FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

2015年、3回目のデート

9月最終日の昨日、彼女とデートをしてきました。

いつも通り早朝に家を出て、もう秋ですからね、夜明け前だったりする(笑)。

まぁでもね、アタシはいつも会社に行く時も同じ時間に家を出るんですよ、ええ。

いや魚市場とか現場工事関係の仕事じゃあない(笑)。

スーツを着て革靴で法人にセールスをする何の変哲もない会社です。

ただただ朝早いのが嫌いじゃあない・・・というか、朝早いのは得意です(笑)。

昔、実家が八百屋だったせいかもね・・・いや、だからと言って青果市場勤務じゃあない(笑)。

何度も言いますけど、一般の民間企業です。

さて、いつも通りに家を出て、つまりはまだ寝ているか、起きる頃の嫁には

何ら不信感もない、いつも通りの行動なんですよ。

今日も早朝より通勤、ごくろうさまの図・・・実は外の恋のデート(笑)。

在来線で東京へ出て、新幹線で西に向かう。

いつもいつも思いますけどね、新幹線ってのは素晴らしい乗り物ですね。

ホントに定刻通りに走る、到着する。

座っていれば目的地まで運んでくれるんですからねぇ・・・安全快適に。

素晴らしき日本!ですね。

待ち合わせの駅、いつもこれも同じく彼女が数分前に到着している。

はにかんだような笑顔で遠慮がちに手を振って待っている。

そして、おはようの一言を交わして、通勤通学の往来の中を歩いていくんですね、

いつものラブホへ向かって(笑)。

昨日はね、アレです。

いつも待合室で待たされるんですけどね、どういう訳か即入室できまして(笑)。

朝9時前から全裸でした(笑)。

世の中の方々、大勢の皆さまが仕事に、あるいは勉学に、あるいは家事全般に

身も心も向けているときに、アタシと彼女は全裸で腰を振っている(笑)。

アタシの嫁も彼女の旦那も、それぞれ信じて疑わないのは今日も働きに行っているというね、

そういうつもりでいる訳です。

怪しからんですねぇ・・・実に怪しからん!(笑)

前回の記事でアタシは一滴残らず搾り取られ、干からびて帰ることに・・・なんてことをね、

書きましたけどね(笑)。

干からび・・・ましたかね、そこそこ(笑)。

50過ぎのオッサンと40後半の熟女、朝9時前からセックス、セックス、セックス。

お元気ですね、ホントに(笑)。

昨日もね、やはり彼女はスケベな熟女でした。

いやアタシも充分にスケベですね、失礼いたしました(笑)。

エゲツナイ声を上げて繰り返される獣の交尾のような、

若い男女の爽やかな性行為から対極にあるようなアレですね(笑)。

振り返ってみれば、今年3回目のデートなんですよね。

季節が4つあるように、春夏秋、そして冬と、年4回ペースの外の恋デートですかね。

遠距離W婚外、アタシのようにそれをする人はたくさんいるんでしょうけど、

アタシくらいのペースより頻度高く、月に1回、いや2回とかね、あるいはもっと、

デートを重ねている人もたくさんいることでしょう。

彼女はね、もっと今よりも頻繁に、というか回数多く逢いたいんだと思う。

アタシはどうかというと、まぁ年4回はちょっと寂しい印象で受け止めていますけど、

じゃあこれが月1回ペース、年12回となるとキツイかなと(笑)。

彼女は毎週、いや毎日でもセックスしたいと言います。

アタシはね、スケベオヤジですけどね、毎日はいいかな、さすがにさ(笑)。

実際のところね、干からびるなんて話をしましたけどね、身も心もエンピティー状態、

空っぽになるような、まさに使い果てるような心持ちでデートを終えるんですよ。

毎回思う。無事に終わった今回も、と。

それなりに緊張感があるんです、今でも。

そしてそして、未だにあるんです罪悪感も。

朝から夕方まで、ラブホテルのあの密室の中で、喘ぎ、悶える熟女にピストンを繰り返し

数回の射精を終えて、ホテルを後にして、正直ホッとします(笑)。

昨日は初めて、初めてそのあとに駅に直結した大型百貨店で彼女の買い物に

付き合うことまでしましたよ。

コレはコレでね、緊張感ありますね(笑)。

会社帰りのOLやサラリーマン、彼の地にも知り合いはたくさんいますから。

誰かに見つからないかな、と。

新幹線ホームで見送り、指定席に腰を沈めて東と西に離れて行く時、

またね、また今度ねとお互いに遠くなっていく時に、

アタシは正直寂しさよりも、今日も無事に終わったという安堵感しかない、かな。

年4回、だとしたら次は冬、師走12月ですね。

きっと同じ気持ちで始まり、終える1日になることでしょう。

スポンサーサイト

その日のこと

毎日暑いですね、としか言いようがありません(笑)

早くも・・・でもないんでしょうかね、夏バテ気味な人が多いこと多いこと。

加えて冷房病ってヤツですかね、体調イマイチな人もいますねぇ。。。

これからまだ8月が控えていますからね、お気を確かに!ですよ(笑)

一昨日の月曜日、デートをしてきた訳ですが、

もう随分前のことのようにも感じます。

それだけ慌ただしいということなのかもしれませんね。

今回のデート、実は順延になる可能性もあったんです。

理由は・・・台風です。

ちょうど太平洋側から九州を掠めて右曲りのカーブを描き、

西から東へ進みそう・・・なんて予報がありましたでしょ。

台風直撃の中、新幹線に乗り込んで逢いに行くなんてことはね、

やはりするもんじゃあありませんから(笑)

彼女、言いましたもん。

【帰れなくなったら困る】(笑)

そりゃあアタシも同じだってば(笑)

ですから、2日前まではデート決行か否か、保留だったんですよ。

他にもね、詳しくは書きませんが嫁の親の体調問題、

アタシの仕事のスケジュール調整、諸々ありました。

台風も来るような雰囲気あるし、何となく落ち着かない状態の中、

これは延期をすべきという啓示かな、なんてね、思ったりもしました(笑)

まぁ結局は台風はやってくることなく、当初の予定通りにデートと相成りました。

約4か月前と違うこと、それは彼女が働く主婦に戻ったということ。

相変わらずの立ち仕事、接客販売の仕事ですが、本人曰く、

職場の床の硬さが最悪とのことで腰痛を発症してしまったと。

慣れない職場での初月、緊張もあったと思います。

旦那とも相変わらずの不仲、それに加えての猛暑日です。

不眠気味の1か月だったようですよ。

そりゃあ体調もすぐれませんな。

アタシはアタシで人事異動以降のドタバタな日々の中で、

無理やり押し込んだデートのようなものですから(笑)

これまでとはやや・・・ややではなく、たいぶ(笑)違いますね。

結構な草臥れ感はありました、デート前から。

でもまぁね、逢えば7時間以上全裸で過ごすんですからバカですね(笑)

疲れていても腰を振る、射精してもまた射精を繰り返す、本当にバカです(笑)

まぁね、スケベなオッサンですからね、仕方ないんだ、あはは。

順延したところで、きっとまた・・・いや間違いなく忙しい合間に予定を

設定することに変わりはなかっただろうしね。

今週末から8月ですね。

お盆まで1週間ちょっとです。

いやぁ慌ただしい。

決まっている8月の予定を見るとげんなりします・・・嘘ですよ(笑)

来月は京都出張、加えて大阪出張もありそうな。。。

プチデート、しますかね(笑)

長く短い一日

3月の上旬以来ですから、もう3か月というよりも4か月ぶりと

言った方がより正しい印象ですが、昨日デートをしてきました。

前回はまだ桜も蕾以前、梅の花の香りが漂うか、どうかの季節、

で、今回は真夏、灼熱の猛暑日のデートとなりました。

前回同様に今回も変わらないこと、それは早朝に家を出て、日付が変わる少し前に

家に帰ってくるということ。

18時間です(笑)

一緒に過ごした時間はおよそ12時間、これも不変。

そのうちの7時間以上がほぼ全裸で過ごす時間というのも今回も変わらず(笑)

2013年の梅雨入りの頃からのお付き合い。

3回目の真夏を迎えたわけですねぇ・・・。

振り返ってみれば初デート以来、デートでの過ごし方、時間の使い方、

ほとんど・・・というか、まるっきり(笑)変わっていないんですよね。

コレは果たしていいことなのか、どうなのか(笑)

いいも悪いもないとも思いますが、ええ。

よく言えば安定でしょうし、そうでなければマンネリとか惰性のような(笑)、

変わらないと言えば、早朝に家を出て、電車に乗り込み、

新幹線で西に向かう中、やはり思うんですよね。

これは不倫なんだよなぁ、浮気なんだよなぁ、と。

まぁね、要するにさ、騙して嘘をついて裏切っている訳ですからね、家族には。

そういう何て言うんですかね、苛まれる気持ちはあるんですよ、毎回ね。

だったら止せばいいじゃねぇ~か(笑)

まぁそうなんですが(笑)

でも、そんなことを今の彼女と繰り返して3年目、その前の彼女、そのまた前の彼女、

そのまた更に前の・・・と数えていけば大悪人ですね、アタシは(笑)

叩きつけるように腰を打ち付けて、何度も射精して、汗ばんで髪の毛が顔に

張り付いたまま、放心したように果てている彼女に再び跨られて、

腰を激しく振り立てる姿を見上げるように眺めていても、

心の何処かにある思いは、これは不倫だよなぁ、浮気だよなぁ・・・(笑)

帰りの新幹線で脱力するのは心地よい疲労感のせいか、

それとも今日も今回も無事に外の恋のデートを完遂したという安堵感か。

そのどちらもが混ざり合っての心持ちじゃあないかと思いますが。

またね、と言って新幹線ホームで上りと下りに別れました。

きっと次回は秋が深まった頃・・・でしょう。

12hours

昨日、木曜日のことですが。

3か月ぶりにデートをしてきました。

前回のデートは師走、12月の慌ただしい頃だったですねえ。

記事の題名にある通り、半日12時間のデートでした。

言うまでもないことではありますが、そのうちの8時間は全裸、半裸でしたけど(笑)

彼女とは今年の6月で丸2年の付き合いになるんですよね。

数えればわかるんですけど、敢えて数えませんが(笑)、何回目のデートかな。

新幹線を使ってのデートですからね、丸一日がかり・・・に近い(笑)

夜明け前に家を出て時計の針が翌日に届く少し前に帰宅する。

必ずそのパターンになる、ならざるを得ない(笑)

ふと冷静に考えてみると、12時間も一緒にいるデートってさ、

中々ないんじゃあないですかね、と。

遠距離だからこその為せる業・・・でもないですか(笑)

でも、アレですよね。近くに住む者同士のデートなら、

2時間、3時間だけとか、昼にランチをするだけ、とかね。

そういうプチデートというか、ショートバージョンのデートもあるでしょう。

遠距離の場合はそうはいかないんですよ。

逢ってすぐホテルに直行して1回終えたら帰ります、なんてことでね、

遠距離でも1時間、2時間のデートでオシマイ!なんて人もいるかもだけどさ(笑)

それじゃあ余りに味気なさ過ぎるでしょう?(笑)

自分と彼女、2人の物理的距離は直線にして約500キロ。

新幹線はね、ホント便利ですよ。

あっという間に運んでくれる。

毎回グッタリと消耗し切って家に着くんですよ、自分は(笑)

セックスでエネルギーを使い果たし・・・でもないけどね(笑)、

そのあと夜の食事を共にして、酔いが回ってくると、

身体に圧し掛かってくる肉体的な疲労感とは別に、

あぁ今日も無事に終わったな、問題なくデートを遂げることができたな、と。

真っ暗な車窓をボンヤリと眺めながらそんな気持ちになるんです。

ワクワク感とドキドキ感と疲労感と安堵感と。

一日に感じる思い、感情は毎回同じ。

これはね、きっとこの関係が続く限りにおいては不変なんだと思う。

今日は一日脱力しています(笑)



そして、翌日

ということで、昨日はデートをしてきました。

3か月ぶりのデートです。

前回は9月に入ってすぐでしたからね、まだまだ夏の陽気が色濃く残る、

そんな中でのデートだったんですよね。

3か月経つと、当たり前ですが季節は移ろう。

すっかり冬となり、2人ともコートを着込んでのデートとなりました。

まぁね、アレですよ。

いつもの・・・毎回同じく(笑)、新幹線改札口で待ち合わせをするわけです。

これまたいつものように、彼女が数分先に到着していて、改札外の大きな柱の横で

はにかんだような笑顔で待っている。

そこから通勤通学の人の波の中に紛れて、駅前のオフィス街を人の流れに沿って

進んでいく・・・途中までは(笑)

高層ビル、オフィス街へ向かいつつ、やがて脇の小道に外れていく人は殆どいない。

その先にはラブホテルしかありませんから(笑)

いつものホテルです。

もうホントにヘビーユーザーです(笑)

フロントの監視カメラ、モニター越しに確認されるであろう自分と彼女、

もう顔なじみの常連客と化しているかもしれませんねえ・・・(笑)

まさかこの2人、縁も所縁もないこの地にわざわざ訪れての逢瀬とは

きっと思ってもいないでしょうね、ホテルの人も(笑)

いやでも、訳ありの2人、夫婦ではない2人であることは見破っているでしょう。

平日の朝9時前に飛び込んでくるんですからね(笑)

昨日もね、例のごとくに夕方5時近くまで全裸タイムで過ごしましたよ。

3か月ぶりということでね、まぁ楽しみました。

楽しみましたが、自分も彼女もともに寝不足気味に体調イマイチもあり、

心地よい疲労感をはるかに超えたグッタリ感がありました。

いつの間にか2人とも寝入ってしまい、それこそ昼寝状態ですね、

お互いにお互いの寝息・・・いびきを聞きながら寝入っていたというね、

そういう時間の過ごし方でもありました。

彼是、1年半のお付き合いになります。

昨日、彼女はスラスラといつデートしたかを喋るんですよね。

何月、その次が何月、そして次が何月で、その次は・・・という風に。

通算今まで何回デートしたか、そのうちでこのホテルで同じ部屋に当たったのが

3回あるとか、なんとか・・・(笑)

女の記憶力って凄いなと、あらためて思いました。

男は全く悪気なくアレもコレも忘れますもんねー。

同じ部屋?ホントに~?この部屋、来たっけ?みたいな(笑)

ましてやいつデートしたかを何も見ずに諳んじているなんてね、恐るべし(笑)

いやぁ~しかし、昨日も帰りの新幹線ではよく眠りました。

瞬きをしたらもう終点に着いていたような(笑)

この疲労感は肉体疲労だけじゃあないんだなぁ。

やはり、やはりね、自分には毎回がある意味で命懸けのデート、

万難を排してのデートなんですよ。

引き摺る後ろめたさ、罪な気持ち、それを抱えつつ逢いに行くこと。

そして何事もなく、無事に12時間のデートを終えてそれぞれ東と西に分かれて

新幹線で現実の世界へと戻っていく、あのホッとする気持ちも。

こういう気持ち、感情はね、自分はこの先、いつ誰と外の恋をするにしても

決して変わらないと、間違いなくそう思います。

毎回クタクタになって、その日を終える外の恋のデート。

次回は来年です。