FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

その性欲の正体

毎度、皆さま。

アタシです。

お元気でしょうか。

11月もそろそろ半ばになるんですが、気の早い仕事仲間から忘年会のお誘いがありました。

気の早い・・・でもないんですかね、もう日によっては予約が取れないお店もあるらしい。

アタシもね、もうアレですよ。忘年会もできればパスしたいんですよね、意外にも(笑)。

と言いますか、選んで出る、ですかね。

昔、若い頃(笑)片っ端から参加、同じ日に3つの忘年会を梯子したことがありましたが、

もうね、もうそれはいいや(笑)。

身が持ちませんよ、あとお金も(笑)。

とは言え、3つか4つはあるんだと思います、アタシの忘年会。

全部オッサンしかいないというね(笑)・・・楽しいからいいんだけどさ。

んー・・・と。前々回の記事でオフィスで勃ち話、いや立ち話をしたって書きました。

禁煙しましたって、ウチの女子社員との会話。

昨日ね、その続きって訳じゃあないんですが、その女子社員と勃ち話・・・じゃなくて(笑)、

立ち話をしたんです。その後、禁煙続けてるの~?ってアタシは聞いたんですね。

【禁煙、続いてます!でも、そのせいか太っちゃったんですよ】と言うんですね。

そしてこう続けた。

【あ、でも。もうすぐ生理なのでそのせいかも。】

【生理が終わると体重減るんで、そうなれば禁煙のせいじゃないですね】

・・・何故にアタシに生理の説明をする?(笑)

アタシは女子社員と話し終えて、自席に戻ったところで、不意に頭の中に曲が流れた。

【もしかしてだけど~もしかしてだけど~それってオイラを誘ってるんじゃないの~】

・・・(笑)(笑)(笑)。

話は変わりますが、昨日ね、仕事で都内から埼玉へ向かいました、電車で。

昼間の下り在来線、車内はガラガラですね、さすがに。

アタシは7人掛けの長い座席に座っておりましたが、対面の座席に20歳前後ですかね、

女子が座りました。ゲームなのかスマホに夢中です(笑)。

で、電車が走り進む中で、その女子の両足がどんどん開いていく(笑)。

短いスカートなんですよ、この子。

やがて太腿の奥、パンティが見えてきました、というか丸見えですね(笑)。

黒いパンティだ。スマホに夢中で足が左右に開いていることに気が付かないのか・・・

それとも・・・【もしかしてだけど~もしかしてだけど~】(笑)

いや、くだらなくてスミマセン。

パンティなど見せつけられたら、普通はムラムラするものなんでしょうけどね、

若い女子の、しかもこれでどうだ~!みたいな、正々堂々と(笑)惜しげもなく

開帳されても何とも思わないんですよね、寧ろ居た堪れない気持ちになりました(笑)。

これがね、熟女でね、見えそうで見えない、太腿の奥に何かある、みたいな構図ならね、

もう、アタシは降りる駅に着いても座席から勃ち上がれない、いや立ち上がれない(笑)。

・・・いや冗談ですってば(笑)。

ムラムラするという感情、性欲ですね。

性欲がない人は多分おそらく外の恋、不倫も浮気もしない・・・んでしょうね。

性欲に人は突き動かされますもんね(笑)。

いい歳して性欲が強くて強くて異常なんじゃないかと思うって女性、いますよね。

個人差でしかないし、比較検討して多い少ないの話じゃないですよ、これはね。

オナニーをすると性欲がスッと治まっちゃう人もいて、

そういう人の性欲と、また違うカテゴリーの性欲が外の恋に繋がる関係欲のような、

旦那や嫁ではない他所の人とセックスして得る快感、満たされる欲ですかね。

そこには女として、男として認めてほしい、人として受け入れてほしい承認欲求も

きっと絡むものだと思います。

旦那や嫁とセックスすることで満たされる性欲なら、誰も苦労しない(笑)。

旦那や嫁はあり得ない、オナニーも違う、となれば他所の人を借りるしかないんですね。

自分の中にある欲望や感情を程度の差こそあれども、相手である他所の人にも求めている。

まぁ、それが成立した状態が外の恋の満たされたセックスですかね。

では、股。

スポンサーサイト



変化と伴走、変化に対応

お疲れ様です、皆さま。

インフルエンザの予防接種を受けた翌日に発熱したアタシです(笑)。

いや、アレですよ、6日の水曜日にね、インフルエンザ予防接種、

受けてきたんです、前回の記事に書いた通り。

で、翌日7日。アタシは偶々代休を取っておりまして、

いつもより少し遅めに目を覚まし、一瞬慌てましたけどね、遅刻!って(笑)。

あ、今日はそうそう、代休だから・・・と安堵して、

さて、そうは言ってもそろそろ起きようと、布団から出て。

・・・怠い、寒い、いや悪寒?、そして体の節々が痛い。

まさかの風邪?!・・・いや、インフルエンザ?!

予防接種を受けた翌日にインフルエンザに罹っていたら大したもんですよね(笑)。

まぁでもさ、あり得る話ですけどね。

熱っぽい、確かに寒気がする。やだなぁ・・・。

代休に組んでいた予定を全部なしにして、夕方まで寝込みました、自主的に(笑)。

でね、あ~ら不思議!夕方には寒気もない、熱っぽさもない、節々痛くない!

それどころか半日近く寝たお陰でメッチャ快適、元気!(笑)

・・・調べましたところ、アレですね、予防接種の副反応ってヤツですかね。

注射したところが赤く腫れるとか、発熱するとか、それですね。

もう夕方からは酒をガンガン呑みましたし(笑)。

今日もね、会社帰りにジムで思い切りトレーニングして、サウナに入り、

ビールが旨い!ってことで(笑)。

さて、どうでもよい前置きが長いねぇ・・・毎回毎回(笑)。

変化に伴走、変化に対応って記事です。

アタシは今50代半ばを通過しておりますが(笑)、

3年前、5年前、10年前とね、ふと振り返りますとね、

当たり前の事なんですが、今と全然違う諸々がありますね。

年を重ねての見た目、内面の変化云々は勿論ですが(笑)、

何たってアレですね、取り巻く環境ってんですかね。

周りの環境、アタシ自身の立ち位置、変わるもんですね。

このブログで散々書いてきましたが、30代、40代、そして50代と

外の恋を繰り返してきました。

その時々で素敵な人妻熟女と外の恋をさせていただいたわけですが、

例えば当時のあの人妻熟女と今、もしも出逢っていたら、果たしてどうだろうか、と。

外の恋を楽しめるのか、そもそも成り立つのか、そんな風なことを思うんですね。

かつて、当時だからできた。今だったらそうはできない、なんてね。

外の恋も人間関係ですから、お付き合い・・・公言できないけどさ(笑)、

お互いにそれなりの努力と妥協と譲り合いと我儘と、まぁ色々をね(笑)、

混ぜこぜにしながら進んでいく関係じゃあないかと思うんです。

お互いに家族なり、嫁や旦那とか、親とかね、リアルの生活がある中で、

不倫という外の恋の関係を続けていくにはさ、お互いの変化というものを

嫌が応にも認めていかなきゃならなかったりしますもんね。

認めなくとも、対応しなきゃならないとかさ。

永久不滅にいい状態で関係を維持し続けるなんて夢幻で。

一瞬で状況は変わる事もあるんだよねぇ、外の恋は。

他所の人のブログやツィッターで見聞きする話にもたくさんありますよ。

子供の受験、浪人、旦那の転職、失業、親の老い、介護、そして

外の恋の本人・当事者のことでもね、色んな事が巻き起こる。

それでも続く2人の関係もあれば、一時中断もあるだろうし、

無期延期のまま消滅状態もあるかもしれないね。

寄り添うように、この日の目を見ない外の恋の関係に対して、

伴走して関係を紡げる場合もあれば、それがどうしても許されない場合もね、

変化に対応できるばかりでもなく。

その時々のシチュエーションなんですねぇ・・・要は。

あとは優先順位と最後は気持ち、想いだね。

では、股。

選り好み、または食わず嫌い

朝晩、グッと冷えるようになりましたね、急に。

風邪などひいていませんかね皆さま。

お疲れさまです、アタシです。

今日はね、アレです、インフルエンザの予防接種を受けてきました、ええ。

11月・・・遅いですよね、もうね(笑)。

アタシが住むエリアでは、学級閉鎖とか、出てますからね、インフルエンザで。

もっと早く受けないと意味がない・・・とまでは言わないけどね(笑)。

生涯一度もインフルエンザの予防接種を受けないどころか、インフルエンザに罹らない、

そういう人もたくさんいますよね、実は。

アタシの義父、嫁の父親ね、この人がそうだ(笑)。

本人曰く、80年生きてきて一度も罹らないんだから、今更変な事はしない方がいい、と。

変な事ってのは、予防接種だね(笑)。

予防接種を受けても罹る人は罹りますもんね、それもワンシーズンに2回とか(笑)。

何でしょうかね、結局は気合いの違いですか、精神力とか(笑)・・・ではないね(笑)。

話は変わりますが・・・昨日、ウチの女子社員と立ち話をしました、オフィスで。

いや勃ち話じゃあない、立ち話だ(笑)。

アタシは外の恋、不倫は社内には持ち込みませんから、その気配は微塵も出さない、

出していない、醸してもいない・・・つもりでいる(笑)。

えーと・・・何の話をしたかというと(笑)、タバコをね、止めたんですって、その女子社員。

年齢はね、33歳だったかな、独身です。

尻がデカくてねぇ・・・若いのにいい塩梅に垂れ尻でさぁ・・・そそる(笑)。

いや、だから!社内ではそういうアレはNG!(笑)

タバコを止めたというので、何で?何かきっかけでもあった?と思う訳でしょ、当然。

で、アタシは【お!どうした、彼氏でもできたか?】・・・とは言わない(笑)。

今時、そんなことを言おうものなら下手すりゃセクハラで訴訟になりますって。

止めたというからね、理由を聞かなきゃね、会話ですから。

【あら、どうした。カラダの具合でも調子悪いのか】と・・・これはセクハラじゃあなかろ?(笑)

まぁそんなこんなで、その女子社員がアタシに聞いたね。

【○○さん(アタシの苗字)はタバコ吸わないんですか、昔から】

アタシはすかさず答えます、この質問には予め用意された回答があるんだ、大昔から。

【タバコ?吸わないよ、そんなもの。吸うのはひとつだけ、熟女の乳首!】

・・・いや、言いませんよ、こんなこと(笑)。

危うく言いそうになりかけましたけど(笑)。

それこそセクハラで訴えられますよね。

でもさ、ホントにそうなんですよ、吸うのは熟女の乳首、それからクリトリス。

これ以外は吸いません!・・・何の話???(笑)

さて、気を取り直してね、記事の題名のことを書きますよ~。

選り好み、食わず嫌い、そんな人いますよね、割と。

アタシの仕事は職業紹介、転職したい人にあんな仕事、こんな仕事を紹介して、

決まるまでのお手伝いをする、まぁそんなことを日々やる訳ですが。

転職の相談に来られる方、まぁ実にね様々ですよ。

物凄く自己分析ができていて、この人なら引く手あまた、すぐに仕事が決まるという人もいれば、

その対極ね、真逆と言いますか。

高望み、条件が細かい、傲慢(笑)・・・います。

先日もひとりいらっしゃいました。

アタシのストライクゾーン、人妻熟女なんですが(笑)、いや仕事の相手には手を出さない(笑)。

希望条件を聞いて、じゃあこんな仕事、この会社はどうですか・・・と資料を渡すと、

ピンと来ません、違う気がします、という。

では、こちらのこの仕事は?と別の資料を渡しても、これは嫌ですねぇ・・・と(笑)。

もうね、こういう人は仕事が中々見つからない典型なんですよ。

簡単に言えば、身の程知らずです(笑)。

身の程知らずでもいいんです、始めは。

始めは高望みでいても、面接を受けて玉砕します。

それを繰り返すと我に返るんですね、気が付くんだ、自分が間違っていることに。

で、軌道修正なり、目線を下げるなり、色々作戦を変える訳です。

先日の人は、そもそも面接に行く前からダメ出しをする、見もしない、聞きもしないで。

面接に行くだけ行ってみて、自分の目で確かめて、感じ取って、それで答えを出したら

どうですか、案外いい話に感じるかもしれないですよ、とアタシは言うんだけどね、ダメ(笑)。

外の恋でもさ、同じような事ってあるんだと思うんです、アタシは。

完璧さを端から求めたら、相手なんか見つかりようもなく、

アレがダメ、これも嫌、ここもNG、と、条件を狭めたら、相手なんかいませんて。

妥協できないのは皆同じで、妥協をしましょうではないんですよ。

千載一遇に期待し過ぎるからダメで、逢ってみてダメだったら仕方ない、お互いさまだ、と。

自分のことを棚に上げて相手にだけ高いレベルを求めるなんて、そりゃあ変だしね(笑)。

外の恋も選り好みし過ぎちゃいけません、食わず嫌いも勿体ない。

食わず嫌い・・・じゃあ食ってみろと?(笑)

まぁ、食わずとも逢わないと、まずは。

外の恋も面接と同じ、ご縁があれば纏まるものだ。

先週、湘南の外れでゴルフをしましたよ。

快晴微風、スコアは・・・(笑)。

では、股。

西湘

外の恋の起点

皆さま、お疲れ様です。

アタシです。

いやぁ・・・10月もアレですね、あっという間に終わりそうな(笑)。

月捲りのカレンダー、あと2枚ですよ、ふと気が付けば。

・・・焦りますね、意味もなく(笑)。

アタシは何を隠そう、未だに夏のスーツで仕事をしておりますが(笑)、

いや、だってね、暑いでしょ、昼間とかさ、晴れの日に歩くと。

関東より北へ行くと違うんでしょうけどね、まだ衣替えにはちょっと・・・(笑)。

今日、仕事の移動で山手線に乗っておりましたら、Tシャツにハーフパンツ、

裸足でサンダルの外国人数名がいました。

何ですかね、あの外人の薄着ってのは(笑)。

かと思いきや、同じ車両でダウンジャケットやウールのコート、マフラーぐるぐる巻きの

人がいたりするんです。

そんなに寒いのか?!(笑)

こういう季節がバラバラな風景を見ると、夏のスーツのアタシは一番まとも、

最も相応しい恰好をしている!・・・ような気がしてきませんかね(笑)。

週末には11月、段々らしくなってくるらしいですよ、気温が。

今度の土日に衣替えかなぁ、アタシもさ(笑)。

さて、今日もどうでもいいことを長々と書いてしまいました(笑)。

前置きが長いのはアタシの特色だね、ホントに(笑)。

いきなり質問ですが(笑)、外の恋、んー・・・つまりは不倫、浮気ですが、

それを今現在進行形でしている人、その在り方って理想的ですか?

望んだとおりの形、状態で推移していますかね(笑)。

そもそも、何で外の恋をするに至ったのかという話に遡らないと、

今のそれが理想的なのか、どうなのか、計れないかもしれないですね。

ハンターの如くに、相手を探して、見つけて、仕留めた!という人もいるでしょうね(笑)。

それは単にセックスしたい、性欲が強い動機になっての行動だったりね、ありますね。

誰でもいいという訳ではないけれども、割とね、妥協もしちゃったりね、

セックスできる相手なら、と(笑)。許

容範囲内ならよしとしよう!みたいなね(笑)。

外の恋にセックスはほぼ間違いなくセットになっているんですが、そりゃあね。

ただ、それが唯一最大の要素でもなくて、単に話がしたい、自分のことを語りたいと、

コミュニケーションとしての会話ができる異性が欲しいという人、実は相当いますよね。

・・・アタシがそうだもの(笑)。

おい、ウソを吐くな!と思いました?(笑)

いや、本当だってーの。

チンコを挿入したいばかりじゃあないの、ホントに(笑)。

アタシは熟女専門でね、外の恋をしてきたわけですけどね、やっぱりみんな寂しさや

孤独を抱えていましたもんね、多かれ少なかれ。

旦那が居て、確かに家族であり、夫なんだけど、それでしかなく。

子供もいるけど、もう親離れして子育て云々の話ではなく、

私って社会の中の何のための存在?みたいな素朴な疑問が湧き上がるときに

言い知れぬ孤独感とか、孤立した自分、危うさを感じるんですよねぇ・・・男も(笑)。

外の恋に突き進まない代わりに、パブとかスナックとか、小料理屋に通いつめちゃうヤツ、

理屈と思考回路は同じですよ、多分。

ママや女将に話を聞いてほしいんだ。

で、カウンターに座りながらも、チンコが勃起しちゃうのはアタシ(笑)

・・・冗談だってば(笑)。

男として、まだ行けるのか。女として、見てもらえる価値があるのか。

イチかバチか!みたいな勝負に出る、そんな決意があったりね、外の恋のスタート時。

しないで済む人生なら、それは正解で、しないではいられないなら、するしかなくて、

してみたらわかるのも確かにそうで。

外の恋予備軍っているんですって。

でね、予備軍の特徴って、待ちの体制らしい。

きっかけを与えてくれたら、始める、始まる。

きっかけを待つ人たちなんですってさ。

なるほど・・・待つうちに1年経っちゃいませんでした?(笑)

では、股。

既婚と未婚、既婚と既婚

皆さま、毎度です、アタシです。

雨ですねぇ・・・あ、東京地方ですけどね。

アタシの住む千葉県は、15号と19号ふたつの台風で結構な被害が出まして、

今日もバケツをひっくり返したような雨が降ったりね、千葉駅なんか冠水しまして。

アタシの自宅周辺、道路冠水の名所なんです(笑)。

これまでの人生で自家用車4台、道路冠水でお釈迦にしましたから、ええ。

その度に車両保険で新車に・・・あ、何の話を書くんでしたっけ?(笑)

えーと・・・(笑)。

そうそう、雨でね、今朝、駅の上り階段のところでアタシの前を行く女性がいました。

ちょうど階段を上がり切ったところで、つま先が階段の縁に引っ掛かったか、

その女性、躓き気味に転びまして。

至近距離で真後ろを歩いていたアタシの目の前で、です。

スカートを穿いておりまして、運よく・・・いや運悪く(笑)、転んだ弾みで

スカートが半分くらい捲れあがってしまいましてね(笑)。

アタシは図らずも推定30代半ばの太腿~パンティの一部(笑)を

拝み見る恩恵に与りました(笑)。

いや、笑い事じゃあないですね、スミマセン。

アタシは咄嗟に【大丈夫ですか?】と手を差し伸べて、女性を立たせる・・・筈が

そんな間もなく、女性はサッサと立ち上がり何事もなかったかのように小走りで(笑)。

いやぁ、でもアレですね、朝の通勤で大きなお尻を見せていただけるなんて(笑)、

アタシもツキがある・・・あ、違いますか?!(笑)

・・・んーとね、アレです。今日はねアタシのTwitterで繋がりがある女性のことをね

ちょっと書こうと思いますよ。

いつも言いますけど、繋がりがあるったって、アタシの彼女じゃあないよ(笑)。

その女性はね、多分おそらく30代前半だと思う・・・今朝パンティ見せた人くらい?(笑)

で、独身のOLです。

彼がいる・・・年上の。

彼ってのは既婚者なんだね、これが。

つまり不倫だ。

この既婚と未婚の不倫ね、アタシはしたことがないんだね、一度も。

どっちみち不倫は不倫でさ、その通りなんだけどね、独身って、どうなのかなぁ。

その女性・・・Kさんにしますか、意味もなく(笑)。

Kさん、何年もその既婚彼と不倫継続中なんですよ。

結婚という形を望まない在り方、生き方って当然ありますからね、いいんですけどね。

不倫には明るい未来も目指すゴールもないとアタシは思っていて、

いや、だからと言って、夢や希望の欠片もないのかと言えば、

そんなことはないとも言いたくなるんだけどさ。

無理やり、その既婚彼の身になって考えた時にね(笑)、

いいのかなぁ、この先このまま行きつくところまで行くのかなぁ、と

Kさんに対して罪の意識をアタシはやっぱり感じてしまうんだね。

KさんのTwitterのツイートを見ると、勿論そのツイートを不倫彼は知らないけどね、

まぁ何て言いますかね、ピュアなのね。純愛というか。

不倫なのに不倫らしくない、みたいな・・・わかります?(笑)

アタシはさ、既婚×既婚の関係でしか経験がないからね。

次のデートの保証がない関係、毎回が最終回、逢いたくても二度と逢えないかも、

一瞬先の予想も約束もできない関係で繰り返した不倫、外の恋でしたから。

ある意味お互いに無責任でいられて、その日のデートに全力を注げて、

だからこそセックスが物凄くいい関係、セックスで繋がる関係でもあったですねぇ。

そういうものだ、と。

あっさりと、さっぱりとしていなければいけない関係だとも思いました、常に。

感情移入や深く相手の領域に立ち入ってはダメだと、いつも思いましたし。

だからこそ楽でいられたのも事実で。

拠り所とか、心許せる相手であること、これはねその通りだと思うけど、

お互いに自由であるべきだと思うよねぇ。

・・・な~んてね、偉そうに訳知り顔なこと書いてるね、今日も(笑)。

では、股。