FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

募ります!

毎度どうも、アタシです。

暖冬・・・なんですかね、この冬は。

今日は20度近くまで気温が上がるって、あ、関東地方ですが。

夏は夏らしく、冬は冬らしく、とは思いますが、んー・・・アレですね、

アタシは暑いのと寒いの、どっちか選べと言われたら迷うことなく暑いのを選択。

いや、寒い季節になると暑い夏が恋しくなるからじゃないの、なんてね、

そんな意見もあろうかと思いますが(笑)。

でもね、寒いのは好きじゃあないですねぇ・・・実際。

雪国になんか絶対にアタシは住めませんね、ホントに。

猛暑の真夏にね、暑いのと寒いの、どっち選ぶ?と言われたら、

迷うことなく寒いのを・・・と、来年の真夏に書いているかもしれない(笑)。

いや、しかし師走ですね、誰が何と言おうと(笑)。

そろろそ折り返し地点ですよ、12月も。

忘年会、あと2つ(笑)。

ひとつは会社の。

もう1つは1泊2日の温泉付き忘年会・・・スケベな匂いが漂います?(笑)

いや違うんだね、熟女と行く温泉じゃあないんだ。

ゴルフ仲間4人の忘年会+今年納めのゴルフということでね。

北関東は群馬県にね、行くんです。

寒そうですよねぇ・・・嫌だなぁ(笑)。

他の3人はクルマで行くらしいんですが、アタシは往復とも電車で。

電車です。

となりの席空いてますけど、何方かご一緒しませんか(笑)。

んー・・・と。

募ります!なんて、意味がよく分からない題名を付けましたが(笑)。

何を募るんだ、と。

・・・いや、そうじゃない(笑)。

そうじゃなくもない?(笑)

えーとね、アレです。このブログですけどね、もう長々とダラダラと6年目ですよ。

6年も書いている・・・呆れますね(笑)。

そしてそして、それを読みに来るあなた方もあなた方だ(笑)。

呆れます・・・(笑)。

前置きが長くなっておりますが、募ります!というのはね、

【こんなテーマで書いてくれ】

【こんなときどうします?】

【これ、どう思います?】

等々ね、アタシのブログをお読みになるお暇な方々の(笑)、

知りたい、聞きたい、わかりたい、みたいなね、お題を募りますよ、と。

・・・何かあります?(笑)

何もなかったりして(笑)。

いや、ふとね、ふと思ったんですよ。

偶々通りすがりに覗きに来た人、物好きにも毎回のように読みに来る人、

何かしら理由があるじゃあないですか、理由がさ。

ご自身の外の恋に絡むこと、その悩みとか、他の人はどう思ってるんだとかさ。

そういう目線があるとしたら、受けて立つ!・・・でもないけど(笑)。

頂いた内容(お題ですかね)について、思うところを記事に書いてみようかと。

大した事、書けねぇ気がしますなぁ(笑)。

お茶を濁してオシマイ、みたいなさぁ(笑)。

まぁ、いいや(笑)。

ブログのコメント覧、メッセージ機能で受け付けますよ。

試しにやってみるかな、という人、いらっしゃいましたら、どうぞお気軽に。

メッセージ機能の場合、メールアドレスが必須になりますんで、

アレですね、使い捨てOKのアドレスを推奨しますよ(笑)。

では、股。

スポンサーサイト



外の恋にも価値観

年内あと3週間と少しですね、皆さま。

大掃除、始めましたか。

お疲れさまです、アタシです。

昨日一昨日と、アタシは嫁の指令の元(笑)、

大掃除に励んだのであります・・・まぁ随所に手抜きしましたけど(笑)。

で、今朝ね、筋肉痛になっているというね(笑)。

ジムで散々筋トレをしても、一日中ゴルフをしようとも、はたまた外の恋で

腰を振ってセックスしても(笑)筋肉痛にならないアタシがですよ、大掃除で筋肉痛(笑)。

なんだかなぁ・・・な気分ですね。

要するにアレですかね、普段使わない筋肉を普段使わない使い方をしたから、

だから筋肉痛になるんだということ・・・ですよね。

どう考えても筋トレやゴルフやセックスの方がハードワークだと思うんですが(笑)。

大掃除で筋肉痛・・・妙に情けない気分ですね。

腰振ってセックスしても筋肉痛にならない!等と豪語してしまいましたが(笑)、

遠い過去のことですね、ハイ。

もうやり方を忘れるくらいご無沙汰の外の恋ですから、チンコが思うように働くのか(笑)、

まず、そもそもはそこからだ(笑)。

いや、それにしても慌ただしさが日に日に増してきた感、ありませんかね。

街に出てみましても、皆、意味なく急ぎ足のような・・・腹でも痛いのか(笑)。

もう少しノンビリしても、年末は大丈夫じゃないかと、思うアタシも急いでる(笑)。

はぁ・・・忙しないですなぁ。

話は変わりますが、ブログの記事タイトルのことを書きますよ、そろそろ(笑)。

価値観。

あんまり使わない言葉のようで、日常的に使う言葉じゃないですかね、価値観って。

アイツとは価値観が違う、とか。

価値観が合わない、とかね。

価値観って、まぁ考え方ですよね、物事に対する価値の置き所、優先順位、とか。

良し悪しではなく、個々の捉え方ですもんね。

外の恋にも価値観は絡みますよね、経験ある方、きっと多くいらっしゃると思う。

価値観が合わない外の恋は中々続かないと思いますよ、ええ。

価値観が合わない旦那(嫁)と生活をしてきた人なら尚更ね、わかるでしょ?(笑)

価値観が合わないと我慢が発生しますから。

大人の対応とかね、見て見ぬふりとか、見なかったことにしよう!とか。

アタシも過去に価値観が合わない人妻とお付き合いしたことがありました。

一方でセックスだけは抜群に合うのね、相性が(笑)。

セックスだけが繋がり続けた最大要素、最強の理由だったかもしれないですね。

極端な話をすれば、メールや通話で噛み合わなくなることが割とあるどころか、

随所にある、コミュニケーションを取ればとるほどズレが生じる(笑)。

まぁ、お互いにいい歳をした大人、それなりに人生経験を経てきた大人ですから、

我慢もできる、作り笑いもね、できちゃうんだな。

逢えばそんなこんなのギスギスを雲散霧消させるようなセックスがありましたから。

結局、その人妻とは相手方の家庭の事情もあり、オシマイにしたんですが、

価値観が合わない中で、その先続いたかと言えば、多分無理だったとも思います。

出逢い、繋がりのキッカケは色々で、逢って初めてわかることもありますよね、良くも悪くも。

初回のデートで終わる、二度目がないという外の恋は想像していたものと違った、

相手の存在そのものが思い描いたものと違ったとか、それも含めた価値観の違い、

そういう理由がある場合も少なくないのかなぁ、と思いますよ。

それはそれで仕方ないことだとも思う。

誰のせいでもなく、お互いにお互い様と思うのが正しい。

言葉や会話で繋がる関係は外の恋に不可欠で、そのやり取りに感じる価値観ね、

これが上手く行く2人が一番いいと思う。

その確認作業を何処かに置き忘れちゃうと、やはり無理が生じるかなと思うんですね。

では、股。

外の恋、繋がり方

皆さま、お疲れさまです、アタシです。

12月ですねぇ・・・来月の今頃は箱根駅伝も終わっているというね(笑)。

やってますか、忘年会。

アタシは今晩、渋谷でオッサン25人の忘年会があります(笑)。

最年少で40歳、一番上は59歳、まさにオッサンですね!

オッサンだけで集まって、一体何が楽しいのかって、甚だ疑問に思われるかと思いますが。

いや、アタシだってね、今日の集いにさ、熟女の一人や二人、いや三人や四人(笑)

いてほしいですよ、そりゃあね、その方が断然エロ楽しい(笑)。

ですが、これがまた不思議とね、オッサンだけってのが底抜けに楽しいんだなぁ。

ほぼほぼバカ話しかしません(笑)。それから下ネタ絡み(笑)。

アタシは千葉に住んでますんでね、渋谷で忘年会はかなり遠い・・・かと思いきや、

意外とそうでもない。1時間ちょっとで家に着きます・・・寝過ごさなければね!(笑)

んー・・・と。前置きはこの辺で(笑)。

繋がり方、外の恋の。書いてみようかと思いますよ、ええ。

繋がり方って、あのね、別に挿入した状態の繋がり方って言ってるんじゃあないの(笑)。

言ってなくもないけどさ(笑)。

外の恋は、まぁ要するに不倫ですからね、浮気、不貞です。

人目を忍んで逢う、こっそり逢う、密会ですわな。

年がら年中逢える訳でもないですね、どうしてもね。

週に何度も逢っている、その度に繋がっている(笑)という外の恋の2人もいますね。

そうできるだけの下地っていうか、環境ですか、状況もね、あるからなんでしょうけど。

アタシはもうね、悉く遠距離W婚外でしたから、2~3ヶ月に1回、満を持して。

稀に今月逢えて、来月も・・・なんてこともありましたけどね、稀に(笑)。

逢えるのは中々、セックスで密着して繋がるのは月1がやっと、だったですかねぇ・・・。

年に数回しか逢えないという人もいますよね、諸事情あって。

逢うだけが繋がりではないという話です。

通話でもメールでも、今や便利な時代ですから、毎日当たり前のように繋がることはできる。

意思さえあれば、状況が許される限りね。

逢えば多弁、じゃんじゃん喋るのに、相手がメールや通話が苦手なので、

片方がその事でフラストレーションを溜め込む、なんて話もありますよね。

繋がり不足なんですね、つまり。

絵文字だけ、ポーンと返してきてオシマイ、みたいなね(笑)。

アタシはメールも通話も苦手じゃないし、かと言ってのべつ幕なしでもないけどさ、

繋がるためのツールとして、意思疎通の手段として大事だなと思っています。

セックスがまず最優先という関係って必ずあると思うし、それはそれでいいんだけど、

例えばさ、唯々話を聞いてくれる存在って、外の恋に求めませんかね。

アタシは求めますね。

難しい話を聞いてくれじゃなくてさ、こういうことがあった、こうだった、ああだった、

その在る意味で他愛もない、内容も薄い話をね、うんうん、と頷きながら聞く熟女。

いいと思うんだよねぇ・・・スナックのママとか、まさにそうだ、行かないけど(笑)。

寂しさや孤独感を埋めるような、吐き出すように誰にも言えないことを言葉にして、

それを唯、聞いてくれるだけで十分というね、それも繋がり方だと思うわけ。

中年って多かれ少なかれ皆、そういう思いって抱えているじゃない・・・

と思うんだけど(笑)。

では、股。

鈍感と鋭敏

夕方5時より前に、日が落ちて、もう真っ暗になるんですよね。

夕方前に、こんばんは~と言いたくなるような、言わなきゃダメなような(笑)、

それくらい日の入りの時間が早くなったんですねぇ・・・冬だなぁ。

熱燗、ぬる燗、焼酎のお湯割りが美味しい季節となりました(笑)。

皆さま、お疲れ様です。

アタシです。

先週のことですが、東京ドームでコンサートがありました。

いや、アタシのコンサートじゃない(笑)。

韓国のアーティストですかね、3日連続での公演だったようですが。

アタシは東京ドーム近くで仕事をしまして、コンサートを観に来た人たちが

界隈のコンビニや飲食店に大挙して訪れる、その中に巻き込まれました(笑)。

悉く、いや殆ど、いや大半ですか(笑)客層は熟女ですね!

30代どころか40代、50代と推定される熟女の方々が東京ドーム周辺に

約5万人・・・そんなに居たのか?!(笑)

熟女の波、圧が凄いですね、しかし。

怖いものなし、傍若無人(笑)、その太々しさはどこから来るのか(笑)。

いや、褒めている。大好きですから、熟女、ホントに(笑)。

コンサートのチケットだって、それなり以上の金額ですよ、きっと。

熟女はお金を使いますねぇ・・・使うと腹決めしてしまえば(笑)。

アタシもあの大挙して押し寄せた熟女の黄色い歓声じゃなくて、

野太い雄叫びを浴びてみたい・・・嘘ですけど(笑)。

・・・そんな話はどうでもよい、ですね(笑)。

さ、話を本題に切り替えましょうか。

世の中には鈍感な人ってのがいますね、鈍感、鈍い人。

その真逆で鋭い人、感が。

鋭敏な人ってのもいます。

で、これは一般論なのか、確かに根拠があってのことなのか、迷信なのか、

分らないんですけどね、女は鋭敏で男は鈍感だ、という全体傾向があるとか。

逆な言い方をすれば、鈍感な女はいない、少ない、ですかね。

女の嗅覚、感は鋭い、なんて言いますもんね。

旦那の浮気がバレるのは、だからなんだよ、と。

脇が甘くて、何かと杜撰で、それだからバレるんじゃないかとも思いますが(笑)。

んー・・・アタシのことをね、全て過去形の話ですが、書きますと

嫁は鈍感な女ではないと思いますよ、ええ。

ただ、外の恋という浮気、不倫がバレたことはない・・・と思う(笑)。

と思う、と書いたのは、実はバレていて、それでも知らぬフリをしているというね、

そういう可能性がゼロなのか?と問われたら否定できるものじゃあないもんね。

ただ、バレた上に、問い詰められ、修羅場と化す・・・この経験はないの。

疑われたかなぁ・・・というシーンはね、一度や二度あった記憶もありますよ(笑)。

ただ、今に至る中で何もないですから・・・おかげさまで(笑)。

上手くやっている、上手く立ち回り、万全を期して都度都度アリバイ工作と、

行動管理と、諸々の手筈、防御線を引いた賜物だ!と思うほど自惚れちゃいません(笑)。

きっとね、偶々これまでがそうだったというね、そういうことなんだと謙虚に受け止めます。

前回の記事に書いたことですが、ドタバタの一年、2019年でしたから。

おかげさまでバレる外の恋がない。

してないんですから、ええ(笑)。

過去を遡って、それこそ新婚時代から後のことがね、まさにバレてしまったら、

修羅場じゃ済まないのかもしれない、かもしれない、ハイ(笑)。

いつも通りに過ごし、いつも通りのリズムの中に紛れ込ませなきゃバレるよね、外の恋は。

鈍感な嫁がいたとしたら、それは実は鈍感ではなくてさ、無関心なんだと思いますよ。

最早、どうでもいい、と。

浮気?好きにしたらいいじゃん、というね。

こういう場合は冷徹にとどめを刺されそうですね、怖いわぁ・・・。

バレちゃあオシマイ、外の恋。

油断大敵、外の恋。

スマホはトイレに持ち込むな。

交通安全の標語みたいな(笑)。

心に隙間ができるとき

皆さま、アタシです。

今日も仕事に家事に、外の恋と(笑)お疲れさまです。

風邪、流行ってますよね。それからインフルエンザも。

アタシんところの会社ですけど、先週あたりからマスク姿が急に増えまして、

予防の意味でのマスクじゃなくて既に病んでいる(笑)。

熱があるとか、咳きこんでいる、鼻の下を赤くするほど鼻をかんでいる。

もう完全に風邪ひいてますよね、誰がどう見ても。

で、隣り合わせた席の順にマスク姿が増えまして(笑)。

幸いにもアタシの席から遠く対角線のエリアでマスク姿が集中しております。

まぁね、アレですよ。アタシは風邪は引かないことに決めておりますんで、

ええ。引きません、風邪は。心に決めれば引かないんですよ、風邪。

・・・全然信じてないでしょ?(笑)

でもねぇ、案外そういうモノなんだと思うんだけどなぁ。

気合いとか根性の話じゃないけどね(笑)。

いや、しかし11月も下旬となりまして。

もう師走もすぐですね。

怒涛の1年・・・だったですかねぇ、アタシにとっては。

いや、外の恋が怒涛とか、そんな話じゃあなくてね。

プライベート、仕事、人生初のアレやコレやが満載、連続でした。

1年を振り返るには、まだ早いとは思いますが(笑)、

怒涛のプライベートが漸く収まるような、終着ではないにしろ、

ひと息もふた息もつけそうな、そんな師走になるかな、と。

それまで、あと半月か3週間位ですかねぇ・・・。

そんなこんなでバタバタの1年を過ごしてきたアタシですが、

しょうもないブログは書きましょうかね、今日も今日とて(笑)。

心の隙間って言葉がありますね、余り日常的に使わないでしょうけど(笑)。

隙間なのか、ぽっかり空いた大きな穴なのか、人それぞれですかね。

隙間でも穴でもいいんですが(笑)、そこにある感情ってのは、多分おそらく

寂しさや不安、焦りとか、何かが足りないという気持ち、だったりしますね。

心の隙間に入り込む、ぽっかり空いた穴を埋めるモノ、それは何?

世代によって違うんだと思いますが、30代以降、子育て以降、子供が独立した、

親が他界した、云々のシニアに向かう世代だったら、

入り込むモノ、穴を埋めるモノ、それは恋愛だったりしますよね。

外の恋です(笑)。

意識してそうなる場合だけじゃあなく、気が付けばそうだった場合もあり、

既婚なのに他所の人の奥さんや旦那さんに心奪われる。

アタシは思うんですが、心の隙間もぽっかり空いた穴も、それが生まれるには

ひとつ絶対的な条件があると思うんですよ。

それはね、余裕です、余裕。

気持ちの余裕、精神的な余裕、お金の余裕、時間的な余裕。

やることが満載で毎日を無事に生活することで一杯いっぱいだったら

余裕が生まれる訳がない。隙間も穴もないんですもん(笑)。

そう思うとね、外の恋をするというのは、実は贅沢なことなんだな、と(笑)。

というか、物事の優先順位、やるべきことの順番を間違えないから

外の恋に身も心も向かっていける、でしょうね。

30代には分かりようもないことは当然あって、分かるはずもないんですよね。

それはもう実体験しない限り分からない。

40代には40代の、50代には50代のライフステージがあってさ、

それぞれ人生初体験のシーンが待ち受けているんだね、いいこともそうじゃないことも。

アタシは50代を生きてますけど、50代ってつらさやしんどさ、ありますねぇ。

気力、体力の衰えとは言わないけど、40代のそれとは違うんだと体感的にわかる。

人の悩みのほとんどは対人のことで、見ようにも見えない先のことを案じるから

藻掻き苦しんでしまうという話を巷で見聞きします。

その通りだと思います。

今を生きるしかないもんね。

では、股。