FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

譲れない線の話

漸くアレですね、秋晴れが続くようになりました。

あ、関東地方の事を言っております(笑)。

朝は寒さを感じるような、ひんやりしてるなぁ・・・と思えても

昼間は外を歩くと汗も滲むような、気温差が激しいんですね。

10月も末に間もなくなりますが、アタシはまだ夏のスーツだ(笑)。

いや、だってね、昼間暑いんだっての。

もう少し先、11月に入ったら衣替え(笑)。

話はガラリと変わるんですが、んー・・・女優の宮崎美子さんね。

見ました?ビキニのヤツ。

61歳ですって、信じられます?

アタシはその昔、カメラのCMね、木陰でTシャツとGパンをはにかみながら

脱いでビキニ姿になる宮崎美子さんに、それはそれは興奮したもんです(笑)。

ええ、勿論、当時ね、大学生のアタシは股間を大きく膨らませました!(笑)

で、61歳であのプロポーションでしょう・・・いい塩梅に垂れ気味の巨乳。

素敵すぎますね!(笑)

いや、だから何だ?って話じゃないんですが。

譲れない線という話でした、今日は(笑)。

アタシは転職のお手伝いをする仕事をしておりますが、

最近の出来事で、中々仕事が見つからない若者の話をしますね。

誰もが知る某有名私立大を卒業した彼は無職です。

内定を得ないまま卒業しまして、人伝に紹介されてアタシのもとに。

希望内容をヒアリングして、給与とかね、条件面を確認して、

半年くらいの中でたくさんの求人をお知らせしたんです。

アタシの気持ちの中では全部受けてみてと。

彼は、選ぶんです。

選ぶというより、排除、消去して、残った数社を受ける。

全部落ちました。

無理目ばかりを受けたがる、卒業して半年以上無職なのに。

受けてみて、様子を感じてみて、それから判断してもいい、

だからまずはたくさん受けてみようと、噛んで砕いて話しても、

【いや、気持ちが動かないところには、ちょっと】とか言ってね。

自分を評価しない会社に見る目がないという感じなんですねぇ・・・。

譲れない線、そりゃ分かるんだけどさ、若いのに勿体ないな、と。

人生何処でどう繋がるか、どんなキッカケ、チャンスが待っているか、

案外分からないものじゃあないですか。

そういう意味で、男女の出逢いもそうだと思うんですよね。

譲れない線は価値観だったり、生理的なね、どうしてもダメというのは分かる。

だが、しかし(笑)。

完璧に条件が希望の通りです、100点です、そんな相手っています?

今までいました?

あ、いました?そりゃあ良かったですね(笑)。

アタシは結婚して25年位になりますけど、嫁しかいない!コイツこそ全てだ!

と思って結婚した・・・のではないと思います(笑)。

いや、当時他に相手がいた訳じゃあないですよ。

嫁しかいなかったのは事実そうですけど、待てば他に新たに相手が・・・

なんてことを考えていたらさ、機を逸する、思い切るしかない、と。

何の話を書いているのか、よく分かりませんが(笑)、

まぁさ、アレですよ、外の恋、不倫ですけどね、相手選びも同じじゃないかと。

譲れない線は多分、いや、きっとある。

そりゃそうですよね、誰でもいいって話じゃないもんね(笑)。

理想的な相手に巡り合えるかもしれないし、その時は理想的でも

時間が経つにつれて、理想的じゃあなくなってしまうのも、

相手のせいなのか、自分の心境、環境の変化のせいかもしれないし、

まぁこんなもんじゃないの?と許容範囲を広めにとるのも

それは大事な事かなと、思う訳です(笑)。

じゃあ妥協して外の恋をしろって話かと言われれば、

いや、それじゃあ夢も希望も霞むよねと思います。

でもさ、アタシ自身ね、自分の事を棚に上げてさ、

相手にアレも此れもと好き勝手に条件を付けたって仕方ないじゃん。

仕方ないというより、失礼ですね(笑)。

40代、50代、それ以上となれば、もう人間が出来上がっていますんで、お互いに。

今更、この人と不倫をして人生を変えてみよう!なんて思わないでしょ?(笑)

楽しめたらいい、程々に。

リスクをリスクのままにしないスタンス、ルールを守り合えて、

相手をそのまま認めてあげられる、ですかね。

な~~んて風に偉そうなことを書いてみても、

案外ね、中高年って頭も気持ちも固くなっちゃってるのが多いので(笑)、

アレも譲れない、此れも譲れない、なんてことで中々いい出逢いがない、

見つからないって人も多いですよね。

皆さん、共に頑張りましょう!

週末、ゴルフに行きました。

ゴルフ

いい天気でしょう?流石、晴れオトコ!(笑)

ゴルフ2

でも、少し前までは曇り一時雨だったんです(笑)。

秋空

そして、月曜の朝は空気が澄んでいますね。

季節は秋です。

では、股。

スポンサーサイト



そして今年も手帳の季節

そんな訳でして、秋が段々と深まっていく季節と相成りましたね。

10月も後半です。

早いですね。早かないですか?(笑)

夏、んー・・・お盆明けくらいからですかね、来年の手帳が店頭に並び始めるのは。

もう流石に全部、出揃った頃じゃあないですかね。

アタシも手帳は毎年1冊買う訳ですが、アレですね、

目新しいのって、あんまりないんですかね。

大抵は毎年同じ種類、同じモデル、違っても色味が少し変わったか?みたいなね。

そういう意味では、よっしゃー!コレだー!コレにするー!みたいな新発見がない(笑)。

で、結局毎年同じになるか、1~2年で2~3種類の手帳がローテーションするか。

そんな感じに落ち着いてしまう・・・でもないですかね(笑)。

去年は手帳売り場でモレスキン射精・・・いや違った、モレスキン社製の手帳を見て、

漏れスキン・・・漏れちゃうスキン?ヤバイね!という実にくだらないことが

頭の中を駆け巡り、文具売り場でひとりニヤニヤしてしまったという変態オジサンを

露呈してしまったアタシですが(笑)。

今年もモレスキンの手帳を手に取り、あぁ漏れちゃうアレね・・・と(笑)。

・・・どうでもいい話ですね(笑)。

で、来年の手帳、買いました。

サックスブルーってんですかね、青いカバーのね。

でさ、まぁコレも何度も繰り返していますけどね、手帳の巻末の方に

ヘルスチェックカレンダーってのが付属してんですよね(笑)。

コレ、やっぱり女性モノ?(笑)

2年か3年前だったですかね、同じモデルの手帳を買いました。

その時、売り場レジの若い女性店員がアタシに尋ねたもんですよ。

【こちら贈り物ですか?】

【???・・・いや、自分のです】

(げげぇ~このオッサン、女性用の手帳使うの~?気色わる~!)

という女性店員の心の声がアタシには確かに聞こえました(笑)。

さて、気を取り直しまして(笑)、

来年の手帳ですから、毎年引き継ぐ情報とかね、文字を書き込みます。

そしてそして思うのですねぇ・・・あらためて。

汚ねぇ字だな、と(笑)。

字がキレイな人、キレイな字を書く人、憧れますよねぇ。

流れるように、さらさらと書く文字がペン習字のテキストみたいな人(笑)。

外の恋のデートで、お相手の人妻熟女が字を書くシーンて、

あるようでないでしょ、どちらかと言えばね。

字を書く、指でペンを走らせる。

その動きがエロチックだったりしませんか・・・。

あの指先で弄んでほしい・・・(笑)。

話が脱線しまくって、何を書いているんだか、さっぱり不明になってきましたが。

2020年はコロナウイルスというね、何とも厄介なヤツが登場したおかげなのか、

そうでもないのか(笑)、外の恋のデートはゼロ、一度もなしですね、本日只今まで(笑)。

去年、一昨年、その前と以前の手帳を先ほどパラパラと捲りましたが、

まぁ~セックスしてましたね、驚くほど!(笑)。

GoToトラベルってのがありますね。それからGoToイートとかね。

使ってみますかね、外の恋に。

GoTo外の恋・・・(笑)。

カラダの切れ目が縁の切れ目という話

いや、どうも、アタシです~。

急に思い出したように記事更新というね(笑)、まぁその通りですね(笑)。

一雨ごとに秋らしくなっていくような、今日は雨のせいもあってか、

11月くらいの気温だとかなんとか・・・涼しいですよ、確かにね。

こういう気温になってきますと、んー・・・暖かい飲み物ね、

日本酒の熱燗とか、焼酎お湯割りとか(笑)。

もう今夜は熱燗とお湯割り、心に誓い、決めております!

そんな日に限って夕飯がカツカレーだったりするんですけどね(笑)。

いや、まぁそんな話はどうでもいい(笑)。

アタシんところの会社も、今週からリモートワーク解除となりました。

リモートワーク解除=会社に出てきなさいよ、というね(笑)。

電車に乗って通勤しております。

家にいるより断然いい!間違いなくいい!(笑)

家でなんかいつまでも仕事できませんよ、ホントにね。

ノートパソコン開いて仕事している中、

ついついエロ動画見に行っちゃったりしますし(笑)・・・ついついって(笑)。

嫁と平日週5日、ひとつ屋根の下ってのもさ、よろしくないですよ。

久々に・・・でもなんですが、毎日電車に乗る。

帰りの時間にはね、もうこの季節は外が暗くなっていますよ。

車窓に映るつり革に掴まるオッサンの顔・・・誰だ?!アタシだ(笑)。

ビックリしますよ、こんなオッサンに~?!みたいなね。

ないですか、そういうの。

車窓に映り込む我が姿を見て、軽~くショックを受けるような(笑)。

アメリカの詩人、サミュエル・ウルマンは言いましたね。

【青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う】と。

そうです、年齢ではないのです。気持ちの在り方、気の持ち様(笑)。

まぁ読めば確かに励まされるウルマンさんの詩ですが、人は皆、年を重ねる訳で。

30代の次に40代があり、その先に50代、60代と続くわけですね。

アタシの知り合いでも何でもない、全く関係のない人の話ですが、

おそらく60代前半の男性だと思われますが、外の恋、不倫が終わりました、と。

何故終わったかと言いますと、チンコがいい仕事をしなくなった、と(笑)。

勃たない時がある、勃っても今ひとつだ、と。

いい薬があるじゃあないですか、勃起のためのね。

使ってもみたらしいんですが、何かこう自分に自信がなくなったのか、

相手からも急に冷めた対応をされるようになり・・・と。

何かこう身につまされる・・・とは今のところ思いませんが(笑)、もの悲しい話ですね。

やはり不倫にはセックスは必要不可欠で、セックスがない外の恋はあり得ないと。

セックスが下手、ダメ、相性が合わない=それでオシマイという人はかなりいますよね。

青春ではなく性旬はいつ頃なのか・・・40代50代が一番深く濃いのかなと、

個人的には根拠なく思っておりますが(笑)。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉、お金で繋がっていた関係は、お金が尽きれば

それでオシマイというアレですよね。

お金の代わりにチンコに置き換えても、縁の切れ目は成り立つ・・・かもね(笑)。

家庭は家庭、旦那は家族であって、セックスの対象としてあり得ず、

家の中では主婦、外ではセックスを楽しむ大人の女、そんな構図ですかね。

何たってアレです、カラダが成熟しきっている訳ですから、

抑え込んでいた情欲の蓋が外されたら、もう快感に溺れるようなセックスするでしょ。

味わったことのないセックスの快感を知ったら、貪欲に求めるのが当たり前で、

それがない関係性は考えられないという話になりますかね。

別の人のブログで、いい年して(推定60代女性と思われます)エロとかスケベとか

時々猛烈に気恥ずかしくなる、こんな皺だらけの弛み切った体で、

性欲を持て余す自分をどうしよう・・・という記事を見ました。

何も気にすることなく、その性欲を抑え込む必要などないと思いました。

一度きりの自分の人生ですし。

高輪ゲートウェイ1

先日、遅ればせながら(笑)新駅、高輪ゲートウェイ駅に行きました。

高輪ゲートウェイ2

秋ですねぇ・・・。

では、股。

ラブアフェアとプライオリティ

さ、そんな訳でアレですね、9月最終日というね。

あっという間に夏が終わり、さぁ9月ですと書いたのが、ついこの間のような(笑)。

いやはやホントにね、早いですよ、時間が経つのが。

もう10月なんですって、明日から(笑)。

10、11、12と、あと3カ月で令和2年が暮れるという、いやぁ何っていうんですかね。

慌ただしくもないのに、忙しなく過ぎていくような日々で。

今年はほぼコロナ一色でここまで来た感じですね。

前代未聞、人生初、経験したことがないというアレやコレやで、

三密に気を付けろ、濃厚接触に注意しろ、なんてことでね、人と会う、

接触するのを極力避けましょう、なんて話が当たり前のようにある中、

何て言うんですかね、不倫の報道は次々出ましたね(笑)。

ついこの前はオリンピック代表の人ね、安っいラブホでチャチャチャっと1時間。

凄いですね、セックスします!という目的のみが分かりやすい(笑)。

料金4,600円ってのがセコイとか、女をバカにしてるとか、いやそれでも行く女も女だとか、

まぁ色々なご意見・・・好き勝手に市井の人達は言い募る訳ですが(笑)。

有名人、著名人は叩かれますねぇ・・・当事者以外の人は何の被害も何もないのにね。

アタシなんかさ、何たってさ、それを長々してきた側ですから(笑)、わかるんですよ。

バレたらオシマイね、ということも。

幸いにもアタシはただの一般人ですんでね(笑)、外の恋、浮気、不倫を寄って集って

叩かれるアレはないんですけどさ(笑)。

まぁとにかくね、バレたらイカンのですよ。

そしてそして、思いました。

コロナ禍関係なく、する人はするんだよね、と(笑)。

事の前、デートの前にPCR検査を受けるという人、いますね。

それでも100%の保証なんかできるものでもないんだけど、まぁお守りみたいな、

ここまでして逢うんだという本気度、相手への誠意ですかね。

もう彼是10年近く、Twitterの中でフォローし合っている人妻がいるんですが、

あ、言うまでもないアレですけど、アタシと関係したことは一度もない(笑)。

この人妻ね、10年以上の不倫相手がいるんですよ。

凄いと思いませんか、皆さま。

10年間、関係が壊れることなく続くという。

山あり谷もあり、ギクシャクした時期もあったと、アタシは知っていますが、

今もって続いているんですねぇ・・・

つい数日前にはラブホの写真をTwitterに上げていた(笑)。

アタシが数年前に外の恋を終えたときに、Twitterでその人妻と会話したんですが、

それでわかったことがいくつかありました。

この人達の外の恋が長々続いている理由が。

まずね、依存していないんですね、相手に。

自分は自分、相手は相手、寄り掛からない、もたれ掛からない、物心とも。

それから、期待はするけど期待通りにはならなくても、当然と思っている。

自分には旦那がいて、相手には奥さんがいて、お互いが秘密の恋をする当事者で、

優先順位は実生活で、実生活には踏み込まない、出しゃばらない、姿を見せない。

・・・まぁそうだよね、その通りだよね、とアタシは思いましたし、

アタシもそうしてきたつもりでも、相手あっての事だからね(笑)。

続けようにも続かないことだって、そりゃあ、ありますさ!(笑)

とは言え・・・外の恋も恋愛感情を伴う人間関係で、その感情という厄介なモノに

蓋をしては過ごせないんですよね。

分かっちゃいるけど、取り乱さずにはいられないとか、

分かっちゃいるけど、どうにも収まりがつかない気持ちとか、

滅茶苦茶になってみたい、後先考えずに・・・そんなときもあるよね、きっとさ。

では、股。

逢ってみてわかる求めていたこと

皆さま、アタシです。

少しばかりご無沙汰をしておりましたが(笑)、お元気ですか。

アタシは相も変わらず極めて元気ハツラツ、健康そのものです(笑)。

4連休真っ只中というね、そんな人も少なくないんじゃあないかと思いますが、

アタシもその真っ只中の一人です。

隔週でリモートワーク、更に4連休と、無策でいれば、嫁と同じ空間、

時間を過ごすことが増える一方ですから(笑)、ゴルフに行ったり、ジムに行ったり、

まぁチョイチョイ一人出掛けてはリフレッシュというね、そういうアレですよ。

んー・・・そんなこんなでね、季節は秋めいてきましたかね。

気が付けばセミの鳴き声も聞こえなくなり、秋の虫の合唱が賑やかになって、

夏仕様の布団では夜中~朝方にひんやりするようになりましたね。

・・・逢ってみてわかる求めていたこと、という題名の記事ですが、

あ、いきなり話は変わりますよ、今日もね(笑)。

アタシの書くブログですから、逢ってみてというその相手ってのはね、

外の恋の相手、不倫相手という話になるわけですが。

どうですかね、皆さんは。逢ってみてわかることがあるでしょ。

或いはさ、逢ってみてわかったことがあったでしょ、嘗て(笑)。

逢えばわかるのは、相手の姿かたち、実際の存在から得る印象、情報。

それらに対して自分が感じる気持ち、感情ですかね、感想とかさ。

少し話が脱線しますが、アタシは採用のお仕事を生業としておりますが、

人の採用には鉄則があると思っておりまして。

それは何かといいますと、迷ったら会い、会ってみて迷うままなら見送りましょう、と。

意味、わかりますか。

つまりね、こういうことです。

履歴書・職務経歴書を見れば、その人の経歴とか、経験内容とか、

実績(自己申告ですけどね(笑))、年齢、わかります。

で、どうしてもね、迷うことがあるんですね、その人に対して。

転職回数が多いとか、何度も短いサイクルで職を変えているとか。

でも、もしかしたら理由が正当で人間性や人柄の問題ではない・・・かもしれない。

・・・わかんないですよ、結局ね、会ってみないと(笑)。

で、会います。いわゆる面接です。

会った瞬間に、あ、駄目だ、この人と感じることがあります。

見た目の印象、醸す雰囲気、態度、表情、直感的に合わないな、とかね。

会ってみて、尚迷いが消えない、消せない相手もいます。

駄目じゃないけど良くもない、だけど何か引っかかる・・・何かが。

こういうときはもう一度会います。

で、考える。

やっぱり迷う、迷いが消せない、そういう場合は採用しない。

最後のフェーズで迷うのはアラート、本能的な警告なんですよ、大抵は。

経験的に感じる、この人を採用するのはやめておいた方がいいよ、というね。

長々脱線しましたけど(笑)、外の恋でもね、これは当て嵌まる、と思うんですね。

きっかけがあって繋がり、やり取りがあって、その先に初めて逢うシーンがある。

ここまではね、期待感とか、よりよいものを想像したがる心理も手伝って、

見るべきを見ないままに進むこともありますし。

勢いでとりあえず突っ走る、みたいなね(笑)。

そして、初デート。

何処かで待ち合わせしますね。

駅ですか、或いは街中の何処かでも。

姿を見て、逢ってみて、実物を目の前にしてみて、知る情報は少なくないからね。

良くも悪くも、期待は裏切られたりします(笑)。

その逢った瞬間から初デートが終了するまでに、多分気持ちが揺れ動いたりしますね。

迷わずこの人ともう一度、もう二度、いやこの先も何度も逢おう、逢いたいと思うか、

迷いがぬぐえず、迷いが深くなり、一体全体何がどうなっちゃったのか、

自分の気持ちを見失い、今朝まであった思いやエネルギーが何処かに消えてしまい、

どうしたいのかわからなくなる・・・こともありますね、きっとね。

それは仕方ないんだなぁ・・・逢ってみてわかる求めていたことの正体だから。

唯々寂しくて、誰かに抱かれたいだけだったかもしれないし、

セックスしたかっただけ、一度してみて、もう充分満足と思うかもしれない。

言えることは迷いが続くなら、前には進みにくいということかな。

迷いを正面から見ないように自分を仕向けて、適当に楽に関係を繋いでいく在り方もあり、

いや、それはエネルギーの浪費・消耗、相手にも失礼、自分も可哀想と思うか。

まぁそれぞれですね。

嘗ては迷いが消せずにいた相手でも、数年経てばそうではない場合もあり。

相手も自分も生きていく中で変化しますから、シチュエーションも感情もね。

再び繋がり直す2人もいますよ、きっと。

では、股。