FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

より良い関係のために

今日が何曜日か、分からなくなりがちなアタシです(笑)。

いや、ボケちゃったんじゃあないの、9連休が長過ぎて長過ぎて(笑)。

13日の月曜日に会社に行き一日働きました。

火曜、水曜と・・・まぁ概ね家の用事・・・家事手伝いをベースに(笑)、

ジムに行ったり、本を読んだり、趣味の時間を過ごしておりますが。

ノンビリし過ぎて、それこそこういうなんて言いますかね、刺激がない生活、

頭を使わない生活を繰り返しておりますと、ホントにバカになる気がしますね(笑)。

無理やり用もないのに会社に行こうかな、今日(笑)・・・冗談です!(笑)

暇に飽かせて、Twitterなどツラツラと眺めておりました。

不倫とか浮気とかね、そういうことをしている方々が色々と呟いておりますが、

中にはホテルで不倫セックスの真っ最中、実況中継みたいな人もいますね(笑)。

色々な人がいる、ホントにそう思いますね、ええ。

外の恋も人それぞれの形、在り方があるんだなと、そう思います。

年がら年中デートをしている不倫の2人もいれば、年1、千載一遇の人もね、いますね。

昨日逢い、散々セックスに興じて、また明日逢う、逢えるのに不満タラタラな人、

偶にしか逢えないけど、それで充分に満たされる人、

この違いは何処から?と思うんですね。

週に2度も3度も逢っても、逢えている現状があっても不満、足りないという。

数か月に一度、あるいはそれ以上に間隔が空こうとも不満を感じない。

価値の置き所が違う、与えられ過ぎてありがたみを忘れている、とかね。

そもそも外の恋に求めるモノの価値とか意味へのこだわりが違う、かな。

思いますに・・・他の誰かの外の恋を自分事に置き換えてみても、あまり意味はない。

自分に成り代わって誰かが代わりに外の恋をしてくれるわけじゃあないからね(笑)。

こういう自分とそういう相手とする外の恋ですから、他と比べて羨ましがっても仕方ないんだね。

こう在りたい、こうしたい、という希望や想いはあって当然で、お互いにそう思うなら、

そうなるようにできる限りの努力なり、妥協なり、協調をね、しなきゃなりませんよ、やはり。

それさえも面倒臭がるから惰性になる(笑)。

そんなこと考えてもどうなるものでもない、成るがまま、成るようになるだけというね、

そういう考え方で繋がる外の恋も勿論あるんでしょうし、それがベストならそれがいいですし。

んー・・・つまり、皆、オリジナルなんだな、それぞれの外の恋(笑)。

他所と比べるのは止しましょう、意味がない。

でも、良い関係であるための努力はね、そりゃあ必要だと思います。

スポンサーサイト

それは男女差かもしれないけど

皆さま、アタシです。

会社にいます(笑)。

土日と休んで・・・あ、これはいつも通りのことですけどね、週休2日の会社ですから(笑)。

土日と休みまして、今日も明日も明後日も、19日まで休みなんですが、出勤しました(笑)。

いや、仕事が入りまして、ちょうどいい塩梅に(笑)。

家でもできなくはないんですが、せっかくですからね、ええ、出勤ということで(笑)。

そんなに連日家に居ちゃあいけません、そう思いませんかね。

家で嫁の顔、四六時中見たいと思いますかね(笑)。

旦那が9連休、ずーーーーーーーーーっと家に居たら発狂したくなるでしょ、アナタ(笑)。

お互いのためなんです、夫婦は適度に距離を持ち、視野に入らないことも大切です。

メリハリですね、コミュニケーション不全では困りますけど、適度に離れること。

アタシは嫁とはセックスレスもセックスレス、15年以上アンタッチャブルですけど(笑)、

日常生活の会話、コミュニケーションは活発にありますよ、ええ。

アタシだってね、色々と気を使ってんですから、こう見えて(笑)。

洗濯機、アタシが回して、そのあとベランダで干すこと、結構あります。

昼ごはん、夕飯、アタシが全部作ること、多々あります。

買い物も、ちょっとした頼まれ事もね、二つ返事で承っておりますし(笑)。

でも、外の恋をする(笑)。

恋愛、セックスは他所の人の奥さんとね、楽しまないわけにはいかないんですね。

もうこれは仕方ないんだ、ある種の病です(笑)。

今朝の電車ですけど、混んでましたね。

サラリーマン、OLの姿も意外と多い。世の中、一斉にお盆休みじゃあないんですよね。

電車が混んだのは、やはり旅行に行く家族連れ、帰省する人たち、その人たちの

両手、背中に背負う大荷物のせいでもありますね。

東京駅の往来、物凄かったですから。

んー・・・しかしアレですね。

女ってのはね、喋りたい生き物、聞いてほしい生き物だと思います、つくづく。

逆に言えば、喋らせない、聞かないという状況に置かれると、明らかにストレス状態ですね。

大抵、不機嫌になります(笑)。

その最たる例がアタシの嫁だ(笑)。

何度も言いますが(笑)、アタシと嫁は不仲じゃあない。

会社から帰りますと、金麦を呑むアタシに向けて待ってましたとばかりに話始めるんですな(笑)。

聞き流しつつ、聞いているフリもしつつ、相槌も入れ、生返事・・・いや生返事はしない(笑)、

きちんと的を得た答えを返します。

エライと思いませんかね、皆さま。

一日汗に塗れて、働いて帰ってきて、嫁のどうでもいい話に・・・ばかりじゃないけどさ(笑)

耳を傾けるアタシ、何てよくできた旦那でしょう!(笑)

それがあることで、嫁がご機嫌になるならお安い御用ですよ、ええ。

だってね、アレですから。ガーっと30分位、ほぼ一方的に今日あったこと、

今日のうちに伝えたいことを言い終えたらね、嫁はさっさと寝室に行きますから(笑)。

じゃ、お先に~とか言っちゃってね、いい気なもんだ(笑)。

アタシは外の恋をしてきて、そのお相手というのは100%他所の人の奥さん、または

奥さんだった人、要は人妻熟女カテゴリーですけどね、何方にも共通項がありますね。

ウチの嫁がそうであるように、話を聴いてほしい、話したい、喋りたい、ということが。

程度の差、濃淡あります。

ありますけど、間違いなく話を聴いてほしいんですね、アレコレと。

旦那のこと・・・大抵は愚痴です(笑)。

子供の事、家族の事、仕事の事、これまでの外の恋の事(笑)、趣味の話、

自分のカラダの事、健康の話題、この先の事・・・止め処なく話が続くんですよ。

何か明確な解を求めている訳じゃあないんですね、唯々聴いてほしい。

で、できることなら否定しないで欲しいというね、受け止めてほしいと言いますか。

それはつまり、誰にも言えずにいた心の中の声、吐き出したかった叫びだったり、

そういうものなんでしょうね。

一頻り喋ると、すっと黙る。

安堵したように。

そういうシーンが何度もありました。

それはセックスの合間にベッドの中で腕の中に抱かれたまんまの状態の時もあれば、

ホテルを出て、お店でご飯を食べている時のこともあり。

メールや通話での場合もありましたよね。

外の恋に求めるものはセックスだ、味わえないでいた女の悦びを感じたい、

それが最優先だという人妻熟女もたくさんいるものでしょうけど、

話をしたい、充分に満たされるコミュニケーションを継続的に繰り返したい、

そういう理由を一番に置く人も、かなり多いとアタシは思います。

両方ね、セックスと会話と。

それがバランスよく、というのが一番ですかね。

その意味で・・・。

家で寡黙、終始不機嫌な旦那というのは外の恋をしたときに、寡黙なのか、

他所の人の奥さんの前でも不機嫌なのか(笑)、メールも雑で杜撰なのか、

アタシはとっても気になるんですね(笑)。

発見率、遭遇率との心の戦い(笑)

皆さま、お疲れさまでございます。

アタシです。

言うまでもないアレですが(笑)、明日から9連休です。

いつからでしょうか、連休が微塵も嬉しくなくなったのは(笑)。

学生の頃、そりゃあ嬉しい楽しい連休だったですね、間違いなく。

独身の頃もね、そうでした。

結婚してから・・・暫くは嬉しかったはずですね、大型連休。

いつからなんでしょう・・・大型連休が嬉しくない、ありがたくないのは(笑)。

何気にふと思い当たることがありますね。

それは外の恋を始めた頃に符号するタイミングではないのかと(笑)。

要はね、要は家で嫁の顔を見ているのが嫌んなってきた頃、

セックスレスが安定的になってきた頃、その頃からじゃあないでしょうか。

つまり、外の恋を始めた頃と重なり合う(笑)。

今朝、通勤時間帯にもね、大きな旅行鞄やキャスター付きのケースを引く人ね、

駅構内でたくさん見かけました。

空港も朝から混んでいるらしいですね。

皆、それぞれの休暇を過ごすわけですなぁ・・・。

この時期を利用して外の恋のデートという人もいるんでしょう。

お盆の時期は家族で過ごす、お盆のみならず、クリスマスや年末年始、

GWとかね、そういう時期はデートを入れない、しないという人も多い。

時期関係なくという人も少なくない(笑)。

まぁ考え方色々ですから。

ただ、こういうね、お盆の頃とかは人出が増えます、何処も彼処も。

新幹線ホームなんかね、もうどうしました?ってなくらいに混むでしょ。

ごった返すとはこのことだ、という状況ですよね。

あの混雑の中に誰がいる、誰が潜んでいるか、知り合いや親せきや友達や、

はたまた家族とか(笑)。

遠い遠い記憶の中の事ですが、アタシは結婚前提で付き合っていた相手と

お互いの親に嘘をついて婚前旅行のようなことをして、

その姿を東京駅構内で相手の家の近所のオバサンに目撃され、

悪気なくそれを相手のお母さんに伝えられ(笑)、それがために結局は

破談になった経験があるんですよ(笑)。

人は何処で見ているか、わからないものだと思いました。

アタシがしてきた外の恋、相手が誰であろうと何であろうと、

お互いに誰か知り合いなり、面が割れている人に見られちゃいけない。

そういう立ち位置の・・・要は不倫ですね(笑)。

空港でも、新幹線ホームでも、在来線のホームでも、街中でも、

ホテルへ向かう道の途中でさえも(笑)、人の目はある。

誰かに会うかもしれない、こちらが気が付かずに見られているかもしれない。

今や、日本国中何処にでも監視カメラもありますし(笑)。

その意味で確たる証拠を押さえられている・・・んでしょうね(笑)。

そう考えると、外の恋ってホントに厄介で手間でややこしくて、面倒です。

でも、でもね、でも逢いに行くじゃあないですか、全力で。

滅多なことは起きないと信じながら(笑)。

油断なく、抜かりなく、万全を期して、皆、逢いに行くんですね。

分かり合い、分かち合う関係

皆さま、毎度です。

アタシです。

今朝も涼しい関東地方、台風が近づいてますねぇ・・・。

アタシん家、直撃かも(笑)。

千葉県に上陸か、掠めて進むか、どちらにしても今夜から明日にかけて、

アタシん家は大雨と暴風に晒される・・・かもしれないですね、まだわかりませんが。

こういう天気にね、どういう訳だかデートが当たるって人いますね(笑)。

雨男、雨女、いや、悪天候男に悪天候女ですかね(笑)。

普段の行いが悪過ぎるんじゃあないですかね、アタシが思うに(笑)。

だってね、アレですよ。アタシなんか外の恋のデートで台風とか大雨とかね、

新幹線が動かないとか、止まるとか、二進も三進も行かなくなる経験、ゼロですから。

15年以上、外の恋をしてもゼロ、凄いと思いませんかね・・・思いません?(笑)

行いがいいとは言いませんが(笑)、悪運がいいんですかね、或いは強運かも(笑)。

アタシんところの会社のね、バックオフィス・・・まぁ事務職ですね(笑)・・・の女性が

この度、第二子の出産に向けて産休に入りました。

あ、話は変わりますからね(笑)。

30代半ばです、勿論人妻ですね、出産するんですから(笑)。

アタシが10数年前に面接して採用した新卒で入社した女性なんです。

アタシは別に美人とか美形とかね、採用に当たって全く気にしないんですけどね、

この女性・・・Hさんにしますね、Hさん。

Hさんはまぁ誰もが認める美人です。

元モデルですから(笑)。当時、Hさんが入社した頃にウチの男子社員のざわつき、

張り切りぶりとかね(笑)、色めき立ち方が半端なかったですから(笑)。

10数年経過して今回2回目の産休、昨日アタシんところに挨拶に来まして。

いい塩梅に人妻感が増して、ワンパクな第一子の子育てに疲れた感もあり、

あと10年したら相当いい感じの人妻熟女になると感じました(笑)。

感じましたけど、そんなことは微塵も見せませんけどね、アタシは(笑)。

つくづく思いました。アタシが人妻熟女に惹かれるのは、この草臥れた感じなんだな、と。

草臥れ果ててはダメなんです(笑)。

そこそこ草臥れた感じがいい(笑)。

20代、30代の女子なんか見てますと、もう元気でしょ、何かと。

弾けるような若さ、エネルギーを感じるじゃあないですか。

アレがね、アレがいい!だから若い女子がいい!という中年のオッサンもいますけど、

アタシはダメだねぇ・・・全然ダメ(笑)。

やはりね、人生山あり谷ありを経て、苦労もあり、どん底ももしかしたら経験して、

今に至る姿、形ね、これが響くのね、アタシの心の琴線に(笑)。

同じ時代を生きてきた別々に。

だから分かり合えるもの、価値があるんですよね。

辿ってきた生き方に分かち合える共通項があるんですよね、人妻熟女には。

そしてそして、この草臥れた肉体に、劣化したカラダに需要があるのか、チンコが勃つのかと、

怯えるように、戸惑いながらも裸になる姿ね、これがいい(笑)。

その戸惑いの裏側に潜む猛烈に強くある性欲と愛欲のエネルギーがまたいい(笑)。

・・・何が言いたいのかと言いますと(笑)、人妻熟女は素敵ですね、ということ。

いいこと言ったね、今日も(笑)。

変遷の中にある外の恋

皆さま、お元気ですか。

アタシは頗る元気です(笑)。

暑いですね、今日も。

暑中お見舞い申し上げますよ、ホントにね、心の底から(笑)。

今週末からアタシは9連休に入りますが・・・会社のお盆休みです(笑)。

今日ね、お邪魔した先のお客様の仕事が急ぎなんですね、おかげさまで(笑)。

13日~17日も堂々と仕事に行ける!そういう理由が次々とできそうな予感(笑)。

いや、休みは休みですからね、休みますけどさ。

でも、9日間丸々家に居たくないですって、いくら何でも(笑)。

嫁と朝昼晩と向かい合って飯食いたくないですから(笑)。

まぁアレですね、このブログに過去何度も書いたような、長期休暇の過ごし方、

そのまんまになるんでしょう、今年のお盆休みもね(笑)。

んー・・・来月は9月ですね(笑)。

9月と言えば、アタシの誕生日です、否が応でも(笑)。

またひとつ、歳を重ねちまうと言うね、恐ろしい現実が来月待ち受けている(笑)。

いよいよアレですよ、還暦という言葉がね、遥か彼方のことでもなくなってくるような、

いやまだまだ先だとも思いますけどね、でも月日が経つのは早いし(笑)。

振り返りますれば・・・アタシがこのしょうもないブログを書き始めたころ、

関西は大阪在住の人妻熟女と遠距離W婚外をしていた訳ですね。

ブログを書き始める前から関係は始まっていましたから。

リーマンショックがあり、経験したことがない不況になり、

リストラや会社再編や諸々ありました、あの頃は。

それ以前から、勿論アタシは外の恋をしてきていた訳ですが、

このリーマンショックを境にして、そのあと暫くして出逢ったんですね、

このブログに登場していたあの人妻熟女と。

もう、どうですかね、5年、いや6年も前の事になるんですかね。

外の恋は人生のひと時であり、一場面ですね。

その時々の生活の中にある非日常の時間です。

来月誕生日を迎えようとするアタシと、5年前、6年前、あるいはもっと前、

40代前半の頃のアタシを比べたら、何もかもが違いますね、生活全般。

過去を懐かしんで、あの頃に戻りたいなんて微塵も思っちゃあいないんですよ。

今を生きることにアタシは前向き、嬉しい気持ちでいますから(笑)。

ただ、やはり時の移ろいと共に、自らの変遷、感じます。

外の恋の経験値、それが積み重なっての余裕のようなものがあるとすれば、

それは経験したことへのご褒美のような気もします。

気が付けば五十路になり、それを経て五十路半ばに。

やっぱり違いますね、四十路や三十路のアタシがしてきたこととは(笑)。

肉体面、体力、そりゃあもうね、実感します(笑)。

朝から晩までセックスできませんもん(笑)。

精子、5回も6回も出ません(笑)。

いや、平均的な50代と比べたらアタシはかなりの獣だと思うけどさ(笑)。

変遷しますねぇ・・・周囲もね。

友人や知人が病む。手術だ、入院だ、療養だと耳にする機会が増えました。

アタシがひとつずつ歳を重ねるように、アタシの嫁も五十路を迎えました。

セックスレスのウチの嫁も老いる、等しく老いていく。

親が倒れる、自らできないアレコレが増えていく、介護が始まる。

そういう話も周囲で当たり前のように出ます。

そういう時期に今アタシはいるんだな、と思いますねぇ・・・。

外の恋をして、デートをして、駅でも街中でも何処でもいいんですが、

それぞれの方向、つまり帰るべき場所へ帰るとき。

手を振って別れていく、ひとりの時間になりますね。

変遷しないのは、この瞬間に思い感じることかなと思いました。

【あぁ、今日も無事にデートができた、楽しめた、終えることができた】

お互い、家に帰ろう・・・それが嬉しくないことだとしても。

その気持ちね、感情。

それは10年前も今も変遷しないままだと思います。

多分、この先も外の恋をする限り、そこだけは変遷しないと思うんですね。