出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

費やした時間とお金の意味と価値

毎度どうも、アタシです。

鼻毛を切り過ぎてスースーしますね・・・やたらとクシャミが出ます(笑)。

そんなことはどうでもいいですね、いや失礼いたしました。

少し前にお金の事について書いた記憶がありますが、

家計簿とかね、今どき紙に書くタイプのヤツは少ないんでしょうけど、

お金の管理ってやりますよね、大抵の大人は(笑)。

今月、何に幾ら使ったのか、ひと目見て分かるようなね。

PCやスマホで管理できる便利なのがありますから、それを使う人も多いでしょう。

アタシも自分のお金の出入りは管理していますよ、ええ。

しかも手書きで(笑)。

いや、毎年使うビジネス手帳に項目ごとに手書き+エクセルの表計算で。

時々古いデータを見ます。

あ、そこにね何が書いてあるか、ですよね(笑)。

飲食費とかね、今月幾ら酒を呑んだかとか(笑)、どれくらい本を買ったかとか、

あとはね、アレです・・・外の恋の出費とかさ(笑)。

数字ですから、金額ですね、要はね。

遡ってその数字を見ると、記憶が呼び起こされますね、何となく、概ね(笑)。

この年のこの月のデート代が跳ね上がっているのは、ああそうだった、

一泊二日でラブホをはしごした上に更にビジネスホテルに籠って

新幹線で往復したんだな、とかさ(笑)。

つらつらと眺めておりますと、アタシはこれまでの人生で一体幾らの金額を

外の恋に費やしてきたんだろうと、ふとそんなことを思ったりします。

100万や200万円じゃあないかなぁ・・・(笑)。

記録もなければ、今となっては記憶も曖昧な40代の頃の外の恋も含め、

この数年記録が残っているモノ、全部を足し込んだら果たして幾ら?!(笑)

一財産、分譲マンションの頭金位は使ったのかな(笑)。

コレってね、こういう話をするとね、ムダ金使いましたね的な、

勿体ないお金、唯々浪費しただけですねというような、見方をする人がいますね。

そもそも外の恋などしない人、したくもないという人たちです。

そりゃあそうでしょうね、しない人には一切出ないお金ですもん(笑)。

そしてお金と共に費やしたもう一つのもの、時間。

外の恋をしない、したことがない人には想像もできない時間の使い方でしょう。

他所の奥さんに逢いに行く、しかも新幹線に乗り込んで。

あらゆるリスクを背負ってまで、遥々逢いに行く、そして朝から密室に籠ってね、

腰を振って射精して、垂れ乳と段腹を振るわせて見悶えて善がって、

中高年の男女がそんなこんなを過ごすことに費やした時間です。

さて、アタシは通算で累計で何時間・・・いや何百時間ですかね(笑)、

費やしたことでしょう。

意味がないと思う人には意味がないものでしかないでしょうけど、

別に意味を持たせようなんてね、微塵も思っちゃあいないんですよ。

そうしたかったから、そうしただけのことなんですから。

アタシの人生にとって、その時々で自らが選択した外の恋ですんでね、ええ。

いい思い、散々しました。

そうでもない出来事、多少はありました(笑)。

そこにお金も時間もかけないで生きてきたら、つまりは外の恋をしないままに

人生を生きてきたとしたらね、アタシは大金持ちになっていたんでしょうか(笑)。

プライスレスでタイムレス、外の恋。

スポンサーサイト

その隙間を埋めるもの

おはようございます、皆さま。

来週、年一回の定期健康診断を控えるアタシです(笑)。

健康診断、受けてますか、皆さま。

アタシの嫁のママ友は確か40代後半だったかと思いますが、聞けばもう10年近く

健康診断を受けたことがないという。

ズボラなのか、健康に絶対的な自信があるのか、はたまた単なる面倒臭がりなのか。

まぁそれでもどこも悪いところがない、この10年風邪一つ引いたことがないそうで、

やはり自分に自信があるんでしょうね。

健康診断の結果に一喜一憂するのもアレですけどね、

中高年ともなれば、それなりに彼方此方ポンコツ化してきますんで、ええ。

アタシも今日からはお酒控えめに(笑)。

一方で自分の体調、見た目に常に気持ちを向ける人、いますね。

ちょっと変だな、おかしいなと思えば医者に行く、検査をする。

老いることに徹底的に抗うように、体に悪いと言われることは一切しない(笑)。

美容に関することへの投資が凄い、とかね(笑)。

外の恋と紐づいていることもありますね、美容と健康への投資、意気込み、気持ち。

まぁいいじゃないですか、それはそれで張り合いになりますもんね(笑)。

元気で健康でいることに誰も文句はありませんから。

出逢いはいつ何処で、どんなタイミングであるものか、わかりません。

計られたように出逢うばかりじゃあないですよ、やはり。

不意に、ひょんなことで、偶々・・・そんな言葉で言い表すことがピッタリの

そんな出逢いもあるもんでしょう。

不思議なものでどんないい男、いい女が目の前に現れようとも

何とも思わない、感じない、そんなときがあるんですね、ええ。

既に自分には満たされた相手がいるとかね(笑)。

他所に目が向かないんだな、要は(笑)。

また、そもそも外の恋に・・・つまり不倫や浮気に全くと言っていいほどに

気持ちがわかない、向かないということもね、あるもんでね。

興味がない、その気がない、そういう人にそういう時期に何を差し出しても(笑)、

どんなに熱い口説きや繰り返されるアプローチがあったとしても、

成らない、全然進展も何もないんです。

ところが、ある日ふと思うんですね。

この心に吹く隙間風は何だ、と。

この沸き起こる寂しさと誰かと繋がりたい思いは何だ、と。

同じ人ですよ、これね(笑)。

ある意味で機が熟したということかもしれないですよねぇ・・・。

それこそ何かのタイミングかもしれない、何かの。

ドラマや映画を観て、感じ入った主人公に自分を重ねたことで

あんな風に大人の恋愛をしてみたい、不倫でも気持ちを満たされたいとかね。

以前は思いも感じもしなかったこと、何故か思い、感じてしまう(笑)。

その時に誰が周囲にいるか、自分が誰を見ているか、ロックオンしているか(笑)。

平たく言えば、それが出逢いのタイミングというね、そういうものなんでしょう。

ある人は子育てが終わり、子供が独立して、母親の役割を終えて、

その日常に出来上がった隙間を感じたその日がきっかけかもしれない。

その時にね、何歳なのかはあまり関係ないんだと思います。

人によっては40歳かもしれない、30代かもしれない。

あるいは50代かもしれないし、還暦を過ぎてからなのかもしれない。

相手次第、そして自分次第ですもんね。

心の隙間を埋めるものが外の恋でしかない・・・のではない(笑)。

外の恋などしなくてもよい。

してもいいけど(笑)。

したらいいことありますけどね、きっとね。

いいことだけでもないかもしれないけどね。

それもこれも自己責任で。

AIでは外の恋はできません

ご機嫌いかがですか、皆さま。

今日も意味なく元気なアタシです(笑)。

今朝、いつも乗る電車がいつになく混んでおりまして。

何故かというと、いつもなら乗っていない人たちが乗っているからなんですね(笑)。

勘の良い方ならお分かりかと思いますが、そうです、修学旅行に行く学生の集団です。

アタシは在来線に乗って都内まで通勤しておりまして、関東在住の中高生は

大抵は東京駅か浜松町駅へ向かいますね、修学旅行で。

新幹線、あるいは飛行機。

この子たちの親世代は多分30代後半から40代後半くらいなんだろうな、と

子供たちが修学旅行に行く、そして親は外で不倫デートをする、なんてね、ありそうですね(笑)。

実際、アタシもありましたから。

娘が修学旅行で京都大阪方面へ行くその日、アタシも新幹線で西へ(笑)。

東京駅にいる朝の時間帯がね、微妙に重なりそうでねぇ・・・気が気じゃなかったです(笑)。

だって、アタシはその日、会社に行っているはずなんですから(笑)。

新幹線に乗り込むはずがないんですから(笑)。

まぁ今となっては懐かしいだけの思い出ですね、ハイ(笑)。

話は変わりますが(笑)、最近AIのことを書いた本が巷にたくさん出始めた気がします。

人工知能ですね。

この先、人工知能が仕事をどんどん奪っていくなんてことが書かれていたりしますが、

んー・・・まぁね、それは確かにあるんでしょう。

仕事でもプライベートでも、人工知能の仕組みを知らず知らずの内に使っている、

実はもうそんな世の中になっているんですねぇ・・・。

モノを探すにも、買うにも、スマホやパソコンをいじれば、リコメンド、おススメってのが

画面上にジャンジャン出てきますね。

アナタの欲しいものはコレでしょ?みたいなね。

アタシはもう10年それ以上ですかね、使っておりませんが、

出会い系サイトも最近はAIのような機能があって、おススメが出てくるらしい(笑)。

アナタの嗜好、趣味に合うのはこのオッサンです、みたいな(笑)。

何をどう読み取っておススメなんでしょうね(笑)。

おススメされたら、その人をおススメされるままに受け入れる・・・んですか?!(笑)

何がいいのか、よくないのか、誰がいいのか、どれなのか、見つからない、選べない、

そういう人がいたりしますね、不倫と言いますか、浮気、外の恋をしたい人の中に。

だから、リコメンド機能じゃあないですけど、おススメ的なサポートがありがたいとか。

アタシはこういう流れに猛烈に違和感を覚えるんですねぇ・・・。

一からすべて、自分で自力でやらないとダメだと思うんですね、外の恋の起承転結。

相手を見つけるのも、見極めるのも、判断するのも、すべて自力、自己完結ですよ。

誰か他所の人がこの人、いいですよ!おススメですよ!なんてこと、あり得ないでしょ(笑)。

ましてやAIに推薦されてもねぇ・・・どうなんでしょうか(笑)。

外の恋は頭をフル活用するものだとアタシは思っておりまして、ええ。

物凄く頭を使います。

考えるじゃあないですか、色んなことをね、悪だくみも含めて(笑)。

これがいいか、いやこっちか、いやいや違うな、こっちだな、とかね。

バレないように周知徹底とかさ、アリバイ作りじゃないけど、手筈も整えるし。

そして一番大事なこと、相手のこと。

気持ち、感情が動かなければできませんからね、外の恋は。

それを誰か他の人や仕組みに頼るのはダメだと思うんだね。

無駄な事も敢えてしなきゃならないし、必要な無駄って必ずありますし。

手間も暇もかかるんですよ。

それを端折るから逆に成るものも成らないというね、そういうものですよ。

とかく本筋だけを辿りたくなる、何たってもう時間限定を身を以て知る中高年ですから(笑)。

それはご尤もなんですけど、でもだからこそ自力で地道にやるしかないな、と。

そう思うんですねぇ・・・。

永遠の愛を誓ってから

あ、どうも、アタシです。

いきなり関係のない話ですが(笑)、最近気になっている本がありまして、ええ。

で、アタシは毎日のようにと言いますか、暇さえあればと言いますか、

本屋に行くんですね、頻繁に。

行く度に、その気になる本を手にとっては、ページを捲る、捲っては読み、また捲る。

次の日も、また次の日も(笑)。

で、んー・・・どうですかねぇ、もう1週間くらい経ちますかね、その本が気になってから。

本屋に行く、彼方此方の。

行く度に都度、その本を見つけては手に取り、ページを捲る、読む(笑)。

昨日ね、はたと気が付きました。

もう全体の3割以上読んでいる(笑)。

コレ、アタシは買うんですかね(笑)。

読みたい本=買って手元に置きたい本・・・とは限らないような気がしてきます(笑)。

でも買うかなぁ・・・何度も読みたい本でもあるしねぇ・・・。

でも、もう勢いで立ち読みで読了しそうな気もするし(笑)。

セコイですかね、アタシ(笑)。

そんなどうでもいい話じゃあないんです、書こうと思っていたことは。

外の恋のことですね、勿論(笑)。

アタシは、んー・・・言わずと知れた既婚者です(笑)。

結婚して20数年ちますね、気が付けば。

もうなのか、まだなのかわかりませんが、20年数年を経て今に至ります。

ふと思い起こしたことに、アタシは牧師の前で永遠の愛を誓ったんですよね、確か(笑)。

確か、誓ったと思います。誓いますかと聞かれたので、まぁ誓うだろうということでね(笑)。

振り返りますに、全然誓っちゃあいなかったね、外の恋をしてきた身を思えば(笑)。

まぁアタシもね、結婚当初からこんな風じゃあなかったんですよ。

ある日ある時、ふと気が付けば他所の奥さんに心をときめかせ、チンコを固くしていたというね、

そういうアレですから(笑)。

不逞ヤツですね、ホントにね。

永遠の愛じゃあなかったんですかね、あの誓いは(笑)。

女としては最早見ることもできないウチの嫁ですが、家族としては大切な存在ですよ。

存在の在り方、それが変遷しただけで、伴って永遠の愛のカタチが変わっただけで、

アタシはその意味では嘘つきでもあり、そうでもなかったり(笑)。

嫁はアタシをどう思い、どう感じているんですかねぇ・・・不意に思います。

アタシと同じように家族としてのみ、見る存在ですかね、男ではなく。

男として見られていたら困るんですけどね、今更(笑)。

関係性は変わりながら上手く進んでいくのが今どきの夫婦だ、なんて話を耳にしますが。

それはね、外の恋・・・要はこっそりと浮気や不倫をしながらも家族は家族、夫婦で居続けるような。

外の恋でもね、関係性は不変のままじゃあないですもんね。

始まりの頃と比べたら何かにつけて違いがあるものじゃあないですか。

必然の変化、移ろい、必ずありますよ。

その時々でね、当事者2人の気持ちの向き合い方とか、バランスとかね、

それが上手くいかない時もあるものじゃあないですか。

感情レベルまで同じようにはできるがはずがないんですから。

同じ気持ちだとしても表現力やそのメモリや手段、方法は違うしね、どうしても。

その違いやズレを許せば楽、許さねば悶々とする(笑)。

あんまり突き詰めないことですかね、外の恋のことはね。

クルマのハンドルに遊びがあるように、気持ちや感情にもある種の緩さ、遊びがないとね。

何を書いているんだか、よくわかりませんが(笑)。

意識が自分に向かう外の恋

皆さま、ご機嫌いかがですか、アタシです。

5月も早くも半ばまで来ましたね。

今朝はどんよりとした曇り空、昼頃には雨が降り始めるらしい・・・あ、関東地方です(笑)。

今年は梅雨入りが早いとか、そんな予報もありますね。

5月だというのに今週は真夏日予報もありましてね、ええ。

季節の進み方がずれているような、四季がなくなってきたような(笑)。

何を着たらいいのか、迷うような今日この頃です。

アタシは地元のスポーツジムに長年通っておりますが、

更衣室、ロッカールームで、いつも思うことがあるんです。

オッサンの普段着はゴルフウェア(笑)。

あのー・・・週末のスーパーの売り場でも、外出先でもそう感じるんですけどね、

年代でいいますと、んー・・・50代以上ですね、そのまんまゴルフ場にいる姿。

ポロシャツにスラックス、着替えを入れるために持つのはボストンバッグ。

何時だったか忘れましたが、初めて逢う相手がダサいゴルフウェア姿で

現れたのを見て、その服装センスのなさに一気に気持ちが萎えたと、

そんなことをブログに書いていた人妻がいました。

・・・わかりますねぇ(笑)。

他に着るもの、持っていないんですかね(笑)。

何も着飾る必要などなく、そんなことしたらね、逆に怪しまれますからね。

ただ、ゴルフウェアはないよね、やはり(笑)。

外の恋をしたことがある人ならわかるかと思いますが、実感としてね。

意識が変わってきますよね、自分への意識が。

妙に服装を気にし始めるオッサン、普段着ない服を引っ張りだしてくるとかね(笑)。

身だしなみ、髭とか髪型とか、オーデコロンなんか買ってきちゃったりね(笑)。

もろに嫁にバレるわかりやすい変化です(笑)。

女性もね、人妻熟女も意識が自分に向かうんじゃあないですかね。

外の恋が始まれば、久しく眺めたことがない自分の体形を鏡の前に晒したり。

まじまじと眺めて首を傾げる、この下っ腹でホントにいいのか、とかね(笑)。

女性は元々化粧もするし、普段からファッションやお洒落そのものに意識があるでしょうから、

男ほどのわかりやすい変化は少ないかもしれませんが、それでもね、意識が違ってきますね。

セックスしたことでホルモンが出る、色艶が変わってくるなんてことは当然で、

そうなるとね、傍から見た人たちがその変化に気が付くというね、危ないですね(笑)。

意識が自分に向かうと言えば、内面にも向かいますね、自分の体の健康に。

元気で健康でいること、それが全ての元になることに気が付くんですよ。

見た目の体形に意識が向かい、いくら何でもこのままじゃあダメだと思ったりね(笑)、

そして気にもしなかった健康診断の結果に意識が向く、向き始める(笑)。

中高年ですからね、何があってもおかしくないんですから。

アタシは30代後半から外の恋をしてきましたが、断続的に(笑)。

40代半ば以降は健康であることへの意識はさらに強くなったと思います。

自分に意識が向かうというというよりも、とにかく元気でいること、体力面でも精神面でも。

少しでも長く、濃く外の恋をすること、それを楽しみたいと思えばね、意識せねば、です。

ただ、嫁や旦那に、そして家族や会社の同僚とかにね、

怪しまれたり、勘繰られないように(笑)。