じゃないんですよね。

前にも書いたこと。シワもシミさえも、緩んだ下っ腹さえも愛しく思えるんです、人妻って。

独身女性にはない憂いがね、あの時々見せる物悲しい表情とか、母親の顔とかね。

一方で抱かれたときに狂おしく乱れて、惜しげもなく繰り返し見せる女の姿。

容姿なんか関係なくなりますよ。

そもそも自分の容姿を冷静に見つめたら、それを棚に上げて・・・なんて失礼過ぎるし(笑)





穏やかな日曜に思うこと

自分の住む関東地方。

今日も穏やかな晴れ、日射しが暖かい日曜日でした。

ジムでトレーニングをして午後は日当りのいい窓辺で昼間からビール片手に

読みかけの雑誌を片っ端から読んで、そのあと昼寝(笑)

いい一日でしたー。

元々活字を読むのが好きで、その流れなのかどうなのか、メールも苦じゃない。

いますよね、メールが苦手若しくは嫌いだっていう人。

彼・彼女の関係でよく耳にしますよ、彼が全然マメじゃない、と。

メールを送っても丸一日音沙汰がないとか、メール内容が事務的でつまらないとか(笑)

マメかどうかは個人のペースや考え、感じ方によるので判断はそれぞれでしょうけど、

ただ言えるのは、お互いのペースがかみ合わないと不満は出ますね。

マメさを要求する相手に合わせようとすると負荷がかかるし、

それが重たくなり過ぎると、そもそも論の話にまで発展してしまうでしょうし。

やっぱり女性はね、それが人妻でも熟女でも(笑)マメさを男に求める生き物なのかな。

幸か不幸か(笑)自分はマメさを要求されたことはないので、まぁ合格なんでしょうかね。

マメさイコール気持ちや愛情のバロメーター・・・とは限らないと思いますよ。

ただ、心の平穏や安心感、安堵感を感じ取れるのはマメさの中にあるのかも知れない。

あ、男だけがマメさを求められる対象でもないって話もありますよね!

メール嫌いな女性だっています。知り合いの女性にいます(笑)

婚外彼氏いますよ、その女性。

いつも彼の方からメールが来たまんまらしい(笑)

色々ですね。

DMM.com通販

旅行予約のエクスペディア

別れの理由

あ、あの違いますよ(笑)

過去の話です。過去の恋愛のこと、別れた理由です。

色々ありますよね、別れる理由。

気持ちが醒めてしまった、他の誰かへ気持ちが移ろってしまった、

付き合うことに疲れてしまった、リアルの生活に余裕がなく恋愛どころではない。。。

自分は去年2人の女性と付き合い、今年の極寒の季節までに2人とも別れました。

2人とも家族・家庭の事情です。

ひとりは相手の旦那と子供の事で家庭内が揉めに揉めて恋愛どころじゃなくなり、

もうひとりは、旦那の失業と義母の介護問題、子供の留年が全部まとめて起こり、

一人目は自分から、もう一人目は相手から別れをきり出しました。

どちらも相手の事を嫌いになった訳でも、もちろん憎しみを覚えた訳でもなく、

その時点でのお互いのベストチョイスをしたと、そう思っています。

というか、そう思うようにしている、かな。

遠距離婚外恋愛、傍に相手がいない時間が圧倒的に多い恋愛です。

逢えずにいる時間を重ねる中で、相手とのつながりや絆を確かめ合うような、

そんな恋愛だと思うんです。

でも、本当の理由がもしも。もしも他にあったとしても。

うん、つまりね。別れる理由は本当のところはそんなことじゃなくて、

他に好きな人ができたという、そういう可能性だってありますよね。

疑えば全て疑えてしまうのが人間の思考回路で、そうなるともうキリがない。

でも、わかんないんですよ。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

要するにそういうことじゃないですか。

なので。

自分は正直に、そして相手から告げられる理由はそのままフラットに受け止める。

恋の終わりにジタバタしたくないですし、明るく元気に別れたいと思います(笑)

真面目に恋愛し、綺麗に別れる。もし別れるときが来たならば。




外の恋の自己ルール

今週も金曜日の晩がやってきました。

自分にとって週の中で一番ホッとする曜日と時間です。

酒を呑みながらボンヤリと1週間を振り返るのが何ともいいんですよね。

今週は久々のデートもあり、忙しなく過ぎました。

忙しなく・・・もう今年も1ヶ月弱ですねー。

ますます忙しなくなりそうですね。

外の恋のルール・・・自分なりのルールという話です。

昔から決めているんです。外で恋をするときの自己不文律。

介入しない、強要しない、構い過ぎない。

奇しくも3つともか行、3Kですね(笑)

介入しないというのは、相手の家庭内の事、夫婦や家族の事に介入しないということ。

強要しないというのは、相手つまり彼女に対して何事も強要しない、強いないということ。

構い過ぎないというのは、読んだままです。

彼女のプライベートのアレコレに対して、いちいち構わないこと。

自分、こう思うんですよ。

相手にも家庭や家族がある外の恋ならば、それがリアルであり最優先。

どんなに恋い焦がれても、リアルを飛び越えて表舞台へしゃしゃり出ることはタブー。

お前は俺の彼女なんだから、俺の話を聞け、俺の言う通りが正しい、そんなのあり得ない。

自己都合でデートを決めたり、勝手にキャンセルしたりなんてのもNG。

そしてお互いに大人なんだから、時に見て見ぬふりも知らないふりも必要で

恋の勢いにまかせて、思い余ってアレコレと世話焼きなんかしちゃいけない、

むしろ引き気味で相手を支えるなり、見詰めてあげる方がいいことがたくさんある。

そういうこと、そういうスタンスです。

外の男として、相手の旦那と少なくとも夫婦として円満に生活して欲しいし、

旦那とセックスもして全然構わないんです。

そのことに対して全く嫉妬心もない。

オカシイですかねー。

でも、ホントにそう思うんです昔から。

リアルの生活があればこその外の恋。

その順番を間違えてはいけないと、いつも思うんです。







逢瀬にて思うこと

今週は日が経つのが早い!

火曜日に会社休んでデートしたからだ!(笑)

いや、師走に近くなっているからだ!

まぁ、どうでもいいんですけどね、そんなことは(笑)

火曜日。

そうです。デートをした火曜日は一昨日。

ホンの少し前のことなのに随分と日が経ってしまったような妙な気分です。

彼女、今回も変わることなくセックスの快感に狂乱していました。

女の性、セックスの悦び。本人はこの歳になって初めて知った気持ちよさ、だと。

可笑しな意味じゃなく、快感に酔い痴れて激しく身悶える彼女を見たときに

獣の交尾のようだと思いました。

でも、今回は本当は見たくないものも目にせざるを得なかった。

旦那から受けた暴力の痕です。

蒼く皮下出血した複数のあざ、治りかけた擦り傷の痕・・・

心にも傷を負ったに違いない。

それを消し去るように、少なくとも今だけは忘れ去ってしまえるように、

何度も何度もセックスを求めてきました。

可愛い人というより愛しい人、そういう想いだと思うんですよね、外の恋って。

彼女の旦那に意見する立場では決してない。

ただただ、仲良く平穏に夫婦生活を営んでくれと。

そういう思いしかないですね。

ライザップ

DMM.com通販


久々の逢瀬

もう記事の題名の通りです(笑)

昨日、1ヶ月半ぶりに彼女と逢ってきました。

お互いにいつもより少し早目の新幹線に乗り、

通勤通学のラッシュアワーの中、人の波の中にお互いの姿を見つけ、

彼女はいつもと変わらず、少しはにかんだような笑顔でやってきました。

髪が少し伸びたこと、前回のデートでは秋なのに残暑があって

お互いに夏のような服装だったけど、昨日はすっかり冬の出で立ちで。

お互いに縁もゆかりもない場所にいても、人目を憚る関係はどうしてもね、

万が一にも有り得ようもないことを想像してドキドキしてみたり(笑)

意味なく早歩きになって(笑)会社に向かう人の流れから段々と離れていき、

そしていつものホテルに。

やっと気持ちが開放される、そういう想いがしました。

カーテン越しに窓の外が薄暗くなる時間迄、ゆっくりと深く濃い時間を過ごしました。

とは言え、段取り万全に抜かりなく仕上げておいた筈の仕事関係が

プチトラブルでメールは連続受信する、携帯電話も着信する(笑)

あぁ、世間のみんなは仕事をしてる、働いているんだなぁと・・・

俺は真っ裸で何をしているんだ・・・な~んて少しだけ思いましたけど(笑)

あと、やっぱり家族のことも、ふと頭を過ぎったかな。うん、過ぎりました。

過ぎらないことはない、自分の場合はね。

いつもの居酒屋でいつものメニューをオーダーして呑んで語って。

新幹線ホームで昨日は先に立つ彼女を見送りました。

また来月・・・未定ですけどね。

12月はお互い目一杯忙しくなりそうなので。。。

DMM.com通販




知らないことを知る楽しさと寂しさと

今日も日が暮れましたね。

夜ってどうしてこう人恋しくなるんでしょうね。

イイ歳したオッサンでも(笑)恋をすると、そんな気持ちになりますよ。

人恋しいというか、人肌恋しいというか。

そっと寄り添って語らいたい、そんな気分です。

不倫、婚外、外の恋。

自分は外の恋と呼びますけど、要は同じですね、不倫や婚外とも。

嫁あるいは旦那からみたら浮気とも言う(笑)

まぁ言い方なんてどうでもいいんです。

とにかく結婚している身でありながら恋をする。

忘れかけたいたトキメキとか、胸の高鳴りとかね。

心底抱きたい、抱かれたいという熱い思いとか。

伴って、相手を知りたいと思いますよね。この人のことをもっと知りたいと。

知りたいことは相手に聞けば知る事が出来る。

教えてくれてわかること、わかったことで嬉しいこと、もっと好きになれること。

でも、知ってしまったことで苦しくなったり、後悔したり、残念な気分になったり。

そんなこともありますよね。

何でも知りたくなるのが恋・・・なのかなぁ。

あまり知りたがらないのはいいことじゃないのかな、相手にとって。

知らなくていいことは知らないままの方がいい、それが最低限のおもいやり。

そう思うこととホンの少しの差、紙一重。




未来を描かない関係?

今日も暖かかったです。

土日、そして月曜と3日連続で穏やかな晴れ。

冬は冬で温泉や熱燗や鍋料理とか、まぁお楽しみはたくさんありますけど(笑)

暖かい方がやっぱりいいですねえ。

前にも似たようなことを記事にあげたかと思いますけど、

外の恋の行く先、未来について。

恋ですから相手がいる、当たり前ですね。

相手がいて、その相手の状況もそれぞれ。これも当たり前です。

夫婦が概ね上手く行っている既婚者同士の外の恋、

既婚者同士だけど片方だけが夫婦仲悪い、二人とも既婚者で且つ二人共に夫婦関係破綻。

片方は独身で片方が既婚、独身も離婚経験者か結婚未体験か、というのもありますね。

独身だけど恋人が複数いる人と既婚だけど恋人が複数いるとか(笑)

まぁ組み合わせだけじゃなく、状況によって色々、また状況は動きますしね。

で、自分は現状どうなのかというと。

彼女は旦那と冷え切っています。自分は嫁と家庭生活は円滑に過ごせています。

関係の在りように良いも悪いもないですね。それぞれの関係の中で選ぶことなので。

ただ、お互いがお互いの関係に納得するかどうかの話です。

離婚してでも一緒になりたりという外に恋もあるし、そこまでは考えもしないし、

楽しい時間、癒し癒されのひとときさえあればいい、というのも。

無理はしない。無理は続かない。

我慢もし過ぎない。貯めたら爆発させたくなるから。

外の恋をするもの同士の関係性に嘘やその場凌ぎの思いつきで語るような話は

やっぱり後々良くないですね。そう思います。


外の恋のイベント

土日とも穏やかで暖かな晴れ、いい週末でした。

気が付けば今月も下旬、もうすぐ師走なんですよね。

忘年会、クリスマス、何かと慌ただしくお金の出費も嵩みますねー。

クリスマス・シーズンと言えば、恋人達のデート。

ホテルでディナー、夜景のキレイな高層階の部屋でお泊り。

そんなデートをする人もいるんでしょう。

自分は独身時代も含めて、そういうデートをしたことがない(笑)

というか、できない(笑)

何たって品のない下町育ちですから。テーブルマナーとか堅苦しい雰囲気の中で

食事をするとか、まぁダメでしたねー。ホントにダメ(笑)

結婚して外の恋をするようになって。

過去を振り返ってみても、やはり同じですね。

クリスマスに限らず、お正月もお盆休みも、やっぱり婚外デートって

最優先されるものではないですよね。

家族で過ごすクリスマスが優先されるし、お盆休みやお正月に帰省するならば

それを脇に置いて婚外デートはできにくいですもんね。

同じ恋愛、人を想い、むしろ独身のそれよりも熱く深い気持ちで相手を求めても

独身のそれよりも圧倒的に遠慮や、自制しなければならないことがある。

その合間を縫うようにして、気持ちを通わせ心を重ねる。

それでいい。

今週、逢ってきます。





外の恋をしているのは自分だけ?

今日は暖かな一日でした。

ゴルフに行ってきたんですけど、キャディに付いた女性がね、まぁ艶々した熟女で(笑)

何でしょうね、言ってみればオバサン(ホント失礼な表現でスミマセン)なんですけどね、

匂い立つような大人のオンナの色気というか、漂う憂いのような雰囲気がね、イイんです。

ゴルフしてるんですから(笑)そんなこと考えてる場合じゃないんですけどね!

でも、これまた実に身勝手な想像というか妄想の類ですけど、

このキャディさん、素敵な外の恋をしているんじゃないかなぁ・・・と思いました。

美人だとか、プロポーションが云々とか、そういうことじゃなく漂わせる雰囲気に

大人の恋愛を楽しんでいるような、そんな気がしたんですよ(笑)

旦那さんは知らないんだろうな、きっと。

そんなことを考えてみた時に、ウチの奥さんはどうかなと、ふと思いました。

何がって、ウチの奥さんは外の恋をしていないかなという話です。

100%間違いなくしていない!(笑)

と言い切ることって・・・まぁ自分は出来ると思うんですけどね。

でも、何を持ってそう言い切れるんだと自問自答したら確たる理由ってないかもしれない。

例えばあなたの旦那さん、外で恋愛してませんか?

夫婦揃って婚外恋愛していたら何だか究極の仮面夫婦のような、

あるいは完全に割り切った夫婦関係を生活のためだけに続けているのか、

まぁ色々でしょうね、それぞれ。。。

バレることなく秘かに存在する相手と恋愛するから続くのであって、

夫婦公認・・・じゃないにしても、お互いがそれを知っているとしたら

婚外恋愛の範疇を超えてしまっている気がします(笑)

そんなことを考えていたら、何だか嫁に見透かされそうですね!

世界中の人気ホテルを、どのサイトよりもおトクに予約

忘れられない相手

今週も金曜日ですね。

もう街はクリスマスイルミネーションの飾り付けが目立つようになりました。

忘年会予約受付中!の立て看板も彼方此方に。

年々、何というか師走の雰囲気もクリスマスのムードも希薄になっている気がするのは

中年のオッサンだけなんでしょうか(笑)

忘れられない相手という話なんですけど、恩師の事とか、幼馴染の話じゃないですよ(笑)

恋人のことです。ま、こんなブログですから言うまでもないですね。

忘れられない相手・・・いい思い出としていつまでも美しく記憶している相手。

それが一番いいですね。忘れたくても忘れられない酷い思い出だったら辛いだけですし。

自分は過去お付き合いした女性を全部覚えています。

別に偉そうに言うことじゃないですね!(笑)

まぁ、とは言え何十年も前の彼女のこととなったら、ひょっとしたら記憶違いとか

美しい幻を勝手に作り上げてしまっているとか、そういうことはあるかもしれない。

でも、同じ彼女でも外の恋の彼女、人妻のことはちょっと別格に記憶されている、

そんな気がします。

独身時代とは違うお互い結婚している中で、外で関係を持つ者同士。

間違っても表立って堂々と誰かに紹介できるような関係ではないし、

でも深く濃く繋がっている、むしろ独身時代にはなかった濃密な関係にも思えます。

過去の、つまりお別れしてきた外の恋の女性たち。

みんな素敵な人ばかりでした。それぞれ家庭があり、それぞれ事情を抱え、

例え外の恋で癒し癒されたとしても、その抱える事情が解決することなど

殆どなかったという、そういう関係だったとも思います。

でも、別れても感謝する気持ちしかないですし、いがみ合ったり、憎んだ末での

別れだったことは自分はほぼありません。1回はありましたけど(笑)

よりを戻すとか、もう一度やり直すということもないです。

ただ、時々ふと思い出しては元気でやっているかな、と思うことはありますね。

外の恋の思い出は、もれなく全部墓場まで持っていくつもりです(笑)

優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←



イライラする50代に。こだわりのマカ。


デートを阻むもの

今日はインフルエンザの予防接種を受けてきました。

費用全額会社負担です(笑)

予防接種を受けても罹る時は罹るんですよね。ただ、症状が軽く済むとか。

風邪引きの人も急に増えてきたようですし、体調管理しっかりと!ですね。

来週は久々のデート予定ということは、この前の記事でも書きました。

天気も良さそう、雪も降らなそうです(笑)

何しろ遠距離W婚外ですから。

頻繁に逢える訳じゃない。むしろ次のデートはまた来月の何処かで、というような

そんな曖昧な約束しかできないですね。

そういう中で、ある意味万難を排して(笑)デートを決行する訳です。

無事に当日を迎えられるよう、不安要素はできる限り回避、排除しながら日々を過ごします。

冒頭に書いたような、インフルエンザとか風邪、体調不良とか。

避けなければ!何が何でも!(笑)

自分のカラダのことなら自己管理でナントカなるとは思うんですよね。

でも、不可抗力っていうんですか、本人にはどうにもできないというか、

もうホントに運が悪いよね、というようなことがありますね。

例えば台風直撃。例えば記録的豪雪による鉄道ストップとか。

誰のせいでもないことでデートのリスケを余儀なくされる、これはもう仕方ない。

じゃあ明日に延期ね、とか、そうは簡単に行かないので大迷惑ですが(笑)

社会人になって間もない頃、当然独身ですが(笑)お泊まり旅行デートに行く2日前に

足首を捻挫したことがありました。決行しましたよ、もちろん!(笑)

松葉杖姿で待ち合わせの新幹線ホームに現れた自分を見て、彼女は大爆笑でしたけど。

もう分別ある大人ですから、ヤンチャして怪我なんかしませんけどね、

来週、何事もなく平和に当日を迎えたいものです。


他人の携帯、スマホ

すっかり冬の陽気ですね。

コートを着るのは12月から、という意味のわからない自己ルールを

社会人になってから頑なに守ってきた自分としては悩みどころです(笑)

最近思うんですよ。いい歳したオッサンが寒そうな出で立ちで街を歩いていると

それは元気ハツラツな人ではなく、単に見窄らしい人に見えるんだということを(笑)

今日の記事は他の誰かの携帯電話(スマホもそうですね)を見る、見ないの話です。

見ますか?例えば旦那の携帯を。

見たいと思う人、やはり怪しい何かを感じてのこと・・・でしょうかねぇ。

自分は見ません、触りません。ウチの奥さんのスマホ、一切無関心です(笑)

逆にウチの奥さんは自分の携帯を見たいのか、と想像してみた時に思うことは、

見たらアウト、見てはいけないモノを発見してしまう、という予感があるから見ないのか、

そもそも人としてのスタンス、マナー的なモノで他所の人(例え旦那でも)の携帯は

見ないし、触らないということかなと思います。

自分は携帯を見られても何も怪しいモノ、ヤバイこと、ないですよ。

彼女からの着信、通話履歴は都度消去しますし、基本的にやり取りはSNSの中です。

ログアウトを必ずします。だから携帯の中に匂う怪しさは一切発見できません(笑)

あ、油断しちゃいけませんけどね!

こんな話を聞いたことがあります。嫁や旦那が携帯も財布の中までも覗きに来ると。

ロックしたら逆に怪しいので該当する履歴の消去を欠かさないと。

どちらか一方だけがそうされるのだとしたら、余程の前科があるのか(笑)、

見え見えでバレバレの嘘を連発しているのか、そんなところでしょうか。

でも、やっぱり他人の携帯は見ないほうがいいと思う。

信頼があるとか、ないとかの問題ではなく、携帯はアンタッチャブルがいいと思う。

DVD・Blu-ray最大27%OFFのDMM通販

Amazon.co.jp通販サイト

ダメなオトコ

順調に行けば来週、デートできそうです。

約1ヶ月ぶりになりますかね。

長かったと感じる一方で、1ヶ月なんてホントにあっという間という気もしますね。

去年の手帳を開いてみると、去年の今頃のことが鮮明に思い起こされますし。

やはり月日が流れるのは早い。

ダメなオトコって巷でよく使われますよね、昔から(笑)

ダメなオンナってのは、あまり耳にしないですけど、ダメなオトコっていうのは

昔から必ずいますね、どういう訳か。。。

悪口を言うつもりはないんです。他所の家庭のこと、旦那のことですから。

ただ、その妻である自分の彼女ですけど、旦那がどうしようもなくダメでダメで仕方ない、と。

恋愛をして付き合った末に結婚した訳ですけど、もう結婚直後からダメっぷりを

遺憾なく発揮したと(笑)

自分のことを棚に上げてますが、ダメなオトコってそもそもダメだった人が

ダメな自分を隠していた場合と、段々と少しずつ劣化するようにダメに変わっていくのと

2種類あるような気がするんですよ。

どっちがいいって、いや、どっちもダメでしょうけど(笑)

家のこと(家事の手伝いとか)を一切やらない、協力しない、常に不機嫌、無口、無視、

気に食わないことがあると激怒する、暴力に訴える、性欲処理のセックスを強要する。

何が原因なんでしょうか。

何かだけじゃなく、アレもコレも原因なのかもしれませんが。

自分の彼女はダメなオトコである旦那に愛想を尽かしています。

経済的理由だけで共同生活をしているようなものだと。

相手の家庭内のことですから、意見をする立場でも何か解決のサポートを

するような存在でもないですし、そもそも相手の家庭内に登場してはイカンですから(笑)

本当は。本当はというか理想的には、家庭円満であって欲しいかな。

ボロボロに荒んだ気持ちをひとときのデートで癒すことは厭わないですけど、

別れ間際に見せる心底寂しく切なそうな表情がね、どうにもこうにも堪らないんですよ。




ヒドイオトコ・ヒドイオンナ

夕方、突然雨が降ってから一気に冷え込んだ東京。

ひと雨降る度に冬へと近付くんですねー。

寒いからこそ感じるシアワセ、好きな人に触れた時の肌の温もり。

それがなかったら、冬はただただ寒いだけ。

年々そう思うようになりました(笑)

さて、突然話は変わりますけど(笑)ヒドイ人と言われたことありますか?

誰からって、異性からですよ。

独身時代も含めて恋人から言われた経験、あります?

自分は・・・あるなぁ。一度か、いや二度、うーん三度くらい?(笑)

いやホントはそんなに何度もないかな。一度は確かに記憶がありますけど。

理由は一旦脇に置かせてもらって(笑)

一方でヒドイオンナだなー、と思わされたことはないんです。一度もない。

これは幸せなことですよね。ひょっとしたら自分が鈍感で本当はヒドイことを

されていたにも関わらず、そういう解釈になっていなかっただけとか?(笑)

でも、やっぱりヒドイオンナはいなかったと思います。

ある人が言ってました。

相手の今ある状態・姿はあなたの今ある状態、姿が少なからず関係している、と。

都合のいい理解をさせてもらえば、自分がヒドイオトコではないからこそ

相手もヒドイオンナにならずに済んでいると。

そういうバランスが、例え不倫でも婚外でも人間関係の中には必ずある、と。

相手次第で人は変わると思いませんか?

ある人の前ではいい人、素敵な人でも、別の人の前では評判が良くない。

それって、ひょっとしたらその人の持つ別の顔、心の闇のような部分が

相手によって出てしまう、あるいは全く出ずに過ごせる。

そういうことなのかなと、ふと思いました。

ヒドイオトコと言われた過去の経験ですけど。。。

その昔、もう30年も前ですが、二股恋愛がバレた時に言われた言葉です。

そして、因果は巡るということも身をもって知りました。

数年後、今度は自分が二股恋愛にやられました。

ヒドイオンナとは思わなかったですよ。

あの時の報いが訪れたんだと思いました。

ヒドイオトコ・・・婚外恋愛している以上、家庭内から見たら

そりゃあヒドイオトコに間違いないですね。

因果は巡ると書きました。

うーん・・・これはヤバイですね!(汗)

ホテルの最低価格保証サービス


外の恋のアンタッチャブル

日曜日の夕方、サザエさんが始まると、もう気分は月曜の事を考えて

何となく重たくなりますねぇ・・・(笑)

婚外彼、彼女。どちらかが独身者の場合もあると思いますけど、

やはり既婚者の場合が多いんでしょうかね。いわゆるダブル不倫というヤツ(笑)

自分の場合、ダブル不倫です。彼女には子供はいませんけど。

旦那がいるから既婚者であって、つまりは夫婦でも家庭、家族ですね。

家族間の揉め事、トラブルって何処にでもあって、日常茶飯事だと思います。

自分の家にも勿論ありますね。

母親(自分の妻です)VS反抗期の娘のバトルとか、

自分にはよくわからないけど確かにある姑との目に見えない戦いとか(笑)

笑い話的に話ができるお互いの家族・家庭内のことならいいんですよ。

でも、そうじゃない話ってあるじゃないですか。

旦那(嫁)との深刻な諍い、長く続く険悪な関係とか。

こういう時、何もできませんよね。

というか、何も関わるべきじゃないと思うんですけど、どうでしょうか。

相手家族、配偶者のこと、つまりは家庭内のことですよね。

外の恋の相手が首を突っ込むことではないと思うし、

解決に向けて何かアドバイスなり意見なりをすることも、ちょっと躊躇しませんか。

何かしてあげたい、手を差し伸べたいとは思う気持ちがあったとしても、

それをするのはタブー、あるいは大きなお世話、または別のトラブルの元というか。

人としての常識の範囲での善悪や価値観的なことは言えたとしても、

その先に踏み込んで登場人物の一人になってしまうのは、やはりダメかな、と。

難しい問題ですよね。

冷たいヤツと思われそうですね(笑)

でも、見守るしかないことってやっぱりありますよ。

優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←


外の恋、もしもの話に思うこと

今朝は冷えましたねー。

秋から冬へ、少しずつ季節が移ろっていくんでしょうね。

そうそう、風邪やインフルエンザの季節でもありますね。

来週はインフルエンザの予防接種を受けてきます。

体調管理を万全に、デート予定をスキップさせないためにも。

いつだったか、彼女がこんな話をしたことがあります。

【もし、一緒に生活したらきっと毎日が楽しいな】

別の機会でも、こんな話をしていました。

【朝、目覚めた時も夜、眠る時もお互いが隣にいたら素敵だよね】

自分はどちらの話にも同意、肯定、同感の会話で返したと思います。

また別のデートの時に、彼女はこんなことも言いました。

【時々逢う関係だから、お互いの見たくないモノ、見なくて済むのもあるよね】と。

【いつも一緒にいたら飽きちゃう!(笑)】と。

どっちもその通りだと思いました、自分も。

だから、俺もそう思うよ、と答えました。

外の恋は、あくまでも外の恋。人の生活に表と裏があるとしたら、外の恋はやはり裏側。

一番大切な心の癒しと平穏を一番感じるのは、外の恋の相手からだとしても。

お互いにわかっているんですよね。

わかっていても、時々は心かき乱されることがあるし、もどかしさにやり切れない日も

やっぱりあるんだということも、わかっている。

先を見過ぎず、今を大切に過ごす。

そういうことなんだと思います。



外の恋、携帯電話と共に・・・

今週も週末ですね。

火曜日スタートということもあって、メチャメチャ早く感じました。

金曜の晩、お酒を飲みながら過ごす時間。

一番ホッとします。

携帯電話、持ってますよね。今じゃ圧倒的にスマホ派が多いと思います。

自分はプライベート用はガラケー、仕事用はiPhoneです。

まぁ便利さで言ったら、そりゃあスマホでしょうねー。

でも、ガラケーでも充分に事足りますよ、ホント(笑)

1990年代の前半、92年か93年だったと思います。初めて携帯を持ったのは。

もう社会人になっていましたし、結婚する少し前位だったですかね。

それまではポケベルが便利で便利で(笑)。でも携帯電話の登場で

一気に世界が変わりましたよね。あの小さな端末の中で人と人が繋がれるという。

周りに家族がいないか確認しながらの家の固定電話、硬貨を握り締めて外へ出て

公衆電話で掛けた秘密の通話。全部、携帯電話でできるようになった。

そして、携帯メール。

自分が初めて婚外恋愛をしたのも、携帯電話を持ってからでしたね。

そんな人、案外多いんじゃないでしょうか。

画像付きでメッセージのやり取りが何時でも何処にいてもできる。

お互いの顔を見ながら話も出来てしまう。

携帯電話は外の恋を推奨するためにできたツールじゃないですけど(笑)、

人と人を繋げるツールは恋愛にも広がるのは至極当然の流れですよね。

今、これだけ便利で快適な通信手段を手に入れてしまったことで

もうこれ以上便利にならないでもいいかな、ならないで欲しいような

そういう気もしています。

恋愛がどんどんセッカチになって、いつも早歩きで、時々駆け足さえ求められるような

そんなことを時々感じたりするんですよね。

でも、毎日のつながりに欠かせないツールであること。

それは間違いない事実なんですけどね(笑)





月間3000個突破!ベッド専用ラブコスメ

外の恋、それぞれの考え方

先日、たまたまTwitterを眺めていたら

ふと目に止まったつぶやきがありました。

主婦で、婚外経験者で、今は特定の相手はいないという人です。

凡そ、こんな内容でした。

**************************************

あなたは悪くない(旦那さんのことですね)、ただあなたという存在を

生理的に受け付けることができなくなった私がいるだけ。

この先も夫婦を続けます。続けるために外で自由にさせてもらいます。

**************************************

そこに至った理由も原因も自分は知る由もないし、例え古くからのフォロワーさんでも

その背景を尋ねるようなことはしない主義です。

でも、何かこう自分の中では理解ができる話だな、と思いました。

自分も同じようなスタンスですもんね。

自分の妻。

生理的に受け付けられない迄ではないけれども、セックスレスですし、

この先もおそらくセックスレスだと思う。でも、大切な家族です。

この先も共に生活をしていくし、それは変わらない。

そういうことを正面から考えて、見詰めてみる時に、自分の中にわだかまりや

罪悪感にも似た感情がどうしても芽生えますね。

実生活が成り立っているからこそ婚外、外の恋が成り立つ訳で。

真面目に働き、収入を得て、家族を養うという前提を壊しては

婚外も何も有り得ないし、楽しみようもないですね。

何か今日は複雑な気持ちで綴った記事になりました。


外の恋、物理的距離に思うこと

今日はカラッとした秋晴れでした。

こんな日はお散歩デート、海岸線をドライブとかイイですね!

そんなデート、自分もいつかはしてみたいものです。

今日の記事、物理的距離に思うこと。

以前にも書きました。

自分達はTwitterで知り合い、そして恋をする仲になりました。

遠距離婚外恋愛はしたくないという人なら、恋人の条件に

相手が何処に住む人か、何処を生活エリアにしているかを

必要前提条件にしますよね、きっと。

自分の場合、何処に住む人か?をそもそも優先項目にしていない、というか

好きになった相手が何処に住んでいるか、ということだったんだと思います。

まぁ勿論、距離の限界値ってのはありますけどね(笑)

あ、限界値ってことで思い出したことがあります。ちょっと脱線しますが(笑)

もう10年近く前の話ですけど、お互いの住む距離が1万キロを超えている恋愛を

経験したことがあります(笑)

日本と海外ですね。飛行機で時差を超えてデート・・・タフな経験でした。

そういう経験があるから(?)でしょうか、新幹線を使うデートは

確かに遠距離には違いないですけど、熾烈を極めるという受け止めでもないんです。

今の彼女とは約500キロ離れた場所にいます。

新幹線でお互いの中間地点にある街で過ごすデートです。

朝、新幹線に乗ってお互いが待ち合わせの駅へと近付いていくワクワク感。

デートを終えて、新幹線ホームで見送ってお互いがどんどん離れていく寂しさ。

また次のデートまで500キロを隔てて想いを馳る日々の始まり。

逢いに行く時間と離れて行く時間に感じる正反対の感情。

今月あともう少ししたらデートの予定です。

動体視力トレーニングメガネ


健康バスケットの郵送検診

外の恋、過去のオトコ、オンナ

3連休明け、仕事のリズムを取り戻すのに一苦労な一日でした(笑)

人間、働かないとバカになるって本当ですね。

あ、それは年齢的なモノでしょうか・・・(笑)

外の恋、過去のオトコ、オンナって話ですけど。

今の恋人とお付き合いをする以前、過去の恋愛遍歴というヤツですね。

今の恋人と過去の恋愛のこと、相手のことや恋の顛末とか、話しますか?

わざわざそれを話題にするようなこともないと思いますけど、

何か話の流れの中で、過去の恋愛の話になることってありますよね。

聞かなきゃよかった、話さなきゃよかった、な~んてことにならないとも限らない。

逆に聞かせてくれてよかった、話してスッキリした、ということも。

相手を巻き込むような、何か重たいモノを背負わせてしまうような過去なら

やっぱり話さない方がいいかな。

その先の恋愛を心から楽しめなくなるもんね。

でも、一方で。

どうしても伝えておかなければ・・・ということもあるのかもしれない。

幸いにも(笑)自分は聞かれたら全てオープンに話せることばかり。

自ら話すことはしないけどね。

彼女は割と過去のこと、話したがるかな。

それこそティーンエイジャーの頃の恋愛から旦那との出逢い、結婚そして夫婦仲の破綻、

その後の婚外のことまで。

全部何もかも話している?

いやいや、きっと話さないでおこうと心に決めていることはあるんだと思う。

話したいことだけで充分、そこは本人が切り分けすればいいこと。

過去は過去、そこに自分は介在していないし、今ある状態は過去の連続形ですから。

健康バスケットの郵送検診

イライラする50代に。こだわりのマカ。

出逢いの回想

今日で3連休終了ですね。

連休最終日は生憎の雨模様で、家でノンビリ過ごしました。

出逢いの回想という題名。

これまでの恋愛の始まり方、きっかけをボンヤリと思い起こしてみたんです。

直近、今の彼女とはお付き合いが始まるまで1年以上の時間がありました。

その前の彼女もそうでした。お付き合いまで1年位かかりましたね。

何れもネットで、ズバリ言えばツイッターですけど(笑)

フォロー・フォロワーの関係で始まった訳です。

最初から、つまりツイッターで繋がった頃、ホントに初めの頃から

意識の何処かに特別感というか、他の人とは違う何かを感じたのは本当で

はじめてツイッターで繋がっただけなのに妙に親近感や親しみやすさがありました。

1年以上かかってお付き合いが始まるということが、助走期間が長過ぎるとか

そんなに時間が掛るのは勿体ないとかですね(笑)

まぁ色々な意見があろうかと思いますが。

その期間があったからこそお互いよく相手を観てこられた、とも言えるかな、と。

運命的な閃きがあって、この人だ!という風に相手が見つかり、一瞬で恋が始まる人も

きっといて、それはとても素敵なことですし、そうできる人へ羨ましさも感じたりします。

恋愛するのは常に自分であって、自分のペース、やり方でしか自分らしい恋愛はできない。

そういう中で出逢うからこそ、相手を間違わずに選べるとも思うんですよね。

大事にお付き合いしていきたいと思っています。

Amazon.co.jp通販サイト

美味しい物に出会った時の感激を!【グルメミートワールド】


理解力、想像力

3連休2日目、今日は趣味のスポーツを一日楽しみました。

仕事で冷や汗かくのとは違って(笑)スポーツで掻く汗はいいですね!

ところで自分は3連休ですが、彼女は暦関係なく仕事です。

接客販売関連の仕事なので土日こそ稼ぎ時なんですね。

ですから、土日休みの自分と休みが重なり合うことは中々ありません。

ただでさえ遠距離婚外恋愛で、更にお互いの休みまで日程がかみ合わないことが多い。

まぁ初めからそれはお互いにわかっていたことなんですが(笑)。

それでも尚、付き合うことを選んだ訳です。

近い距離(究極的には職場恋愛でしょうか)なら毎日のようにお互いの姿、

仕事ぶり、表情も感情も手に取るように、それもリアルタイムでわかる。

一方で遠い距離にいる同士の外の恋は見えない、感じ取れないアレコレが多いですね。

相手を想って時には気を使わせないために、敢えて黙して語らずなこともあると思う。

その逆で思い切り相手を困らせてあげようかと、わがままを言ってみたりという

そんな場面もあるかもしれないですね。

自分はオトコ、彼女はオンナ。

たとえ分かったつもりでいても、女心は男には分かりきることはできない、と。

でも、人として人を想う気持ちや人を好きになる気持ち、伝える気持ちは確かにあって、

人としてできることは、やはり後悔なく尽くしたいと。

何処にいても相手を慮る気持ちとか、想像する心って大事ですね。

使った人がキレイを感じています!anan掲載ラブグッズ

優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←


秘密は秘密のままに

今日から3連休の人という人も多いんでしょうね。

この連休、家族サービスに集中する人も婚外デートの人も

いい時間を過ごしたいものですね。

自分、3連休です。特に予定はありません(笑)

部屋の掃除をちょっと気合い入れてやりましたよ。

年末にまとめて全部やろうとして結局、毎年中途半端に終わる大掃除。

今年は今月から小分けにして始めます!(笑)

今日、自分の部屋を片付けて何年も開けないままの引出しや棚の奥を整理していたら。

大昔、大学の頃の彼女の写真が出てきました。

そもそも何でこんなところにしまってあったのか、本人が一番驚いています(笑)

独身時代の彼女の写真、家族、特に妻に見られたところで、ウチの場合は平気ですけどね。

でも、もしそれが今の彼女や結婚後の外の恋の相手の写真だったとしたら。。。

いや、見つかるはずもないんですが。手元に保存してあるものは何もないので(笑)

ただ、思いました。

見つかってはならないものは、その可能性をゼロにしておかないと、と。

例えばメール、写メ。

パソコンや携帯本体、メモリーカードにも一切保存しないようにしています。

着信履歴も送受信履歴もその都度消去。

自分は大丈夫、絶対に見つからない、という揺るぎない自信を持っている人もいますよね。

それはそれでいいんだと思うんです。でも、自分は絶対的自信がない(笑)

だからリスクは限りなく消すようにしています。

リスクと言ったら外で恋をすること自体がリスクを孕むのは間違いないんですけどね。

ふと思うことがあるんですよ。自分のカラダ、気力も体力も記憶力も全てにおいて、

迷いが出たり自信が揺らぐようになってきたら、外の恋はピリオドを打とうかな、と。

自分で自分のすることに始末を付けられなくなる前にという思いです。

まぁ、おかげさまでまだまだ若い(笑)まだまだイケる!

あ、これが一番いけない過信というヤツですね!(汗)

気を付けます。

イライラする50代に。こだわりのマカ。


【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?

外の恋に思うことのバランス

11月ですね。

暗示に掛かりやすいのか(笑)急に寒くなったような気がします。

さて、今日の題名。

外の恋に思うことのバランスという話。

きっかけや出逢い方はともかく、それぞれ家族なり家庭なりを持つ者同士が付き合う。

付き合う、つまり外に恋愛をする相手を求めるということですよね。

そこに至る経緯、自らの胸の中で変遷してきた気持ちや想いがあって、

出逢いを求め、お付き合いに至るという時間の流れがあったんだと思います。

婚外恋愛をする人の数だけ理由や経緯はある。

同じような理由や背景に一括りにすることもできるかも知れないけど、

それをすることに意味はないし、人それぞれにオリジナルな心の変化がある訳で。

自分の場合、セックスレスは大きな理由のひとつかな。

ただ、それが夫婦仲の破綻・家庭崩壊に繋がっているかと言うと、

全くそんなことはなくて仲良し夫婦なんだと思います、概ね(笑)

買い物にも一緒に行くし朝も晩も普通に会話をするし、笑い合うし。

何時までも恋愛感情を忘れずいたかったというのもありますね。

一方で彼女の場合。

旦那の人間性全てが嫌になったと。何かあれば全て女房が悪い、お前のせい。

時に振るわれる暴力。風俗通い。そして下手過ぎるセックス・・・。

生活破綻は辛うじてしていないけど、愛情の欠片もないと。

ただただ日々の生活を前に進めていくために同居しているという話。

2人、外で恋愛する相手同士。

ただ、その理由は同じではない。求めるものも全部が同じでもない。

同じでなきゃいけない理由もないんだと思う。

ただただ、今を楽しめる相手として恋愛感情で繋がることを大切にする。

2人に発展的未来を描くことはない、とお互いに思ってもいます。

やはり、今を楽しむことでしかないです。

使った人がキレイを感じています!anan掲載ラブグッズ

Amazon.co.jp通販サイト